2018年5月28日 (月)

TROVEほか

読み方は「トローブ」。元は2015年くらいのPCゲーム。僕が勘違いしてなければ、5/24にPS4版がリリースされ、一応日本語ローカライズ。
※音声は英語だし、○ボタンと×ボタンが逆な場面もあったり

基本プレイ無料で、アイテム課金ではあるけど、とりあえず普通に遊べる。まだ1、2時間くらいしかやってないけど、特に課金したいとも思わなかったし、そもそも何が課金アイテムなのかもわからない。

パッと見はマインクラフトに似ているが、キャラや敵やら武器やらの構成ブロックがもう少し細かく、

 センスが悪い。

見た目で言えば「オーラがない」。その分「イイ意味でB級」のエッセンスがたくさん折り込まれていて、ブームになってからのマイクラを全然知らない自分としては、その「B級臭」に惹かれて始める気になったとも言える。まぁ基本無料も大きいけど。

以下思うままに感想や気付いたことを箇条書き。

・戦闘の頻度や、強敵の存在など、クラフトよりもアクション要素が濃く、レベルアップの概念がある。また、装備には明確なレア度と強さがあり、ハクスラ要素というよりむしろ「マイクラ世界でハクスラ」というゲーム、、、に思える。

・システムは「MMO」で、ひとつのエリアに最大60人が参加可能。基本は目の前の敵を倒していくだけなので、特にパーティを組むという感じもないが、強い敵をたまたま一緒になった他のプレイヤーと協力して倒したりはする。強敵を倒すと宝箱が出現。破壊して出てきた装備や素材は、「最大8人」まで手に入れられるらしい。

この辺は勘違いしてる部分もあるかも知れないが、とりあえず「誰かがそのダンジョンのボスを倒して宝箱を出し、それが開けてあっても、先着8人までに入れば、ボスと戦わずして報酬だけ貰うことが出来る」。
※時間で消失するかどうかはわからないが、消える可能性は高い。まぁ急いで向かったけど、もう倒した後だった、みたいなシチュエーションでも、報酬を貰える可能性が残されていると言う感じかな。

・まだよく分かってないけど、完全にクラフトに特化したエリアと、ロビーのようなエリア、敵の強さやドロップアイテムの質が違う20?30?のワールドがあるっぽく、武器や防具、レベルの高さによって総合的に判断された「パワーレベル」によって行けるエリアが増えていく。

つまり、一気に強い敵と戦うことは出来ないし、いきなり初見でやられる可能性も低い。死ぬと「一定数敵を倒すまでドロップのレア度が下がる」というデスペナルティがあるので、極力死にたくない。

HPの回復はボタン一発で使える回復薬が(現状?)MAX8個。これは、ワールド内に一時的に設置出来るホームエリアでタダでMAXまで補充出来る。回復時にクールタイムがあるかどうかはよくわからない。

・プレイ開始直後にクラス(職業)を決める。大別して物理攻撃か魔法攻撃があり、物理攻撃は遠距離職でも近接武器が持てないということはない。ドロップも遠近どちらも出る。

魔法職は一発が強く、物理職は打たれ強いという特徴があるらしいが、今のところは実感できない。ちなみに自分は「ブーメランガー」というブーメランを使うクラスにしてみた。L2でブーメランを撃ち、命中すると0.5秒くらいスタンする。クールタイムは3秒くらい?。通常はR2で攻撃。押しっぱなしでも攻撃出来るみたいだけど、連打した方が早い気もしないでもない。

・非常に大きな特徴として、「デフォルトでもジャンプが2段※さらに20段とか増やしていけるらしい」「移動が速い乗り物動物が序盤で手に入る」「移動速度が上がるパッシブスキルがある」「HPのリジェネが結構強力」など、アクション寄りのチューンがいくつもあり、敵を攻撃する「手応え」も悪くない。

僕は主に遠距離戦で戦うのが好きだが、エイミングはかなりルーズでも命中してくれるフトコロの深さがあり、もともとキーボード+マウスオペレーションのゲームをコントローラにローカライズした割りには、結構遊びやすい。ただ、

 どうしても「全く意味が分からないところ」がある。

それは、ホームエリアにある「アイテムの収集」という言葉と、その効果。攻略WIKIを見ても一切説明されてない。言い換えれば非常に初歩的な知識だと思われるが、手持ちのアイテムが今にも溢れそうで、ゴミ箱アイコンはあるものの、「収集」や「変換」「売却」出来るならしたい。つか、

 そもそも「何がお金なのか」がわからない。

お店があるのかもわからない。2980円のパッケージ版には「750クレジット」が含まれていると書かれていたが、僕がやった限りでは「クレジット」という文字は一度も見かけなかった。

クラフトは一応出来たものの、「出来ただけ」。具体的に何が出来たのか、何を作れるのか、例えば武器は作れるのかもわからないし、強化出来るみたいな話もあるけど、どうやれば強化になるのかもわからない。

 まぁいきなりゼロから始める時点で、それも海外産のMMORPGを始めようという時点で、それなりの覚悟、それなりの知識は不可欠なのかも知れないけど。

でもせっかくならPS4版でみんなと一緒に覚えながら進められたら、それはそれで楽しいかもなぁってちょっとだけ思った。見た目は微妙だし、

 ボーっとしてるとどんどん他のプレイヤーにダンジョンを攻略されていく「焦り」が煽られるのは賛否あるかも知れないけど、

それでも無目的で投げ出されるより「遊びやすい」とは思うし、操作感自体は悪くない。高所から落ちると落下ダメージがある反面、初期状態で「滑空」することも出来るし、ダンジョンもお手軽、マップもある、そこまでプレイヤーが多すぎないのも気楽と言えば気楽。

ハクスラらしく強い武器が出るとテンションもあがるし、「悪くない」とは思うのだけど、、、。

こう言うときオフの友人や長男が近くに居れば、二人で「開拓」していけるのになぁって思ったな。

現時点ではまだ★☆くらい。「悪くないけど、それ以上にわからない」ってのが正直なところだな。何か新しいゲームを始めたいとは思ってるのだけど、、、。

そんな折り、いとこ(♂6歳年下)が、

●スターデューバレー

これのスイッチ版を始めたと。軽く調べてみると、価格は1480円で、WIKIとかに載ってるキャラやらの絵は、

 まんまテラリア

それなら面白そうかと思って一歩踏み込んで調べたら、、、

 テラリアじゃなくて牧場物語だった。

完全に農耕民族って感じで、基本は農業。結婚や戦闘もあるみたいだけど、「時間を食う気配」がプンプンする。

 でも個人的には戦闘要素が希薄そうだったのと、「何周もしてる」というコメントに及び腰になったり。

「何周もしてる」ってことは、つまりは終わりが来るってこと。もちろんテラリアも終わりが来ると言えば来るけど、何周もする感じじゃなかったわけで、

 価格とスイッチというハードは悪くないけど、イマイチ踏ん切りが付かない感じ

だったな~。

ゼルダ並の戦闘があるなら、「俯瞰視点のテラリア」として楽しめそうな気配はあったんだけど、、、いかんせんスクショやムービーの大半が農業だったからな。てか、

 どうぶつの森もそんなに好きじゃないしな。
 ※一作目少しやって飽きちゃったというか

やっぱ相性とかはあるわな。あとキャラ絵も無駄にバタ臭かったし※PC版はMODで替えられるみたいだったけど。

-----------

トローブが面白ければこれをどっぷりやるつもりだったけど、現時点ではもう一度アクセスするかどうか微妙って感じ。基本的なシステムとか遊び方が、公式を含め説明不足というか、

 僕が知りたいことがわからない

のが致命的にキツい。まぁそれ言ったらほとんどのゲームがそうなのかも知れないんだけど、「わかりやすさの重要度」が最近特に上がってきてる感じはあるかもな。

| | コメント (3)

2018年5月27日 (日)

ジャンプの話

ゲームの中のジャンプで思い出に残ってる物、ポピュラーな物について、適当に綴る。余談だけど、このネタを思いついた時は、久々に「これ新鮮だな」、と思った。

●スーパーマリオ

ジャンプと言えば、10人中10人がまずこの方のジャンプを思い浮かべるだろうという、日本が生んだ世界的有名人。ちなみに初めてルイージが作られた当初は、アメリカ版を「クロー※クローンから」という名前にするという案があった。もちろん今作ったウソだが。

マリオのジャンプと言えば、「飛んでから操作ができる」ことが何よりの発明。当時はあの気持ちの良いジャンプが出来るアクションゲームは皆無で、飛んだら着地するか被弾するまでそれっきり、高さも調節出来ないというものが大半だった。僕の記憶では、ダッシュという操作も、「戻れるジャンプ」と同じくマリオが最初だった気がする。てか、マリオのジャンプは確かに凄いのだけど、

 マリオ64になってもあの気持ちよさが維持出来ていたことの方が衝撃だった。

マリオ64の前にもポリゴン系でジャンプが可能なゲームはあったが、「ジャンプ地点、着地点を意識せずに跳べる」ことが、しみじみ凄いことだと思ってた。何を言ってるかと言うと、、、

立体になることで、プレイヤーの視界は遠くまで見渡せるようになる一方で、より身近にあるものの把握はしづらくなったりする。キャラクターの位置がある程度画面の奥にあれば、ジャンプ地点も着地地点もどちらも視界に捉えつつ跳ぶことが出来るが、往々にしてそれらが見えない
※主に壁などの視点障害により
ことがある。

その際でも、プレイヤーが無意識のうちにギリジャン出来るのは、マリオのジャンプがとてもクイックで、安定しているから。ポリゴンフィールドだと、「ちょっと行きすぎると落ちる」という状況になりやすい。それは、ボタンを押してからキャラクターがジャンプをするまでの3D特有の溜めが、ジャンプ開始点をずらしてしまうから。着地時も、フレキシブルなジャンプゆえの「遊び」が広めに取られているので、「簡単に落ちまくる」というストレスを上手く回避させている。

 3Dなのに、2Dのマリオみたいに動かせるとは、、、さすが任天堂!と思ったものだ。

●ブレイブフェンサー武蔵伝

FF7かFF8の体験版欲しさに買ったこのタイトルは、まさにそのマリオの良さを完全にスポイルした「最低のジャンプ」を味わった作品。人によっては好きな人も居るだろうし、キャラクターや雰囲気は悪くなかったので、極端な悪口は避けるが、

 個人的には最低最悪のクソ駄作だった。
 ※表現は大幅に抑えています

とにかく思ったところから跳べないし、思ったところに着地出来ない。その上視界が悪く、地形の把握もしづらいという、

 何重苦だよ!

ってゲームだった。当時64は斜陽のハードだったので、マリオ64を経験せず、ジャンピングフラッシュや、この作品からポリゴンジャンプゲーに入った人も居たと思う。そう言う人には逆に、「これが普通」であり、「これが初体験」であったが故の「慣れ」が促され、僕ほどのストレスを感じずに楽しむことが出来たのかもなぁと思う。てか、

 マリオ64経験者で武蔵伝が楽しめたという人が居たら、ぜひ教えて欲しいくらい。

●ジャンピングフラッシュ

その名の通りジャンプをキー操作としたアクション。プレステというハードは、すなわちポリゴンの夜明けであり、そのポリゴンの良さ、凄さを端的に伝える為に作られたタイトル、、、のはずなのだが、ぶっちゃけゲーセンでナムコの「ワルキューレの伝説」を見ていた層にしてみれば、さして衝撃でもなければ気持ちよくもなく、ワルキューレのような神がかったBGMもなければ冨士宏のような魅力的なキャラでもなく、発売当初ガン無視。しばらく経ってから中古で購入したが、

 まんまと楽しめないという結果に。

これも武蔵伝同様「ここが入り口だったら」、もっとずっと楽しめたに違いない。そう言う意味では「もったいないことをした」と思う。

●PC9821 ウルティマアンダーワールド

リリースされた1992年は、マリオ64の4年前に当たり、プレステの2年前に当たる。つまり、家庭用ゲーム機がまだポリゴンの産声を上げる前に、パソコンでリリースされていたポリゴンタイトルのひとつであり、年式的にはアローンインザダーク(AID))と同じ年に発売されているのだが、

 そのプレイフィールの心地よさで、AIDとは別次元の「ゲームとしての楽しさ」をあ味わわせてくれた。
※つっても今遊ぶとっとてもじゃないけどツライのだけど

特に記憶に残っているのはその「ジャンプ」。ゲームは、ダークソウルのような3Dポリゴンの箱庭で、敵を倒しつつアイテムや装備を集め、ラスボスを倒す、的なものだが、キングスフィールドやダークソウルが、半ば諦めている「ジャンプ」という操作に、真っ向からぶつかっていったことが、とにかく特筆に値する。

先に書いたように、ポリゴンのジャンプというのは、位置を把握しづらい。起点からも落ちやすく、着地点も定めにくい。故に本作のジャンプは、ジャンプ後の自由を無くし、視点を真下に向けてギリの位置に調整後、高さも距離も定まってるタイプだった。だが本作はその分ジャンプを要するエリアは比較的パズル要素が高く、アクション要素が低めにチューンされていたり、あまつさえアイテムの入手によってその性能を強化出来る、ある意味メトロイド的な「能力」であったため、一段遠くに跳べるようになるだけでもテンションが上がり、最終的に、

 空を飛べるようになったときのカタルシスタルや筆舌に尽くしがたかった。

ジャンプを攻略のキーとするシステムで、空が飛べると言うのは、まさにチート以外の何者でもないのだが、
※マリオですら時間制限がある「P羽根」があったのは「3」のみだったと思うし
だからこそ、本作の奥深さを感じたんだよな。

ちなみに、、、

●ランドストーカー

ポリゴン前夜の3Dフィールド系ジャンプと言えば、メガドライブでリリースされた本作を抜きには語れない。

斜め俯瞰視点で、ブロックを積み上げたようなフィールドは、むしろ「タクティクスオウガ」の方が馴染みがあるという人も多いとは思うが、あれはシミュレーションで、アクションを基軸とした本作とは根本的に作りが違う。

非常に野心的な作品で、リリース前からかなりの期待をさせ、キャラデザインやBGMもなかなかのクオリティだったが、惜しむらくは、メガドライブがその先進性を受け止めるだけの器ではなかった、、、ぶっちゃけ、

 メガドラコントローラでの操作が泣きたくなるほど辛かった。

特に慎重なジャンプが求められる場面で、「斜めに確実に入れなければならない」「右に入れて、次は斜め右上、上、左下、、、」それも、「空間の把握が全く出来ない状況」でのジャンプを余儀なくされるという、、、
※ポリゴンと違って、「遠くの物が小さくなるわけじゃない」ので、距離感が全く掴めないのだ

 それでもがんばってクリアしたような記憶があるから、ゲーム自体かなり魅力があったというか、「新鮮な面白さがあった」と言えるかも知れない。

●PC8801 ブランディッシュ

ポリゴンではない斜め俯瞰視点のアクションゲームとして、ランドストーカーとは全く別のアプローチをしたのが、日本ファルコムのブランディッシュ。特徴は、

 全ての操作をマウスで行う点。

「え?そんなの普通じゃん」と思った人、FPSとかでマウスでのエイミングに慣れてる人、スマホでの操作≒マウスでの操作と思ってる人、ちょっと待て。

 全ての操作とは、つまりは移動もマウス。ジャンプもマウス。攻撃もマウス。

画面内にあるカーソルキーをクリックして、「一歩前に進む」そんな操作のゲームだった。

 かなりつまんなそうと思った人、わからんでもない。だがしかし、

当時はこれまたこういう形でマウスを使ったアクションゲームが一切無く、

 慣れてくると面白いように思い通りに動かせるようになる。

メガドラコントローラと違って、動きその物は完全にデジタルなので、「斜めに入れるつもりが真下に入る」みたいなことがない。また、ジャンプ操作に関しても、あらかじめ脳内シミュレートした上で実践するという、ある種詰め将棋的な楽しさもあり、初めてプレイしたときは、

 こ、こんなに面白いゲームは、本気で久しぶりだ、、、

と思ったものだ。

ジャンプボタンを押して跳ぶ、のと、ジャンプのマスをクリックすることで跳ぶ、というのは、言葉以上に違いがあるのだが、この辺りは実際に遊んでみないとわからない部分かも知れない。

●ゼルダの伝説 神々のトライフォース

タイトルを見て、「え?ゼルダにジャンプなんてあったっけ?」という人は、なかなかのゼルダ通。もちろん時のオカリナ以降、ポリゴンゼルダにはこれでもかとジャンプが出て来るが、ファミコン版、そしてこのスーファミ版のゼルダには、「ジャンプという操作」は無い。しかし、だからこそSFC版ゼルダにあった「記憶に残るジャンプ」に触れたくなる。

進行としては、かなり終盤に差し掛かっていた頃だと思う。とにかく目の前のわずか1キャラ分の谷間が越えられない。そのエリアは概ねクリアしていて、もしかしたらここを超えなくても最後のエリアボスを倒し、宝物を手に入れることも出来るかも知れない。

 だがゼルダプレイヤーの多くは、それを由としない。

「目の前に行ってないエリアがある」それで引き下がれないのがゼルダなのだ。

手持ちの装備、考え得る全ての操作をし、それ以外のマップも何度となく訪れ、もうここ以外ない、ここを自分で何とかするしかない、という状況。

 まさか、爆弾の爆風で谷間を越えることが出来るとは!

「そんなの常識じゃん」という人は、「一番最初の衝撃」を忘れているだけだと思う。

 初めてマリオがドカンに入った時、

 初めてリンクがブロックを押した時、、

 初めてサムスがボムで壁を登り切ったとき、、、

その瞬間は、一瞬何が起きたかわからなかった。たぶんやけくそになって適当に次から次へとアイテムをとっかえひっかえしながら試してたんだと思う。

 「さすが任天堂だぜ・・」

てか任天堂のさすがは、これが初めてじゃなかったんだよな、、、

●メトロイド

マリオとは全く違う「着地点で一切すべらない」クセのあるジャンプだったが、慣れてくるとこれはこれで操作しやすいメトロイド。ハイジャンプやボムジャンプが有名だが、個人的に一番記憶に残っているのは、

 スペースジャンプ。

「2」以降アイテムとして実装された、何もない空間でスクリューアタック(ジャンプ)が出来るものではなく、「1」で、

 どうしても超えられない谷間を越えるためのテクニック。

---------------
   ■
   ■
S     M
■■   ■■■

---------------
Sサムス Mミサイルアイテム ■壁

こんな地形。当然ジャンプしても落ちるし、一作目にはダッシュもない。正解は、

 歩いて落ちる途中で丸まり、ボムを空中に置きその爆風で弾かれつつジャンプ
 ※だったと思う

これがスゲェ難しくて、「いくらなんでもこんな難しい操作なわけないか」と何度も諦めつつ、それでも「それしか道が考えられない!」とがんばって何度もトライして、ついに手に入れた「255発目」、つまり全エリア最後のミサイルだった。

取れなくても何も問題はない。だが、取れてしまう。そこに震えるんだよな。

●ゼノブレイドクロス

一気に時代が流れて、WiiUの大作RPG。ついこないだ「ゼノブレイド2」がスイッチでリリースされたようだが、まぁどう見ても地雷臭しかしなかったので華麗にスルーした。

ゼノブレイドクロスも「著しくジャンプに思い出が深いタイトル」だ。本作はストーリーを進めることで乗り物(ロボットと車が変形したりするタイプ)を手に入れるのだが、その車状態の移動速度やダッシュ、ロボット状態のジャンプを駆使することで、通常「空が飛べるようにならないと行けないところ」
※終盤に空が飛べるように改造可能になる
に登る、「登山」が激烈マイブームとなった。

ニコ道でその道のオーソリティと呼べる人の「山道」を参考にしつつ、険しすぎる山や谷を登り切る。

わずかに角度が違えば、「着地したい出っ張り」に乗ることは出来ないし、距離を誤っても当然落ちる。最終的に「天気が雨」とかになると、
※足がすべるわけではないのだが

 験が悪い

と登頂を諦めたり。

僕がこれまで遊んだ数多のゲームの中で、もっとも険しく、もっとも達成感のあったジャンプゲームが、まさに本作だったと思う。今でも、世界で最も高い山の山頂で、まん丸の月をバックに撮ったスクリーンショットが忘れられない。

てかぶっちゃけ本作で「こういう試み」をした人は、全プレイヤーの中の極々一握りだったと思うが、
※何度も言うけど、最終的に飛べるようになるので
だからこそ、その「壁」を乗り越えることが出来た喜びは語り尽くせないものがあり、永遠に自分の記憶に深く刻まれることになる。

本作は内容的にも、十分過ぎるほど傑作だと思うし、「最後の大作」と呼べるほど、広い世界と奥深さを併せ持つ作品だったが、そんな中でも、

 山登りとそれ以外

を秤に掛けた時、前者がちょっと重くなるほどの「凄み」があるビッグイベントだった。

ちなみに本作は、どんな高いところから落ちても死ぬことがない。故に、何百メートルの高さから気持ちよくダイブしたりもしたね。

●ボーダーランズ

RPG+FPSというある意味新ジャンルを開拓した本作だが、FPSとしては珍しく、ひとり用に焦点を当てて仕上げているだけあって、そのマップデザインもかなり秀逸かつユニークな物だった。

ジャンプは特別な効果音もなく、気が抜けたようなもので、実際それが特別にキーとなるような「アクションイベント」みたいなものはない。だが、

 ストーリーとはほぼほぼ無関係なところに、スッと宝箱が置かれていたりする。

それを取る為には、普通では考えられないようなルートを探し、紙一重のジャンプを繰り返していく必要があり、

 ある意味ダークソウルにも似ているのだが、

こちらの方がよりジャンプの依存度が高く、面白い。

特に思い出に残っているのは、

 どう考えても背景としか思えない「ロープ」の上に乗って進むという発想。

たゆんだり切れたりというエッセンスはないのだけど、

 その前の足場が「窓ガラスの桟(さん)」。

笑っちゃうほど狭く、一瞬でも方向を誤れば、、、具体的には壁側(ガラス側)を押し続けてなければ簡単に落ちてしまうところから、振り向いてロープに跳ぶ。

 もちろんその先にあるのは、大したアイテムが入ってるわけでもない宝箱。

・・・なのだけど、、、つい「がんばりたくなる」んだよな。

「行けるなら行きたくなる」のは、箱庭系の基本と言えるかも知れないな。

●F-ZERO

自分から任意で跳ぶことは出来ないが、コース内にあるジャンプ台から、

 ついついコース外へとジャンプしちゃう人続出

何だろうね、あの感じ。みんなやったと思うけど、、、何だろうねあの感じ。たぶん、

 任天堂の新ハードが手に入った喜びに浮かれてたんだろうな。

●超魔界村

魔界村は、ドラキュラと並んで「思い通りにならないジャンプ」の両雄とも言えるタイトルだが、その中でも「ジャンプが楽しかった」と言えば、SFC版の超魔界村だ。

二段ジャンプを習得し、「横、上」とか「横横」「上横」など、状況次第で文字通り「使いこなさなければ絶対クリア出来ない」マップの目白押し。津波が押し寄せる面や、とげとげの中を抜ける面など、メリハリも良く、

 学習ゲーなので、実はそれほど難しくなかったのも良かった。

魔界村は、ぶっちゃけ難度設定が結構歪(いびつ)というか、「タイトルと比例してない」のが面白いところでもあったと思う。

 まぁ一番難しいのは、「極魔界村」だと思うけど。

てか極魔は、難度によって全然見せる顔が違うというか、一番難しいモードは、もう笑っちゃうほど難しくて、

 丸一日使って2面とか。

でもそれが逆に面白いと思えるところが凄いところでもあったけどね。

てか、それ以外だと初代魔界村が圧倒的に難しかったと思うのだけど、当時ゲーセンでクリアしたような猛者たちは、極魔をあっさりクリアしちゃったりするんだろうかね。ゲーメストは家庭用ゲームの攻略とかしてなかったし、そもそも家庭用に極魔ほど「アーケードライクな」ゲームは稀だから、もしやっていたとしても記事になったりはしなかったと思うのだけど、ぶっちゃけかなり興味があるというか、

 メストライターによる極魔攻略記事とか(誤字満載でも)読んで見たかったな。

ちなみに超魔界村は、シリーズ屈指の低難度。お子様にも優しい甘口魔界村でしたね。
※つっても三日くらい掛かったと思うけど!

●キングコング2怒りのメガトンパンチ

ファミコンカセット。俯瞰視点で、画面切り替え式マップ(ゼルダみたいな)のアクションゲームだが、成長要素もある。

 その中のジャンプが特に思い出深い。

「スピードアップアイテム」というキーワードで「ツインビーの青ベル」を思い出す人が70億人くらい居るように、「キングコング2と言えばジャンプ強化」と言う人が、地球上に一人くらい居る。そのくらいメジャーにして強烈なのが本作のジャンプ。

移動速度とジャンプ力を最強まで強化すると、

 画面の端から端までひとっ飛び。
※記憶による誇張があるかも知れません念のため

全部で8つくらいのワールドを廻り、各ボスを倒し、強化し、クリアを目指すのだけど、プレイがかさむにつれ、どんどんコース取り、アイテムの取得順などが洗練され、

 最終的に全クリ11分とか、タイムアタックにまで及ぶ始末。

僕は正直言ってそこまでやり込むタイプではないのだけど、本作はとにかくジャンプが気持ちよすぎて、ついついマッピングし、最短ルートの研鑽にまで及んでしまった。

あまり評価されてるタイトルじゃないけど、思い出したら妙にやりたくなってきたな~。

てかそう言えばツインビーもキングコング2も、どちらもコナミなんだな。

 当時のコナミは、「そう言うトコわかってる」会社だったな~。

------------

他にも書こうと思ってたジャンプがあった気がするけど、全く思い出せないな。てか、なんだかんだ言って、マリオのジャンプが一番しっくりくるというか、ゲーム的な完成度が高いジャンプって気がする。
※「好み」で言えばメトロイドのカチッと着地するジャンプのが好きだけど、ゲーム性がその分希薄になるんだよな。「アクションゲーム」としては、やっぱマリオって感じ

こないだ久々にマリオメーカー遊んでみて、しみじみマリオのジャンプは秀逸だなぁと思ったし、これが1983年だっけ?当時作られた物だってのも凄いことだよな。以降誰もあのジャンプを超えられない、、、

 ある意味世界一のジャンプだもんな。「スーパー」の名は伊達じゃないわ<なぜクリスがドヤ顔?

| | コメント (0)

2018年5月26日 (土)

FFBEエクスヴィアス~その389~

書いてるのは連日だけど、アップは間が開くかも。今日は5/24。たぶん長くならない。つっても現時点で書きたいことがそれほどないからで、書いてる途中で増えていくかも知れないけど。

●マリア取ろうか迷う

ゼノギアスキャラ、現時点では、合成したものを含め、

・フェイ2
・バルト4
・マリア1

手持ちのゼノチケは5枚で、さらに5周する気はさらさらない。つまり、普通考えればマリアを取っておしまいになる予定だったのだけど、

 ふと思った。

「スーパートラマス値を増やすモグが実装される可能性もあるんだよな・・・」

最初にスパトラが実装されたときから、その可能性は示唆されていたが、ぶっちゃけそれが1年後なのか3年後なのか5年後なのかもわからない。ただ、言えるだろうことは、

 一気に100%じゃないだろうな、と。

10%ずつかも知れないし、1%ずつかも知れない。もしかしてもしかしたら、トラマス100%キャラの交換品に「1%スパモグ」があるかも知れないし、今後のランキングアリーナの報酬にになる可能性も、少なからずある。

 てかもしランキング報酬になるとしたら、それはもう「取れない」と言っても過言ではないのだが。

たとえば10%が1000位以内だったとしても、正直2万ラピスで取れる気がしない。もちろん10%だけあっても全く無意味だし、長期的にそれを100%まで貯めるとなると気が遠くなる。

 ただ、50%まで貯めるのなら、話はちょっと変わってくる。

単純に「倍」。ラピスの消費も半分で済む。今ここでフェイを取っておけば。

もちろん実装されない可能性もある。いや、実装されるとしてもかなり先になる可能性も、、、。ただ、現時点で僕のパーティ、僕の物理アタッカーを俯瞰してみたとき、フェイとフェイ以外には大きな格差がある。

 まぁ今後実装される新キャラで、フェイすらも大きく凌駕する子が来る可能性もあるのだが。

 たとえばアクスター、例えばマダム、例えばアルドールだっけ?の皇帝
※まぁ皇帝は魔法キャラか。

あと前にも書いたけど、ささやかな期待として、いつの日か期間限定で、

 セレチケがコラボキャラにも使えるタイミングが来ることも期待してたりもする。

絶対無いとは言えないと思うんだよな。たとえばそれが20枚とかだったとしても。

 マリアでいいのか!?

てかホント迷ってる。ファミ通のランキングチェックしたら、エリィと並んで1位だったし、
※自分的にはどう考えてもエリィだと思うのだが。理由は属性を使いこなせた方が利便性が圧倒的に上だと思うから。でもそれをカバーしてあまりある火力がマリアにはあるのか!?とも思ったり。

 てか本気運用するなら、すっぴんモグをコテンパンロッドに使う手もあるのかも?とも思ったり。

わかんないけども。つかマリアのトラマスって他と比べて微妙っていうか、コテンパンロッドだけ頭一つ抜けて強い気がする。武器のトラマスはトラアビとかの縛りの関係で「死にやすい」から強めに設定されたんだろうけど、それでもちょっとズルい気がしないでもない。手に入らなかったからそう思うのかもだけど。

 マリアのトラマスなんて、ロイヤルクラウンの魔力に「2」足しただけだからな。

精神も付かないし。光耐性なんてほとんどニーズないし。

・・・

でもちょっとだけ楽しそうかなって思うのは、バルト、ニコル、ティーダと一緒にして、毎ターン5700%のリミバを撃ち続けること。現実的にするなら、もう一枚をジークにして、1ターン目はバルトが60%攻魔デバフ、マリアはゼプツェン全解放とかを絡めることになるとは思うけど、

 ちょっと楽しそう。

全ては巡り合わせ。もし前回バルトではなくフェイを取ったとしたら、バルトの☆7を楽しめなかったわけだし、そもそも「4体目が確約されない3体目のフェイを取る理由がない」。フェイの胴着は確かに攻撃力を激増させるし凄く魅力的だけど、相手が機械ならバルトのスパトラを乗せるのと大差ないはずだし、マリアも楽しめなくなる。攻撃パラチャレは未だ達成出来ないままだけど、

 早く達成出来ることが必ずしも「楽しい選択肢」になるとは限らないからな。

でも29日のニコ生までは待った方がいいのかなぁ。そこだけは迷う。特に今強化する理由は薄いし。
※土日の大成功を活かすくらいしかない?

●パラチャレ

ガンジーさんに教えて貰ったサイトで、ステータスをチェックしてみたところ、どうやら僕がパラチャレの攻撃をクリア出来るのは、

 アルテマウエポン(VII)を取るしかない。

すなわち、クラウドをセレチケで2体取る。

現状で言えば、マルゲリータだかマルドークだかの想いによって、フレンドボーナスがかなり低く、かつアルポンの武器強化攻撃付与が一切ない状態でも、たぶんクリア出来る。

 ただ、それ以外ではクリアは絶望的。

前も書いたけど、フェイでクリアするには、プリッシュの首飾りをすっぴんモグかセレチケで取り、ヤヌスの眼鏡を取り、たまねぎの誓いだか埃だかを取って、さらにフレンドボーナスがLV10で、その上アイガイオンアームの攻撃上昇が30%も必要になる。

 なかなかに厳しいハードル。

てか気付けばもう6月が見えていて、8月末まであと100日ほどである。その間にはもちろんいろんな強いキャラがリリースされ、パラチャレも身近になるだろうから、今クラウドを取ることはさすがにしないが、、、

 でももどかしさは募る。

さっさと取ってしまいたい衝動と、グッと堪えて「機が熟す」のを待ちたい気持ちが、心の中で核戦争を起こしている。

ぶっちゃけMPはどうでもいいが、精神は欲しい。精神も1、2体セレチケがないと達成出来なかったと思うし、もっと言えば、攻撃のパラチャレ報酬よりも使い勝手がいい気もするが、、、。

 うーむ。

ちなみに現状でレアチケは11枚。金チケは4枚しかない。ここで使うと月初の特攻がにっちもさっちもいかなくなってしまうし、やっぱり欲しいのはフェイであってシタンではないので、
※いや、もちろん手に入るなら欲しいけど

 待てるならニコ生を待ってから。待てないならスグにでもマリアを☆7にしてしまいそうな感じって話。

・・・つい2枚だけ使っちゃった。もちろんブルー。気持ちの話。

●高難度ゼノギアス「イド」

なかなかかっこいい。が、ライブラ持たせるのを忘れたので、詳しいことはわからずじまい。

パーティは軽く考えて、麻痺耐とストップ耐性って言ってたけど、、、

 ストップ耐性は完全に忘れてた。

結果食らわなくてホッとしたけど。
※ラクシュミは入れていたけど使うのを忘れてた

事前情報が一切無い状態での候補は、

 ジーク、リド、白、ニコル、フェイ&フレフェイ

幻獣2回、リミバ不可、10ターン以内というミッションだったので、

 レムやシトラが候補に。

ぶっちゃけフェイをフレンドのみでもいいかな、とも思ったけど、たぶんそんなに強くないだろうということで、

 ジーク、マキナ、シトラ、ニコル、フェイ&フレフェイ

で。リミバ禁止で幻獣2回だったので、リドよりマキナのが適正が高いとジャッジ。あとは、シトラのマインドホーリーフラットとニコルの109のヒール、さらにジークに機械仕掛け&引きつけ100%で回復は必要にして十分だろうと。

特にHPが減ってから怖い攻撃が来る可能性もあったけど、フェイに攻撃させずに幻獣ミッションを消化してたら、

 それだけでHPが10%くらい減ってしまった。

完全に盛ってないメンツでそんなに減ってしまったということになると、フェイを動かせば一瞬でカタが付くはず。ターンにも余裕があったし、、

・1T スタイリッシュ、スタンブレイド、マインドホーリー、180145、幻獣、防御

・2T デンジャラスローズ、スタンブレイド、マインドホーリー、109MP、防御防御

 以下省略

なんだか全部書くのもバカらしいくらいの展開。HPは常に全快で、負ける要素は見あたらないまま2回目の幻獣もクリア。あとはフェイの連殺を準備して、マキナが70%防精デバフからの闇勁×6で無事ミッションコンプリート。

フェイ2人の闇勁×6は、つまり48ヒットの攻撃なのだけど、なんか最初の2、3回で倒してしまったような。気のせいかも知れないけど。

人に寄っては歯ごたえがないとか弱すぎるとか言うかも知れないけど、自分的には、

 ストップ食らわなくて良かった。ライブラ持ち込めばよかったな。

余談だけど、こういうイベントの装備ってメールボックスに届くじゃん?あと高難度探索とかでも割と安易に増えたりする。

 正直ホントに欲しいものかどうか、甚だ怪しいよなって思う。

キャラに関しては、「トラスト100%キャラの使い道」が作られるって言ってたけど、正直言って、「1体は持っていたい」思いの方が強い。レイドアイテムをほぼずっと記念に持ち続けてる自分としては、
※持ってないのは唯一「聖石」だけ。逆に言えばこのイベントは未だに復刻してない。スゲェ復刻して欲しいのだが

 意外と処分出来るキャラは少ない。

同じように、ホントは武器とかも処分するのに抵抗がある。気付いた時にいくつか売却したりもしたけど、「キングスソード」だけは見た目も好きで売り払えない。あと「エクスカリパー」とか。絶対要らないと思いつつ処分出来ないジレンマ。まぁ図鑑に載ればそれで十分なのかも知れないけど。

あと、売り払おうと思っても、どっかの誰かが装備していて処分しきれないケースも少なくない。「装備を外してでも売り払いますか?」という「通常の売却とは別のメニュー」が欲しいなぁと思う。滅多に使わないけど、使いたくなる場面はあるし。

倉庫が別になるからと言って、装備とアビ枠に猶予が出来るわけじゃないから、その点は結構煩わしい。思い切って増床してしまえばいいと言えばそれまでかも知れないけど、

 やっぱり根底がセコいんだろうな。

----------

あとは29日のニコ生まで、地味にレイドと神殿を繰り返すのみ。いつもならこの時期に十二神が来てた気がするけど、まだ「裏」には行かないのか。みんなのキャラが強くなりすぎてて、歯ごたえのある相手を用意するのも容易じゃないのかも知れないけど、、、。

達観した物言いになるけど、やっぱパラチャレとかどうでもいいかも。キャラが強くなることも、こんなに一気に進み過ぎちゃうと、
※イドに対するフェイの強さとか
なんだか興ざめしてしまう。弱い方が楽しいわけではないのだけど、これまで凄く高い攻撃力を持ってたフレの人とか、「楽しさが収束してしまう」怖さと表裏一体で磨いていたのかな、とも。

以前書いてた「色気のあるキャラ」は、僕にとってはまさにバルトがそうだったと思う。そりゃあシタンやフェイが欲しかったってのはあるけど、バルトのスペックを掘り下げてた時の方が、なんだかワクワクが大きかった気がする。「コンボに活かせるカード」みたいな。

トラマスも、正直何を走ればいいやらって感じ。同行が下がるのも怖いし、「走らなくなったら一気に距離が出来てしまいそう」な怖さもあるから、今はまだ走ってるけど、ぶっちゃけ色気のあるトラマスじゃない。イグニスのトラマスとかのが楽しかったりするんだろうか。

単純な火力、防御力じゃない、変則的な攻略法を持ったボスとか、イベントとかがあるといいのにと思う。上手く言えないけど、「コレか!」とヒザを叩くような攻略がしたい。出来たら自分の手で。難しすぎず、「プレイヤー全員が苦労して、プレイヤー全員が5回目くらいでクリア出来るような」。禅問答みたいだけど、そう言うのがやりたい。

とりあえず土曜には大成功が始まるから、レイド関連を一旦整理したい。今回はキャラが多くてトラモグが分散しすぎるって泣いてた人が多かったみたいだから、いざとなったらサクッと無属性モグで取ってしまうことも視野に。軽く叩いたらマリアは魔力2200くらいまで上がるみたいだし、リミバLV25でもそこそこ大きいダメージも出るだろうし。

前から書いてるけど、僕は長期戦は嫌いじゃないんだよね。6時間とか。他のゲームでは味わえない体験というか、達成感もスゲェデカいし。

 アイガイオン並の魅力的な報酬を持った強敵が出てきて欲しいな~。

すぐに倒せなくて、みんなで情報出し合って、みたいな。ネット時代にはなかなか難しいことだとわかってるんだけどさ。

・・・

追記。

結局マリアを取って、さらに大成功まで待てずに育成。まぁ毎回レイドサボテンを全て「がんばらなくても」、僕の虹取得ペースでは余裕があるし。

ただ、彼女のトラモグは現状レイドガシャを全て回してなお80%しかない。他と比べたらまぁまぁ多い方だけど、当然これでは本領発揮は無理。でもせっかくだからレイドボスとかで手触りを確かめてみたりしたところ、、、

 ・・・全然弱い。

というか、

 ・・・初動が遅い。

結局マリアは、1ターン目に自己バフし、2ターン目にデバフをし、3ターン目以降徐々に火力を上げていくスロースターター。リミバも、強いには強いがジェイクのように3ターン目に確実に撃てるというわけでもないし、1ターン目に出来るダメージワザと言えば、

 相手の精神を65%下げつつ無属性

か、

 相手の火耐性を80%下げつつ火属性

この二択しかない。まぁ他のメンツが精神デバフしてくれれば、1000%無属性を2発撃つことも出来るけど、言ってもその程度。あとは、Wゼプツェンで「ゼプツェン全解放→短距離グラビトン砲」ってチョイスくらい?ジークの60%精神デバフ後でレイドボスダメージ2200万。正直パッとしないと思ったのは僕だけかな。

トラマス装備させての魔力は2150ちょい※フレボ8%で。一応はパーティ最強の数字ではあるけど、弱点を突いた皇帝やサクラとは比べるべくも無いだろうし、現時点ではあんまパッとしない、よっぽど適性の高い相手が来ないと活かしづらい手触りだったな~。

| | コメント (3)

2018年5月25日 (金)

冷凍食品の話

そんなに長くない。のでもしかしたら他の話も書き加えるかも知れない。

セブイレでカルビやら豚の生姜焼きやらを買って食べた話はしたが、こないだの「肉汁と葱油がXO醤でシュウマイ」みたいなヤツを食べて、

 他のもちょっと興味が沸いてきた。

つかかみさんが二日ほど家を空けるというので、自分で飯を調達せねばならず、コンビニ弁当は高いからという理由で「コンビニ冷凍食品」に着目した次第。場所はセブイレで、買ったのは4種。順番に触れる。

●焼きおにぎり2個入り170円税込

焼きおにぎりというのは、つまりは具のないおにぎりの表面に醤油を塗って焼いたものなのだが、真ん中でプレートを割ることが出来、ひとつずつレンチンが可能になっている。つまり1個辺りで言えば税込85円。税抜なら79円。

 値段を考えれば、十分許せるライン。

というか、そこまで安いわけではないと思うが、ポイントなのは、これが「ご飯」であるという点。つまり、

 いわゆる「サトウのご飯」では味気ない、でもご飯モノも欲しい、という位置づけで食べる「一品」というところ。

まぁ「おかずに相当するもの」が↓たこ焼きだったのはどうかとは思うけど、、、嫌いではない。てか、店頭で「これチンして下さい」は出来るのかね。冷凍食品全ては無理でも、この焼きおにぎりなんかは「出来そうな気もする」けど。

●たこ焼き6個入り192円税込

今回買った4品の中で、もっとも高額だったのがこのたこ焼き。ちなみに僕はたこ焼きには結構うるさい。いや、味にうるさいというわけではない。こだわりがあるというほどでもない。ただ、

 周りが「カリっとしてるヤツ」が嫌いなだけ。

具体的には銀だこのたこ焼きが嫌いなのだ。カリッとしてるから。あと、中がトロッとしていて、タコがしっかりと入っていればそれで十分合格。

 つまり、十分合格だった。

強いて言えばその形が「完全に工場生産品の整った球形」だったのが、何か味気なさ過ぎる気はしたけど、
※おにぎりはもう慣れたから、食べ続けていればこれも慣れるかもだけど
欠点らしい欠点はそれだけ。ソースと鰹節は必要十分で、マヨネーズは自前で用意したけど、これは掛かってたら食べられない人も居る配慮とも思うので減点対象にはならない。

 ぶっちゃけ、味部門でも「くくる」だか「くるる」だかのたこ焼き、旧豊橋西武の地下のたこ焼き
※今でも丸栄にあるかもだけど
に次ぐナンバー3の美味さで、

 価格を考えたコストパフォーマンスでは、ダントツと言ってもいい。

もしこの値段で屋台で売ったら、他のたこ焼き屋の売上が激減しちゃうんじゃないかというほど。
※何度も言うがあくまでコストパフォーマンスなので、「デカタコ」を売りにする屋台とかとは全く違うアプローチではある

★★★くらい美味かったな~。味部門では今回の4品の中で1番だった。

●チャーハン150円税込

セブイレには4つのチャーハンがある。前回食べた「300円の極上チャーハン」「有名店すみれのチャーハン」「エビピラフ」。
※僕の行った店にはこれだけ。ネット見ると他にドライカレーとチキンライスもあるみたいだけど

その中で今回は価格重視でこれにした。というかトータル680円で2食分という配分。前食べたのを食べたくなかったってのもあるけど。

 ぶっちゃけ普通。

さすが安い方のチャーハンである。高い方の「極上」が、まるで「餃子の王将」のチャーハンと間違えちゃうくらいのクオリティだったのに対し、

 至って普通。量も少ないけど、こんなもんでちょうどいい。

餃子と一緒に食べて、税込258円なら、

 全然お値打ちだ。

価格的には390円くらいの満足は出来たかな。てか、餃子のクオリティが高かったからだけど。

●餃子5個入り108円税込

まず最初に値段を見たとき、「マジで!?」ってなった。だって税抜100円だよ?

 今時冷凍食品で「100円」のものがあるなんて!

ただ、言ってもセブイレの冷凍食品である。最低限のクオリティは維持されているに違いない。期待過剰で(たかが100円なのに!)購入&レンチン。てか、食事を全て冷凍食品で賄うというのは、コスト的には確かにコンビニ弁当より安上がりではあるのだけど、

 待ち時間が意外と長い。

冷凍な分だけ弁当とかより暖めに時間が掛かるし、さらに複数の品を暖めるとなると、

 どの順番で暖めれば一番美味しく食べられるか

みたいなことも考えなければならない。簡単に言えば、

 一番熱持ちが良く、冷めても美味しいものから暖めなければならない。

今回で言えば、「チャーハンと餃子ならチャーハンから」。冷めた餃子はガチで不味いからな。

ちなみに、袋を「開けずに」チンするのが餃子のイレギュラーなところ。間違えないように!
※この「開けないチン」もまた試行錯誤の上に行き着いた答えなのだとわかる。つまりは蒸してるんだろう

封を開け、醤油を一垂らしして食べたのだが、、、

 かなり美味い!

何というか、

 「スゲェ良くできてる」。

少し焦げてるとか、何カ所かくっついちゃってるところまで「リアルな手作り餃子」で、醤油を垂らしたけど、「たぶん垂らさなくても十分食える味付けもされてた」。ニンニクやラー油が入ってたかはよくわからないが、チャーハンにとてもよく合っていて、

 この餃子が5個108円って、、、スゲェなセブイレ、、、

感心しきりだった。感動というより感心って感じだけどね。てか、安いし、お手軽だから
※お皿に出したりしなくてイイから
また買ってもいいなって思ったよ。

---------

思ったより行が伸した。てかこの感じだと、他の冷凍食品も全て食べてみたいという気にさせるレベルだったけど、逆に言えばこれはつまり、

 日々の研鑽、進化の果て、、、いや、進化の過程の産物であるとも言える。

いくら自分が美味しい、安い、「最高だ!」と思っても、たぶんそれほど長くは食べられない気がする。

 ほどなくより美味しいと判断された「別の何か」に生まれ変わってしまうだろうから。

それが僕に対しても同じように訴求するものであれば、何も問題はない。だがしかし、そればっかりは一概には言えない。改良のつもりが改悪になってしまうことってのは、往々にしてあるからな。

 美味しいウチに食べておこうと思った。

何となく▲▲。こういう話は嫌いじゃない。

| | コメント (2)

2018年5月24日 (木)

FFBEエクスヴィアス~その388~

結局ゼノブレイド2回目のピックアップも、少々(3000円)課金して一周してしまった。だってどう考えても魅力的だったんだもの。てか、

 自らの意志の弱さに情けなくなったりもするが。

ともかく、後悔は少なめの人生を送ってきたつもりだ。「3000円とその成功率の高い博打」を鑑みたとき、

 行くしかない。

と結論づけ、いつもの神社へ。

今回は「出来たらフェイ」。

正直「一点狙い」の時のお願いは、聞き入れて貰えたためしがない。でもつい一点狙いでお願いしたくなってしまう。もしダメでも恨んだりしませんので、と神様とひとりで対話。要はスカった時の傷を少しでも癒すため。

ちなみに一番欲しいのはフェイ。理由はとにかくスパトラが欲しい。あれさえあれば、パラチャレもクリア出来るし、そもそも凄く強いフェイが出来る。さらに、シタンが出た場合、今ひとつも手持ちがないパワポットも注がなければならないが、フェイならその必要がない。個人的にはシタンよりフェイの方が使い勝手が良さそうにも思えるし。

ただ、言っても昨日はシタンピックアップ。てかよくよく見たら、

 ステップアップはピックアップ対象外。

つまり、シタンかマリアはどちらも同じ確率で、ガクッと下がって他の3体が横並び。

 だからこそフェイに望みを託したくもなったのだが。

ちなみにこの「お参り」の前に、通常のレアチケ6枚と金チケ2枚ほどをと投入し、軽く死んでたりもする。まぁしょうがない。そうそう出るもんじゃないし。あと10%チケも余裕のブルークリスタル。「ふしぎの海のナディア」や「天空の城ラピュタ」なら、ブルーなクリスタルには特別な力が宿っていたりもするが、本作ではそういう仕様はない。言ってみればガラス玉だ。

で、とりあえずメールボックスのラピスを全て引き出したところ、12620。とにかくお金がないので、気持ちよく8800円は課金出来ず、3000円4000ラピスだけ課金。どのみち次の虹チケやらロレーヌチケやらは随分先なので、特に意識もない。

で、一回目。

 余裕の爆死。虹はゼロ。

さらに2回目。

 またも爆死。虹はゼロ。

まぁこの辺りは織り込み済みとも言える。今回はどのみちゼノチケを使う決断をしたからこそ課金もしたし、勝負はステップ3に集約されている。フレやらアルテマやらが、

 ステップ1で虹が12個出た!

と言われても、僕には知らぬ存ぜぬ関係ない。ただ、

 ゼノさんの「100連爆死」は結構ショックだった。

何というか、ご愁傷様という言葉しか浮かばない。そう言うことは、当然僕にも起こりうる。まぁステップアップで言えば、虹ゼロはないわけだけど。

欲しい順としては、

1位 フェイ 100点
2位 シタン 70点
3位 エリィ 50点
4位 マリア 10点
5位 バルト 0点

というところ。僕はそこまでエリィにこだわりがないというか、何はなくともパラチャレの攻撃をクリアしたい。何というかこれがクリア出来るまでは枕を高くして眠れないというか、

 その為にセレチケを使わなければならないのか?、という悩みの呪縛から解き放たれない。

まぁシタンが手に入ったからと言って、即パラチャレがクリア出来るわけじゃないのだが。
※パワポットを注いだとしても、結果は微妙なところだった気がするし。てかアルテマのデータはおかしいと思うし。

そんなこんなでステップ3。もはや土下座で神様にお祈りをした結果、、、

 虹が2枚!ヤッタ!!

しかし結果は、、、、

 マリアとバルト。

・・・うーむ。

・・・・・・・・・・・・うーむぅ、、、、、。

正直こういう結果になる可能性も十分あったわけだし、強いて言えばバルト一体よりは全然マシ。最悪ではない。ただ、ゼノチケでどっちを取るかに関しては、正直結構悩む。マリアは、「無属性ではエリィより強い」と言われてるらしいが、実際のところよくわからない。てかそもそもマリアの☆7と、バルトのスパトラのどっちが魅力的なのかもよくわからない。

意気消沈して車に戻り、100mほど走ってから、

 あ、ついでに30%チケも使おう!

もしかしたらここで何か出るかも知れない。もちろん30%だし、前回の30%チケで虹を引いてる分、今回は出ない確率の方が高いかも知れないが、

 勢いである。

ただ、こういう時車の中で引かないあたりは、我ながら律儀。Uターンして神社へ戻り、スマホを賽銭箱に載せつつお祈り。おなしゃす!

 空から虹が降りてくる!

これは普通に嬉しい。30%ではあるが、30%でしかないのだ。ちなみにお願いの内容は、

 贅沢言わないので、虹ならなんでもいいです!

 ・・・結果は、、、バルト。

・・・でも大丈夫です。あ、あ、ありがとうございます。また来ます。

バルトが出たことで、つまりは、

 バルトのスパトラと、☆7のマリアをゲット!

と言うことになる。3000円の課金内容としては、「最悪ではない」。

先の点数で言えば、バルトのスパトラは20点相当で、マリアと合計しても30点程度の価値しかないかも知れないが、

 少なくとも0点ではない。

0点ではないが、、、

 フェイかシタンが欲しかった!!

・・・ソレ本音。

●バルトのスパトラ マルグレーテの想い

攻撃60%UP、物理魔法攻撃時マシーンキラー50%、バーストストーン上昇量+100%

「60%じゃ、利用される者の方が全然いいよ、、」とはあくまでパラチャレ目的の視点。てか、冷静に考えれば、僕にとって3つ目のスパトラなわけで、

 相手が機械なら、その効果は結構デカい。

例えば利用される者を使う場合、代わりに抜けるのはせいぜい50%の攻撃UPか、下手したら40%の攻撃アップであり、上昇量は実質30-40%。日本語として少しおかしいが、ともかくその程度だ。

当然相手が機械じゃない場合は、それが10-20%上昇に下がるが、それでも毎ターン2000ダメージがあるわけでなし、特にヴィンセントを一体も持っていない、さらに装備に一切依存しない60%UPは、今後100%と言ってイイレベルで誰かが装備することになるだろう。相手が機械じゃなくても、リミバ+100%は悪くないし。アビリティとしては、モグの心得(50%)以外に上昇量を上げるものは持ってなかった気もするし、ただ100%上がる。それは攻撃を抜きにしても、居場所がある気がする。

 当然相手が機械であれば、その効果は絶大だ。

単純に僕はキラーを積むのが好きな人なので、相手に合わせてかなり高頻度で1~2枚のキラーを積む。つまり、

 単純にマシーンキラーに加えて、攻撃60%UPの恩恵が載る。

特に、バスターフォーム×2を積まざるを得ないジェイクなんかは、その恩恵がとても大きい。機械相手に400%が遙か彼方になるジェイクには、60%上昇、つまり、

 より低い倍率帯の上昇の方が、よりダメージ効率への影響が大きい。
※340%が400%になるより、200%が260%になる方が、倍率として効果が大きい

まぁ彼の場合はどのみち3ターン使ってリミバを撃つ手前、リミバ上昇量アップの恩恵は実質受けられないが。

ともかく、「腐ってもスパトラ」という感じ。てか正直言うと、

 これでオメガを正攻法で倒せるかも知れない

とちょっぴり浮き足立ってるくらいなのだ。

●マリア

現時点ではレイドの2枚目がまだ手に入ってないので、その真のポテンシャルは測りかねているが、これも冷静に考えてみれば悪くない。

 パワポットはないが、インテリポットは多少ある。

磨こうとすれば磨ける状態なのだ。

ただ、逆に微妙な点もある。

彼女の居場所は、自陣においてフレイの席が一番有力だ。高い魔力と強烈な魔法依存リミバ。リミバは一切磨いてないレベル1の状態で既にフレイを凌駕するし、まだ育ててはいないが、魔力もたぶんフレイを超えるだろう。リミバを磨いた際の火力差は、歴然としてあるに違いない。
※ちなみにチャージはフレイ40に対しマリア42だが、リミバを稼げるアビがある分、むしろマリアの方が溜めやすい。あくまでリミバに着目すれば、だが

問題は、「リミバと単体無属性しかマリアには利点がない」という点だ。

言ってもフレイも、氷、雷、火属性と無属性しか使えないから、火属性が使えるマリアとの差は、こと属性のおいては、氷と雷しかないとも言えるが、

 実はその差がかなり大きい。

なぜなら、その氷と雷の「魔法ではない攻撃」を、ストイベでは非常に珍重しているからだ。

ストイベのパーティは、フレイ、爽涼、レム、シトラ、ニコル。ニコルにバイオガ剣と153&風属性武器、シトラにも猛獣使いの鞭(風属性)と153を持たせることで、特定の幻獣使用以外全てのミッションがこなせる構成になっている。

 フレイをマリアに変えると、それが出来なくなる。

ぶっちゃけフェイがシタンより「使える」と思うのも、その属性攻撃の器用さにある。たかが光と闇とは言え、カバー出来る属性が多ければ、それだけ対処出来る場面も増える。それは、単純に攻撃力が上がる以上のメリットだと僕は思う。
※でもだからと言ってネギのアビ覚性みたいに「2ターン縛り」は欲しくない

無属性の火力では圧倒的かも知れないが、正直これまでの「無属性火力が圧倒的」だった「3連アポカリプスのリノア」の出番はほとんどなかったのだ。

 ましてやキーとなるグラビトンパンチは単体攻撃だし。

では彼女には全く居場所がないかと言えば、ささやかながらそうではない。単純に魔力が高い、火力がある点もあるが、

 リミバやターンアビではなく、最初から火耐性-80%が使える。

自陣で初動高倍率の耐性ダウンと言えば、闇耐-100の黒セシか、火氷雷70%のセブン、火氷雷60%のマキナくらいしかない。さらにこの火耐性-80%アビ「マグニートプレス」は、明鏡系とフルチェインし、あまつさえ効果も4ターンと長め。さらに彼女は65%と必要十分な精神デバフアビ「アイアンブレイク(これも4ターン)」があり、

 相手が「火弱点」でなくとも、「火耐性さえ無ければ」、

かなり強烈なダメージをたたき出しうる。デスペルされない前提ではあるものの、

・1ターン目 ゼプツェン全解放で4ターンの間、魔力300%+マグニートプレスとアイアンブレイク、あと高倍率のファイアドライブ(750%でこれも明鏡系)の火力+150%

・2ターン目 マグニートプレスで火耐性-80%、アイアンブレイクで精神65%、ファイアドライブ900%

・3-4ターン目※5ターンまで? ファイアドライブ900%×3

無属性なら無属性で、単体730%(+230%MAX2300%)グラビトンパンチを絡めれば、

・1ターン目 ゼプツェン全解放
・2ターン目 アイアンブレイク700+グラビトンパンチ730+960=2390%
・3ターン目 グラビトンパンチ1190+1420+1650=4260%
・4ターン目 グラビトンパンチ1880+2110+2340=6330%
・5ターン目 グラビトンパンチ2570+2800+3030=8400%

こちらのメリットは、グラビトンパンチのMP消費がわずか32しかない点もある。マリアは、デフォで10%のリフレを持っているので、そこそこMPマネジがしやすいのだ。

 まぁ火属性以外の弱点持ちなら、そっちを責めた方がいいだろうけど。

あと、

 エリィ以上の「紙耐久」で、非常に打たれ弱いみたいだけども。

ただ、一方で彼女には他のキャラにない唯一無二の良さもある。

 それは、、、

 通常攻撃とリミバが、強烈にイカすのだ!

アリーナとかで見たことがある人も居るとは思うけど、通常攻撃の「強そうさ」は、たぶん全キャラナンバー1なんじゃないかというレベル。てか、見た目だけなら、

 もはや反則だろ、ソレ。

って感じで、とても良い。一方リミバも、図鑑で見なきゃ全体像が見えないという「無駄努力」のタマモノに仕上がっていて、
※つっても最後エフェクトがないのがよくわからないが。手抜きというか忘れたか?もしくはメモリ不足か?
こちらもとても良かった。

・・・

ともかく、どんなキャラも適材適所。ストイベ以外に使い道を探すのが、プレイヤーの役目ってことなんだろうな。

 もちろん、

 これはフェイとシタンが出なかった自分に「マリアも悪くないぞ!」と言い聞かせてるだけだが。

あ、そう言えばマルグレーテの想いは、マリアにも使えると言えば使えるんだよな。魔法にもキラーが載るヤツだから。ちょっと嬉しいかも。

----------------

ちょい追記。

レイドでのダメージがカンスト(10億)するというのは、結構な人がチャレンジしてきてるとは思うのだけど、ぶっちゃけ自分にはまだ時期尚早かと思ってこれまではやってこなかった。

で、今回ジェイクも強くなったし、
※強化マシンガン+47%が出たから
フェイも居るからという理由で、

・ディリータ闇耐-120%
・リド防御デバフ74%
・ニコルバフ175%→ジェイク
・Wフェイ連殺闇勁×6
・ジェイクリミバ

これを試してみようと。途中でリドはリミバのが倍率が高いことを思い出したり、フレが居なかったので野良の適当なフェイにしちゃったりもしたのだけど、とりあえず、

 防御デバフ74%、ニコルバフ175%、ジェイクリミバ

 これで1億6000万強

闇勁がどの程度削れるかわからないが、とりあえずジェイクだけでエレチェ4倍に乗れば6億。10億くらいなら何とかなるかな、と軽く期待しつつ、エレチェに乗せてみたら、、、

 一応10億は行った。が、何ともスッキリしない。

なぜなら、「ジェイクのダメージが視認出来なかった」から。一応ジェイクからスタートして、タイミング的に「織り込める」つもりだったのだけど、、、まぁスッキリしない。

で、録画を確認してみたところ、ザックリだけど、フェイ闇勁8ヒットのうち7ヒットが2000万強で、最後が7000万弱。連殺で二人だから、

 (2000*7+7000)*3*2=126000

・・・ジェイクなしでも10億超えてた!(^^;

もしかしたらガチでジェイクのダメージが表示されてなかったかも知れない。でもせっかくだからもう一回試してみることにした。今度は、

・ジェイク→バルトでリドのリミバアップ
・リド防御デバフ79%

今度はフレが復活していたし、ジェイクに振ってた火力装備をフェイに移行してチャレンジ。結果は、

 余裕のカンスト。

で、録画を確認してみたら、

 (5000*7+15000)*3*2=300000

30億超え!あくまでザックリだけど、それに近い感じになってた。てかよくよく考えたらフェイのSPアビは攻撃250%バフも含まれてるから、ニコルは要らないんだよな。その分を高火力フィニッシャーにすれば、さらにダメージが伸ばせ、、、

 どのみちカンストじゃ意味がないか。

木人は耐性デバフが通らないからイマイチ楽しくないんだよな。別にランキングとかは雲の上の話で、さして興味もないけど、自分の火力アップを実感する場所が欲しいっちゃ欲しい。つか今らならなぜ「木人に耐性デバフた通らないか」理由が分かるんだけどさ。

 要はバグっちゃうんだよ。そのくらいのダメージ帯だと。

数字のやりとりってのは、意外とコンピュータの泣き所というか、不具合が起きやすいところだという認識があるのだけど、まぁ素人の思い込みであって欲しいとも思うな。

てか、とりあえずバルトのトラマス、マルグレーテの想いは、なかなかに活きたなって話。

・・・まだちょっと未練があったので、さらに調整。

 リド→ハンターフィーナにして、攻撃2796、でもキラーなしスレトンなしのマプーさんのフェイと組ませて、

 84%デバフ、250%バフ、闇耐-120%、闇勁×6

でやってみたところ、トータルで57チェイン。8×3×2=48なので、曲射と因果の剣もチェインに組み込まれたっぽく、でも属性揃えてたわけじゃないのでエレチェは10ヒット目まではMAXじゃないとして、、、ざっと確認した序盤以外の数値は、

フェイAの1~7HIT 上限+下限)÷2=6538万
フェイBの1~7HIT 上限+下限)÷2=4430万

ヒット数による減算を1.4倍として、10HIT目まで交互に加算されたとしてザックリ計算して、1億3660万。
※大いに誤差があると思うけどあくまでザックリ

11~47HITまでが闇勁なので、Aが18HIT、Bが18HITとして、10HIT目までの合計と合算した場合、、、

6538*18+4430*18+13660=211084

21億1000万。てか前述の計算は序盤の減算を考えてなかったから、実際はたぶんもっと低かったんだろうな、と。今度のはさっきより精度は上げてるつもりなので、多少は信憑性が出たかな、と。

 一回30億くらい!?って言ったあとだとテンション下がるけど。

ともかく20億前後のダメージが出せてたんだなと思うと、情報の間でのチャレンジも、
 「やりたくなる気持ちもわかる」

って感じかも。仮にオーブ5個だけ付き合ったとしても100億。前回7兆くらいだった気がするけど、700人で7兆だもんな。稼ごうと思えば結構稼げる。

 もっとも、先月と今月じゃ大違いだろうけど!

ああでももしマリアがフェイだったらな~。マルグレーテだけじゃなくフェイのスパトラで火力激増だったのに。やっぱ悔しいぜ。

・・・試しにソロの数字も取ってみた

・ハンターフィーナデバフ
・ディリータ因果の剣
・連殺闇勁×3

あえてチェインさせず、フェイ単体で攻撃。
※合計ダメージには含まれるけど、誤算の範囲

 4億4556万

闇勁は8HITワザだが、実質ダメージは8HIT目が1~7HIT目の3倍になる。つまり、10で割ると、実質1HIT目のダメージが出る。この場合は連殺で3回分なので30で割ると、1485万。僕と同じチューン同じ攻撃力のフェイトエレチェした場合は、

 あーーーエレチェは1.4倍じゃない1.3倍だ!!

ゴメン。上の方の計算は間違ってた。忘れて下さい。てか書き直さない辺りが不精者。見逃して下さいませ。

気を取り直して1.3倍で計算する。1485*1.3+1485*1.6+1485*1.9+...1485*4+...で合計48ヒット。

 計261282万。つまり、26億1282万

ちょっとスッキリした。

ちなみにこんな感じ↓

●フェイ 攻撃1998 アレキサンダーLV43 フレンドLV9

スレッジトンファー攻20、ピコルヌ、ヒョウの服、デッシュ、マーシャル、バスター、イド、マシーンキラー、マルグレーテ

つまり、マルグレーテ以外は大したものは装備していない。上を見るなら、

スレッジトンファー攻30、スキャニングゴーグル、フェイの胴着、ヤヌスの眼鏡、マーシャル、バスター、イド、マルグレーテ×2に、アレキサンダーLV60

たぶんこれが対機械では最強だと思う。マプーさんには申し訳ないけど、最近あんまし攻撃力の数値にフックしないというか、パラチャレはもちろんクリアしたいけど、

 同行で攻撃が高い=キラーやスレトンを積んでない

と言うことなので、こういう遊びには不向きなんだよね。もちろん強敵が居て、ソレ用にチューンして欲しい時もあるから、一概には言えないんだけどさ。

| | コメント (4)

2018年5月23日 (水)

マツコの知らない世界と冷凍食品

もしかしたら既に一週間以上前の話になってるかも知れないが、割とスマホがらみで忙しくて書けなかったので今日書く。こないだの2時間スペシャルの話。

前にもこの番組に関しては触れたことがあるけど、つまりは「人が好きな物のことを熱く語るのは、見ていて気持ちが良い」という話。相手が共感してくれるかどうかはわからない。が、共感してくれる可能性がゼロではないところに、マツコや、「未来創造堂」の木梨の存在理由がある。全部とは言わないまでもたとえ一点、一箇所でも「それはわかる」とか「きらいじゃない」と言って貰えたら、それで万々歳なのである。そもそも自分のその「高濃度な嗜好」が、世間一般の多数派になるとは思ってないわけだし。

ともかく、そんな中前回のお題は三つ。

・シュウマイ
・ディズニーランド
・下水道

なかなかのラインナップである。うち一番尺が取られていたのは、真ん中のディズニーランドで、語り部も芸能人風間俊介(漢字自信なし)。順番に触れる前に、、

 食べ物、客受け、ニッチ

この3本立てのラインナップに「番組ディレクターのセンス」を感じる。この番組のファンが100人居たら、最低でもどれかひとつにはフックするだろうな、と。実際の事情はわからないけど、何本かは撮り溜めていて、こういうスペシャルなタイミングで「これとこれとこれ」みたいなチョイスとかもしてるかも知れない。

まぁそれはともかく。一応順に触れるが、ぶっちゃけこのブログはこの番組の紹介ブログではない。自分が言いたいことはとても偏っている。つまりは「100人の中のひとり」なわけで、全部が全部フックしたわけではない。

●シュウマイ

僕はシュウマイが「基本嫌い」である。まずグリーンピースがそんなに好きではない。というか、シュウマイのグリーンピースは、グリーンピースの食べ方として、「特に嫌い」なレベルであり、むしろシュウマイのグリーンピースが無ければ、シュウマイもグリーンピースもどちらもそんなに嫌いにならなかったのではないか、というくらい「シュウマイ×グリーンピースコラボ」が大嫌いなのだが、

 番組でもやっていたけど、「グリーンピースを乗せた理由」を見てひどく納得。

 なんだよ「ショートケーキのイチゴ」って。つまりは見た目って。

見た目重視でクソ不味いものを食わせるなんて、スウィーツに使われてる「アラザン」
※銀色の仁丹みたいなヤツ。これもクソ不味い
みたいなもんで、「美味しさとは全く無関係」もっと言えば、「それによって不味くなるとかどうでもいいから」と言わんばかり。

 念のために言うが、僕はグリーンピース単体で食えないわけじゃないし、「美味しいグリーンピース」まで嫌いというわけではない。ただ純粋にシュウマイには合わないと、特にシューマイの「蒸す」という作り込みとグリーンピースを調理する調理法が合わないと言ってるのだ。グリーンピースは「煎る」ものだと僕は思うのだ。

そんなシュウマイ嫌いの僕なので、食べてるのを見ていてもほとんどフックしたりはしない。というか餃子とシュウマイでは、億ゼロで餃子の方が好きな自分である。てか、

 一番不味い餃子と、一番美味しいシュウマイなら、さすがにシュウマイが勝つけど

そのレベルである。

 冷め切った餃子と、できたてホクホクのシュウマイなら、さすがにいい勝負だけど

そのくらい餃子寄りの僕なのである。そもそもシュウマイの中身すらも、そんなに好きではないのだ。いや、そもそも、

 僕は挽肉がそんなに好きではないのだ。

つまり、

 僕はハンバーグがそんなに好きではないのだ。

 肉まんがそんなに好きではないのだ。

 メンチカツがそんなに好きではないのだ。

「だったら食うなよ」という声が全宇宙からニュートリノ並の濃度で降り注いできた気がしたが気にしない。

 そんなに好きじゃなくても、たまには美味しいと感じることもあるし。

ちなみに、餃子の方がシュウマイのが好きな理由を察した場合、「ああクリスはニンニクが好きなんだな」と早合点する人も居るかも知れないが、

 僕はニンニクも好きではない。というか、食えなくはないが、たくさん食べるとかなりの確率で胃もたれして気持ち悪くなってしまうのだ。

餃子が好きな理由は、つまりはラー油と餃子のタレ、そして皮の固さ、ニラとブレンドされた具のバランスが好きなのだ。つまり、

 徹底的にシュウマイを「餃子化」すれば、きっと僕も好きなシュウマイが出来上がると思うのだが、

その辺は何か「シュウマイ教」の見えない圧力があるのか、実現したブツを見たことがない。

で!

そんな僕だったのだが、冒頭に書いたように、「人が好きな物のことに熱弁を振るってる」のを見るのは好き、そして、

 人が美味しそうに食べてるのを見るのも好きなのだ。

 ・・・小栗旬が美味しそうに食べてるCMがスゲェ心に刺さったのだ。

番組中でも軽めに触れられ、マツコのリアクションも上々。となれば、

 もしかして美味いのソレ?

という気持ちになったとしても不思議はない。っていうか、その番組はほぼリアルタイムで見ていて、明日は仕事が休み。以前行ったときたまたまその個性的なパッケージを覚えていた僕は、近所のスーパーの冷凍食品コーナーにあったことを思い出し、同時に、

 開店時間に行けば買えるはず!

もはやイベントである。スーパーの開店時間を調べ、翌朝目覚ましを掛け、着替えてきっちり開店3分前に到着するように家を出る。

 開いてんじゃん!!!

ひどく狼狽する僕。小走りで店内へ潜入。脇目もふらずにカゴを取り<脇目してる、すぐさま発見。見える在庫はわずか3袋。思わず「とんでもなく美味しかった場合」を想定して2つ取る。ちなみに9個入り398円は決して安くはないが、イベントの一環だと思えば出せない額じゃない。これがディズニーランドのコットンキャンディチュロスだったりすると、往復の交通費だけでも2袋分796円では効かないだろう。

で、おもむろにそこ行く店員に尋ねる。「ここの正確な開店時間は何時だったの?」と。すると、

 「9時半です」

そんなバカな。だってまだ9時半になってないぞ!?

 「5分前には開けますね」

わざわざ「正確な」と前振りしたのに、と思いつつ、こういうウザい客はたぶん僕ひとりしか居ないだろうし、そもそも「ブツは無事手に入れた」のだから、ここはおとなしく引き下がることにする。もしこれで買えなかったら、たぶんこの建物ごと踏みつぶされてただろう。何にかは知らないが。

で、帰宅後マッハでレンチンだ。余談だが、「レンジでチンする」とか「レジでピッしてもらう」という表現は、僕的にあまり好きではない。POSレジでなければピッという音はしないし、

 僕はレンジのチンという音が嫌いなので、まず「鳴る前に止める」のだ。

大体レンジの暖めも、自分の期待通りの温度に仕上がることはまずない。10回やって1回ないくらいの低確率なわけで、ホントに難しいのだ。だって、冷凍食品だって「その冷凍の度合い」もあるだろうし、何より、

 お好みの温度は人それぞれなわけだし。

「アツアツ」が好きな人も居れば、「ホクホク」が好きな人「ヌクヌク」程度で許せる人も居る。僕は比較的熱い方が好きなのだが、

 言ってもラップが溶融してもはや人が食べられる下限を下回ってしまってるレベルはさすがにNO GOODだ。

まぁそんなこんなでやや熱めに暖めて食べたところ、、、

 うん。まぁ美味しいけども。

いつもかみさんがチンするときは、かなりぬるめに仕上げるのだけど、僕は熱い方がいいのでガッツリ行く。そこにどのくらい温度差があるかと言えば、

 電子ジャーのご飯を、出してすぐチンすることがあるくらい温度差がある。

ジャーのご飯は、炊きたて時は十分に熱いのだが、保温状態でさらに冬場だったりすると結構瞬く間に冷めたりするのだ。せっかくなら美味しく食べたい。コンビニのおにぎりすらも僕はチンして貰う派なのだ。

 なのだが、こないだ「少しだけ暖めて下さい」と頼んだおにぎりが、「ガン熱」になってたときは、さすがに殺意を覚えた。

どのくらい熱いかと言えば、

 全く手で持つことが不可能なレベル。

10秒で適温なところを、1分30秒やっちゃった感じと言えば伝わるだろうか。もはや手どころか舌すらヤケドするほどだった。運転中それが原因で事故るとこだったわ。

話を戻すが、そのシュウマイの味を一言で言えば、

 頭が「クリッ」と巻いてある高い中華まんの具材で作ってあるシュウマイ

もうそれ以上でもそれ以下でもない 番組では「冷凍食品っぽさはないわね」とマツコが言っていたが、常日頃から意識したことはないので、その度合いは僕にはわからない。ともかく、僕の「高い肉まんの肉部分の塊」という感想は、自分で言うのもなんだけど結構正鵠を射ていると思う。

 なので、もしああいう味が好きな人は、試しに買ってみてもいいと思う。

ちなみに一回目のレンチンには成功したのだが、二回目は、、※2個同時にレンチンし、

 まんまと1個は熱い。2個目の半分はしっかり熱いのに、残り半分は冷凍のまま

という何とも後味の悪い状態に仕上がってしまった。未だに電子レンジのメカニズムがよくわかってないのだけど、こういうのはどうしたら失敗をなくせるんでしょうかねぇ。

 全体がぬるい、ではなく、一点猛烈に冷たいところが残る理由がわからない。

ちなみに、この正式名は、「味の素 豚のあふれる肉汁にXO醤と葱油が香るザ★シュウマイ」であるのだが、

 一袋目が折り返しに差し掛かって、ふと気付くと、

 二袋目が全く別の商品だった!

ビックリ過ぎるくらいビックリである。「え?なんで?」である。どう考えても重ねて積んであっただろ、である。てか、

 よくよく見たら、「全く違うパッケージの同じ商品」だった。

意味が全然わからないのだが、どうやら片方は「数量限定金パッケージ」というヤツだった。

 全然金色じゃないのに!黄土色だろソレ!
※あんまり悔しかったので掲示板に写真をアップした

ホントに金ピカならまだしも、なんだかいろいろ納得出来ねぇなぁと思ったって話。

●ディズニーランドの話

ぶっちゃけ風間俊介に関しての知識はゼロだが、なかなかに爽やかで、なかなかにトーク力もあるイイ感じの子だった。「子」というには35歳はそこまで若くないのだが、パッと見24歳くらいに見えるのは、僕が歳を取ったからなのかも?

ともかく、番組内の予告でちょいちょい出て来る「ディズニーランドの話」を見る限りでは、全く期待してなかった。僕はディズニーランドに生涯2回しか行ったことが無く
※その点ではマツコと同じ
図らずも一回目にはとても印象が良く(後述)、そして二回目にはその印象が崩れるという経験をしている。
※ブログでも書いていると思うけど

テレビでやってる特集などを、何の気ナシに見ることはあっても、特に行きたいと思うこともなく、おみやげで買ってきて貰うお菓子を食べても、特に最近のクッキーやらせんべいやらのクオリティの低さに、ゲンナリしたりもしているのだ。

 あんなのどこでも食えるだろ、と。

 昔々ディズニーランドのお土産で貰った「飴」は、ディズニーランド以外どこにも売ってない味と見た目で痛く感動したのに、と。

そのレベルの「ディズニスト」である僕だったが、風間くんのスタイル、として視点には、

 痛く胸を打たれた。

なぜなら、「僕と非常に近い視線で見ていたから」。

僕がディズニーランドに初めて行ったとき、最も感動したのは、

 シンデレラ城のほとりの池

その日は小雨が降っていたのだが、その池の水は完全に透明で、まさに今朝掃除したばかりなのではないか、水底の砂利まで見える、舞い散った金色の丸い紙吹雪ならぬプラ吹雪が水面に浮かび、それはそれは感銘を受けたのだ。

 池の掃除ってスゲェ大変なの知ってるから。

テレ東の「池の水抜いてみた」を見ても、ヘドロの欠片もないレベルまで掃除するのは絶対に、

 絶 対 に!

不可能だ。だから、その透明さを維持するには、「毎日毎朝徹底して掃除し続ける仕組み」作りと、掃除するスタッフのプライド、気合い、ノウハウなど、物凄くたくさんの「不可欠」がある。

 さすがディズニーランドだな、と。こんな池、まさにここでしか見られないな、と。

ちなみにもうひとつは、池に囲まれた岩の島みたいなところにあるベンチで、昼寝をしたとき、そのベンチの形状が、

 とても背中にフィットしたこと。

つまり、とても寝心地が良かったこと。

 さすがディズニーランドだな、と。

なので、風間くんが「小説を読んだり、ぶらぶらと歩いたり、2階の作り込みに感動したり、ゴミ箱の違いをランキング化したり」というのは、とても共感出来たし、

 勝手に嫌いになってるのはオマエの都合だろ

って言葉も、とても気持ちよく胸に刺さった。まぁ僕は嫌いになってるわけではないのだが。

ちなみに二回目に行ったとき僕ががっかりたのもまさにそんな理由。

 一番最初、真っ先に見に行ったシンデレラ城の池が、まんまと濁っていたから。

その日は雨ではなかったし、「濁る理由」というのは、一言で言えば「毎日掃除してない」だけで十分過ぎるのだが、つまりそれは、

 前回来た時の「透明な池」は、まさに「たまたま掃除した直後だっただけなのかな」と。

もちろんその頻度は、ヘドロの池の掃除とは比べものにならないくらい頻繁だとは思う、だとは思うが、

 綺麗で居て欲しかった!なぜなら僕は「それを見たくてディズニーランドに行った」くらいだったから。
※つか正確には家族が行くのに一緒に連れて行って貰っただけなのだけど、「僕の理由」はそこだったから

ちなみに、誰かがゴミを落としたのを見ていて、そのまま「何秒くらいでそのゴミが掃除されるか」を見ていたりもした。タイムは忘れちゃったけど、結構早かったと思う。30秒以内とか。列に並んでた暇つぶしみたいなもんだったけど、

 もはやそれすらも芸みたいなもんだな~って。

まぁボートを動かすレバーとか、舞台袖との境目とか、かなり細かいところをチェックするような見方をする方もする方だとは思うけどね。

 でも番組はとっても楽しかったな。

●下水道

写真は素晴らしかったが、「スピーカー:話し手」としては最低だったので、見ていてヘドが出るほどだった。

 下水だけに!

バランス的に「シュウマイオタク」「芸能人マニア」「プロの変態」を揃える意図はよくわかるけど、プロ故に「その方面での才能が突出してるところをもっとフォーカスする方が」いいんじゃないの?って思ったな。もっといろんな写真を紹介して欲しかった。そこはディレクター、甘かったな。

-----------

総じて★★★☆くらい満足した。てか近所にディズニーランドがある暮らしとかって、いろいろ違うんだろうな~って思ったわ。ちなみに風間くんが23年間だか更新し続けている年間パスポートは、現在大人1枚89000円。これを高いと見るか安いと見るかは、「ディズニーへの依存度次第」というところだろうな。

 週3で通うなら、間違いなく安いと思うわ。1日570円だからな。

長くなったので冷凍食品の話はまたにする。

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

すみっこぐらし豆知識

※新潟の殺害事件、犯人が捕まったようで何より。これを書いてる時がまさにそのタイミング。でも内容的にあまり近い日にアップするのが怖くてちょっと置いてます。念のために言うけど、僕はそんなことはしないし、今回の内容も「ブラックに受け止められると困る」よ?

・・・

自店で体操服を買いに来た母+娘2人。お姉ちゃんがサイズを決めてる間、妹がキラキラした顔ですみっこのタオルを見ていたので、軽く疑問に思っていたことをぶつけてみたところ、、、

 師匠!スゲェ知識量ッスね!

師匠はたぶん小三か小二。笑顔がカワイイ女の子だったので、思わずどんどん質問責めにして、

 僕のすみっこ知識が爆発的に増えた。

「そんなのウィキペ見りゃ一発じゃん」などという無粋なヤツは、まさか居ないとは思うが、

 はっきり断言する。ウィキペで手に入れる知識と、カワイイ女の子から直接聞く知識は、

 全くの別物だ! まっっっっっったくの、別モノだぁぁぁぁ!!

ウサギのフンと、ウミツバメのゲロくらい違う。いや、例えがおかしい。いやいや価値としては雲泥の差だが、、、

 だったら「雲泥の差」でよくね?

・・・

・トカゲは実はトカゲじゃなくて恐竜(首長竜)。水色の首長竜はお母さんで、世を忍ぶ仮の姿がトカゲ。ナイショにしてないと掴まってしまうから。だからたまにあえると嬉しくてほっぺが赤くなる。ちなみに仲良しは「にせつむり」。どちらもウソをついてるから仲が良い。

・にせつむりは、かたつむりにあこがれるナメクジ。なんであこがれてるかは不明。

・とんかつは、「とんかつのすみっこのほぼ衣だけの部分」。

 すみっこだけに!

よく見ると口の部分がピンク色になっているのだけど、

 あそこだけ肉!他は全て衣!

「とんかつじゃねぇじゃん・・・」

当然仲良しはエビフライのしっぽ。残り物フレンズ。

 ってことは、エビフライのしっぽも、衣の中は何もないということかっ!!

・一番人気ねこの仲良しは「雑草」。「ネコ草」が好きだからって師匠に説明されたけど、、、

 ネコ草って!?

・ほとんどデザインのない、シンプルなヤツは「タピオカ」。タピオカドリンクを飲んでいて、「最後まで飲みきれず、すみっこに残ってたヤツ」。色はピンク白青かな、何色かある。わかんない場合は「これはタピオカ」と言っておけば間違いない。

・グレーにちょっと毛が生えてるようなのは「ほこり」。部屋のすみっこに残ったほこり。へ~。仲良しは聞きそびれちゃったな。

他にも、フロントメンバーにはシロクマ、ペンギンとかが居て、ペンギンが緑の理由もわからないと。でも僕が察するに、

 トカゲと同じ色になっちゃうからでは?

と思ったり。

サブメンバーは、スズメ、おばけ、コーヒー豆だっけな、あとふろしきも。ふろしきは結び目がリボンみたいで、あらためて見るとなかなかかわいい。あ、おにぎりも居たな。フクロウとかも居るらしい。スズメの色違いだとか。「にせつむりじゃないかたつむり」は居ないらしい。

基本キャラクターは「二つの点と棒」で顔が表現されているものらしく、

 三つの点で表現された「たこさんウインナー」はキャラとして認知されてないのだとか。

へ~。

他のお客さんが来て、僕らの蜜月は終焉を迎えてしまったが、お母さんに(妹の面倒を見て貰っていたと)お礼を言われつつ、

 面倒見て貰ってたのは僕なんですけど!

と思いつつ。

最後は師匠のおねだりで、母上様がバスタオル買ってくれた。ありがとう母上様。そして、、

 さようなら師匠、、、※涙の別れ<ホントは他の方の接客してたのでぞんざいな挨拶

ささやかな日常のワンシーンなのだけど、「誰も損してない」。妹は退屈な待ち時間を、好きなことの話をして楽しめたようだし、
※笑顔がマジでキラキラしてた

姉と母上は妹を気にすることなく採寸に集中出来た。そして僕は、

 とてもカワイイ女の子と楽しいトークが出来た。

ん?てか向こうはお金を払っているのに、僕は払わなくていいのか!?

 誰に、「何フィー」を!?

幸せはどこに潜んでるかわからないという話。てか場所が場所なら、

 オレ犯罪者?

よかった自店で。▲▲。

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

B The Begining

毎度おなじみのネトフリ動画なのだけど、今回はいつもと違う見方をしてみた。というか完全にたまたまだったのだけど、やってみて「そう言うのもいいかもな」と思った次第。
 起動した直後にそのまま決定ボタン連打

DTVとかだと、直前に見ていた作品の続きをそのまま再生したりするのだけど、ネトフリは違う。一番上にあるプッシュされている動画が問答無用で始まる。タイトルもジャンルも、それがアニメか実写か、邦画か洋画かもわからない状態で始まる。

もちろんある程度は僕の好みに則した物がそこにセットされてはいるので、最低限大嫌いという可能性は薄い。が、言っても機械が勝手にやっていることである。ジャストミートの可能性も、そう高くはない。

 まぁジャストミートではなかったが、、、

 ボチボチは楽しめた。

クリス評価で言えば★☆ってところ。一切情報がない、、、まさに最初しばらくはホントにアニメか実写かもわからないレベルの情報の無さたるや、ある意味潔しというレベルだったのだけど、それでも3点の価値を見いだせたというのは、まぁホントに悪くなかったという話。

ネットフリックスオリジナル作品で、「1stシーズン」という相変わらず途中で尻切れなのか、これで決着が付くのかわからない表記。つか、完結なら完結と書いてくれた方がずっとスッキリ気持ちよく見始めることが出来ると思うのだが、、、

ちなみに話は12話くらいでおしまい。気持ちよくキリの良いところで終わってくれるので、それを気にして見るのを躊躇う必要はない。ただ、

 強いて言えば、続けられなくもない終わり
※ささやかに伏線撒いての終わり

 ではあったけど。

まぁ気にするほどのことはないかな。

主人公は、名うての天才刑事、、、だったが、7年ほど現場を離れていて、唐突に復帰。雰囲気は無精髭に長身。年齢はやや上だが、ある意味ガリレオの湯川先生的な側面があり、ミスを犯さないタイプ。

ヒロインは若い同僚の刑事で、つまりは悪いヤツが残酷な殺され方をしてる事件の捜査から話は始まる。つか平行してその殺してる側、現場に「B」のイニシャルを残して行くことから、「キラーB」と呼ばれる殺し屋も描かれ、翼が生えたり手が剣になったりという、SFチックな描写も差しこまれる。

世界は「王立の都市、、からちょっと離れた町」って感じで、文明的には、車もバイクもある世界。

てか、ぶっちゃけいろんな作品のエッセンスを適当に混ぜ混ぜして、体裁整えてみました、と言う感じで、とにかく雰囲気でゴリ押しはしてるものの、

 いろんなことがスゲェわかりづらい。

このわかりづらさはもしかして、、IG?と思ったらまんまとビンゴ。監督は知らない人だったけど、プロダクションIG節というか、

 煙に巻く感じ?が凄い。

で、見ていて感じたいろんなエッセンスというのは、先に挙げた「ガリレオっぽさ」だけでなく、

・シャーロックのような知的さもあり

・ドラゴンタトゥーの女みたいなサスペンスタッチでもあり
※場面的にも雪のシーンが多く、意図的かと思える類似性を感じた。真偽はわからないけど

・どことなしか大きな組織が絡んでる雰囲気は東のエデンみたいでもあり

・子供達の施設とかって設定は、007慰めの報酬っぽかった
 ※Mが死んじゃうのってソレだよな?

ともかく、終始何かしらの既視感に囚われながら話が進んでいく。

作画のレベルはIGらしいそれなりのレベルで、女性の作画も、際だって悪くない。まぁ特筆するほど魅力的でもないけど。

正直僕は、物語の結末を予測する能力がそれほど高くない。特に推理小説を読み慣れてる人とかとサスペンスドラマなんぞ見たりすると、

 隣人には当然のように犯人を把握されつつ、僕一人チンプンカンプンだったりする。

ただ、本作に関しては、、

 「こいつ悪そう・・・」

ってのがそのまま正解してしまい、何ツンだろ、

 逆につまらない

みたいな?たまたま投げた石が当たっただけなのかも知れないけど、それでもやっぱ意図せず当たることが必ずしもプラスに働かないケースもあるわけで。

そんなこんなで、最後まで見終えたので、どうしてもラストで盛り上がることも出来ず、あと要所要所で差しこまれる殺陣のシーンとかも、なんだか取って付けたような気がしてしまって、そこまで高い評価にはならなかったって感じ。

絵が及第点なのと、売れ筋の寄せ集めとは言え、がんばってまとめようという努力は見えるので、決してつまらなくはない。ただ、オススメできるかと言われたら、正直そこまでじゃないかな。

 エロマンガ先生やデビルマンCRYBABYのが全然イイ。

まぁいきなり見た作品としては、十分当たりだったとは思うけどさ。

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

FFBEエクスヴィアス~その387~

久々。まあしょうがないわな。テンションが低くなくても書くことがないんだもの。いつもならもっとエクストラだとか降臨だとかに苦労してそこでネタが伸すのだけど、最近割と短時間で攻略出来てしまってるし、武器強化とかもかなり煮詰まってきてるというか。まぁパラメータチャレンジは未だに攻撃精神MPが残ったままで、引っかかっては居るのだけど、、、。まぁ適当に。てか、別に何の言われもないのだけど、もしまだ割と前向きだって人で、これ読んでる人居たら、軽く「割と前向き」とか「結構飽きてる」「やめる直前」「ログインのみ」「もう辞めたい、、、」

 そこまで低空飛行な人ばかりじゃないだろうに・・・

ちなみに自分は、始まってからのボルテージをMAX100で表したとしたら、今は30くらい?そこまで低くない。さっきので言えば「割と前向き」って感じかな。

●武器強化

今回、レアの回数で言えば結構出たのだけど、デスウィップにMP30%とか、耐久盛りたいコンジャラーロッドに術魔が出たりで、フルには活かせてない。それでも、

・強化マシンガン 攻撃47%
・キラーボウ改 攻撃42%魔力30%
・スレッジトンファー 攻撃20%HP25%
・アイガイオンアーム 攻撃25%HP25%

なんかは、結構嬉しいところ。てかスレトンとガイオンの攻30%はかなり目指してがんばってたけど、
※あとイカサマのダイス。20%から上が出ない・・・
なかなか難しい。てかガイオンアームなんかは、数値だけなら十分なのだけど、「攻30%が付けば、パラチャレが視野に入る」というジレンマがあって、、、。

ちなみに強化マシンガンが嬉しかったので、「エンジョイサボテン」したりしたという話。

ニコルが175%バフ、ハンターフィーナが84%防御デバフ、レーゲンが94%火耐性デバフ※MAXはリミバレベル25で100%、バルトが火付与して、

 ポットMAXリミバレベル25のジェイクが、19億~20億。

試行回数4回だったし、ブレ幅が上位に集中してた可能性もあるので、一概には言えないけど。てか火耐性100%以上下げられる人とか居たっけ?

ともかく、ジェイクのスパトラが超欲しくはなった。ぶっちゃけ勢いでセレチケ使ってしまおうかと思うほど。でもって攻撃40%UP以上を付けて、リミバレベルをMAXまで磨いて、レーゲンのリミバもLV25まで上げて、誰かにエレチェさせて4倍で、、、

 夢が膨らむ。てかバグで正しい計算が出ない気もするけど。

ちなみにもしジェイクのスパトラに切り替えることが出来れば、それだけでリミバダメージ1.3倍が付くので、リミバレベルや攻撃値上昇分を考慮せずとも、エレチェ4倍と併せて、

 1HIT100億超えも見えてくる。

これは机上の空論ではあるのだけど、それでも「100億の為にセレチケを使う」ってのは、なんだか有りな気もするんだよな。

 だって楽しいじゃん?

まぁ言ってもジェイクスパトラ銃に攻撃40%を付けられるかどうかって話もあるんだけどさ。

●ランキングアリーナ

今週は一切溢れさせてないと思うけど、割ってもランクアップもしてない状態で、現在8200位くらい。ちょっとだけ色気出して5000位内を狙おうかとも思ったけど、言っても30%チケに対する信頼はないし、
※前回はたまたま虹ヒョウだったけど、だったからこそ次出るとは思えないし
セレチケ+1枚の為にそこまでコストが割けないというか、

 1万位に入れればいいかな、と。

とにかく今はお金を使いたくないのだよ。

 同窓会の為にスーツを新調しちゃったから!※21000円くらい

世間の動き、前回と比べて今回がどうなのかとかも、気にならないと言ったらうそになるけど、だからって割って目指す気もないし、今はガマンでいいかなって。

つかランキングアリーナは割と100%キャラが「人気キャラ」のことが多いし、逆に言えば、

 今はむしろバーストポットのが欲しいかも

って自分も居たりするので、がんばるのは「がんばりたくなったとき」でいいかなって感じだよ。

●次回のレイドもゼノギアス~5/21より

ガシャがやや微妙?というかフェイを狙うのは無理みたい。まぁリアルマネーパワーがあれば別なのだけど、

・虹は2体で個別ピックアップはあるものの、虹は5種から抽選
・ステップアップは3回。書いてなかったけど計15000ラピスだろうな。
・チケ5枚で確定1体。今回も配布があるかどうかは不明。

こういう言い方は好きじゃないけど、言っても2体揃わなければほぼ意味がない。今は諸事情でお財布の紐をタングステンで溶接しているので、課金する気もないし、正直な話どんなにキャラが強くても、「がっつり行きようがない」というのが本音。

てか今ラピスがいくらあるかもよくわかってないんだよね。メールボックスからの「引き出し」を止めてるから。
→月末予定の「倉庫分け」待ちが主な理由

まぁラピスだけピックアップして引き出せばいいのかもだけど。

とりあえず「よもや連続とは思わなかった」ので、75%だったバルトを走り始めていたのだけど、今回またレイドってことになるとデスウィップのトラモグが出る「かも」知れないと思って走るのを止めた。まぁ出なきゃ出ないで100%にして、次回の武器強化で磨けばいいかな、と。

ああでも今気付いたけど、今回のランキングアリーナで3000位入りして、30%チケ3枚をゼノギアスガシャにぶつけることも出来るんだよね。

 つまり3000位のハードルが高くなると言うことでもある。

フェイの個別ピックがあるならそれも視野入りしたけど、今はおとなしく静観かな。さすがにレアチケ10枚程度でフェイが2枚出る「わけはない」からな。ざっと確率計算したけど、

 0%だったしな。

●次週のアリーナ

100%はイグニシオ、魔人フィーナ、バルフレア。こないだバルフレアが出てくれてよかった。

氷禁止、異常禁止なので、リーラ→バルフレアで、ミラージュと真両手装備か、二刀両手装備か。まぁステダウン禁止じゃなければ大局に影響ないだろうけど、一応フローズンも禁止になるから、アヤカはWサンダガとかかな。

むしろ自分的に「考えてみれば!」と思ったのは、ここで魔フィーが出たことで、来月のランキングに入らなくなったってことくらい。
※僕の予想では今月がクラウド×魔フィーだったのだけど

来月のランキング、、、まぁやるとは限らないけど、予想だけするなら、

 アイリーンとたまねぎ

とかかな。てかネギはもう出たっけ?

●トラマラ

今のメンツは、ユベル、レイジャック、ジークハルト、マキナ、ガーネット。ユベルは、攻撃40%+プラントキラー50%で、実は個人的にかなり魅力を感じてる子。

使える相手はほぼ植物相手に限られるかも知れないが、その植物相手のバフ倍率としては、、、てか特定キラーの倍率としては、たぶんとんでもなく高倍率。

今たまたま計算放置してたフェイの電卓数値をいじってみたのだけど、

・キラー200%で自前オートバフ込み攻撃力2222のねずみが 1084万

・40%のバフアビリティがあったので、そのままキラーだけ50%上乗せしたところ 1264万

・キラーを元の200%に戻し、バフ倍率40%を徐々に上げて1264万近くになったのが、

 105%

つまり、事前のキラー倍率にも寄るけど、攻撃アップアビリティとして「100%前後の効果」が、対植物には見いだせる。

と言えると思う。てかプラントキラーってのは実戦で活かせる場面は極めて少ない「死にアビ」なんだけど、毎回のサボテンマラソンは楽しくなるんだよね。

 ぶっちゃけ2個くらいモグ食わせて取ってしまおうかしらって思ったほど。

レイジャックは「5%リフレ+大剣の極意」。ヒョウ用ではあるけど、それ以上に行動が早いので重宝。彼が居なくなったら誰にアタッカーを振ればいいのか、また考えなきゃらななくなる。これは毎度のコトながら悩みの種なんだよね。

ジークは言わずと知れた最強耐久アビ。HP土耐30%、防精20%にさらにリミバブースト50%という、あまり取りざたされてなかったと思うけど、SSSクラスのトラマスだと思う。まぁ前も言ったけどさ。ともかく、優先順位を上げて走ってる感じ。

マキナはまだ持ってないから。ガーネットもユベル同様「とても強力な金キャラトラマス」として複数欲しいかな、と。ちなみに今探検チョコボでガネ子3体走ってるのだけど、

 3体とも単騎で取る予定。

金キャラチョコボ探検の単騎は、ぶっちゃけトラマラ単騎の何倍も時間が掛かると思うけど、まぁ長い目で見て「欲しいかな」と。いざとなればモグ投入もあるくらい。

トラモグって、基本☆7にするキャラのトラマスを、「輝源化した時に湧いたモグ」に食わせるものだと思ってる。だから、特にそう言うキャラが居ない場合は、

 割とどんどん貯まっていく。

もちろん随時食わせても何ら構わないのだけど、
※ノクトがいつ来てもいいように最低限がキープ出来ていれば
果たして本当にシトラのトラマスが欲しいのか、レムのトラマスが欲しいのかって考えたときに、答えに窮するんだよね。

 ぶっちゃけガネ子やユベルの方が魅力があるような、、、

でも金キャラだからって理由でもったいないような気になったり。

ちなみにベンチは、シトラ、バルト、レム、デューク、アーシェ。ここでも金キャラのアーシェが出てきてるけど、彼女のトラマスもMPパラチャレ狙うなら必須級。

 でも僕はひとつも持ってない。

 でもモグを食わせるほどじゃない。

今月のサボテンは最近の中ではがんばった方だったけど、スマホの移行に大きく疲弊させられて、途中でペースダウンしちゃったんだよな。あと二日、もちっとがんばろうかな。

あ、あとトラモグは「階段にする」のにも使います。これは僕の勝手な価値観&理論だけど、やっぱり直近は「80%以上」じゃないとモチベが上がらないのでね。

●探検チョコボ

どこ回ってる?自分は、現状ラクシュミを育てたいと思っているので、具体的にターゲットとする魔石がない。ということで、

 チョコボの森

を回ってる。理由は、将来的に幻鉱でステが上げられるようになったとき、何だかんだ言ってバハムートのステが上げたくなるかなぁと。他は割とどうでもよくなる気がして。

 いつの話をしてるんだって話だけどね。

------------

強敵のアナウンスもあるかと思ったけどなかったな~。楽しみというより「戦々恐々:おそれてびくびくする」状態ではあるのだけど、それでも「張り」にもなるからね。まぁそんなことより、

 早く倉庫分けが来て欲しい

こっちかな。5万以上貯まっちゃったアリーナメダルとか、600枚以上のアリーナチケット、推定200件以上のメールボックスを全てクリアにしたい。で、さらにミニポットは10スタックしたり、前述のレーゲンやジェイクのリミバを磨いたりもしたいけど、グッと堪えて、

 どうしてもセレチケで☆7にしたい子

が来た時のために取っておく。てかパワポット0があまりに長すぎて、いろんな感覚がおかしくなってる気もするけどね。
→メールボックスにも多少はあるんだろうけど、、、

ゼノギアスチケット、むしろ一切配られて欲しくないな~。浮き足立っちゃうというか、躍らされちゃうからな。

・・・今気付いたけど、今回のゼノキャラ、シタンのトラマスって、強いのかな。

 格闘刀装備時に攻撃30%UP+両手の装備品が1つだと攻撃UP

真両手が50%だとして、フェイのマーシャルを外して持たせる意味は、、、ないか。あ、でもバスター×2の代わりにシタン×2だと、、、それでも30%×2だからないか。すっぴんで取るほどのことは無さそうかな。

余談だけど、ファミ通のページとか見ても、全然買いたくなるゲームがないんだよな。困ったもんだぜ。

| | コメント (4)

2018年5月19日 (土)

スマホ交換~その2~

ウワサのリファレンス品が送られてきたので、気合いの環境再構築。もはやPCの再構築となんら変わらない大変さ。スマホ側が何をしてるかわからない時間があったりすることを鑑みれば、PC再構築より大変かも知れない。

手引きがあるのでそれに準じて操作していく。ザックリ言えば、

・旧本体のSDカードへバックアップ
・SDカードおよびSIMカード差し替え
・バックアップから復帰
・旧本体を初期化
・旧本体を送り返す

こんな感じなのだが、当たり前の話全ての状況がバックアップされるわけもなく、、、てか、

 SDカード&SIMカードを差し替えて、手順通りに進めて行く過程で、

 「しばらくお待ち下さい」

と表示。てっきりここは復帰をしてるかと思いきや、

 全然そう言うの関係なし。あらかじめ入っていたアプリをダウンロードしてるわけでもなければ、電話番号やら写真とかのデータやらを移行していたわけでもない。

 全く理由がわからないまま、1時間半くらいそのまま。

ぶっちゃけフリーズしてるかと思ったけど、時折ランプが光ってたりもしたから、まぁ層じゃなかったのだろうと。

で、とにかく時間が掛かってそれが終わったら、前述のバックアップの移行。つってもこれは、10分ほどで、進捗バーも表示されていたので、精神的ダメージはほぼない。てかマジでさっきのは何だったんだよ?

で、この時点ではてっきり事前に指定した「移行するアプリ」のダウンロードがされてたと思ったのだけど、

 「今からアプリのダウンロードを開始するので、Wi-Fiとかに繋げよな」

との表示が。オイオイマジでさっきのはなんだったんだよ?と思いつつ、

 大量のデータを3G回線で
※一応Wi-Fi環境で動かしてはいたが
ダウンされるよりは全然マシ。一気に使用量が空っぽになってしまう。

ともかく、最初にWi-Fiを繋げて、作業を始めたので、精神的にはそこまで不安はなかった。アレやってなかったらビクビクだったと思うし。

ちなみに届いたのはリファレンス品で、新品ではない模様。わからないけど、

 新品特有のオーラみたいなものがなかったから。

もし新品だったら申し訳ないと思うけど。あと、ポリカーボネート製のカバーが付いていてちょっと嬉しかった。表面のクリアシールはまだ剥がしてない。貧乏性だとも思うけど、普通にタッチが効くしね。

そこからも全然大変だった。

まずはエクスヴィアスを動かせるようにしなければ、とアプリを立ち上げたら、まんまとオープニングデモが始まり、
※タイトルとかすっ飛ばして
そのままチュートリアル的なセクションへと進んでいく。

 時間がないのに!

と軽く切なさに苛まれつつ、適当なタイミングでタスキル。再度立ち上げたら無事タイトルになってくれたので、そこから復旧を選んで無事元の僕のデータと再会。心底ホッとする。

あとはどんどんアプリを再構築していくだけなのだけど、ぶっちゃけ言うほど簡単じゃない。ジョルテは未だに予定が同期出来ていないし、愛用していたXperiaタイマーはショップから消失している。GXランチャーのアイコンの大きさを変える方法も苦労したし、
※何にも無いところで下から上にスワイプし、「ホーム設置」というアイコンの中にあった

LINEはまんまとそれまでの履歴が一切無くなってしまったし、

 、、、わかってたけど、やっぱりムカ付く。だから嫌いなんだよ。

取引先のウェブサイトでは、何度やってもパスワードが違います。おーい。

源泉徴収表のPDFをホーム画面に貼り付けて、毎月使っていたのだけど、どうがんばってもそれが出来ない。ESエクスプローラからショートカットの作成をして、画面上にショートカットが出来ているにもかかわらず、それをタッチしても「ファイルがねぇよ?」と言われる。

最終的に、「フォルダを付くってそのPDFをその中に入れ、そのフォルダごとホームに置く」ことで対応。我ながら妙案だった。ダウンロードしたファイルをリストから毎回探すのは骨が折れるからね。

概ね元の環境に近づけたかなぁと思いつつ、細かな部分は追々詰めていくしかないんだろうなって感じ。いつもなら旧本体を手元に置きつつ、新機種に交換していったので、いざというときにも何とかなったりしたのだけど、今回は旧本体を送り返してしまうので、微妙なところで不安が拭いきれない。たとえばアラームや着信音とか、リピートやボリュームとか。

それでもバッテリーの「減少グラフ」は著しく改善。

 旧本体が85度の垂直落下のように減っていたのが、現状40度くらいの斜面になった。

これはホントホッとする。つか、僕の使い方だと、

 新品のバッテリーでも一日持たないのかも知れないって思ったら、ちょっと怖くはなったけどね。

まぁ最初は特にアクセス頻度も高いからな。てか、

顔認識とか、ブラックアウトまでの時間とか、細かいところも要調整だな。

-----------

スマートステイで顔認識中は落ちないように出来た。ジョルテはどうがんばっても同期出来ないので、最低限未来の予定は書き写すことに。僕は過去の予定もとても活用しているので、
※いついつの仕入れで何を買ったとか、スマホをいつ買い換えたとか
ホントは全て移行したいのだけど、、、うーむ。

画面下部のスミからスワイプすると、なんだか居心地の悪いショートカットが起動するようになり、エクスヴィアスプレイ中、左下のキャラの操作が暴発するので、キレまくっていたが、どうやら、

 クリーンマスターと、ESエクスプローラーの両方が悪さをしていたことが発覚。

ネットで調べると、クリーンマスターの「iswipe」という機能が悪さしてることはわかるのだけど、よもやそれだけじゃないとは。まぁ「ESswipe」はそのショートカット内にオフ出来る操作が含まれている分クリーンマスターほど悪質じゃないけど。
→ムカついたのでクリーンマスターはアンインストール。ずっと使ってきたけど、こんなクソ機能を折り込むようではお話にならない。

また、PDFファイルをホーム上に貼り付けることに関しては、アンドロイドのバージョンアップによって出来なくなったらしいことが発覚。PDFだけでなく、jpgみたいな写真も貼り付けられなくなった。ただ、前述のように一旦フォルダに入れて、ESエクスプローラへのショートカットとして貼り付ければ、タッチ回数は増えるものの、対応は出来るかな、と。つか、

 アンドロイドのインターフェイスが、どんどん悪くなってる気がするのは気のせいか。

頭の悪いヤツが仕様を組むとこれだから困る。死ねばいいのに。今すぐに。

・・・

以前から欲しい欲しいと思っていて相変わらず見つからないのが、ホーム画面に設置出来るアイコンで、3Gとか4Gとかの回線をオンオフ出来るアプリ。現状は特に「ホントに切るの?」の確認画面が表示されるようになり、殺意のブーストが著しい状況だったので、これを機に探してみたところ、、、

 見つかった。が有料99円。だが支払う。しかしイニシャライズが終わらない。アンインストール。

端末との相性があるみたいなのと、他にこのくらいのことは出来そうなもんだと思うのだけど、類似アプリが全然見つからないのが凄く不思議。

ちなみにくまもんの省電力アプリなるものもあり、こちらはスリープ時に回線やWi-Fiをオフにするというもの。パッと見これでもいいかな、と思ったのだけど、よくよく考えてみたら画面が消えてるから回線を止めたいわけじゃないわけで、消えてるときに通信されなくなるデメリットの方が大きいかなと断念。

基本は、「勝手にやるな」ってことなんだよな。QWERTYのキーボードに「@」があるときと無いときがあるのも意味がわからないし。入力する必要が「絶対無い」時に消えるのならまだしも、必要性がある場面で消える意味がわからない。これも作ったヤツが頭の悪いヤツだったってことなんだよな。

 テメェのクソ狭い常識で、世界の全てがわかったように設定するヤツなんざ、バカ以外の何者でもないわ。

ともかく、オンオフアプリは一応キャンセル。無事返金されたかどうかはわからない。99円だからって納得は全然行ってないがな。

・・・

他に気付いたこととしては、ポリカーボネートのカバーを付けた状態だと、Qiの非接点式充電器に置いたときの充電速度が、著しく遅く、

 結果、充電しながら減ってった。

カバーを外すか、以前使ってたフニャフニャのPVCカバーに戻すか、直接端子に差すかしないと、まともに充電は出来そうにない。ギャフン。

あと、仕入れ先のサイトで、先方とやりとりしながらもログインできないところがあって、全く謎。具体的には、

・相手に仮のメールアドレスとパスワードを送ってもらう
・そのメールアドレスとパスワードをコピペして入力→弾かれる
・新規でそのメールアドレスをコピペして登録しようとすると→既に登録済みと言われる

当然「@」が全角か半角か、「O」がオーかゼロか、一文字ずつ確認したりもしているし、そもそも先方が登録済みのメールアドレスに送信し、届いてる段階で、そのメアドが正しいことは立証されているのに、パスワードが通らない理由がわからない。

 個人的には(先方に伝えてないけど)アンドロイドが悪さしてる気がしてるけど。

でも「だったら直せるか」と言われたら、、、

 試しにドコモに訊いてみた、、、

 で、

 なんと!ビックリ!

 「端末の再起動」で直った!

先方取引先は初の事例だったので、その発想がなく、僕自身「クッキーの削除等」をした上でどうにもならないことなんてあるのか、と思考停止してた面もあるけど、ともかく、不安定になってるのを一旦リセットする意味で、再起動が奏功。とてもスッキリした。

そして同時に、旧端末を初期化する気にもなった。
※ジョルテだけはもうちょっとだけがんばるけど

 どうしようもない部分はどうしようもなく、何とか出来る部分は何とか出来る

当たり前のことを当たり前に気付いたよ。

----------

さらにスゲェがんばったけど、やはりジョルテのデータ同期は無理だった。

・デフォルトのカレンダーと確認なしで同期していて、保存はそのカレンダーにしていた。

・でもそのデフォルトのカレンダーにはクラウドに退避する方法がなく、GMAILのカレンダーをオンオフすることで、ジョルテ上の予定をオンオフ出来るものの、実際にGMAILのカレンダーと同期しているわけではないので、結局のところどうしようもない。

・ただ完全に同期してないわけではなく、件数で言えば「20分の1」くらいの予定はジョルテ上に残ってたりして、ネットで調べたカレンダーストレージの削除とかもしてみたけど、結果は改善しなかった。

都合5時間以上このジョルテの移行・同期に関してがんばってきたと思うけど、さすがに無理だと諦めた。身近に明るい人が居ればなぁと思うのはこういう時だけど、ぶっちゃけ自分より明るい人は居ない。

最終的に旧端末を初期化して送り返さなければならないので、意を決してそのコマンドを入力、、、と思ったけど、直前に思いとどまり、

 同期出来なかったジョルテのスクショ2年分ほどを保存し、初期化した。

予定に表示されているのはごくごく限られた文字数なので、実際に書いてあった内容全ては全くわからないが、中には「シンゴジラ」とか「娘卒業式」なんてのもあって、地味に感慨深い。

カレンダーというのは、とかく今後の予定を記す、「予定表」の意味合いが強いものだと思われているかも知れないが、僕にしてみれば「事前に書く日記」みたいな側面もある。

毎日書くわけではないが、書かれた行動予定は往々にして実現するものであるし、これも一種の「記憶記録」。無下に消えてしまうのを看過できなかったからこそがんばったのだが、まぁしょうがない。

 人間も、忘れたくないことを全て忘れずに居られるわけじゃない。スマホやコンピュータだって、いつかは壊れたり無くなったりしてしまう。

受け入れていくことも大事なことだと思った。

 初期化が完了した。封筒に入れて、明日投函してくる。

| | コメント (0)

«スマホ交換