« ソードフィッシュ | トップページ | LEGOバイク »

2005年7月19日 (火)

映画の話

この数週間で結構たくさん映画観てるなぁと思った。でもホントに面白いと思うのは難しいとも思った。面白いゲームが奇跡であるように、面白い映画もまた運に左右される。自分の精神状態や、映画館で観るのか、テレビで日本語吹替なのか、DVD借りてみるのか。映画館で観なければならない映画をテレビで観てしまっては、本当は「本当に面白かった」だろう映画を見送ってしまったのと同義になってしまう。もちろんテレビで観ても、それが2度目、3度目だろうとも面白い映画は存在するから、「本当に面白い映画」と「本当に面白いと思えた映画」は厳密には違う。映画を立て続けに観れば観るほど、「本当に面白い映画」が観たくなる。

自分の中でそれに該当する作品は少ない。ただ、それらには明らかに共通することがある。それは「観ていて気持ちいい」ということだ。ドロドロしたり、ムラムラしたり、イライラしたりするシーンが続く映画は、やはり何度も楽しみたいとは思えない。例え結果がわかっていても、その過程を楽しめるというのは、これもまた、ゲームやお笑いにすら通じると思う。

人間は忘れてしまう生き物だけど、忘れないでずっと覚えていることもある。ほんのワンシーンだけかも知れないけれど、好きな映画であれば、忘れずに心に刻まれているシーンが誰しもあるはずだ。何度観ても気持ちいい映画というのは、その忘れられないシーンに行くまでの流れによどみがない。次々に展開するリプレイは、何度も通う通学路のように数を重ねるごとに加速していく。

とりあえず「バックトゥザフューチャー」と「カリオストロの城」が2強なクリスでした。

|

« ソードフィッシュ | トップページ | LEGOバイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/5057910

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の話:

« ソードフィッシュ | トップページ | LEGOバイク »