« ドクターマリオ | トップページ | 飲み物 »

2005年7月10日 (日)

キラータイトル

ゲーム機というのは、あくまでソフトがなければただの箱というのが定説でした。面白いソフトがあって初めてゲーム機の存在価値がある。しかしPS2、PSPなどで、「このハードを買ってよかったと思わせたキラータイトル」の存在をふと思うとき、「ゲーム機としてのアイデンティティ」が驚くほど薄いことに気づかされます。

 ゲーム機なのにゲームをしない

むしろそれはゲーム機ではなく携帯電話のように「ゲームも出来る情報端末」という位置づけに近づいているのかもしれません。昨今の日本のゲーム市場の冷え込みを背景に感じつつ、漠然と「ゲームの未来ってどうなるんだろう」とも思ってしまうのです。

絵が綺麗で動きがなめらかで、というタイトルの魅力が薄くなったと言われる昨今ですが、実際次世代機を支えていくのは、そうした「ビッグバジェット」なタイトルを開発出来る数少ないメーカーでしょう。メーカーの数が少なければ当然タイトルも少なくなり、ライトユーザーがゲームハードを買う理由が、ゲーム以外の部分での魅力にも依存するようになっていく。「キラータイトル」が「マトリックス」であり、「mp3」や「Divx」であるというような「ゲーム不在のゲーム機」が最も魅力的になる未来。

僕はゲーム大好きで、ポケモンもイベント系のもの(ミュウやデオキシス)以外は、初代から全て集めています。Nintendo64のマリオには驚きと感嘆を感じつつクリアしましたし、ピクミンの「敷居は低いのに達成感は高い」という相反するゲーム性の両立には高い感銘を受けました。しかし、今後発売されるPS3、レボリューション、XBOX360の予定タイトルにやりたくなるようなものは上がっていません。

手元にあるPSPを見て、「こんなところに未来があったのか!」と驚く反面、「未来のゲーム」は全然見えてこない。ゲームに魅力がなくなったとき、それを支えることが出来る準備がなされているPS3。みんなに見えない「未来のゲーム」を探し続けるレボリューション。今の市場にまだ活路があると確信するXBOX。PS3は確かに買う。でも一番応援したいのは、間違いなく任天堂。SONYは未来を作ればいい。任天堂にはゲームを作ってもらうから。

|

« ドクターマリオ | トップページ | 飲み物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/4898366

この記事へのトラックバック一覧です: キラータイトル:

« ドクターマリオ | トップページ | 飲み物 »