« 忙しいゲーム | トップページ | ウルトラマンネクスト »

2005年9月11日 (日)

一人で二人分やるゲーム

このタイトルを見てみなさんは何を思い浮かべるでしょうか。っていうか特定のタイトルを掘り下げるつもりで書き始めたわけではないので、思いつくままにズルズルと続けて参りたいと思うわけですが、まず最初に書こうと思ったのは、

「ポケットモンスター」

です。カセットを2本買って、一人で全種類集める。一見「ダメな大人」プレイか「友達のいない寂しいヤツ」プレイに見えなくもありません。でも僕はあえて声を大にして言いたい。

「そりゃただの保険だろうよ」

と。ぶっちゃけ150種類いたら全部自分で集めたいに決まってんじゃん。何が悲しくて他人の尻を拭うがごとく人の食いかけを頂戴せねばならんのか。それはあくまで最後の最後、どうしても無理、マジ無理、超ありえないんですけど~って時にのみ発動する「ファイナルウェポン」でいいじゃん。ポケモンは出た時から既に「一人で2本買え!」ってゲームだったんだと(あくまで自分の中では、ですが)思っております。

ちなみにそんな自分、特別なヤツ(ミュウとかデオキシスとかジラーチとかセレビィとか)は別として、普通のポケモンで自力ゲット出来なかったヤツっていうのは一種類しかいません。金銀の時の「ヤンヤンマ」なのですが、どうにもアルゴリズムが理解出来なくて「誰がいつ大量発生を報告してくれるよのさ!(ピノコ調)」って感じでした。まぁ割と年齢幅広く友人がいる僕ですから(注:上の友人はほとんどいない。正確には下が広いだけ)、一声掛ければ「色違いのラッキー」ですらすぐにはせ参じてくる環境なわけです(普通考えればPARで出したヤツだろうけど)。当然ヤンヤンマもすぐに見つかりました。そして無事コンプしたわけなのですが、、、

 嬉しくない

わけです。結局の所何が楽しいかという「力点」を見つめるに、ポケモンは非常にたくさんのポイントがあります。「ゲットが嬉しい」「いろんな技で自分の個性が出せて嬉しい」「育成がうまくいって嬉しい」「バランスのいいパーティに仕上がって嬉しい」等々。でも基本にしてメインな目標は、「図鑑を埋める」ことなのではないでしょうか。それを他人の尻を拭・・・そんなことでは宮本さん、いやグンペイに申し訳ないじゃないですか。

そんな「二人分」を一人でやると、金銭的なデメリットは置いておくとして、いろんなメリットがあるものです。まず強いキャラを移動してセカンドプレイをすることになるので、とても快適であるということ。また事実上続けて(もしくは平行して)プレイすることになるので、ほとんどのフィーチャーを覚えていると言うこと、具体的なところでは本来1匹しか手に入らない強力なメンツを複数手に入れることが出来ること、そして何より僕が好きなのは「効率が良いと感じる」ことです。

「効率が良いと感じる」

というのは、実はかなり快感です。重要なのはそれが仕事や勉強、宿題などの義務的なものであろうとなかろうと、「効率よくこなせる」ことに楽しさが生じる点なのです。

作業というのは本来単調なものであり、繰り返し繰り返し同じ事をする、言わば「面白みのない」ことです。しかし、僕はRPGにおける経験値稼ぎが大好きですし、仕事中も単調と思われがちな繰り返しの仕事が嫌いではありません。それはなぜか。それは常に「より早く」やるために考え、結果を楽しんでいるからです。1回目と2回目でより良い結果が出て行けば、3回目4回目に繋がるものが生まれます。何も変わらないスタイルでは楽しみは見いだせませんが、常に変化を伴った繰り返しはもはやそれは繰り返しではなく、言うなれば「進歩の連鎖」なのです。

友人との交換でいろんなコミュニケーションをとり、ポケモンを集めていくスタンスも十分アリだと思います。しかし、いつでも両者の進行に差がなく(だって差があったら絶対つまんないもん)、同じようなメンバーで丁度穴を補填し合うような環境が果たしてあり得るでしょうか?んなわけはないのです。第一クラスで何人がポケモンやってると思ってるんだ!ってな感じで軽く逆ギレするところです。効率もへったくれもござんせん。

さて、そんな感じでひとしきり「ポケモン談義」の花をしおれさせたところで、同じ感覚を僕がより強く感じたタイトルを続けてご紹介します。それはある意味ポケモン以上に有名かもしれません。「ファンタシースターオンライン」です。

これは当初DCで発売され、それからマイナーチェンジをしつつ、GCやらXBOXやらPCやらで展開しているシリーズですが、、、まず先に一つどうしても話しておきたい思い出を書きます。これはメインの展開とは全くこれっぽっちも、例えて言うならハム太郎のまつ毛ほどにも関係ありません。っていうかハム太郎にはまつ毛はありませんが。

ホワンホワンホワンホワン・・・

僕はPSOが発売された当時既にディアブロを経験しており、キャラ特性の近いメイキングにおいて、「長く遊ぶタイトルになるだろうし、最終的にはアイテム集めのスタイルになるだろうから、序盤辛くても終盤楽できる(だろう)魔法使いにしよう!」とキャラを決めました。HPも低く、攻撃力も低く、MPはすぐに切れて街に戻らなければならず、せっかく強そうな武器を見つけてもろくに装備もできやしない。でもいつかは報われる日がくる。そう信じて僕は自分の分身「クリス」を育てました。そりゃもうがんばりました。っていうか単調な繰り返しはむしろ望むところであったと言っても過言ではありません。

キャラもそれなりに育ってきて、展開で言えば中盤を過ぎようか(具体的にはベリハの洞窟)というところで、とんでもない事実が発覚しました。とある雑誌上で、作者であらせられるところの中裕司さんが、

「フォースは最初辛いけど、最後までツライんですよ・・・」

「お、ま、え~~~!!」。このときのやるせない気持ちをどう例えたらいいでしょうか。信じて信じてがんばってきた僕の100時間は誰がどう埋め合わせてくれるというのでしょうか。悲しくて悲しくて涙でメガネがビショ濡れです。ドラえも~ん!です。

 僕はPSOを止めました。

そして何年か経ったある日、このブログでも何度か登場した「勧めたゲームを楽しんでくれる友人Y(ほんの13歳ほど年下)」が、「GCのPSO楽しいッスよ」と僕に告げました。ん?PSO?それ何?僕はその時既に「なかったこと」にしてしまうほど、PSOから距離を置いていました。

「PSOッスよ、店長が僕に値下がりする前のDCとキーボードを一緒に買わせた上にネット環境まで整えさせた、ファンタシースターオンラインッスよ」
※一応アレンジ入ってます。彼はゲームに関しては僕を信じてくれているので、そんな皮肉めいたことは言いません。とりあえず口に出しては言いませんでした。口に出しては。

「あああれか」。これ以上そっけない返事があろうか、いやない!というくらい素っ気ないリアクションで、もはや「楽しいわけない」くらいの勢いです。そりゃそうです。僕のキズはフロドに裏切られたサムよりも深い(ゴメン、そりゃ言い過ぎだ)のです。その場はそれで流れてしまいました。

そしてそれから約1年ほど経ったある日、店先で非常にお得そうな面構えをしたパッケージを見つけました。「エピソードI&IIバリューパック」。二本入っている上に廉価版。子供もそろそろああいったアクションRPGタイプのゲームを楽しみだした頃です。別にネットに繋がずともそこそこ楽しめるんじゃなかろうか。

僕は魔法使いではなく、前回「非常にお値打ちな」キャラとして「初心者用」の皮をかぶった「正解」を選びました(具体的に言うとハンター)。名前はもちろん「CRIS」です。僕の分身はザクザクと敵を斬り刻み、バシュバシュと弾丸を撃ち込み、ピロリロとレベルを上げていきました。こころなしかセーブやロードのレスポンスもよく、パッドもDCよりは相性が良い感じに没入感は加速し、仕事にも行かずにPSOをやり続ける日が何日も何日も続きました(大嘘です。普通に仕事してました)。

そんなある日、書店でPSOの攻略本を目にします。っていうか正確には探しに探してようやく見つけたんですが、すぐさま購入。さっそくプレイに役立てます。もう発売からかなり立っていますから、いくらネットゲーだとはいえ、基本はオフライン。情報源はネットではなく書籍にあるとふんだわけです。そこで僕は開眼します。

GCはオフライン用だ!

別にネットに繋いでプレイ出来ないわけではありません。GC用にキーボードも発売されていますし、現にブロードバンドユニットもヤフオクで落札しています(繋いでないけど)。しかし、ひとしきり最初の盛り上がりが過ぎ、廉価版も発売されるような時期です。楽しみを見いだす方向性が自然とオフラインに向いたのは僕にとって紛れもない幸運でした。

自分で手に入れたモノは自分のモノ

「なんでもないようなことが、幸せだったと思う」そんな深夜2時です。僕のモチベーションはメーターを振り切り、以後あり得ないペースでPSOにはまっていきました。とにかく戦士の装備だろうと魔法使いの装備だろうと手に入れたモノは全て自分が活かせるのです。全く無駄のないサイクルに僕は文字通り酔いしれました。結局僕は3000円しないそのソフトを200時間以上遊びました。パーティプレイは30分くらいしかしていませんが、これこそが正解だと胸を張って言えます。

他にオーソドックスな「二人分ゲー」というと、やはり「イシターの復活」が頭をよぎりますが、あれは別に普通に1人でやるゲームですから除外です。ここはやはり「ニンジャコマンドー」のことを少しだけ書いておきましょう。

ニンジャコマンドーはネオジオのアクションシューティングですが、ちょっとしたコマンドを入れてショットを撃つと、ド派手で超強い「某爆裂究極拳」という攻撃が出来ました。これをですね、おもむろに左手でやってみても出来たわけですよ。それでですね、小指でショットボタンを押してみようものなら、これまたあっさりと押せてしまう。

 カチャンカチャン。

試しに2コイン入れて二人用で始めて見たところ、これが面白いように敵が倒されていく。っていうか戦略もクソもありません。ただズンズン繰り返し爆裂究極るだけでボスすら瞬殺してしまえるのですから。無敵ではありませんが、二人で交互に出していけば隙も全くなく、コマンドをミスらなければ死ぬ要素は皆無。ある意味バランスが悪いとも言えるのですが、さすがに最終面やその前のボスなんかだと結構緊張してコマンドをミスったりして、「う~んなかなかやるなぁ」<バカ。結局それでクリア出来るまでやったんですが、それを見ていた友人(中学生)もマネして同じことしてたりしたので、もしかしたら「ごくごく普通のプレイ」だったのかもしれません。

他に最近だと「地球防衛軍2」でも「二人用を一人プレイ」があるようです。「ようです」と書いたのは自分がやっていないからなのですが、「一人が囮になってもう一人が倒す」という文字にすれば至極理にかなった戦略。でも実際は囮になるヤツが地面を撃って自爆(正しくは転倒。転倒中はダメージなし)しつつ、もう一人が遠くからチキンに撃つ作戦。正直ちょっとかっこわるい。でも敵はとんでもなく強くなっていくので、こういう戦法を使わないとクリアはおぼつかないらしいのです。まぁ僕はそんな戦争に嫌気がさして、早々に除隊してしまいましたけどね(「EDF除隊」してその後「ドラキュラ討伐」というのもどうかと思うけど)。

----------------

二人で遊んだ方が楽しいゲームは二人で遊べばいいと思います。でも中には「二人で遊んだ方が楽しそうでしょ?」っていう一人用ゲームがあるのです。実は一人の方が気楽で楽しいゲームが。もっともそういうゲームでも、そこで得られる「楽しさ」は一人用のそれと二人用のそれでは全く別物だったりしますけどね。娘(6歳)がプレイするドラキュラに横から口出しして「父ちゃんジャマ!」と言われるクリスでした!!

|

« 忙しいゲーム | トップページ | ウルトラマンネクスト »

コメント

この文章読み始めてから、いつでるか、いつでるかと思って読んでましたが、やはり出ましたね「ニンジャコマンドー」(^^)
ニンジャコマンドーならこういう「一人で二人プレイ」も結構成り立ちそうですが、世の中には弾幕STGでも一人で二人プレイをするという猛者がいると聞きます。自分のような凡人だと右手と左手、同時に動かすと同じ動きになってしまうのですが、猛者な人は右手と左手で違う文字を書けたりするのでしょうかね、やっぱり。


・・・・・あれ?EDF除隊ですか?自分を戦争に引きずり込んだ隊長ともあろうものが、なんたることでしょう。
なんてことはともかく、2に限らず1でもそういう攻略法を見かけました。地球防衛軍。
一人がバイクを操縦して逃げまくり、もう一人がバイクに乗っかって誘導兵器を撃ちまくるという。あまり美しく無いかなぁ。本当に二人でやるなら有りかもしれませんが、一人でやるのはちょと自分も嫌です。というかコントローラー1つしかないし。
でもそういう戦法を使わないと、インフェルノとかはクリア出来ないかもしれませんね。このゲームは。自分も1はHARDESTの烈火がどうしてもクリアできず、攻略サイト見て「バイクで逃げ回って、遠くから攻撃」戦法を使ってしまいました。インフェルノだとこれを使っても、ちょっと厳しいものがありますが何とかなりました。というか普通に正面から撃ち合ってクリアできる人いるのでしょうか?
2は1よりも厳しいのでしょうかね。まだノーマルでやり続けているので1のインフェルノから比べると「ぬるいぜ!」とか思えるのですが、難易度上げると・・・想像するだけでも難しそう。

投稿: 竜駆 | 2005年9月12日 (月) 00時15分

まことに竜駆二等兵(超失礼(^^;;;)には申し訳ないことをした。この通り土下座で勘弁してください先輩~(上なのか下なのか(^^;)。


STGのは見たことがありませんが、そう言えば、、、と思い出したのはDDRとかビーマニなんかの「ひとりで二人プレイ」ですね。もう人間じゃないです。断言します。だって画面に譜面とか出てない状態で二人分1人でやってんですよ、マジあり得ないって。人を超えると書いて超人と読むのなら、彼らは紛れもないキン肉マン(ちょっと違う、、、いやかなり違うな!)。ああいうのと比べればニンジャコマンドーはまさに「普通」の範疇に入ると思いますよね。


さて、EDFですが、かなりがんばってらっしゃるようで、「ぬるいぜ!」の言葉に重みを感じます(^^)。一方確かに一種裏技とも呼べるようなテクを使わなければどうにもならないのかなぁと思えるのも事実で、数千時間を費やしてHPを数十万とかまで上げなきゃ「正面突破」は無理なのかなぁと思ったり。


詳しい経緯は存じませんが、僕の隊長であるところのトムニャット少佐は1をHP4000ほどでクリアなさったとか。そのHPでは2のハーデストすら難しいのではないかと思いまするゆえ、今後の竜駆さんの未来を考えると、言葉もありませんです(^^)。ぜひ僕の朽ちた屍を踏み台にして(朽ちていては踏み台にすらならないワナ)、インフェクリアを目指して下さい!草葉の陰から応援しております(死んでないけど)。

投稿: クリス | 2005年9月12日 (月) 00時33分

せっかく名前を出していただいたのですが、自分も退役しております(苦笑)>EDF2。
HARDESTのトライポッド(?)が越えられない壁となりました。こちらが死ぬまで照射される殺人光線は正直詐欺ですわ。蜘蛛みたいに接近されるまえに殺れるわけでもないし。陸戦兵は首領蜂シリーズのボスじゃないんだ!

てなわけで、自分もドラキュラDSに逃避しましたが、既にクリアーして、今はろくにゲームをやっていなかったりします。ちなみに、EDF前作は確かにインフェルノクリアーしてますが、「烈火」はバイク逃げ+UMA-Xバラマキという定石を使いましたので、あんまり大した結果でもないですよ(汗。

さて、一人で二人分やるゲームとのことですが、自分はファミコン黄金時代、1コンと2コンを同期させることができる怪しい周辺機器を持っていましたので、二人同時プレイできるACTやSTGに使っていました。まぁ、当時は大したゲームスキルもなかったので、あまり面白さがUPするようなことはありませんでしたが、それでも沙羅曼蛇で残機255となる裏技を発見できたのはとても大きな思い出です。FC沙羅曼蛇はコンテニュー数制限があり、初心者には普通にやると到底クリアーできるゲームではなかったですからね。今思えば邪道の極みではありますが、そんな裏技で見たエンディングでも、後の自分のゲーム嗜好を方向付けるには十分なルーツ(の一つ)となりました。って、あんまり一人で二人やるゲームという話題でもないですね。

これもちょいと変化球ですが、ドリームキャストのハウスオブザデッド2は二丁拳銃で遊びました。端から見ると結構マヌケですが、ベースが良いだけにこれはかなり楽しめましたよ。敵のスピードが上昇しますが、こっちの攻撃力も倍ですからね。でもDCガンは重量がありすぎて、長時間のプレイはできないのが最大のネック。結論、やっぱガンシューティングは1丁で戦いましょう!

投稿: トムニャット | 2005年9月17日 (土) 00時30分

メールのレスが遅れていて大変申し訳ない。最近のブログを見て頂いてもおわかり頂けるとおり、イマイチテンションが上がらなくて・・・。しばしお待ちを。


ということでトムニャットさんこんにちは!ドラキュラ、クリアまでテンション持って良かった(^^)。オススメした身としてはまず一安心。っていうか自分、45時間くらいやって、ユリウスモードも100%にしてしまいましたよ(^^)。あとはユリウスボスラッシュですが、それはちとテンション続かない予感。


EDF2、面白かったですよね。面白かったけど、やっぱり変化が少なくなってくるとモチベーションが維持できなくなってきてしまいます。仕方のないことだと思いつつ、また時を経て再度チャレンジする魅力も、このソフトにならあるような気がします。360版は出来次第という感じですが、正直「絶対綺麗になる」グラフィック周りより、ロードとかセーブとかのレスポンス周りが重要。まぁ11万本も売れた作品の続編ですし、何よりサンドロットのやることですから、間違いはないと思いますけどね(^^)。


ファミコンを2つを一つで、っていうの、特定のタイトルで可能だった気がします。火力が倍になるんですよね。でもスピードとか取るとズレちゃうという。でも沙羅慢蛇に関してだけ言えば、ほとんど1コインでクリアしまくっていましたので、そんなに難しかったかなぁって印象のが強かったりします。今やると難しそうですけどね(^^;。


二丁拳銃はケチってガンコン2個生活をしたことがないので、未経験ですが、スゲェ楽しそうですね。っていうか自分に酔える気がする。でも確かに手は疲れるかも。そんなこと言って軽い銃なら銃で「雰囲気でない」とか言いかねないんですけどね(^^;。

投稿: クリス | 2005年9月17日 (土) 21時32分

こんにちは、「森永奈緒美 写真集」を厳重に保管しているという、宇宙刑事シャイダーも思わずコーヒー吹いたw、ぴちょんくんです。
ポケモンに関しては、全く同意ですね。
プレイするしないに関係なく、全て購入していますからね。
あと、すでにコメントでも登場しましたが、ビーマニやDDRの一人で二人分プレイについても触れようかな、なんて思ってました。
自分にはそんな芸当はできませんでしたが、ゲーセン好きな仲間たちが神の領域というか、セブンセンシズ全開なプレイをしていましたよ。
さて、ここからが本題ですが、自分にとっての一人で二人分やるゲームといえば、パソコンソフトの「ディーヴァ」が挙げられますね。
ご存知かとは思いますが、このゲームは他機種のパスワードを入力する事によって、ゲスト艦隊を呼び寄せる事ができます。
しかも、惑星攻略のアクションシューティングも、二人同時プレイができるわけです。
ただ、いつでも知人を呼んでプレイできる環境にある人ばかりではなかったと思いますし、自分も数回しかプレイ経験がありません。
そこで考えたのが、一人で二人同時プレイなのです。
その当時ハドソンから、ジョイスティックポートに接続できるファミコン型のジョイカードが発売されてまして、2つ購入していた事もあってか、ちょっとためしてみようと思ったのがきっかけです。
1P側を両手で、2P側を両足で操作してみましたが、思いのほかうまくいきました。
とはいっても、足での操作は立ったりしゃがんだりして、ひたすら弾を撃ちまくるというものでしたが・・・。(あと、向きを変えたりとかですね)
惑星のエリアごとに敵の出てくる数が決まっていて、そのエリア内の敵を全滅させれば、以後そのエリア内では敵が出てきませんから、この方法でのプレイもやり易かったですね。
こんな事した経験があるのって、自分ぐらいでしょうか?

投稿: ぴちょんくん | 2005年9月18日 (日) 17時44分

濃い友人に「突撃ヒューマン」と言われ、「ピラザウルスとシルバー仮面を足して二で割ったヤツ?」と答えたクリスです。
※ちなみに「正解」と言われました(^-^;


ディーヴァはやらなかったなぁ「話題になった」記憶もなかったりして(^^;。スミマセン。でもT&Eは好きでしたね。なんとかかんとか黒衣の貴公子とかまでやってました。プレステのブレイズ&ブレイドやSFCのソードワールドも名作でした。ディーヴァは今思えば「シミュレーションっぽい面構え」が僕の琴線に触れなかったからだろうと思います。


「足プレイ」は僕もやった気がする。でもタイトルが思い出せない・・・。ネオジオとかかなぁ。あ、思い出した!基板のスパIIXを友達と足で対戦したんだ。足対足。っていうかそれはぴちょんくんとは違うだろう、とツッコミが入るのはとりあえずおいといて、足でも昇竜拳は出せました。っていうか結構足もがんばれますよね。って何の話なんだか(^^;。

投稿: クリス | 2005年9月18日 (日) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/5894199

この記事へのトラックバック一覧です: 一人で二人分やるゲーム:

« 忙しいゲーム | トップページ | ウルトラマンネクスト »