« FF8の話 | トップページ | 今やってたアニメ番組 »

2005年9月22日 (木)

サモンナイトエクステーゼその2、3

昨日アップしようと思っていたのですが、ついずっとプレイしてしまい、アップし損ねてしまいました。ですので少々おかしなことになっていますが、今日二日分アップします。

2日目は4時間ほどプレイしました。まぁセカンドインプレッションということになります。ぶっちゃけファーストインプレとはかなり感想が変わりました。ズバリ、

 完全に一本道のゼルダ

というのが今の感想。とにかく徹底的に自由度がない。くだらないフラグが多く、きっちりつぶして行く為にはランダムで敵が落とすアイテムも必要で、プレイスタイルが非常に縛られる。目的を見失いがちで、その状況に対する救済もないので、ヘタすると詰まる。

レスポンスは全体的にいいんですが、操作体系にもう一段洗練さが欲しい気もしました。例えばフィールド移動中に画面済みに周囲のマップが同時表示されていてもよかったんじゃないの?とも思いますし、今倒した敵が隠しアイテムを持っているのか、もし持っているならいくつ持っているのかなどの検索性が悪い。まぁそれもこれも、

 ドラキュラに非常に似てる

からなんです。DSの「悪魔城ドラキュラ~蒼月の十字架~」と同じように、敵から手に入るアイテム(もしくはソウル)をきっちり入手しながら進めていくプレイスタイルが酷似していて、一方では上のサブ画面に常に「欲しい情報」が表示出来たり、「手に入れなくても進行に差し支えない」自由度があるのに対し、一方ではことあるごとにマップを開いたり、進行に必須のアイテムがたくさんあったり。言ってみれば

 出来の悪いドラキュラ

のごときゲームでした。世界観的にもほとんどフルボイスなのですが、別に声優属性でもない自分には「連打連打でスルースルー」で、まぁほとんど蛇足で、「外側の人間がプレイする」というのはこういうことなんだなぁと言う感じ。

 でも止めません。楽しいから。

今更何を、と思われるかもしれませんが、しょうがありません。「ドラキュラが良すぎた」のです。良すぎたドラキュラの出来がちったぁ悪くなったところで、「ああいうゲームがやりたい」僕のような人間には、やっぱり面白いんです。溜めと連打を使い分けたり、召還魔法を使って仕掛けを起動したり、キャラもデカイし、見た目も悪くない、「普通に優等生」な風体には変わりないのです。

相も変わらず手に入るアイテムは全て手に入れながら、確実に歩みを進めていますから、昨日一回全滅して以来、全く危なげないプレイが続いています。お金も不自然に貯まっていますし、回復薬を全く使わずにボスも倒せていますから(僕は基本的にアクションがヘタなので、それだけ「実力差」があるとご理解ください)、かなり「らしい」プレイにはなっていると思います。ボリュームは割と少なめみたいで、これだけ牛歩しててもたぶん40時間以内には終わりそうですが、明日は仕事が休みなので、もう少し進めてから、また感想を書きたいと思います。現時点では★★に格下げ。

----------------------------

そして三日目。評価はますます悪くなりました。まず何よりも通常プレイしていて自キャラが強くならない。いくらレベルを上げても攻撃力も防御力も上がらず、上がるのはHPと取るに足らない「属性抵抗力」。5レベルに1回くらいコンボ回数が上がる「ワザ」を覚えるが、それとて攻撃力にしてみれば、100が120になる程度の変化で、現時点(レベル25)ではさしたる魅力もない。

敵が落とすアイテムにも大きな問題がある。乱数によるものだから多少の出来不出来はわからなくもないが、ぶっちゃけ「全て使えない」のはどうか。HPの回復アイテムやら今使っているより攻撃力の低い武器やら防具やら。どんないい物が手にはいるかと期待を込めて1時間粘ってようやくゲットしても「雷属性防御20」なんてアイテムは、普通に店で「全部の属性防御20」が売っているような状況では魅力ゼロ。簡単に言えばゴミ。

金に関してもそうしてきっちり集めている現状においては、ほとんど使い道もなく、新しい街に行ったら、即最高の攻撃力を持つ武器を買っておしまい。それもこれも武器や防具に魅力がないことが大きく上げられる。

モーションは「軽くて使いやすい」と書いてあるモノも「重くて使いにくい」と書いてあるものも同じ。クリティカルや炎の追加ダメージがあるものも発動が数パーセント~10パーセントでは大した魅力にもならず、いくら武器があっても使うのは一番強いものだけ。

とにかく手に入るものの魅力がないのに手に入れる為に苦労させる作り。

あとサモンナイトならではとも言うべき「召還獣」に関しても魅力はない。とにかく消費MPが多すぎて、回復もそれなりに面倒なため、「気持ちよく」使えない。4発撃ってMPゼロ。雑魚なら確かに1発で倒せるとしても、一部屋で10匹出る部屋だってある。ボスはボスで当然MPを全部消費したところで全く倒れる気配がない。結果、

攻撃には全く使わない

ゲーム上足かせアイテムとしての機能はするが、攻撃にろくに使えないとなれば、当然「MP回復力アップ」の装備や、道具の意味もなくなり、存在価値は急降下。強いて言えば間違って発動すると大きな音がするから、眠気が覚めるってことくらいか(それもメリットとは言えない)。

ストーリー周りは言わずもがなの取るに足らない出来。ありがちなキャラがありがちなセリフを吐き、意志の介在する余地なく展開する。メッセージも飛ばしたくなる場面が多く、正直グラフィッカーとプログラマーの実力があるのに、スクリプトライターとゲームデザイナーの力量が低い感じがする。これだけの絵とレスポンスを実現出来るのなら、もっと面白くなる可能性は凄く残されているのに、やればやるほどモチベーションが下がって来る。とりあえずプレイスタイルを変え、クリアを目指すことにしようと思う。とりあえず一回死んでからはまだ一度も死んでない。☆(0.5/5)。

現時点で、オススメできる要素は全くない。

|

« FF8の話 | トップページ | 今やってたアニメ番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/6063356

この記事へのトラックバック一覧です: サモンナイトエクステーゼその2、3:

« FF8の話 | トップページ | 今やってたアニメ番組 »