« モグラ叩き | トップページ | 羨ましい生き方 »

2006年1月 8日 (日)

二度目のPSO~その10~

今日は久しぶりにネットで買ったものが二つ届いた。「それはポンから始まった」というアーケードゲームの歴史本。「コトブキヤワンコインボトムズ12種コンプセット」。前者は正直最初から「読まないかな」と思っていたものなのだけど、僕の半生とかぶる歴史書と思えば持っていても悪くないと思い購入。まぁ字がたくさんある本を読むのはなかなか不慣れなので、生涯掛けて読み終えれば上等というところ。「ワンコインボトムズ」に関してはまた後日書くこともあろうと思うので今日はハショリ。

さて、我が家のPSOは居間でやることになっている。要するにGCがコンポーネント接続のため、あっさりとPCに接続しなおしてプレイというわけにはいかないからだ。そして居間にある暖房器具は「コタツ」「ホットカーペット」「石油ストーブ」の三つ。ぶっちゃけ普通の寒さであればコタツでOKなのだが、昨今のそれは結構行き過ぎの感もある。まぁそんなことを言っちゃ北国にお住まいの方から爆裂究極拳を食らいかねないが。

そんなこんなで居間でゲームをするのはハードルが高い(まぁ石油ストーブを付ければ済む話なのだけども)のだが、今日に限ってストーブが既に付いている。食事もいつもより早く終わった。見たいテレビはないではないが、思いの外面白くない(欽ちゃんね)。

 「今日は父ちゃんこっちでゲームやるから」

子供達に宣誓である。君たちはとなりでケロロでも見てなさいとでも言わんばかりだ。っていうかそれは親として微妙と言えなくもないが、まぁたまには許せ。

時刻は8時20分頃。久しぶりにPSOを開始する。今日は何となく経験値を稼ぎたい気分だったので、アルティメットの坑道で次々と部下を呼ぶ情けない上司のような敵を相手に地味すぎる作業を繰り返す。

リューカー、ラフォイエ×7、戻る、潜る、リューカー、ラフォイエ×7、戻る、潜る、リュー・・

そんな地味な作業を僕は何と3時間もぶっ通しでやり続けてしまった。っていうかそんな根性があるならローグギャラクシーを進めろよ、と僕が無理矢理買わせたと思われる5人の友人から蛇鶴八拳を浴びせかけられそうだが、まぁ気にしない。そう言うときもあるさ。

しかしなぜそれほどまでに単調な作業をずっと続けられるのか。それはとどのつまり「効率がいい」からに他ならない。僕は仕事でも遊びでも「効率がいい」ことが大好きなのだ。※ちなみに嫌いなのは無駄になること。

とにかくそこでの経験値稼ぎの時間効率は突出している。リューカーを使うことで本体に負担を掛け、結果として「ハングアップ」という最悪の結末を迎える可能性がないではないが、まぁ細心の注意をシーク音に払い、無事僕のキャラクターは7つもレベルを上げることに成功した。ちなみにこの「7レベルアップ」。普通にレアアイテム目当てで廻っていたら5時間で1レベルがいいとこなのだ。「5時間で1レベルアップ」ですよ!5掛ける7は35時間!それを3時間で稼いだともなれば、アイテムがないことなんかは目をつぶることが出来るというものです。っていうかそんなに効率がいいとは正直思わなかったな。マジで。

さて、そうして僕のキャラクターはレベル112になり、最初「おまえたちなんでそんなに集団でにじり寄ってくるんだよぉ、あっちいけあっち!」と泣きべそかきまくっていた坑道の雑魚どもが、「いつの間に背が縮んじゃったのパパ」っていうくらい自らの成長を実感。普通に倒して普通に侵攻。でもボスはやっぱり緊張する。死んでもともととまずは死者復活のスケープドールを持たずにいざご対面。

 つかダメージ痛くないし。

 つか第一形態すぐ終わったし。

 つか第二形態も一番痛い攻撃で即死しなかったし。

 あ、終わった。

あまりにも無力なボルオプトmk2。こんなに弱いんだったらもっと早く倒せばよかったよ。ってそりゃオマエが度胸が無くてビクビクしてただけだろう?ってもんなんだが。

さて、いつもならそこで止めるところなのだが、今日はまだ結構元気なのでそのまま継続して(セーブはしましたよ、もちろん)エピソードI最後のエリア「アルティメット遺跡」に進入することにした。っていうか目的は「メラン」という雑魚。既にそれはクエストを消化する方が楽だという情報を得ていたので、おもむろにスタート。

 「あ、パートナーがいる」

なんだか久しぶり。っていうかヤツのレベル176。そう簡単には死なない。っていうか死んだらゲームオーバーなので、殺しちゃまずいのだが、まぁこれがいい案配で盾になってくれよる。最終エリアだというのに、思いの外サクサク進む。

っていうかあまりにもサクサク進みすぎてそれほど書くことがないというのはどうだろう。まぁ「シフタLV30」が出たのは何より嬉しかったところだったけど、目的のブツが出るわけもなく、淡々と終了。時刻は2時過ぎ。何と今日は6時間ほどプレイした計算になる。もちろん明日も仕事であるし、こうしてブログを書いている時は時間が止まっているというわけでもない。早く寝なくては!マブタも重くなってきた!すぐさま寝なくては!ああ寝なくては~~~。今日はオチもなく終わる。オヤスミ~。つかそりゃぁいくらなんでも消化不良だろうという声が聞こえてくるが、めげずに終わる。終わるったら終わるのだ。グッナイ!

|

« モグラ叩き | トップページ | 羨ましい生き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/8054029

この記事へのトラックバック一覧です: 二度目のPSO~その10~:

« モグラ叩き | トップページ | 羨ましい生き方 »