« こんなゲームをやりたい | トップページ | 「はい」の美学 »

2006年2月12日 (日)

日記ぃ~

今日は実家周辺での年に一度の縁日。小売店に携わる身としては当然多くの来店が望めるゆえ、準備や販売にも力が入ろうというもの。加えて娘の「表現教育発表会」なるある種の文化祭もかぶってしまい、仕事の合間に抜け出して観覧。なんつか疲れた。帰ってきてからおもむろにパソコンの前で爆睡してしまいました。

現場には「大人のDS」も持って行き、お袋を始め数人にプレイさせたりもした。お袋は結果こそ67歳ではあったものの、ソフトそのものにはかなり好印象。逆に親戚の叔父叔母にはどうも抵抗があったようで・・・。

結局のトコロ「自己研鑽」を「楽しめるか」どうかがキーになっているのかなぁとも思った。「上手くなる、早くなる」ことが魅力だと思える人には訴求するのか、と。実際最初はどうしてもルールを把握しきれないためにスコアが出づらい。「次はもっと行けると思う」そう思える人になら、このゲームはとても魅力的に映るに違いない。

まぁ安い買い物じゃないので、安易に買い与えられないのが残念ではあるけど、気持ち的にはサクッとプレゼントしたいというのが本音だったりしましたよ。

|

« こんなゲームをやりたい | トップページ | 「はい」の美学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/8616615

この記事へのトラックバック一覧です: 日記ぃ~:

« こんなゲームをやりたい | トップページ | 「はい」の美学 »