« 今日の夕焼け | トップページ | こんなゲームをやりたい »

2006年2月11日 (土)

大人のDSトレーニング~その後~

今日は仕事場に「無印」の方を持って行った。ぶっちゃけやり方を理解するまでのステップに多少の難があると感じたものの、40代二人18歳二人(全て女性)のプレイヤーは一様に「楽しい!またぜひやりたい!」という印象を持ったようだった。

意外だったのは若い子二人の食いつきの良さだ。単純な計算や記憶問題に時を忘れて夢中になったりする。現役であることが無関係かどうかは微妙なところだが、何人にもやらせてみてふと思ったことがある。

 「これってゲームが上達する楽しさだよな」

そうなのである。毎日脳年齢の上下に一喜一憂したり、上手く記憶を掘り起こしてパーフェクトを達成したりして、まるで自分の頭が良くなったような実感を得ていたのだが、実はコレは「ゲームが上手くなること」と非常に近い。毎日プレイすることでパターンやクセを発見、習熟し、それを次のプレイに活かすスタイル。シューティングやアクション同様にリアルタイムの判断力を問われる局面。

 「まんまゲームじゃないか!」

それまでは大人向けの学習ソフト、レスポンスや効果音、モチベーション周りの出来が良い程度のことにしか気付かなかったが、これは紛れもなくゲーム。いろんな要素、アクション要素や記憶、計算、知識など様々な側面こそあるが、やっていることは「タイピングオブザデッド」とさほど変わらない。要は「見せ方」が大きく異なっていただけのことだったのだ。

もちろんその「見せ方」こそが非常に重要で、このゲームの命とも言える。数千、数万というゲームの中で、このタイトルにだけ心を動かされたユーザーがどれほど多いことか。「プレイして楽しく感じるメカニズム」をいかに「その人」に伝えられるのか。

身近な他人と比較することで競争心をあおる。ハイスコアにネームエントリーをする。いくつものジャンルを用意して得手不得手の差を抑える。

 巧い。

ゲームは本来面白いものだ。ブロック崩しやインベーダーをやった人の多くが引き込まれたのは、純粋に面白かったからに他ならない。「何が面白かったのか」引き出された感覚に個々の差こそあれ、「むき出しにした面白さの塊」は訴求対象が非常に多いはずだったのだ。そこを掘り起こすことが今回の「大人のDS」の裏テーマであり、「著しく」売れた最大の理由だったのだと思う。

重厚長大なRPGでもなければ、ハイスキルを要求するアクションでもなく、操作を憶えるのに何時間も掛かるような複雑な操作体系でもない。「ゲームの面白さをもう一度見つめ直す」。たったそれだけのことが、これほど大きなうねりとなって押し寄せてきた。

僕は任天堂がやっぱり好きなんだと思う。ファンだったんだと改めて思う。64での「質的変化」は正直うまくいかなかったのかも知れない。バーチャルボーイやサテラビューは明かな失敗だったのかも知れない。それでもいろんな発明をしてきたのはやっぱり任天堂だった気がする。「アナログスティック」「振動」「ゴースト」「ベストラップのセーブ」「スーパーマリオ」・・・。そしてこのDSのタッチスクリーンのシステムをゲームに昇華したセンス。
※この場合は「センス」がピッタリだと思う。技術じゃないよね。

必ず成功するとは限らないけど、レボリューションの「王者奪還」に心から期待している。

|

« 今日の夕焼け | トップページ | こんなゲームをやりたい »

コメント

初代の方も買ってしまいましたか。自分もあれからコツコツ続けて今日でハンコ7個目です。
でもまだトレーニングに???が三つ。いつになったら全部出現するのだろう。脳年齢チェックの方ではトレーニングに出てきていないものが何度か出題されているので、それらで埋まるのかな?
計算20(100の方も?)はクリスさんも気に入ったようですね。これは自分毎回必ずやってます。お手軽な上に結構燃えます。最高記録は15秒。これで新幹線級・・・もっと早くしようと思ったら問題の答えが一桁ばかりになるなど、運も必要か。
でもこれ、本当に「間違えるまで延々と続けられる。」モードは欲しいところですね。それも計算100のように途中で「10問突破」とか邪魔が入らないやつ。どうも自分は途中で正解音以外の音が出たりすると気が散ってしまうのです。
あと文字の認識は、数字といえど認識が遅れることもしばしば。完全に誤認識されたことはまだ一度もないけど、計算途中で「?」となって一瞬認識出来ない状態が起こるとタイムが大幅に遅れます。それまで好調だと結構腹が立ちます。
今のところ漢字は出てきませんね。初代は漢字を書くトレーニングは無いかな?

クリスさんの方ではもう出題されたかどうか分かりませんが、ア→A→イ→B・・・ス→Hとタッチペンで結ぶやつが自分は最も苦手とします。これが出現して以来、脳年齢が一気に10歳ほど落ち込んで44歳くらいになってしまいました。どうも画面をなぞっている間は手が邪魔で画面が見えづらいせいじゃないかと思うのですが・・・。今日も出てきましたが、記録は伸びず。でも他の出題が好記録だったため、現在脳年齢25歳!
でもこれ日によって脳年齢、激しく上下しますね。3つの問題の内容にも左右されるし、その日の体調によってもかなり左右されます。疲れていると計算20ですら結構間違えたりして散々な結果に。


ああ、あと親父のことですが・・・見事なまでに三日坊主です(^^;
新型DSも出ることだし、もう一台買ってプレゼントしてあげればもっとやるのかもしれませんが。

投稿: 竜駆 | 2006年2月11日 (土) 21時43分

ばんわです。つい今し方もやっていました。とりあえず「瞬間記憶」が結構好きですね。今日はハイスコア54点。つかこれってタイムは関係ないんですよね?途中で凡ミスしたのが死ぬほど悔やまれますが、初めて10個をクリアしたのでそれだけでニヤリだったりします(^^;)。


「???」は僕もまだ4日しかやっていませんが、3個のままですね。つか「もっと」だと序盤にもっとガンガン増えるので、モチベーションの加速力は上だったりします。つかその方が逆に「一度に負担が増えすぎて」離れてしまう、前作の経験者だからこそ急激な加速にも耐えられる、のかも知れませんが。


「計算20」はハイスコア15秒。確かに運が重要ですね。かけ算の後半が出ると、どうあがいても20秒前後掛かってしまいます。ちなみに先ほどやったところでは、「脳年齢チェック」、「A→ア」が1分28秒、文字記憶が14個、数字の数を数えるヤツが、、、忘れてしまいました(^^;)
※脳年齢が下がってるんじゃなかったのか!
で25歳。最高は22歳ですが、まぁこんなものでしょう。


もっとだと各ハイスコアを閲覧することも可能ですし、割とかゆいところに手が届く仕様になっているようにも思います。普通に無印以上に楽しめるタイトルになっていると思いますし、価格も決して高くはないので、オススメ度★★★★☆とさせて頂きたいと思いますよ(^^)。


ちなみに親父さんが三日坊主なのは竜駆さんの影響かも知れないと思ったり。やはり自分の成長より「劣っている事実」を毎日突きつけられる方が、モチベーションは下がってしまうもの。「同世代のライバル」がいれば絶対続けられるんじゃないかと思います。叔父さんとかお孫さんとか(^^)。

投稿: クリス | 2006年2月12日 (日) 03時09分

「A→ア」が1分28秒。やはりそれくらいはかかりますか。自分は最初やった時、2分以上かかってしまいました。今は1分30秒前後ですが。
瞬間記憶、これは覚えてなければどうにもならないので、時間は関係ないのでは?それにしても54点って結構凄くないですか?自分などは40点に到達したことがありません。最高でも7個。それもかなり勘。10個(覚えなければならない数字の数が、ですよね?)なんていくらトレーニング積んでも出来そうもありません。
「人数数え」なら負けないぜっ!・・・ってあれは簡単ですか。


>やはり自分の成長より「劣っている事実」を毎日突きつけられる方が、

う~ん、それはあるかもしれませんね。親父は色々なことで自分に負けるのは結構悔しいと思っている節はあります。ちょっと前にパソコンを始めたのですが「あまり使ってないから、俺のノートPC使えば?」と言っても頑なに自分のPCを買うことにこだわったし。
孫と競争・・・これは使えるかもしれません。今度家に来たらプレイさせてやりますか。

投稿: 竜駆 | 2006年2月13日 (月) 22時29分

まいどです。僕はいまさらですが、このゲームを非常に評価しているので、こうして足並み揃えてお話に付き合って下さる方がいるのは、とても嬉しいですね。どもです(^^)。


このゲームは「もっと」にも言えることですが、文字通り「学習型」です。しかし、攻略法の分からないボスを倒すのに苦労するように、各設問の攻略法を見いだすまでは、なかなかスコアが伸びないんですよね。「瞬間記憶」にもその「攻略法」があるんですよ(^^)。


つか書いてもいいのかな(^^;)。


つか他の設問の攻略法に関しても正直「知りたいけど知りたくない」みたいなところがありますね。特に記憶系。僕はハイスコアでも15くらいなのですが、あれ、絶対コツがあると思います。「もっと」にも「漢字記憶」と「数字記憶」があって、数字の方は「5×5」のマスに1~25までの数字がランダムに配置されるのですが、これを場所も含めて憶えろ、というわけです。


僕は漢字も3文字も14、5程度がせいぜいなのですが、この数字記憶だけはコンスタントに24、5をたたき出せるんです(^^)。
※ちなみに紙に適当に書くだけで実際に2分で憶え、2分で書くという行為は簡単に出来ますので、興味があればやってみて下さい。


これは明らかに「攻略法」に気付いたから出来たこと、なんですよね。苦手なのはやはり3文字記憶や漢字記憶なのですが、これも絶対「やり方」があるはず。なんつかやるたびにそれを考えるのですが、、、なかなか見えてこないのはやはり脳年齢が老けてるからなのかなぁ(^^;)。

※一応ネタバレとした上で「瞬間記憶」の僕なりのやり方。

基本的に左上から右に、一段降りて左から右に、また一段降りて・・・という順番を鉄則とします。


で、見た数字の中で、「10」だけは「読みません」。10個をクリアするといきなり12個になり、「10」だけでなく「11」「12」が一気に追加されるので、正直そこまでいくとまず無理なのですが、それまでは「10」は極力意識から外します。


あとは「速く読む」だけです。目で読んでから口で読む。口は目に追いつけないのですが、追っかけて口にすることで刷り込みを強くします。


とにかく「10」がワナなのです。あれを読むと(例えば「0」として)、他が憶えられなくなってしまいます。言ってみれば「10」は「空白」として憶えるという感じでしょうか(^^;)。そうすると10マスまでは絶対イケると思いますよ。ただ、12でミスってまた10を成功させるのは、かなりの精神力が必要になりますけど。
※自己最高58に更新。でもあんま威張れないかも。

投稿: クリス | 2006年2月14日 (火) 00時34分

攻略法ですか・・・正直あまり考えず、直感のみでトレーニングしてました(^^;
瞬間記憶は一気に全部覚えようとしてばかり。覚える順を決めて行く方法には目から鱗です。早速真似してやってみたところ、4文字でいきなり間違い。「くっ・・・だまされた!?」
というのは最初だけ。慣れてくると、その方法のほうが圧倒的に安定しますね。まだ不慣れなので自己ベスト7個を越えられませんが、以前は勝率5割くらいの6個がかなり安定して正解できます。
しかしこの方法だと答えを書く(示す?)までに時間がかかりますね。前のコメントで「タイムは関係ないんですよね?」と書かれた真意が理解できました。

ほとんど頭を使わずにプレイしていた自分ですが、3文字記憶だけはそれなりに攻略法・・・というか自分なりのスタイルを築いてきました。たいしたことではないので、読んでもネタバレではないと思います。


最初は左側のページのみ覚える。1つ1つ覚えるのではなく、ペアで覚える。それもなるべく組み合わせてしっくり来るペアで。今日だと「かがく」と「ざっし」で「科学雑誌」とか。まあそんなにうまくいくことは少ないので強引に組み合わせる事の方が多いですが。
残り一分ほどになったら右ページの右2列を除外して、残りを同じような方法で覚える。あまりに覚えにくそうな単語は捨てることも。
残り30秒を切ったら、残した右2列を声に出して読んで、強引に、確実に覚える。


最初はさんざんな結果の3文字記憶でしたが、上のような方法を試していくうちにハイスコア22を出せました。それでも平均的には15~16くらいなのでクリスさんとほとんど変わりませんか。

それにしてもやり込んでいくうちに、ひらがな認識の甘さが気になり出しました。今日などは「お」が全然認識してくれず、3文字記憶のスコアがガタ落ち。
ハイスコアを狙おうと思ったら、一発で文字を認識させる書き方の攻略法も考えねばならないかもしれません

投稿: 竜駆 | 2006年2月16日 (木) 00時44分

竜駆さん毎度です。瞬間記憶のハイスコアが68になりました。正直言ってかなり限界っぽいです(^^;)。つかあれの12とかクリア出来るヤツがいたら、見てみたい、、、なんて思っていたのですが、自分、一回だけクリア出来ました(^^;)。途中で一回ミスってしまっていたので、そこが最後になってその先が何マスになるのか確認出来ませんでしたが、12も不可能じゃないってことで。


ちなみに12をクリアするレベルとなると、運も正直絡んできますね。「10~12」はもはや読むと言うより「影を憶える」レベル。それよりまず1~9を「場所を含めて」憶えるのがやはり重要かも。でもここまで来ると結構ツライ設問かも(^^;)。嫌いじゃないけど。竜駆さんもぜひがんばってみて下さい。10個をクリア出来たときは結構大きな満足がありますよ(^^)。


さて、お教え頂いた3文字攻略法。ハイスコア22がその有効性を物語りますね。僕も「もっと」にある「数字記憶」で似たようなことをやっています。でも3文字のがツライ(^^;)。とにかく関連づけさせるのにも覚え込むのにも時間が掛かりすぎてしまうんですよ。でもコンスタントに15が出せるなら、左半分を安定させるのは決して無理じゃないとも思えますし、右は右である程度分割する前提で進むというコンセプトはいいですよね。問題はやはり関連づけする単語の引き出しに尽きるってトコロなのかも知れません。


ちなみに今日初めて無印で「20歳」を達成しました(^^)。問題に恵まれたってこともありますが、
※色を読むヤツ、120数えるやつ、設問に合わせて数を答えるやつ
ズルしてやったわけじゃないので、素直に嬉しいですね。まぁこれで脳が若返っているかどうかは正直微妙ですけど。


設問によってはズバリ「適当にやってでも正解に」したくなる時がありますからね。なんつーか120数えるやつとか速読するやつとかはともかく(ズルしたら身も蓋も成さすぎるから(^^;;;)、人数数えるヤツとかわかんなくなったらホントは書くべきじゃないのかもしれないけど、やっぱ「7かなぁ」って数字を書いちゃいますからね。なんつーかゲームとして攻略してる自分に気付いたりしますよ。


ちなみに20歳の時はファンファーレが鳴ります。結構嬉しかったけど、かみさんは無印でももっとでも両方20歳経験者なんですよね~。ちと悔しかったり。20歳は何回出してもきっと嬉しいだろうなぁとも思いますので、今後とも精進していこうと思います。


竜駆さんは「もっと」は買わないの?あれはあれでトレーニングに楽しいのが多いから、ホントオススメですよ。それに早く買えば早く買っただけ、トレーニングが早く埋まる理屈もありますし(^^;)。ではでは!

投稿: クリス | 2006年2月16日 (木) 02時14分

今日ハンコ13個目で、ようやく3つの「???」のうち1つが現れましたが、今まで一度も脳年齢チェックで出てきていないもの。・・・ということは脳年齢チェックで出てきた「A→ア」とか、声に出して色を答えるやつとか、3文字記憶とかのうちどれかはトレーニングに現れない?3文字記憶はトレーニングに出てきて欲しいのだけどなぁ。

>瞬間記憶のハイスコアが68

自分も例の方法にようやく慣れてきたのか、昨日はハイスコア57を出せました。ビギナーズラックか、10個も正解!ホントに有効ですよ、この方法。でも今日は9個で不正解。スコア44。
なんか一気にスコアが増えたので川島先生も驚いてますが、まさか記憶する方法を変えたとは川島先生でもわかるまい。

それにしても68とは、ようやく追いついたと思ったらまた突き放されました。というか12個は自分も一度見たけど、思考停止状態になりました。こりゃあ無理や・・・。12個以上が安定してクリアできるようになるには、新たな作戦が必要かも。意外と初心に戻って一気に全部覚えが有効だったりして。・・・相当訓練せねば無理そうですが。


脳年齢20歳、自分も一度出せました。問題は計算20(16秒くらい。ちと遅いか)、数字の数を答えるやつ(1分10数秒だったような・・・)、A→アのやつ(最高記録。1分19秒)。正直あまり良い成績ではなかったと思うのですが何故か20歳。なんとなくA→アのやつは数秒の差が大きく脳年齢に響くような気がするのですが・・・。あと3文字記憶も15個以上記憶すると、かなり得点が高いように思われます。
自分は20歳出したときでも「ふーん。」という感じですが、あとでグラフを見て急上昇していたり、上の方で細かく小刻みしているのを見るのは結構嬉しいものですね。


「もっと」の方も・・・たぶん買いますよ。親父が買ってこなければ絶対買わなかったはずなので、ここは旧DSを親父にプレゼントし、新DSと共に「もっと」も買おうかなどと企んでいるのですが、次の休み当たりで「もっと」は買ってしまうと思います。

投稿: 竜駆 | 2006年2月17日 (金) 23時40分

毎度です~。毎日テストを含め、無印ともっとの全てのトレーニングをこなすのに負担を感じつつあるクリスです(^^;)。ども!つか僅かでも体調を崩すと、かなり脳にキツイですね。今日は久々に32歳になってしまいました。やっていて明らかに「キレてない」のが実感できてしまったし、頭痛いときにやるモンじゃないなぁとは思いましたけど。竜駆さんも体調が悪いときにはスルーもアリかと存じます。
※と言いつつバファリン飲んでDOSやってるのもどうかと思うけど(^^;)


「瞬間記憶攻略法」が生きているようで何よりです(^^)。自分は逆に「3文字記憶」が出てこなくて、この2、3日竜駆法を試せていなかったりします(汗。まぁおいおいって感じですね。でも12個記憶はホント奇跡が降りてこないと無理ですね。何つーか「憶えやすい配列」とでも申しましょうか。10以上が分散したらマズ無理です。あとそこまで行くまでの集中力もとても求められますね。どれだけ入っていられるのか、みたいな。


>まさか記憶する方法を変えたとは川島先生でもわかるまい。


(^^)。確かに。でもきっとどの設問にも攻略法は存在すると思うんですよね。凄く細かな「思考回路の配線」みたいな感覚だと思いますが、例えば「色の数を数える」やつでも、「色の名前が出たとき」の反射対応と、「回転」「移動」「大小」が出たときの回路の切り替えみたいな。あと5個や6個の時の「瞬間で判断する」コツとかね。まぁ純粋に書き直す速度が速いだけでも、結構なスコアアップに繋がるとも思いますし、それってホントにゲーム的だったりしますしね。
※教授の意図にはそぐわないと思うけど(^^;)


脳年齢20歳は、いざ出てしまうと逆にテンションが下がってしまったりしますね。なんつーか目標を失うというか。わずかな差が具体的に点数で出てくれるとそれもまた違ったりするのかも知れませんが。
※「やわらかあたま塾」ではそういう側面があったりします。


「もっと」はきっと漢字認識の甘さにいら立ちを憶えてしまうと思います。でも全体で見れば無印よりずっとかゆいところに手が届く完成度になっていますので、2週間もやれば「もっとの方が楽しいかも」って思うと思いますよ(^^)。ちなみに漢字認識で一番自分が苦手なのが「転」という字です。以前も書いたかも知れませんが、未だに「職」と認識されます。うーむ。ではでは!

投稿: クリス | 2006年2月18日 (土) 05時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/8600462

この記事へのトラックバック一覧です: 大人のDSトレーニング~その後~:

« 今日の夕焼け | トップページ | こんなゲームをやりたい »