« ファイナルファンタジーXII~その26~ | トップページ | ドラクエとFF~大した話じゃない~ »

2006年4月30日 (日)

捕らぬ狸の皮算用の話~その2~

この話は今年の3月14日に一度している。誰からもコメントをもらわなかったが、実は実生活では結構な好評だったのだ。特にE-KAWASEをやっている人間からは大絶賛であった。

今日はその経過報告と新たな表計算ファイルを持ってきたので、あくまで興味がある人だけ覗いてもらいたい。コレを見てE-KAWASEもしくはその他の為替取引を始めて損をしたとしても僕はどうすることも出来ないことだけはまず念を押しておく。

しかし、念を押しておきつつも結構「夢が見られる」と思うのは僕の幻想だろうか。元本が保証される金融商品ではないから、リスクは常につきまとってくるが、日々の娯楽、それも数年単位での娯楽、ましてやその娯楽費用が割り増しで戻ってくるかも知れないという着眼で見れば、正直結構愉快なのではないかとも思うのだ。

詳しい話は適当に「先物」とか「為替取引」とかダイレクトに「E-KAWASE」でググってもらうとして、ここではごくごくシンプルに「儲かる仕組み」だけを書いてみる。

僕が買っているのはイギリスのポンド、「英ポンド」なのだが、日本が超低金利であることが影響してとっても大きな「金利差益」というものが発生する。要するに日本円で30万円を1年貯金しているよりは、英ポンドで持っていた方がそれだけで利息がかなり付く。

しかしこの商品は、「証拠金」というやつらしく、元本が保証されない代わりに、値動きの部分、リスクとリターンの部分だけを購入するような感じになる。まぁわかるまで説明すると死ぬほど長くなるので、単純にメリットとデメリットだけ書くと、30万円で6万ポンド分買うと、利息が年53万6550円付くが、購入時の為替より2.5円下がっただけで元本がパーになるというハイリスクハイリターンな買い物から、30万円で1万ポンド分買って、利息が年に89425円しか付かないが、購入時の為替から27.5円下がるまでは権利を維持しつつ利息を貰えるローリスクローリターンな買い方も出来る、そんな感じの商品だ。

先ほどローリスクローリターンと書いたが、実際問題30万円に年間9万円の利息が付くというのは、正直ローリターンではない。50万以上の利息が得られる可能性があると思えば確かに旨みは少なく見えるが、現実問題「負けて」しまっては意味がないので、あくまで「少し勝つ」と思えば日本の銀行に預けておくより遙かに有意義だと思う。今ポンドは207.6円くらいだが、これがいきなり180円に下がる可能性はさすがにないだろうと思われるからだ。

さて、それがまず「利息」での旨みであり、これはぶっちゃけ前回も書いた。しかしこの為替というのは本来「安いときに買って高いときに売る」もの。「1ドルが100円の時に買って110円の時に売る」ことで儲けを出すと言えばよりわかりやすいか。

今回の商品、かっこつけていうとポジションは5万円一口の買い方で1万ポンド分の口座を持つことを意味する。もちろん「リスク5万円」なので下がってしまえば1万ポンドどころではないのだが、重要なのは「1円の値動きで1万円の損益が発生する」という点だ。

先ほどのハイリスクケースで言えば30万円で6口ポジションを持っていて購入価格から「2円」為替が上がったら、それだけで含み益が12万円発生するということなのだ。
※実際は売り買い往復で2000円の手数料がかかるので、含み益を現実にすべく売買し、6口分手数料を引くと、10万8000円の実益が発生する形になる。

もちろんこれはさきほども書いたようにハイリスクなので、実際には30万円でせいぜい2口がいいところ。それでも204円の時に買って207円で売れば6万円(手数料別)の含み益が発生する。

ここで重要なのはこの英ポンドが非常に値動きの激しい通貨だという点。要するに派手に上がったり下がったりするので、キッチリ下がったところで買って、しっかり上がったところで売れば、かなりの儲けが発生する。年間3回~6回程度大きな波(=トレンドという)があるので、それを繰り返せば、ただ先ほど書いたように「持ち続けて利息をもらう」よりは遙かに多くの利を生むことになる。

今回のエクセルはそれをシミュレートした前回の改良版。

●軽く使い方説明●

まず入力するのは「水色」のマスのみ。簡単に説明する。

・スワップポイントは、「50」%加算
 の「50」の部分は、要するに「持っている時期」と「値下がりを待っていてポジションを持っていない時期」の割合を指す。要するに50%なら1年の半分はポジションを持っているという仮定なわけだ。

・元本
 まんま元本を入力。E-KAWASEを始めるには最低30万円が必要。

・枚単価
 要するにリスクを入力する。先ほど書いたように「30万円で6口」買う場合は、ここで「5」万円を入力することになるし、「30万円で2口」ならば「15」万円を入力することになる。これを入力することで右の方のオレンジのマスにある「ストップロス」の価格が変化して、「この金額以上購入価格から下がったら、元本がパー」というリスクが算出される。まぁ「これ以上下がらない!」というタイミングで買っていれば、よっぽど大丈夫だとは思うが、英ポンドは上がるときも下がるときも派手なので、常に余裕は欲しいところだ。

・購入時、売却値
 買ったときと売る予定の為替レートを入力。とりあえず先日205円で買っていて、「今207.5円だから、、、」という使い方や、「あの時は201円まで下がったな、あの時買って今年一番のピークだった210円の時に売っていれば・・・」というまさに捕らぬ狸の皮算用な使い方まで自由。上の枚単価(リスク)と下のトレンド(年間の上下動の回数)と合わせて使う。

・トレンド数
 まぁこればっかしは断定のしようがない。ただ一つ言えるのは、「1~2円」程度の小さな値動きであれば、回数は非常に多くなるし、8~10円クラスの値動きを期待しても年間1度もないかも知れない。僕はまだ始めて1年経っていないが、とりあえず3ヶ月に1回、「年4回」くらいはあると、僕にE-KAWASEを教えてくれた方は言っていたので、デフォルトは4にしてある。

・スワップポイント
 ポンドと日本円の年利差で決定されるE-KAWASE独自の利息益。サイトに行けばトップに常時表示しているのですぐわかる。今は245円。

-------

さてこれだけの数値を入力して下の「資産計」を見てみると、毎年増えていく移り変わりが見て取れる。「1年目」から「2年目」の差額がズバリ初年度に得られる実益なのだが、数値をところどころ動かしていくことでこれがかなり変動する。

例えば、自分は「3円上がるまでは絶対売りたくない」とか「最安値で買ったからここから7円も余裕があれば絶対安心だ」だとか。トレンドも「1円の値動きで売り買いするつもりだから年間10回はある」という想定も可能。まぁスワップ%だけはそれほど期待出来ないが。

ここで具体的な話に移るが、僕は元本50万円でスタートして先日手持ちのカードを全部売ってしまった(その後また1枚買ったが)。1月初旬に実働開始して、2月上旬に買って4月上旬に売却したわけだが、今現在含み益を入れて68万になった。トレンド回数で言えばおおよそ年4回ペースで、その時もそうであったが、おおよそ3~5円の為替レート上昇で売却出来たので、これらを踏まえて数値を入力してみる。

・スワップ% 50%
・元本    68万円
・枚単価   15万円
・購入時   204円
・売却時   208円
・トレンド回数  4回
・スワップ  245円/1日

結果今日から一年後には、、、68万円がなんと「146万6850円」

になる計算なのだ。もちろんそんなに都合良く買えないだろうし、そんなに都合良く上がらないだろうし、そんなに都合良く年利が維持されないだろうし、、、、ネガティブに考えればいくらでも可能性は広がっていく。

 だが、宝くじよりはずっと可能性が高い未来なのも事実。

同じペースで5年間売買を繰り返すことが出来れば、
※ハイハイかなり「捕らぬ狸指数」が上がってきておりますヨ(^^;)

その資産はなんと!  「2244万2850円」!!

にまで跳ね上がってしまうのです。何て楽しい未来!(^o^)/
※ちなみに計算上は20年で「4018億」まで伸びます(^^;;)。

とりあえず一番最初始めたときは「年9万円の利息でも銀行よりマシ」という気持ちでしたが、実際開始4ヶ月でその倍の18万は稼げているわけです。もちろん知識が重なってくることでより「リスキー」になったりより「セーフティ」になったりもするでしょうけど、ペース的には当初予定の「6倍」のペースです。お金をおろしちゃったらそこでペースはガクッと下がっちゃいますから、この娯楽は出来る限り金庫に納めた状態で、いつでも為替が下がったら買える状態で、

 遊ぶ!

必要性はありますが、30万円の使い道としては、「とっても愉快」なんじゃないかなぁと思ったりする次第なのです。

↓今回のエクセルファイルです。

「ekawase2.xls」をダウンロード

※まぁ「やれ!」とは言いません。損失をどうこうできる立場じゃないですから。でもって最初にお金も準備しなきゃいけないし。でもなんつーか楽しいから書いてみた、それだけのことッス(^^;)。

|

« ファイナルファンタジーXII~その26~ | トップページ | ドラクエとFF~大した話じゃない~ »

コメント

自分はクリスさんに比べれば、まだ勉強が足りないので間違った認識を書いてしまっているかもしれないということだけは、まず念を押しておく(真似っこ)。

実は前回の時も興味津々でした。
なんとなく御意見無用的な感じだったのと、書いているだけで実際にはやらないのかなぁ、と思ったので無反応でしたが、すでに始めていたのですね。

自分がこういうものに興味を持ったのは

Yahooオークションを始める→振り込み手数料が結構大きい→振り込み手数料がいらない銀行はないか?→見つけた。そして口座開設→口座開設前に銀行のHPを色々見る。外貨預金で結構儲けられそうだなぁと思う。→他にも色々調べ出す。→外国為替証拠金取引というものの存在を知る。

というのが2~3年前。最初、外国為替証拠金取引を見つけたときは少ない元手で多額の取引が出来るということに、即、かぶりつきそうでしたが、よく読むと外貨預金などと比べるとリスクも大きそうだし、その直後新聞でトラブル事例の記事なども載ったので、チキン野郎な自分は手を出しませんでした。
今はその当時に比べると、だいぶ悪徳業者とかも減ってるらしいし、その新聞のトラブル事例も大抵が業者任せにして、自分でろくに調べずに金を預けてしまったような事例ばかりだったような気がするので、よ~く勉強して、無くなっても笑っていられるような金額でやるのなら問題なし!・・・ですかね。
まあ10万とかなら無くなっても死にはしませんが、さすがに無くなるとかなりへこみますね・・・。

今は外貨預金の親戚みたいなのでチマチマ稼いでいますが、外国為替証拠金取引も、もう一度勉強してみる気になりました。やるかどうかはまだ分かりませんが。
最近は量的緩和解除とやらで、ついでにゼロ金利も解除か?みたいな流れになってますが、昔みたいに日本円での定期預金とかの金利が数%まで戻る日も近いのでしょうか。もしそうなったら日本円で預けた方がリスクはより低いだろうし、外国為替証拠金取引のスワップ金利も今ほどは高くなくなる・・・のかな?勉強不足でよく分かりませんが。
素人考えではゼロ金利解除とかいっても、数%まで金利が回復することは5年くらいは無いとか思っているのですが、果たしてどうなる事やら。

投稿: 竜駆 | 2006年5月 1日 (月) 22時18分

こんばんわ竜駆さん、今日はみなさんが期待していると勝手に思いこんでいる「イントロクイズ~ゲーム編~」のデータを作っておりました。つかなかなか手強い。少なくともアニメの時の3倍以上くらい問題作成に時間が掛かりますね。だって中には、

 思わずプレイしちゃう(爆

ものや、

 プレイしてなんとか先の面の音楽を!

なんてものもあったりして(^^;)。これじゃあラチが明かんよ、という感じ。それでも出来た問題を聞くのはなかなかに楽しく、みなさんが知ってるゲームだったらいいなぁとシミジミ思う次第です。つかM1がないので、最終面の音楽とか撮れねぇし(T_T)。

さて閑話休題。

興味があっても初期投資がデカイのでなかなか重い腰が上がりませんよね?実際竜駆さんが儲けても僕になんの得もないので、僕に対して「怪しい」とか「怪訝に」思うことはないと思いますが、とりあえず僕がやってるのは、

 豊商事大阪支店のE-KAWASEというヤツ

です。担当さんの名前をここで書いて良いかちと悩むけど、正直信頼できる方だと自分では思います。念のために申し上げますが、

 僕は異常に(非常にではない)疑り深いです。

少なくとも以前も書いたかも知れませんが、僕以上に疑り深い人を僕は知りません。取引先にも言われるくらいですからよっぽどだと思って頂いて結構です。

そんな僕なのですが、この担当さんは信頼出来ると思うわけです。その理由の最たるところが、

 無理強いをしない

こと。特に今が買い時であったとしても、予算に合わせて「最っ低」の線しかオススメしてくれません。要するにパンクしちゃったらおしまいなので、とにかく危ない橋は渡らせないようにしてくれるわけです。

ここでポイントなのは、

 全員がそうじゃない

ということ。この大阪支店のこの担当さんに関しては無理強いしてきませんが、東京支店の他の担当だと、どうやら違うらしいのです。要するに

 東京店と大阪店で成績が違う

東京はデカい山を当てる人がいるかわりに、損する人もいる。大阪は大もうけする人が少ない割に、損する人の割合が少ないわけです。っていうか僕の手応えだけで言えば、

 担当さんの言うことを聞いていれば、少なくとも損はしない。

感じがします。要するに「言うことを聞かずにリスクを踏む」人が損をする感じ。ブログでも書きましたが、30万から一年で80万にしようなんてのは、ハッキリ言って普通じゃないです。手堅く30を40に出来ればいい、そのくらいの気持ちでやる分なら、少なくとも

 日本の金利がちょっと上がったところで損はない

んじゃないか、と。あ、これはもちろんスワップでの儲けではなく、売買での儲けを指しますけどね。まぁスワップも今でこそ美味しいですけど、竜駆さんがおっしゃるようにいつまでも続かないと思いますしね>日本の超低金利。

まぁ興味があったらメール下さい。担当さんをご紹介します。

投稿: クリス | 2006年5月 2日 (火) 03時03分

アニメよりは良い点取れそうかなぁ~。などと思っていたけど、上の方で過剰な期待をかけられて、予想以上にヘボぶりを発揮したらどうしよう、と思っている竜駆です(^^;
絵なら雑誌で見たことがある、というのでかなり得点稼げそうですが、音楽となると本当にプレイしていないと分からないですからね。自分は結構守備範囲が狭いので、前回同様苦戦しそうです。

>担当さんの名前をここで書いて良いかちと悩むけど、正直信頼できる方

担当さんがいたのですか。てっきりネットオンリーで行っているのだとばかり思ってました。
ちなみに自分は新生銀行でパワード定期とかいうのを主にやってます。ネットオンリーです。
うちの親などは、銀行の人のいうままに外貨預金、投資信託に手を出しまくっているけど大丈夫なんかいな・・・。まあ余裕資金でやっているので問題ないとは思いますが。

疑い深いといえば、自分もこういう事にかけてはかなり疑い深いです。
とにかく、徹底的に自分で理解・・・というか納得してからでないと始めません。人からの意見は参考にはしますが、最終的には自分だけで何とかしようと思っています。こういうことで人に頼ってしまうと、失敗したときに、やはり少しは恨んでしまうような感情が生まれてしまうかもしれませんから。
まあ、こんな強気なことを言えるのも、調べようと思えばいくらでも調べられるインターネットがあればこそ、ですけどね。やはりよく分からない分野で、信頼できる人がいるというのは非常に心強いことだと思います。

投稿: 竜駆 | 2006年5月 3日 (水) 02時52分

最近レスが多いのはありがたいのですが、
※コメントが全然ないとサスガにモチベーションも低下しちゃいます(^^;)
結果クイズの作成やらゲームが進行せず、もっと時間が欲しい病ですね(^^)。

>アニメよりは

絶対取れますよ(^^)。ファミコン部門はさすがに簡単です。本音は変なのとか入れたいのですが、
※タイトルは知ってるけど曲は誰も覚えていない「暴れん坊天狗」とか、タイトル自体初めて聞いたよ、みたいなレベルの作品「リックル」とか知らないよね?(^^;)
まぁ一般向けのもので集めていますね。

あと個人的な遊びとして、「これは絶対○○だと思うけど、なんか音色が違うなぁ」というのもあってもいいかな、ってところ。つかその「○○」すらわからない可能性が否定できないのが辛いトコロですけど(^^;)。
※雷電とか久々に聞いたら全然覚えてなかったからね。ゲームの印象は鮮明でも曲の印象は曖昧だなぁと痛感ですよ(^^;

>新生銀行 パワード定期

自分全っ然わかりません!(キッパリ)。ハッキリ申し上げて「詳しい」人間ではないのです。だいたいこのE-KAWASでも信頼できる人がオススメしてくれたから興味を持ったようなもんで、それまでは

 世の中の全てがオレを騙そうとしている!

くらいの勢いで信じていませんでしたからね。マジで。だから正直単語的にも「外貨預金」とか「投資信託」とか言われても全然わからなかったりします!(自慢)。まぁある意味そんな僕でも続けていられるようなレベルのものだとも言えますから>E-KAWASE、ある意味ハードルは低いのかも知れませんね(^^)。

>調べようと思えば

 確かにそうなのですが、本当に「そう」なって来たのはほんの1年くらいのことだというのが僕の感想ですね。ニフティの頃から通信やって、ネットも「メールアドレスの略称が『メルアド』じゃなく『メアド』だった頃」から触ってきましたが、当時は全然調べてもヒットしなくて、やっぱGoogleは偉大だなぁと思いましたね。ぶっちゃけあれがなかったら、これほどネットの検索性は上がっていないと思いますし。
※イメ検もマップも楽しいですしね>Googleは。

でも最終的には人対人での繋がりなくしてはお金のことは一歩踏み出せない気がしますね。

投稿: クリス | 2006年5月 3日 (水) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/9824320

この記事へのトラックバック一覧です: 捕らぬ狸の皮算用の話~その2~:

« ファイナルファンタジーXII~その26~ | トップページ | ドラクエとFF~大した話じゃない~ »