« ザナドゥネクスト~その後~ | トップページ | イントロクイズ~その後~ »

2006年5月24日 (水)

歯医者の話

まぁ僕みたいに不摂生を信条とするような輩はすべからく虫歯であると言っても過言ではないだろう。でもって痛くなってから歯医者に行ったりするのもまた当然至極当たり前というところだ。付け加えるならちょっとしたきっかけでこれまた行かなくなってしまったりするのも、まぁよくある話。

 みなさん、この話は支離滅裂ですよ~(^^;)。軽く覚悟はいいですかぁ~?

僕の行っている歯医者はハッキリ言って人気がある。痛くないわけではないが、先生がとにかく

 「異常に饒舌」

なのだ。とにかく終始しゃべりづめ。つかしゃべっていないのはカルテを書いているときだけで、患者と対峙しているときはもう独り言かと思うほどによくしゃべる。

 でもそれは決してイヤじゃない

大体歯医者なんてものは「普通はイヤ」なものである。行かずに済むなら行きたくないし、もし行くのであれば出来る限り少ない回数で、短い時間で終わらせたいと思うのが常だ。しかしこの歯医者は人気がある歯医者。どのくらい人気があるかというと、

 僕の予約は月イチ

なくらい人気がある。正確には月イチじゃないときもあるのだが、ヘタに数日ズレるくらいなら「毎月第三火曜日は歯医者の日」と決めておいた方がむしろ気が楽だから、月イチにしているのだ。つか「朝一番じゃなきゃイヤ」という僕のワガママもそれに追い打ちを掛けてはいるのだが。

朝一番じゃなきゃイヤだという理由は二つある。一つは仕事が始まるか始まらないかギリギリの時間で終わるため、店員さんに一言言っておけばほとんど仕事にも遊びにも影響が出ないと言う点。

そしてもう一つは、

 あまりにも先生がしゃべるので、一人当たり10分と想定された時間を大幅にオーバーして予約時間が死ぬほどずれ込むおそれがある

ためである。30分ごとに3人の予約を取っているのだが、最大で僕一人に1時間10分掛かったことがあった。一人に70掛かるということは、3人いると30分経っても当然終わらない。つか3人が僕一人でも終わらないのだが、要するに僕が終わって待合室に入った時、

 10人くらい待ってた・・・

なので朝イチにしてもらっているという次第なのだ。

ちなみにしゃべる内容は主に

「日本の歯科治療の現状は世界でも後進国です。世界では基本的に予防があたりまえ。日本では『痛くなってから治療する』といいます。でもここで言う『治療』は本当の意味の治療ではありません。なぜならそれは『直る』わけではないからです。歯は一旦悪くなったらもう元には戻りません。ですから悪くなる前にそれを予防する。それが正しい本当の意味での治療であるのです。悪くなる前に治療するというと言い方がおかしい感じがしますが、それは痛くなる前にその痛くなる元となる部分を無くす、『予防歯科』ということなのです。ですから、あそこにいる奥さんなんかも年に2、3回来ては「歯石」を取って行かれます。歯石を取ることで歯茎が弱くなるのを防ぐ、それが本当の意味での治療になるわけです。お子さんなんかも最近はそう。歯科検診で悪くなってからではなく、そうなる前にやるべきことをやっておく。それが大切なわけです。○○さん(僕の名前)は痛みが強く出る傾向がありますが、それは歯茎が悪くなってしまっているからなんです。歯石を取るのだってお子さんは全然痛がったりはしません。それはそうなる前に、歯茎が下がるまえに歯石を取っているからなんです。でも痛くなって神経を抜かなきゃならない状況になってしまったら、それはそれでしかたありません。でもそれは本当の意味での治療ではないんです。治療というのはあくまで直って始めて治療。ここで神経を取ってしまったらそれは直ったとは言わない。日本でも昔はコレを治療と称して「はい、痛くなりました」「はい神経を取りました、歯を抜きました」で治療と言っていた。でもそれは本当の意味での治療ではないんです。何にも直ったワケじゃない。自分の歯で一生食べていこうと思ったら、神経は絶対抜かない方がいいんです。でも最近は簡単に抜かなくなりましたけどね。それでもあんまり痛がるようだとしかたがない。神経を抜いて被せちゃうしかない。被せた歯はそれまでの歯と比べて非常にもろくなっているのです。大体5年から10年くらいしか持たない。普通の歯を大事に使っていけば一生持つのに、はい被せました、取れましたということになる。それは治療じゃあないんです。日本は本当に歯科治療に関しては後進国なんです・・・」

 こ れ が 普 通 !

でも僕はこの先生が好きなんですよね。とにかく丁寧に教えてくれるし、患者の歯のことを一番大事に考えてくれるから。つか大事なのは「患者の歯」であって「患者」じゃないところもミソです。だって痛がってたら怒り出しましたからね、こないだなんて。「もう○○さんは神経を抜くしかないかも知れません!」とか。だってしょうがないじゃん痛いんだもの・・・。

ちなみに歯科衛生士の方も最近では「美人優先」という歯医者さんが増えたようですね。この僕の行ってる歯医者さんも、今でこそアベレージは下がりましたが、昔はホント美人揃いで、タイミングよく一番キレーなおねいさんにやって貰えるとなんだか得した気になったりしました(^^;)。

ちなみに今日は「浜崎あゆみ」を細くしてちょっぴりキツくしたような歯科衛生士の方に歯石を取って貰ったのですが、何と今日はその方、

 メガネっ子!

になってました。ガン見しないようにしようとしてもピンクのメガネに目がいってしまう!メガネっ子の浜崎あゆみですよ!どうしよう!つか何しに行ってるんだよ俺は!

みなさん歯は大事にしないとダメですよ(^^)。
※ペプシ飲んでるヤツが言っても説得力はねぇぜ!

|

« ザナドゥネクスト~その後~ | トップページ | イントロクイズ~その後~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/10213028

この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者の話:

« ザナドゥネクスト~その後~ | トップページ | イントロクイズ~その後~ »