« 河村隆一~evergreen~ | トップページ | 失礼な人といい人 »

2006年6月 5日 (月)

Wiiの価格

が「25000円以上にはしない」と発表されたようですね。いつの間にか。つか正確には「25001円以上にはしない」か、もしくは「税抜き25001円以上にはしない」なのかもしれませんが、まぁ何にしてもPS3と比べたら破格の安さです。ゲームキューブが25000円と発表されたときも「安いなぁ」と思いましたが、今回のは比較対象が比較対象だけにその価格アドバンテージが異常なまでに際だちますね。

伊集院もラジオで言っていましたが、PS3はやっぱり高いですよね。個人的には6万数千円というエントリーマシンを用意するくらいなら、高い方、アメリカで100ドル増しとなる方のスペック、具体的に言えばHDDを20→60なんつーふざけた増量じゃなくて、20→2000くらいの増量で99800円コース1本にしてしまえよ、と思いました。

もちろんPS3を欲しい、という非社会人の方から見れば1円でも安いマシンを用意する意味が非常にあるとは思います。が、ぶっちゃけ6万つのは

 もう既に無理。

な領域に踏み込んでいるとも思えるんですよね。よほどゲームに理解がある家庭じゃなければ、小学生で家庭にPS3というのはありえないと思うのです。
※という言葉の延長には「中学生でもほとんどいない」「高校生なら少しはいるかも」「大学生ならバイトで何とか」と続いていく。

ということは、発売当初に買う層というのは、自分で給料をもらっていて、かつPS2で出てるようなゲームが好きな人ということになりますよね。

 そんなにいるか?そんな人。

まぁ最初はとにかく「出すこと」が重要で、そのごく一部のエッジの連中が布教するなり、羨ましがらせるなりして時間を稼ぎ、49800円、39800円と段階を追って値下げ出来る体勢を作っていく・・・そんなプランがかいま見えるようです。

しかし、正直世の中は常に動いているし、甘いモノじゃないとも思います。スペック的に例えWiiより上を行くとしても、今流れはどう考えてもそっちにあります。現に消費者の期待度も価格発表後かなり偏っているように思いますし。

 ゲームマシン、ソフトなければただの箱

という言葉は遙かな昔の言葉ではありますが、今なお続く真理でもあります。ぶっちゃけ携帯ゲーム機が今のゲーム業界の中心的存在とすら言われ、在りし日の「アーケードと家庭用の関係」がごとく、据え置き→携帯機へのダウン移植が日常茶飯事になる未来も、なんら不思議ではありません。そんな時流の中、しっかりとユーザーを捕まえることが出来るのはどんな機械なのか。どんなゲームなのか。

以下僕の幻想。

ドラクエ9がWiiで作られたりする未来はないんでしょうか。FFはスペック至上主義であり、かつ既にプロジェクトはかなりの加速を持って始動しているように思えます。が、ドラクエは(もちろん水面下では動き出しているでしょうけど)未だタイトルすら見えない。Wiiロンチに当てた外伝だけで「本編はPS3」と判断するのはあまりに早計だろうと思うわけです。

「Wiiが2台買える」

「Wii1台とDS2台買える」

そんな未来が目に浮かぶようです。

以下くだらない余談。

しばらく前になりますが、僕は2台目のGCを買いました。で、以前のGCはPCのある部屋に置きっぱなしになっているわけですが、ふとエアコンの掃除をしようと簡単な踏み台を探してる最中に目にとまったわけです。そのGCが。

例え故障しているとは言え、ゲーム機を踏み台にする、というのはゲームファンとしてあるまじき行為ではあるのですが、ふと思い出しました。

 任天堂はそういった耐久力試験もしてハードを送り出している

という話を。まぁDSライトでもそうなのかは別として、確かにGCのボディは構造上かなり頑強そうです。僕はおもむろに片足を乗せ、そのまま体重を掛けていきました・・・。すると、

 きしむ音すらしない

僕の体重はたぶんその時で65kgくらいあったはずで、試す気はありませんが、PS2が耐えられるとは正直全く思いません。PSPなんか言語道断でしょう。正直驚いたわけではありませんが、なんだか妙に嬉しくなったのです。

 「Wiiも丈夫ならいいな」

ゲーム機はそうは言ってもオモチャです。っていうかオモチャであって欲しい。デリケートなプラモを関節を気にしつつそお~っと動かして遊ぶようでは、もはやオモチャとは言えません。乱暴に扱うのが良いというつもりはさらさらありませんが、乱暴に扱っても良いという言葉はとても重い意味があります。なんつーかそんな意味でもWiiを応援したくなる今日この頃です。

|

« 河村隆一~evergreen~ | トップページ | 失礼な人といい人 »

コメント

「25000円以上にはしない。」なら、25000円は含まれないような気がしますね。
小学校の算数とかで「~以上」は「~」も含む、と教えられた気がします。正確にはやはり「25001円以上にはしない。」が正しいですか。いや、実は文章通りで、24980円あたりに決まっていたりするとか。

それにしても、これだけの価格差があると、なんとなくSFC対PCエンジンCD-ROM^2を思い起こさせるものがあります。どちらが勝ったか・・・・・。いくら子供に甘い親でも、6万もポンと出す人はかなり少ないと思われます。
それでも自分としてはFF7が出るまでのPSとサターンのような状態で、両者拮抗状態くらいになればいいかなぁとか思ってます。なんというか、どっちかが圧倒的優勢、という状態はあまり面白くないので(^^;

任天堂ハードは本当に丈夫です(ディスクシステムのゴムベルトは除く。)。
昔SFCを小遣い貯めて買い、次の日まで待てずにコッソリ夜中に起きて階段を下りようとしたところ、緊張のあまり手を滑らしてSFCを階段の頂上から下まで豪快に転げ落としてしまい、血の気が引いて自分も階段から転げ落ちそうになったけど、そのSFCは時代が変わるまで稼働し続けてくれました。
まあ箱に入っていたから当然かもしれないけど、あのときはSFCの頑丈さに本気で感謝したものです。
最初に買った据え置き機、セガSC-3000なんか、短い期間中に電源スイッチが3回も壊れました。
Wiiは・・・GCに比べると、なんとなく弱そうに思えますが、どうなりますかね。

投稿: 竜駆 | 2006年6月 6日 (火) 22時25分

ちす竜駆さん、コメントTHANXです。

>CDROM2

確かにアレは高かったですね。でもあの時のCDROMの輝き具合は、正直今のPS3の比じゃなかったことありません?僕も中古で買いましたが、あれほどハードが欲しくてでも買えなくて(ある意味根性がなかったとも言うけど)、、、。反動で本体と一緒に10本以上ゲーム買ったような気がします(笑。

サターンとPSのような関係になると確かに面白いですが、個人的にはFFとドラクエが同じ会社になっちゃった点がちとつまらないというか(^^;)、まぁ任天堂は我が道を行きますけどね。それに「何が一番なのか」が昔より随分曖昧になっている気もします。一言でドラクエFF、二言目にゼルダマリオという単純な状況じゃないですしね。

>丈夫さ

とは言っても自分のGCは結局壊れてしまったので、ディスクシステムにも言える事かも知れませんが、経年劣化しやすいパーツとそうでないパーツはありますね。ベルトやモーターはどうしてもイカれやすい。
※だから個人的にフロントローディングは嫌いです。デリケートだし、使わなくてもいいモーター使うので。

WiiにもHDDは搭載されるんですよね?個人的には大容量(2ギガくらい?)のメモリーカードで昔のゲームとかを遊べるような環境にして欲しいかなぁ。やっぱディスクメディアを内包したハードは衝撃とか凄くナーバスになんなきゃいけない気がしますからね。

ちなみに竜駆さんはWiiは買うのかしら?

投稿: クリス | 2006年6月 7日 (水) 01時45分

ども、トムニャットです。
モンハン2オンイベントである「砦」防衛というクエストをプレイしながら書いています。それくらいタルいイベントですが、この報酬がないと新たなクエに出会えないという理不尽さ。これとか、ツマラン昇段試験がなければもっとオンをオススメ出来るんですけどね~(^^;。ただ、先日に比べるとちょっとテンションが上がっています。そのツマラン昇段試験を3人ローテーションでやったとき、助っ人のかたが来てくださりまして。その助っ人さんが本当に親切な方で、3人共に試験クリアーできるまでつきあってくれたのです。夜22時から朝4時まで(^^;。おまけに弾丸の素材も無償で試験者に譲ってくださり、感謝感謝。こういう人がいる空間ならば、続けたい!と思ったわけです。正直、オンよりオフの方がACTゲーとしてずっと面白いと思うことがあるのですが、こればっかりはオンじゃないとね。

さて、最初からだいぶ話がそれてしまいましたが、PS3、無茶苦茶高いですね。いわゆる独身貴族、しかもゲーマーの自分すらそう思うのだから一般ピーポーの方々がどう思われるか。自分はかなりの確率で購入に踏み切るでしょうけど、「元が取れるか?」という不安は当日でも消えないと思います。FFは私個人としてはキラーソフトたりえないし・・・(興味はあります)。モンハンもいつ出るか分かりませんから。

一方、Wiiは安いですね。。2万5千は、ハードを普及させる上で、ある意味当然の価格設定ともいえますが、このタイミングでは安いとしか思えませんね。据え置き機のシェアの逆転は難しいでしょうが、差はだいぶ縮まるんじゃないでしょうか。

まあ、ゲーム業界に新風が吹くのはよいことです。なんだかんだいって、映像至上主義の自分にはやはりPS3のポテンシャルは魅力。どちらも頑張っていただきたいものです。

投稿: トムニャット  | 2006年6月 7日 (水) 23時54分

>トムニャットさん

ネットでのコミュニケーションの楽しさに関しては僕も多少FF11を嗜んでいたのでわかっているつもりですが、当たりはずれが激しいというか、「踏み込んで」サークルなりグループなりを形成していくことでしか見えないモノにこそそうした連帯感っていうのが増していくんだろうとは思うんですよね。でも実際そこまでウェイトを傾けるって言うのは私生活全般にも影響が出てきてしまうわけで・・・。まぁ自分がやったときはとにかく周りのプレイヤーに「あなたと一緒に出来て良かった」と口に出していって貰えるよう頑張ってました(^^)。もちろん僕がそう感じたときはしっかりと伝えつつね。

余談ですが、オンラインゲーって僕が思うに「2人同時」が軽視されているような気がします。何十人が一緒に同じ目的に向かうとか4人だ5人だというのは目にしますが、家庭用ゲーム機が遙か昔からデフォルトだった「2人」に焦点が合ったモノがないような。あ、もちろん対戦じゃないですよ。一緒に同じ目的で楽しめるようなチューニングとしてです。なんつかもっと見えてくる地平がある気がするんですけどねぇ。

>差はだいぶ縮まる

これについては昨夜改めてブログを書いたのですが、メンテに入ってしまってアップが遅れました。よろしければご感想をお聞かせ下さい。端的に言って「PS3の勝ちはない(断定)」というのが今の僕のスタンスですヨ(^^)。

ではでは!

投稿: クリス | 2006年6月 8日 (木) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/10405865

この記事へのトラックバック一覧です: Wiiの価格:

« 河村隆一~evergreen~ | トップページ | 失礼な人といい人 »