« くだらない話 | トップページ | レゴ#8288クローラークレーン~その2~ »

2006年7月13日 (木)

つよきすPS2版~その2~

Tuyops2nagomilast なごみんのルートをクリアしての感想を軽く。あ、ぶっちゃけネタバレしまくってます。のでご注意を。つか興味がない人は読まないと思うけど(^^;。

まず自分がこの作品に惚れ抜いている前提でのオハナシになってしまいますが、やはり「ぎこちなさ」は否めません。要所要所でソニーチェックに対する皮肉と取れるテキストが散見されますし、デレ期に入ってからの正直無理がある話の流れ
Tuyops2nagomimimi ※例えばPC版では乙女さんに覗かれたとき「やってる」場面では、「耳そうじ」に置き換えられていて、まぁ確かに集中する類の行動かも知れないけど(脱力)、乙女さんの声が耳に入らないという演出。もちろん「合体!?」もない。
に違和感があることは否めません。
Tuyops2nagomihuro ※お風呂に一緒に入るシーンでも「当然水着」みたいな。つか「そりゃ当然じゃねぇだろっ!」と思いっきり突っ込みたくなりましたね、はっきり言って、ソニーに。

でもだからと言って全てでNGというわけではなく、なごみんをお持ち帰りしてから寝るまでの流れは、むしろ

 PS2のシーケンスをPC版に差し込め!

と言いたいくらい良くできてました。具体的には、

なごみんを風呂に入れてからキス→
他愛ない会話→
もう遅いから寝る→
一階の乙女さんの部屋を使っていいと言う→
消灯してしばし→
なごみんが部屋に→
ベッドと床に分かれるとレオが提案→
私は一緒でもいいとなごみん→
でも俺が耐えられないとレオ→
結局分かれて寝る→
何十分か経つ→

ここでレオが話しかけたときになごみんは寝ていて、そのままその夜が終わってしまうのですが、ここであえてなごみんも起きていてエロに入っていけば完璧なのに!と思いましたね。PC版ではキスからの流れに情緒がないなぁと思っていたので。
↓※その時の動画。PS2の利点はこれを録画してPSPで見られることだね。

「tuyops2nagomi.avi」をダウンロード

あとこのシーンでなごみんがレオに告白しますが、これはPC版になかった(意図的に外していたのかも・・・)非常にウェイトの高いシーケンスだったのでこの1ボイスの為だけでも買って良かったと思いました。つか思い入れるにもほどがあるかも知れないけど。
今回あらためて最初からやってみて思ったのは、やっぱりボイスの質が高いということ。昨夜はウチの地方でもつよきすのアニメがようやっと1話放送されたのですが、それと比較して、思い入れを抜いたとしてもやはりゲーム版の声優に一歩分があるように感じました。つか土永さんがキツすぎる・・・。
※ついでなのでもう少しアニメの感想を書くと、、、

 正直絵のクオリティは思ったよりよかったと思います。でもストーリーとスクリプト、特につよきすの魅力の両輪であるところのスクリプトとボイスの質がそのまま作品全体の質に影響して「見ていて面白くない」作品になってしまっているように思いました。僕がつよきすに心を奪われた最大の理由は、

 「笑える」

からなのですが、アニメではハッキリ言って「スベりまくり」。最初から冷めてみたつもりなどないのですが、(というかゲームの時の方がずっとシビアに見てた。期待してないから)「笑わせよう」というシーンでコケてしまうともうどうしようもない。エロがどうとか絵がどうとかはもはやどうでもいいんですよ。

小説でも思いましたが、挿絵を描いている人が違うからと言って物語がつまらなくなるということはないんですよ。要は登場人物たちがそれぞれの性格通りにしゃべって動いてさえくれれば、見ている方はなんら不満はないのです。とにかく

 キャラが立ってる

作品なわけですから、あとは舞台さえ用意すればいくらでも面白い話が出てくると思いますしね。

まぁつよきすが★★★★★(満点)とするなら、アニメ版は0点というところですね。2話目はもう見ません。※でもエンディングはちょっぴりエッチでよかったのでついでに貼り付けておきます。

「animetuyoed.avi」をダウンロード

--------話を戻します。

PC版ではとにかくどのキャラでも「デレる瞬間」が一番好きなので、そこばかり繰り返しプレイしてしまっていたのですが、こうしてあらためて最初からやってみると、ホントいろんなエピソードがとても楽しくて、カニvsなごみんの掛け合いやスバル、よっぴーのボイスなんかでも再発見がいっぱいありました。なんつか「このセリフはちょっといいですよ!?」みたいな。
※まぁそう言ったサイドストーリー的にも最も質が高いと自分が感じているなごみんルートだから余計にかもしれませんが。

あ、ただ後半に集中していた追加グラフィックに関しては正直微妙かも。なんつか「徹底的に校正」してない感じがしましたね。露骨に言うと、

 「なごみんはこんな表情(かお)しない!」

と思うような。あと声も当然同じ声優がやってはいるのですが、微妙にホント微妙に違う。PC版でツンを1、デレを10としたとき、10のはずの声が微妙に9とか11とかにブレるような気がしました。そうするとなんていうか話の流れが少しよどむ感じになって、テンポが崩れるような気になりました。まぁ録音したスタジオとかも違うかもしれないし、仕方のないことなんだろうとは思いますが。

あと新キャラの近衛素奈緒ちゃんは正直ほとんど絡んでこなくて、2、3シーンで顔を出したにとどまりました。まぁ生徒会に入ってこないキャラですし、シャーク中心の体育祭はクラス全体が出る他のエピソードと違って露出させづらいというのもあったかもしれませんけど。

Tuyops2nagomionsen_1 まぁそんなこんなで現時点でのPS2版満足度は★★★☆というところでしょうかね。悪くはないけどやっぱ「水着で一緒にお風呂」とかは痛いですし。でも新セリフ自体はやっぱり全キャラ聞きたくなったのも事実なので、次のエリー&よっぴーや本命素奈緒ルート以外もプレイしようと(今は)思ってますです。
※つか久々に「ですます」で書くと結構疲れますな(^^;)。

|

« くだらない話 | トップページ | レゴ#8288クローラークレーン~その2~ »

コメント

アニメ版は主人公が間違ってるのがいけないのかな。
スタッフロールの順番だと近衛素奈緒が主人公になってるみたいだし。

関東圏では2話目も放送してるわけですが正直面白くないですね。
PS2版は~その○~がいくつまで行くか楽しみです。

投稿: きむきむ | 2006年7月13日 (木) 19時28分

いろんな事情があるのでしょうが、やはり声優を替えたことが最大の失敗理由でしょうね。原作を知らない層に訴求する気で作ったにしては原作に縛られすぎだし、原作のファンに訴求するつもりで作るのなら、声優チェンジは絶対避けなければいけなかったと思います。

主役のすげ替えは原作のレオが基本NOボイスだったのでやむなしかとも思いますが、原作をプレイしたことがないともっぱら(マイナスベクトルで)評判の監督が原作の持つ良さを理解出来ていないのは当然と言えば当然なのかもしれませんけど。

>PS2版は~その○~がいくつまで行くか楽しみです。

やられてらっしゃらない方が読んでも楽しめるのか、正直微妙だったりするんですけどねぇ(^^;)。とりあえず地味に続けたいと思います。

投稿: クリス | 2006年7月13日 (木) 21時27分

ちょっとPS2版もほしくなってきたBlueTasuです、こんばんわ。

やっぱり なごみん は良い感じですね。
会話が楽しいゲームですから、ソニー規制がかかったとはいえ、また新たなボイスが聞けるというのはちょっぴり魅力的に思えてきました。
でもお金ないしなぁ(^^;

……あと、何気に avi ファイルって見れないんですけど、どうすれば(><

投稿: BlueTasu | 2006年7月14日 (金) 02時14分

-aviファイルの詳細-
[tuyops2nagomi.avi]
AVI1.0 640x480 24Bit
DivX 5.2.1 Alpha(Dr.DivX) 29.97fps
3135f 886.27kb/s
MPEG1-LayerIII 44.10kHz 64.00kb/s CBR JointStereo/MS
[RIFF] 00:01:45 (104.60sec) / 12,756,822Bytes

[animetuyoed.avi]
AVI1.0 640x480 24Bit
DivX 5.2.1 Alpha(Dr.DivX) 29.97fps
3142f 1507.45kb/s
MPEG1-LayerIII 44.10kHz 56.00kb/s CBR JointStereo
[RIFF] 00:01:45 (104.84sec) / 20,925,790Bytes

音声はMP3みたいだから
DivXのコーデックをインストールしないと
見られないかもしれません。

投稿: きむきむ | 2006年7月14日 (金) 07時15分

BlueTasuさん、きむきむさんレスどもです。きむきむさん解説THANXです。

>BlueTasuさん

さすがに「PS2版も買え!」と言えるほどの出来だとは言いづらいですが、思い入れが未だ上り調子なら買って損はないかと思います。強いて言えば「売る前提」ならより○。というところでしょうか。PC版PS2版ともにシナジーでそれぞれの中古価格が安定もしくは上昇しるようですから、それほど多くの出費なく遊べるかも知れません。ちなみにこれはBlueTasuさんが「売る気がない」人だということを承知の上で書いてます(^^;)。要は

 売ればかなり返ってくる

という保険を糧にする話ですね(笑。

ちなみに全部の「おいしいところ」をブログに貼り付けてしまうと、さすがにメーカーさんはツライでしょうから、一応PC版のキャラは貼っていこうとは思っていますが、新キャラの素奈緒はテキストのみのレビューに止めようと思っています。
※まぁプロローグ内の1カットは貼っちゃったけど。

BlueTasuさん以外で僕のブログを読んだ方がPS2版なりPC版なりをやってもらえたらいいな、という期待を込めて、というところですかね(^^)。

>aviファイルが見れない

に関しましてはきむきむさんにご指摘いただいたようにコーデックが不足している可能性が非常に高いです。これに関しては貼り付けたいファイルもあったので、ブログの方で少々解説いたします。

投稿: クリス | 2006年7月14日 (金) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/10913296

この記事へのトラックバック一覧です: つよきすPS2版~その2~:

« くだらない話 | トップページ | レゴ#8288クローラークレーン~その2~ »