« まだ持ってない人向けPSP解説 | トップページ | つよきすノベル「すなおにハイテンション!」その2 »

2006年8月15日 (火)

極魔界村

Gokumakatitle 仕事がひけてから最寄りのショップに行き普通に購入。まぁさすがに中古はなかったが、並んでる棚のほぼ全てのソフトが我が家のPSPで稼働するかと思うと見る目にも光が宿るというものよ。とは言ってもそんなに際限なくお財布から金銀財宝が沸いて出るわけでもないから、とりあえず目的のブツだけで帰路につく。

早速マシンを起動。つかみんなもそうだと思うけど、PSPってあんまし電源落とさないよね?とりあえずサスペンドにしておくというか、たまに調子が悪くてフリーズするくらいで基本入れっぱなし。まぁ頻繁に充電してるから電池切れってほとんど経験ないし、最悪充電池が悪くなったらそれも店で売ってるし→DSのは売ってないんだよな。
※でも使い始めた頃はあまりにも電源落とさないもんだから、メニューのバックカラーがずっと変わらず、ある日唐突に変わったときは「なんかマズいことでも起こる予兆か!?」などとひとりで焦ってたもんだった。

さて、魔界村である。既に人づてにその恐怖は耳にしている。「1面クリアするのに5年掛かった」とか「レッドアリーマーは会っただけで死ぬ」とか「今回は全5周エンド」だとか「アーケードモードクリアがトムの次のミッションに選ばれた」とか。

ここでまず僕の魔界村遍歴を少々紹介したい。と言ってもそれほどヘビーなもんじゃない。初代の頃はゲーセンに通う生活じゃなかったし、ファミコン版は2面のブタビルが超えられなくてあっさり挫折(つかまぁ借り物だったから魂入らなかったし)、アーケード「大」の頃も友人が結構な入れ込みをしつつもどっちかってぇと家庭用な人間だったし、強いて言えば中古でメガドライブを買った日にまとめて購入したソフトの中には入っていて、なんだかんだ言って1周エンドまではやったけど結局2周やる気力が沸かずに裏技を探してステージセレクトでラスボスだけ倒したり、それでいてスーファミ発売前のラインナップでは超魔界村がスゲェキラー指数で猛烈入れ込んで購入&初日3面中盤で撃沈&以降毎日1面ずつ進行しつつ最終的にクリアまでやったりした。

つか魔界村は基本学習ゲー。乱数要素も少なくはないが、ある程度「死ねば」それが身に付いてくる。もちろんただ漫然とプレイしていてはそれも叶わず、心構えとして常に「どうすればいいのか」「どうすれば死なずにここを抜けられるのか」を考えながらプレイしなければならない。操作性は大魔界村以降かなり洗練され、様々なフィーチャーを織り込みつつも操作していて不快感を催すと言うことはなくなった。効果音関係もとても心地よく、ヤリならヤリの、ナイフならナイフの「撃ち心地」があり、連打したら連打しただけ手応えがある、そんなアクションゲームらしいアクションゲームだったと言えると思う。

魔界村の番外編は、「魔界島」「謎魔界村」というイレギュラーなパズルを除いてはやはり「レッドアリーマー」が挙げられる。GB、FC、SFCと結構なハードでリリースされたそれはアーサーの宿敵レッドアリーマーを主役と据えた魔界を舞台にしたサブストーリー。と言っても難度的にはRPG風に仕上げられている分「逃げ道があるように見えなくもない」が、実際は結構難しい。っていうか当時は全部クリアしながら生きてきたつもりだが、先日久々にやったらSFC版が全然先に進めなかった。つかスキルというのは安易に低下するものよのぉ。遠い目をした瞬間である。

そうした番外編を挟みつつもロックマンほど裾野を広げきれなかったのはやはりその難度の高さゆえだろう。魔界村は言うなれば「固い食べ物」。時代は柔らかく食べやすい飲み込みやすいものに流れている。昔のように「何度も噛まなければ食べられない」物はもはや「悪」。肉だろうと野菜だろうと柔らかく瑞々しい、「人に優しい」ものが「正義」という世の中になったのだ。

しかし本当にそれは悪なのか。いやそんなはずはない。つかこないだテレビでやってたことの受け売りであるからしてそう偉そうに構えるのもどうかと思うが、「固いものからしか得られないこと」はたくさんあるのだ。強いアゴが強い体を育てるように、本物の魔界村は本物のプレイヤーを育てる。厳しさの果てにしか見えない遙かな地平を僕らは魔界村を触媒にして手にすることが出来るのだ。

 「まぁ死んだね」

つか普通に死んだ。1面中盤にいる柱から魂みたいなの吐いてくる敵いるじゃん、つかやったことがない人向きに説明するなら、「マリオで言うと初めてノコノコが出てくるあたり」と言うか、それじゃ全然わからない上にマリオと魔界村じゃ層が違いすぎるので大魔界村で例えようと思ったけどすっかりマップを忘れているので強引にモンスターハンター2DOSで例えてみると「最初にヤオザミが出るくらいの距離」とでもしておこうか。まぁそのくらいの距離に出るちょっぴり固めな雑魚がいるわけさね、

 そいつ倒すのに1時間くらい掛かった

つか学べよオレっ!あ、「オレットンバ!」は極魔作った藤原得郎さんの作品ね。つかその話は以前もしたっていうかまぁここは「デジャビュかな?」と軽く流すところ。気にするな。
とにかく同じような失敗で死ぬ。「ここで飛ぶなオレ!」「ここで飛べよオレ!」「ここで撃つなオレ!」「しゃがめよオレ!」「しゃがむなオレ!」「よく見ろオレ!」「泣くなオレ!」

自分が悪いというのがこうも突きつけられるゲームはそうないんじゃないかというくらい突きつけられるね。とにかくゲームは悪くない。難しいけど理不尽じゃない。理不尽に見えるのは

 「オマエの目が悪いからだ!喝ぁ~つ!」

そう奴らは別に気紛れで動いているわけじゃない。それぞれに毎日の暮らしがあって朝起きて歯を磨き顔を洗ってアーサーを倒しに来てるのだ。何も好きでやってるわけじゃない仕事だから仕方なくやってるのだ、それを何だ、ちょっと自分の根性がないのを棚に上げて、それでいいと思ってるのか、反省しろ反省!いや反省だけじゃだめだ、学習しろ学習!つか

 「学べよオレ!」

である。とにかく死ぬのはわかったから、どうすりゃ死なずに済むのかあわてず騒がず冷静に対処しろ。さすれば道は開かれる。

武器は今回もナイフ必須。っていうか基本ナイフ。ベースナイフ。デフォルトナイフ。ナナナナナナイティアッ!ナイフである(急に冷え込んできたな)。でもこれにはワケがある。それは、

 PSPは横に長い

だから2連射、もしくは1連射の武器だと悲しいほど弾切れ
※撃った後その弾が消えるまでは次の弾が撃てなくなる状態。
する。障害物が多いマップであればそれは全く様相を異にするが、1面のように開けた空間ではまさに地獄。つかいろんな武器があるなぁとほとほと感心する。なんでムチなんだよっと突っ込みたくもなったが、剣よりはマシか。つか爆弾と炎って二つ用意する必要があったんだろうか。謎。さすが魔界村、謎も盛りだくさんである。っていうか冷静に考えると過去の魔界村には謎なんてものはほとんどなかったな、「さすが」は全く見当はずれなコメントと言えよう。

そんなわけでナイフ以外ナイフ!(だから刺すな)で、いろんな所にいろんなものが隠れてるっぽい気配も濃厚。パワーアップとか盾とかあまつさえワープとかも出来ちゃうんだよっ!?っていうかコレ読んでる人はすべからく魔界村経験者だと思っていいんでしょうか。先輩、僕は大丈夫なんでしょうか!

個人的には足が速くなる鎧にウットリ。でもウットリしてるとすぐ食らって即ゲンナリ。次にウットリするためにはぶっちゃけ死んでまた最初からやった方がむしろ早い事実。でもそれじゃいつまで経っても先に進めないからウットリするのはとりあえず保留にしつつ少しでもがんばって先に進める努力をする。結果、

 2時間掛からず1面クリア!

偉いオレ!凄いオレ!早い!?オレ!っていうか超魔界村より絶対時間掛かってるね。まぁ別にいいけどさ。それだけタップリ楽しめてるってことだし。っていうかこれ1面クリアするまでセーブファイルすら作れないんだよね。立ち上げるたびに「データがねえぞオラ悟空!」と言われ続けて正直

 「思わずイージーでセーブするところまでやってしまいましたっ!」

ああこれを「告る」という。あれほどイージーには手を出しちゃダメってママンに言われてたのに・・・。でもこれも大人になるための大切なステップ。仕方のないことなんです。彼は悪くない。悪いのは私・・・。

で、まぁ何とかアーケードでも1面クリアしてセーブ。つかセーブすると残機とか武器の種類とかもセーブされるんだね。鎧は剥がれてから装備してのクリアだったからわかんないけど、もしかしたらこれもセーブされるのかな。だったら「足早くん」の状態でセーブするまでがんばってみたいかも。
※っていうかセーブ出来て良かったよマジで。この難度で「一気にクリア必須」だったら「極」なんて表現じゃ生ぬるいもんな。そうさなぁ、、、「セーブ不可魔界村」が怖いかな、タイトルとして。あとは「1クレジット魔界村」とか「1機で2周しなきゃダメ魔界村」とか。怖すぎる・・・考えただけで血涙が枯れるまで流れそうだし。

2面はまだあんましやってないんだけど、なんつか謎っぽい?わかんないことがありそうっぽい?つかあの宝箱取れないっぽい?みたいな。何か特定のアイテムを後半面で取ってからまた来るんだろうか。っていうかその面に来るためには必要なワープを開けとかなきゃダメなんちゃうん?いやこの難度でそこまでアコギな袋小路はないだろうし、、、。でもまぁ考えたって始まらないからとりあえず、ブログでも書こうかな(^^)。

Gokumaka1 ・・・実はブログを一通り書いたあと、地味に写真にチャレンジしてた。BlueTasuさんが「上手く撮れねぇよ姉ちゃん、、、」と泣いていたので、助け船的にアドバイスをしたりしたのだが、言ってる本人も実際にやってみるべしと思った次第。で、とりあえず左が今の時点での限界。

まず撮るのが自分だから動かせない。よってボスが登場するときに併せてほったらかしである。次に部屋は真っ暗、豆球も消す。カメラのシャッタースピードは1/20秒。1/10でもやってみたけど結構ブレが目立った。ただ、この短さだとシャープには撮れる反面シャープすぎるきらいもあった(ドット的というより光を拾い損ねる感じ?)。とりあえず絵的にはほとんど手を加えず自動補正のみ。自動的にサイズ補正されなければ結構綺麗に見えると思うんだけど、、、どうかな。

※ちなみにタイトル画面は1/5秒で撮ったモノ。ボヤケが少し目立つでしょ?カメラは以前ブログでも書いたけどパナのFZ5です。

|

« まだ持ってない人向けPSP解説 | トップページ | つよきすノベル「すなおにハイテンション!」その2 »

コメント

こんにちわ、クリスさん。トムニャットです。
先週木曜から夏休みスタートのはずが、客先対応で金曜まで出勤、ようやく休みに入って近所のプールに泳ぎに行くかと勇んで出かけた途端、買って一ヶ月のSH902isを水没、完全大破。とりあえず、今年の夏は終わったな、気分的に、てなもんです(^^;。まぁ、もともとたいした計画をしていた訳でもないので、結局本日に至るまでゲームばっかりです。

極魔界村、動かせる環境を得られたとのことで何よりです。当シリーズ体験済みの方の感想が聞けるのは、うれしいもんです。単に難しいというコメントで終わりませんからね(^^)。

とりあえず、1-1の目玉柱で1時間消化はデフォですね(^^;。でもそこから2時間かからずクリアーというのは負けました!自分、計ってはいなかったけど、はしごをUP・DOWNする地点を越えられずにもっともっと苦しんだと思います。一番最弱のザコが何であれほどまでに強く、嫌らしいのか・・・。
クリスさんはもう2-1には到達されましたか?1-2でも「極まってるぜ、このゲーム!」と絶叫ものだったのに、2-1といったら「これって最終面だよね?恒例の全体MAPだとまだ1/4地点に見えるけど、目の錯覚かなんかだよね?ね?」と錯乱したくなるほどの超絶難度。正直、一生越えられないかと絶望しましたよ。なんとか自分は先ほど越えましたがマグレみたいなもので、いったいどれほどのユーザーがここで挫折するのやら。新規ユーザーはこの難度に対してどんな思いを抱くのでしょう。
しかしシリーズファンにとっては、「次はどれだけ極悪な展開が待っているのやら」と少々マゾ的な楽しみがあります。とにかく、死んで覚えることの居心地の良さ。自分の脳内で「次はどうすれば死なない?!」と思考が駆けめぐるのが分かります。ホントにすぐ死ぬので頭が休まる暇がないです。
それにしても、ここまで「魔界村な」新作が今になって、PSPで登場するとは。正直、もっとヌルくなると予想していたのですけどね(^^;。

投稿: トムニャット | 2006年8月15日 (火) 21時27分

極の夏がクリスさんにも来ましたね、BlueTasuです、こんばんわ。相も変わらず眠いです……。

2時間は凄いですね。私はエリア1をクリアするのに8時間くらいだから……最初のセーブができる1-2をクリアするのには単純計算で4時間くらいになりますね。
つか、トムニャットさんの仰るとおり、2-1からさらに極まってきてもう泣きそうです。
「学べよオレ!」 何度も絶叫してるんですが、一向に進めません。
エリア2、全体マップの1/4くらいにしてもう挫折してますよ。
これ、本当にクリアできるんだろうか……。

クリスさんのエリア2奮闘日記でも参考にさせていただきますんで、攻略の方よろしくお願いします。(人任せ

つか、

>「上手く撮れねぇよ姉ちゃん、、、」



こんなこと言ってねぇっ!!!
合ってるのは最初の8文字までだよ!!!
どうも私とクリスさんとの会話は歪曲して伝わっているような気がしてならない今日この頃です……。

投稿: BlueTasu | 2006年8月16日 (水) 01時19分

ちすトムニャットさん、BlueTasuさん、クリスです。先ほどまでブログを書いていたのでこんな時間に!っていうかお返事の内容が薄いのはブログにその部分をごっそり書いたから、と受け取って貰えたら幸いに存じますデス(^^;)。

>トムニャットさん

携帯落とすってマジ凹みますよね。自分も普通にポケットから下に落ちるだけで「ギクリッ(汗」って感じですからね。
※PSP落としたときのがもっとギクったけど(^^;)
なんつかこの反省を未来に活かす方向で上を向いて歩くしかないですね。涙がこぼれないように。

つか「柱1時間デフォ」は嬉しいというかホッとしますねぇ(^^)。みんなそうなのかな、と。でも結局あのガイコツ魔法使いみたいなヤツが1面のボスだと思っていた自分が情けないやら恥ずかしいやら。でも一応1面クリアまでの時間で言えば3時間は掛かってないはず・・・です(^^;)。今日は1時間くらいで1-2から1面ボスまでクリア出来たし。ってえばるような事じゃないですけどね。っていうか明日は1面からやり直しかなぁとも思ってたり。とにかく残機を減らしすぎ。基本コンティニューナシで進みたいと(今は)思ってますからね。

2面はまだ全く見てもいません!っていうか明日もたぶん見られないかも(^^;。だって2機しか残ってないんですよ!?それじゃダメでしょ。っていうかこのゲーム一番嫌いなのが

 GAMEOVERの画面

あのスキップ出来ない時間が異常にイラつきます。だから残機ゼロになった時点でロードするプレイになる。となると残機2はきつすぎる、というワケなのです。っていうかみんなはイラつかないのかなぁあの画面。唯一の汚点だと思いますよ。

まぁ「ヌルさ」に関してはそうですね確かに。でもR-TYPEデルタがそうであったように(ファイナルと言えないのが悲しい)簡単にするところはする、しないところはしないで良いのではないでしょうか。だって得郎さんが作ってるんですもの(^^)。

>BlueTasuさん

「フフッ」と鼻で笑ってイイですか?僕だけじゃなくてBlueTasuさんもミスってる。

>最初のセーブができる1-2をクリアするのには

最初にセーブ出来るのは1-1クリアですよね?よかった。僕だけじゃなくて(^^)。っていうか「1面クリア」って言いたくなるでしょ!このムズさは!!っていうか自分1-2の方がむしろ1-1より簡単だったかも。っていうかすぐクリアする方に行っちゃったってのと、慣れてきてるってのもありましたからね。でもランダム発生雑魚が少ないからパターンを学習しやすかったというのが一番大きいかも。

でもトムニャットさんもおっしゃってましたが2面はホントに難しそうですね。なんだかスゴイ勢いで心を折りにかかってるのが目に浮かぶようです。ってこれは楽しみだ、ということを言ってるんですよ、念のため。

とりあえず奮戦記はテンション次第ってところですね。なにせ気まぐれなヤツですから・・・。


>こんなこと言ってねぇっ!!!

(^^)。そう?そうかな?ホントにホント?確かに聞こえたような気がしたのですが、、(笑。でも写真はどうですか?結構綺麗に(少なくとも昨日のは)撮れてたと思うのですが。今日のはさすがに疲れてたから10枚くらいからチョイスしてヨシにしてしまいました。っていうかさすがに被写体が動きまくってると1/20秒でもブレますね。コレばっかりは仕方ないところです。

ではでは!

投稿: クリス | 2006年8月16日 (水) 04時44分

今日は祈ちゃんの誕生日ですな、と割とどうでも良い出だしですいません、BlueTasuです、こんにちわ。今日は会社がようやく休み。朝からクリスさんを引き離すために頑張ってますよ!
……夜はレイトショウに連れて行かないと、だけど。

>最初にセーブ出来るのは1-1クリアですよね?
違います。1-2です。
詳しくは公式HPの ステージ紹介 を見てください。
だからクリスさんがその2で書いているところは 1-3ですね。
蛇を倒したところからが1-4だと思いますよ。
どこらへんが境界線なのか、私にもイマイチよくわからないんですけどね……。

>画像
綺麗に撮れてますよね。デジカメを買う予定はないので、私は携帯カメラで頑張るしかないですなぁ……。

>ビームボウガン
散弾クロスボウ、ですね。これも詳しくは公式HPをみませぅ。
つか、細かい突っ込みばっかりだな(^^;
これかなり使い勝手良いですよ。
1ステージのボスにも吐いて来る炎の斜線から外れたままで上攻撃で攻撃当たりますしね。


んでは、今から2-1攻略に入ります。
まだ半分も行ってないんだよなぁ……クリアできるんだろうか。

投稿: BlueTasu | 2006年8月16日 (水) 12時04分

どもです。微妙に揚げ足の取り合いな感もあるのですが・・・

>>最初にセーブ出来るのは1-1クリアですよね?
>違います。1-2です。
>詳しくは公式HPの ステージ紹介 を見てください。
>だからクリスさんがその2で書いているところは 1-3ですね。

このページで1~4まで番号が振られているのは、ステージナンバーではなく、単なる紹介だと思いますよ。ゲーム中にポーズすると「1-2」って表示されますから。
※それに2-1開始時のセーブと1-2開始時のセーブ表示が、「2-1はこれからその面」で「1-2はクリアしたのがその面」というような差はないと思いますし。

あとこれは単なる勘違いだと言うか、乱数要素も絡むのですが、

>>ビームボウガン
>散弾クロスボウ、ですね。これも詳しくは公式HPをみませぅ。

散弾クロスボウは僕の言う「三方向」のことで、ビームボウガンは公式ではまだ公開されていません。ゲーム中に取るとわかるのですが、弾は一つしか出ず、炎をまとってるような感じです。

1-2の最初の谷を越えてすぐのスイッチで上空に発生する宝箱を2段ジャンプで壊してみて下さい。たまに出ると思いますよ。蒼い炎付きボウガン。
※以前取った時はもしかしたらイージーだったかも知れません。
でもこれ、まだ取れないんだよな(^^;)。足場が足りないか、全く別の移動方法があるのか・・・。

今日はまだ1-2を再プレイですね。何とか死なずにクリアしたいところです(^^)。
ではでは!

投稿: クリス | 2006年8月16日 (水) 14時13分

どうやっても2-1が越せません。もう5時間は経つのですが……いい加減目が疲れました。
あ、BlueTasuです、たびたびすいません。

>揚げ足の取り合いな感
あー……ホントだ。公式HPが正しいと思い込んでスタートボタンのところは知りませんでしたわ。
ためになりました。勘違い、申し訳ない。

2-1、完全にハマってしまいましたね。もうイヤらしいことこのうえないし、2-2へ行くために守っている最後のボスがね、もう最悪なんで……。
私は2-1も1-2でとった散弾ボウガンを愛用しています。
5方向にパワーアップすると強いしね。
維持できれば、ですけど……。
1-2も散弾ボウガンだと楽ですよ。お試しアレ。

投稿: BlueTasu | 2006年8月16日 (水) 17時52分

ちすBlueTasuさん、例のブツ、本日無事到着いたしました。ありがとうございます。じっくり読ませて頂きますね(^^)。形はどうあれキリが付いたらつよきすPS2と一緒にお送りします。しばしのお待ちを・・・。

しかし2-1ムズいですねぇ。最初に玉と魔法使いとガイコツが出てくるところ行った時なんかは、

 「コレをどうしろっての?マジで。」

って画面に語りかけてましたからね。でもそこも何とか抜けられてもトロルの挟み撃ちやら足場の悪い中をのこぎりかわしながら進まなきゃならなかったり・・・。つかトムニャットさんよくクリアしたな、こんなとこ(^^;)。

っていうかそもそもこの先にまだ中ボスが待ってるんですよね?それも怖いですね。なんつか

 「そこまでは余裕で抜けられるようになれよレオ」

って笑顔で乙女さんに言われてるような感じです(笑。

まぁじっくり進めていきますよ(^^)。まずはダブルトロルのノーダメージ回避を学習したいところですね。

ではでは!

投稿: クリス | 2006年8月17日 (木) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/11441819

この記事へのトラックバック一覧です: 極魔界村:

« まだ持ってない人向けPSP解説 | トップページ | つよきすノベル「すなおにハイテンション!」その2 »