« 夏の家族旅行~その1「時雨殿」~ | トップページ | 地球防衛軍X! »

2006年8月27日 (日)

夏の家族旅行~その2「海洋堂フィギュアミュージアム」~

第一の目的地は時雨殿であったが、宿泊地は滋賀県長浜。かみさんが言うには近辺に僕の好きそうな博物館があるという。まぁぶっちゃけ先日見た海洋堂の博物館があるという。少々の右往左往の末たどり着くと、そこはかなり大規模な食玩おみやげ売り場。っていうか海洋堂ってどこが本部なの?って気もしないでもないが、さすがの充実度。リボルテックなんざ腐るほど置いてあったし、ガシャやら箱モノやらも大量。
※ガシャでユニークなのは「2個イチ交換OK」の立て札。なるほどさすがヘビーユースという感じだ。

Kaiyodomap ちなみにここは商店街の中でもかなりの人通りのある建物で、同じ建物にオルゴール屋や万華鏡といった「ひとひねり」されたモノも売られていた。そこでなかなか楽しいウィンドウショッピングをしていると、どこからともなく耳覚えのあるメロディが聞こえてくるではないか。

 「うーんとこれは、、、えーと、、、ラピュタか!」

ラピュタのテーマがオルゴールの音色で奏でられる先に目をやると「ジブリのショップ(仮名)」が。っていうかここがあんまりにも充実していてファンとしてはマジタマラナイ感じ。思わずいっぱい写真に収めて来たので、順に紹介しちゃう。つかこういうのが嫌いな人には今日はツライかも。

Kaiyodonekobas ●猫バス蚊取り線香入れ
スゲェカワイイ!陶器で出来てて3990円だったかな。つか蚊取り線香入れてホントに使っちゃったら色がくすんで悲しくなることウケアイだろうと思ったけど、口とか窓とかから煙が出てくる雰囲気を想像すると妙にマッチしてる気もしないでもない。なんつかコレ一つでいきなりトトロな雰囲気が出そうな逸品だと思った。ちなみに姉妹品でトトロの形したやつもあったけど、そっちはハートに来なかったので写真は撮ってない。つか全部一枚撮りだったのでピンボケしてるのも(これもだけど)結構あって悲しい。まぁ大目に見て下され。

Kaiyodototoro10 ●トトロ植木鉢
これも猛烈カワイイ!つか自分は36歳男子なんだけど結構カワイイものが好きだったりする。っていうか「カワイイという感性を失いたくない、世間一般がカワイイと感じるものを普通にカワイイと感じ続けていたい」と常に思ったりもしている。コレなんかは「めい」がとってもファンシーな感じでGJ!だと思うがどうか!?

Kaiyodototoro11 ●トトロ流水置物
水を入れセンサーに反応するとオブジェの中を循環しつつメロディが鳴る。トトロ版じゃないやつは僕の仕入れ先でもよく見かけるがさすがにトトロというだけでかなりのバリューアップな感じ。ディティールも凝っていてハイソサエティなご家庭の玄関脇にある靴箱の上なんぞに置いてあるといい感じに来客が笑顔になるアイテムと見た!

Kaiyodototoro9 ●まっくろくろすけバッジ
ただの毛玉に目玉を付けただけのものなのに、長男が激反応。でもスルーしてしまいました。なんつかこれで399円は高いだろう!って気もするんだけど、この店の雰囲気に飲まれたが最後ついつい2、3点手に持ってる人がいっぱいいました。まぁこれを手に取ったかどうかは別として。

Kaiyodototoro6 ●トトロオルゴール
回転するオブジェ型オルゴール。メロディは「となりのトトロ」。めいの顔が良くできてるし、裏側も見えるオルゴールだけにしっかり作り込まれてるところも好感。でもコレに限らずこういうオブジェは楽しんで作ってるんだろうって凄く思いますね。だって出来がいいもの。

Kaiyodototoro ●トトロ一輪挿し
トイレの窓際とかに置いてあると雰囲気バッチリな感じの一輪挿し。汚れも目立ちにくい落ち着いた色目で、木の実やまっくろくろすけもキュート。っていうかこういうのはごちゃごちゃありすぎるとダメだけど、数点家を飾るアイテムとしては別に経年劣化するわけでもないし、案外安い買い物になるのかなぁとも思った。つかトトロなんて作られたの20年近く前だしね。

Kaiyodorobot ●ロボット兵テープカッター
ラピュタのロボット兵をモチーフにしたテープカッター。スゲェイカスッ!コケとか超雰囲気!ぶっちゃけマジで欲しかったけど2900円くらいしたような気がする。つか落としたら絶対壊れるし、テープカッターはよく落としちゃうモノなので、怖くて使えない。つかピンボケスマン。かなりハートに来たアイテム。

Kaiyodonausika ●王蟲プランター
正しくはプランターじゃないかもしれないが、中でカイワレみたいな植物を育てるというもの。半透明なボディの中にうごめく緑の植物、顔を出して成長していく様はなんつか「腐海が浸食しているんだわ・・・」と思わず口をついて出そうな感じ。僕的には中途半端に色を塗って電飾したりしたくなるね。

----------

他にもストラップやらノート、ぬいぐるみ、リース、なんだかいっぱい置いてありました。僕は「ジブリ美術館」に行ったことがないので正直そっちのが充実してるってことはあるかも知れないけど、まぁ東京より滋賀のが近いって人も多いでしょうから、選択肢としては有りかなぁと思います。つか「トトロが嫌い」って人は正直僕は一度も会ったことがないので、100人中97人くらいは楽しめるショップになってると思いましたヨ。

Kaiyodocoin で、本題の海洋堂ミュージアムですが、大人300円子供200円くらいで、子供には買うと300円とかしそうなティラノサウルスの未塗装箱入りフィギュアをくれます。で大人子供問わずコインを1枚くれて、中にあるガシャガシャが出来たりもする。と言ってもそのガシャで出てくるのは←この写真の3種、それも未塗装状態だったりするので、さほど魅力はないのかもしれませんが。
※ちなみに我が家では4枚回して無事コンプ。っていうかドラゴン4個かペンギン4匹の方がむしろ良かったような気もしないでもないけど。

面積的にはそれほど規模の大きな建物ではありませんし、メインはチョコエッグを代表とする食玩なので、正直普通にディスプレイされているものに関しては自分が集めていないこともあってさほどでもありませんでした。が、中には結構ヒネリが加わってるものもあって、それは結構にやり。いくつかご紹介したいと思います。

KaiyodobelKaiyodobelmini_1   ●入り口にあるベルダンディとそのちっちゃいヤツ
3人の女神が階段脇に神々しく立ってます。左はスケールにして1/1.3くらい?ほとんど人間と同じくらいの大きさで、右のは高さ15cm~20cmくらいのフィギュアです。つか左の写真は光の加減もあるけどまるでアニメみたいですな。

Kaiyodochoko ●チョコエッグより
ベランダから臨む懐かしい風景のジオラマ。レジンの池にいる鯉がとってもいい感じ。どこまでが食玩なのかわからないけど、座布団や蚊取り線香もいい味出してます。作り手がいるからこそ出来る「ならでは」なジオラマと言えるでしょうな。

Kaiyododiorama ●チョコエッグより?その2
女の子以外微妙なは虫類と両生類で構成されたリゾートジオラマ。個々のパーツはさほどディティールが凝ってるわけじゃないんだけど、見せ方が上手いから結果としてかなりまとまりが出てる感じ。良く見ると女の子の水着がつよきすの素奈緒の水着と似てる・・・。

Kaiyodoeva ●エヴァ
入り口に普通にディスプレイされていたエヴァ。かなりかっこよかったんだけど、微妙に高いところにあってじっくり見るというわけにはいかなかった・・・。個人的にはやっぱりエヴァは覚醒してるときがイカスと思うのだが、どう?

Kaiyodolupin ●ルパン
これも入り口に普通にあった。たぶんリペイントされたものだと思うけど、正直このクラスの塗りがされたルパンにお目に掛かったことはこれまでになく、一緒に並んでいた不二子と五右衛門には目もくれずずっと見てた。似てるというより上手いという感じかもしれないけど、こんだけ塗れたら楽しいだろうなぁって思う。

Kaiyodonisin ●ニシン
いったいいくつ使ってるんだ!?という鰊の群れ。ちなみに写真は1周だけどホントはこの柱を2、3周してる。メーカーならではな力業。ペンギンとか犬とかはよく見るけど、ここまでの大量となるとなかなかない。ちなみに旅行中に言った水族館で同じような光景も目の当たりにしたりして、思わず「似てるじゃん!」って口ついて出た。

Kaiyodotirano ●ティラノ
こういうのはもう感性に寄るところが大きいからなんとも言えないかも知れないけど、全長50cmくらいのフィギュアとしてかなりハートに来たんだから仕方がない。チョコラザウルスくらいの大きさでは語れないディティール、かと言って自然史博物館の大型標本模型とは違う細やかさ。こういうのをセンスというんだろうな。

Kaiyodosinchan ●クレヨンしんちゃん
300円ガシャのヴィネットなんだけど、自分的には一二を争うほどハートに来た。とにかくその作品の魅力を十二分に伝えきったアイテム構成とレイアウト、造詣技術。そのどれを取っても素晴らしく、思わず入り口で回してしまいました。
※一番欲しかったのが「温泉わくわく大決戦」でそれが出たのでよしとしましたが、今見ると「モーレツオトナ帝国」や「嵐を呼ぶジャングル」もかなり最高ですね。見えないところにはミサエとか猿とかも作られていたりします。ホントスゴイですよ、コレは。劇場版クレしんファンにはホントたまらない逸品だと思います。

Kaiyododoragon3 ●ヤマカツのドラゴン
社長の趣味なのかドラゴンを集めたエリアがあって、そこに陳列してあったモノの一つ。カッコイイかどうかは好みにも寄りますが、最近は版権ものばっかりでこういうオリジナリティあふれる造詣はあまり見かけないなぁと思ったので撮ってみました。現物は結構大きくて30cmくらいあります。

Kaiyododoragon2 ●世界のドラゴン
と称して社長が集めたらしいものの一つ。写真がピンボケだったのでかなりきつくシャープマスクしてしまいましたが、上手く造詣が伝わるかしら。正しくは何という生き物なのかわかりませんが、女神転生で「ランダ」とかってこんなじゃなかったかなぁとか思ったり。顔の作りにはかなりウットリです。

Kaiyododoragon ●ヤマタノオロチ
もしかしたらホビー誌でも見たことがあったかも知れないけど非常に目立たないところにこっそりと置いてあったにもかかわらず、スゲェ迫力で僕的に一番キた作品。どの首も手が抜かれてなくて、気合いの仕事が細部にまで魂を宿してます。つかスゲェ。こういうのが生で見られるだけでも、完成品系の博物館、ショウウィンドウの価値があるなぁと思いますね。

-----------

なにが言いたいかってとにかく「写真が自由に撮れるというのはいい!」と言うこと。そもそも商品ベースだからこうして写真を撮り、ネットで告知する=宣伝にもなるのはわかっているんだけど、それが前回の豊橋美術館では出来なかっただけに凄く嬉しかったですね。
※まぁ後から編集する面倒くささはあるけど(^^;)。

豊橋の方であったようなライダーやウルトラ、ゴジラ、ガメラ、ファイブスターなんかはほとんどなくて、ほとんどが食玩とガシャだったのが残念ではありますが、半径100kmくらいのところに住んでる人でホビー誌を買ったことがあるような人なら行く価値はあると思います。僕的にはかなり満足しまして、評価は★★★★☆(9/10)というところですね(笑。

Kaiyodomoonあ、一応女の子もいました、ってことで←これを貼り付けておきます。 え?ホントはもっとローアングルから撮るべきだろう!って?さすがに家族と一緒に来てそれは出来ませんでした(^^;)。

|

« 夏の家族旅行~その1「時雨殿」~ | トップページ | 地球防衛軍X! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/11621947

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の家族旅行~その2「海洋堂フィギュアミュージアム」~:

» ドラゴンボールZ/DRAGON BALL Z DVD/ビデオ DRAGON BALL Z 第7巻 [ドラゴンボール@完全攻略]
全宇宙を揺るがすZ旋風来襲!! TVシリーズ「ドラゴンボールZ」DVD 全49巻リリース開始!! シリーズ放映11年、平均視聴率20%超!今なお新たなファンを 獲得し続ける伝説のアニメーションがついに単巻DVD初登場! [ストーリー] ついに神様(ピッコロ)の秘密の一部があきらかに。 ナメック星人・龍族の天才児だったカタッツの息子、 それが神様(ピッコロ)だったのだ! ユンザビット高地に�... [続きを読む]

受信: 2006年8月30日 (水) 13時47分

» 機動戦士ガンダム MG 1/100 MS-06R ザクII 黒い三連星仕様 [機動戦士ガンダム@パーフェクト攻略]
ルウム戦役でその名を轟かせたジオンの誇る特務小隊「黒い三連星」。 ガイア中尉・オルテガ少尉・マッシュ少尉らに新たに配備されたのが このMS-06R-1Aである。 脚部・背部の推進力強化はこれまで以上の高速戦闘を可能にし、 彼らの代名詞である「ジェットストリームアタック」を はじめとした三位一体の連携にも更に磨きをかける事となる。 射撃のガイア、格闘戦のマッシュ、オールラウンドのオルテガによるこの機... [続きを読む]

受信: 2006年8月30日 (水) 22時48分

« 夏の家族旅行~その1「時雨殿」~ | トップページ | 地球防衛軍X! »