« 鴉~KARAS~その1 | トップページ | ファンタシースターユニバース~その17:一時休戦~ »

2006年9月28日 (木)

つよきすノベル~竜胆館のユーレイ~

前回は序盤でのオカルティックな展開が怖くて読み進められないという話だったのだが、勇気を出して?気を取り直し何とか最後まで読めたので感想を書いてみたいと思う。っていうかネタバレがあるけど、この本を読む人は少ないと思うので気にせず参りたい。

まず内容に関してだが、ぶっちゃけつまらなくはない。つよきすのいつものメンバーにゲストキャラの大林陽世を加えて他愛のない話やちょっぴりシリアスな話をおりまぜて進んでいく。だが、正直この「ちょっぴりシリアスな話」という部分に違和感を禁じ得ない。
本編でもよっぴーを中心としてハードな、割と笑えない展開がなかったとは言わない。が、このノベルの場合は、ゲストにある生前のトラウマが根底にある種の謎として貼られていて、終始「本気で楽しい」内容にはなっていない。つまりパラレルワールドの中でもかなり方向性が違うタイプのものになっているのだ。

しかし、登場人物の掘り下げ、セリフの生き死にに関して言えば他のノベライズよりも一歩上を行く感じでよく捉えられている。セリフに不自然なものはないし、各キャラしっかりと立っていて言動のみならず行動も納得が出来る。
※レオのみオリジナルからキャラがやや不安定だったので、それもそのまま受け継いでいる感じではあるが。

とにかくストーリーが違う感じだ。

これは高橋留美子のうる星やつらを押井守が好き勝手広げていった展開が思い起こされた。原作者のあずかり知らぬ話に、登場人物たちが自分を見失わずに放り込まれていく。話は面白かったが、原作者としては痛し痒しだったと聞く。原作のファンとしてもそれは同様だったろう。

そんなことを振り返りつつトータルで俯瞰してみると、一つの結論にぶち当たる。

 要は作者の書きたい物語につよきすのメンバーを載せたもの。

だということだ。別にレオやきぬ、スバルたちである必要性はない。一見つよきすワールドに見えるが、レギュラー以外のディティール、例えばオアシスや烏賊島が出てくるわけでもなく、きぬのおふくろさんや館長のキャラを立てているわけでもない。大林陽世ですら、別につよきすの世界でなくても全然大丈夫、良く言えばしっかりと立っているが、悪く言えば無理矢理つよきすに登場させている感すら漂う。

物語自体は決してつまらなくはない。中盤から終盤は先が気になる展開であったし、途中でオチが予想出来たとは言え最後まで読み進められたのはやはり物語の面白さあってのことだろう。正直他のつよきすノベライズと比べてかなりの長編で、
※文字も小さくページも多い上に、セリフが少ない三人称視点の情景描写が非常に多い。それに加えて短編ではなく一冊まるまる一つの物語。
読んでいてテンポも良くないしかなり時間も掛かった。ボリューム面、価格面から言えばかなりのアドバンテージがあるつよきすノベルだったが、原作の持つ加速感はなりを潜めているし、終始シリアスなテイストが蔓延していて「面白いが楽しくない」展開になっている。そして何よりも、

 ツンデレが存在しない。

陽世はツンだがデレないし、他のメンバーとの色恋沙汰も皆無。そこがとにかく最大の不完全燃焼。最後でレオが陽世に告白でもするかと思いきや、肩すかしのセリフで大幅失速。「つかつよきすじゃねぇし・・・」という思いがとにかく強まってしまった。

とりあえず原作ファンにはオススメできない。内容は悪くないと思うがあまりにも違いすぎる。著者は女性かな?それも今ひとつ共感出来なかった理由なのかも知れないが、「まるで少女漫画みたい」な棘のない展開。オカルティックな描写。最後まで読んでの感想は★☆。というところかな。

|

« 鴉~KARAS~その1 | トップページ | ファンタシースターユニバース~その17:一時休戦~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/12067508

この記事へのトラックバック一覧です: つよきすノベル~竜胆館のユーレイ~:

« 鴉~KARAS~その1 | トップページ | ファンタシースターユニバース~その17:一時休戦~ »