« ファンタシースターユニバース~その16~ | トップページ | 今週のファミ通より~買いたいゲー~ »

2006年9月23日 (土)

任天堂と吉野家

さて、久々に「任天堂、セガ話」をして好評戴きましたが、気をよくして続きを書いてみたりします。つかまぁ続きってほどでもないか。補足って感じですが。

ここで言う吉野家とはもちろん牛丼の吉野家のことです。吉野家は18日月曜日、一日限りの復活祭ということで牛丼を全国100万食限定で販売しました。まぁアメリカ産だとか10月からもっと増やすとか、単なる演出だとかいう声は僕の耳にも届いておりますが、正直「よしぎゅう」が好きだった自分には嬉しい復活祭でした。
※と言っても昼飯の時は忘れててかみさんに「晩飯用」を買いに行ってもらった程度のファンだけど。

さて、ここで僕が語りたいのはその牛丼があまりおいしくなかったとか、大盛りなのに並盛りクラスの肉量だったとか言う話ではありません。ネットで読んだ記事が目に触れたという話です。

 「18日は『すき屋』が異常に混んでてびっくりした」

そう18日は吉野家の復活祭なのです。なのにすき屋が混んでいるとはこれいかに。もちろんすき屋の牛丼が吉野家に劣るとか、ファンはいっぱいいるとかそう言う話でもありません。要するに

 「吉野家に行ったけど並んでて心が折れた」

そんな連中が大挙してすき屋を襲撃したというわけなのです。

そこでもう一つこんな話もあります。ファミ通のコラム、先週だったかな魂叫の左側の名物店長さんのやつで、「最近はPSPもかなり人気が出てきた」ってヤツです。賢明な読者諸氏であれば僕が何を言いたいか既にお分かりいただけているとは思いますが、恥ずかしげもなくシレっと続きを書いて参ります。

DSを買って脳トレやらぶつ森やらひとしきりライトなゲームに「復帰」した出戻りゲーマーがそれだけで物足りなくなって他のタイトルを探したとき、DSのソフトはどれも同じに見える。正確にはPSPのソフトもDS以上に同じに見えるものが多いのですが、ことDSとPSPを比べると、その差は明確にある。

ここで「PSPは綺麗だから」などという愚かな提起をするつもりはありません。前回も書きましたように既にゲームの主流はスペックから逸脱したところに自立しつつあるのです。要するに「嗜好は多様化している」という話。そしてPS3はSG1000ではないという話。

今週のファミ通を見ると、ついにWiiの発売日と価格、ラインナップが紹介されましたが、みなさんはご覧になられました?どうです?魅力的ですか?

僕は正直言って「弱い」と思いました。もっと言うと「DSからPSPに流れるようなユーザーを引き留めるソフトがない」と。

Wiiのラインナップはそれほどまでに「DS的」なのです。確かにライトでゲームらしいゲームも多いかも知れませんし、いざ遊べばそこで新しい楽しさを提供してくれるかもしれません。たぶん今年のクリスマス商戦はファミコン発売以来の激しく熱い冬となるでしょう。でもそれは正直勢いがあるからで、決して「やりたいゲームがある」ものではないことが重要です。DSと連携するから、あれほど品薄になったDSの任天堂だから、とりあえず買っておける価格帯だから、いろんな理由はあるでしょうが、これってある意味「PS2的」なんですよね。本来あるべきソフト主導型じゃない。
※ちなみに僕が買う予定の構成は、
・本体・ヌンチャク×1・クラシックコントローラ×1・ゼルダ・はじめてのWii
って感じ。最後のはWiiのコントローラに慣れさせるようなミニゲーム集らしい。実はゼルダ以上に本命だったりする(^^;。

PS3も実は値下げされたとおっしゃってましたね。税込み5万を切ってきたという。さぁここで質問です。みなさんWiiの為にお金を貯めてきました。で、目の前には「Wii売り切れ。次回入荷未定」の張り紙があります。PS3も発売しました。まぁラインナップはWiiとは似ても似つかぬものですが、、、

 そりゃ買う人もいるさ。

PS3はぶっちゃけロンチで買うつもりはなくても「いつかは買うだろうけど」と思っている人が多いハードとも言えます。なんだかんだ言ってWiiのドラクエはドラクエじゃないし、ポケモンやマリオ同様FFだって数百万本売れるソフトなんですから、何もマニアだけの物というわけじゃない。別にそれほど吉野家の牛丼が好きだってわけじゃない、でもとりあえず牛丼は食べたいという人は相当数いるはずなのです。

僕は常々コストは満足と秤に掛けられるという話をしてきました。自分が楽しければ友達に無理矢理ゲームや本を貸し付けたりする、ヘタしたら「つまんなかったらオレが買い取るから」と言ってまで勧めたりする感覚ってのは凄くよくわかるんです。自分が楽しむために払う金銭的時間的コストなのだから。

スーファミ発売直前に友達と「もし1週間前に手にはいるとしたらいくらまで出せるか」という話で盛り上がったことがありました。もう当時は凄まじいほどの前人気でしたし、僕自身前日の夕方学校が引けてすぐに並びはじめた記憶があります。
※実際は閉店間際に店長が売ってくれたんだけど。

でも実はちょっとSONYも甘いなぁと思ったりもしたんだよね。この理論からいくと値段は下げる必要がないというか、下げなくても売れるし、下げたからってそれほど売れる台数は変わらない気もするから。
※まぁボーダーにいた連中は傾くだろうけど。
むしろソフト面で「ロコロコPS3」を死ぬ気で準備すべきだったんじゃないかって思う。PS3も傾き検知パッドなんだから、PSP以上に楽しそうなゲームに仕上がるのは必至だもん。それに加えてあのWiiのラインナップでしょ?

まぁそうは言っても僕はWii一本で行くつもりだけどね(^^;)。牛丼も吉野家を食う。ゲームも任天堂をやる。このブログの読者様も「狙った獲物は逃さない」「逃したくない」ですよね?つかPS3っていつ出るの?

|

« ファンタシースターユニバース~その16~ | トップページ | 今週のファミ通より~買いたいゲー~ »

コメント

吉野家では?

投稿: 通りすがり | 2006年10月 9日 (月) 11時28分

フォローサンクスです。訂正しました。

投稿: クリス | 2006年10月 9日 (月) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/12000783

この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂と吉野家:

« ファンタシースターユニバース~その16~ | トップページ | 今週のファミ通より~買いたいゲー~ »