« ファンタシースターユニバース~その12~ | トップページ | ファンタシースターユニバース~その13~ »

2006年9月16日 (土)

PSPタイトルショートレビュー

まぁなんだな、深い詮索はなしの方向で。とりあえずガーッと書いてみる。あくまで個人の嗜好ってことをご理解くださいませ・・・。
※順不動

・007ロシアより愛を込めて
 コネリーが似てるかどうかは別としてキャラが見えるFPSみたいなゲーム。雰囲気はかなり良く、奥も深そう。世界観を許容出来る人なら★★★☆。

・BLEACH ヒートザソウル1~3
 お気軽に必殺技やコンボが出せるタイプ。触っただけの感触では2が一番わかりやすくてよかったけど、シリーズ格闘は大抵最新作が一番ボリュームがあるんだよね。自分はBLEACH読んでも見てもないので今ひとつでしたが★★☆。

・ギルティギアジャッジメント
 ファイナルファイトタイプのゲームモードがあるGG。でも正直おまけ感は否めず、前作を持っている人が改めて買うほどの魅力はないかも。でも自分GG素人なんでコメントはあてにならないかも★★☆。

・イース ナピシュティムの匣
 PC版とほとんど同じ。画面の比率が違うけど元がポリゴンゲーなのでRGBシャープが維持されているのは好印象。デビルサマナーやブレスオブファイア3なんかは、この辺りがすごくぼやけてしまって正直つらいんだよな★★★。

・カーズ
 意外と言っちゃ失礼だけど普通に楽しめる。スピード感もあるし、画面も綺麗。映画との絡みはあんまし感じなかったけど、ヤリ込めば見えてくるのかも。★★★。

・キングスフィールド アディショナルI
 よもやアクション要素がないコマンドRPGになっているとは思いもよらず。でも見た目の雰囲気がウィザードリィライクなのは決して悪くない。個人的には非常にやりこみたくなったタイトル。★★★☆。

・グリップシフト
 タイトルで想像出来なくもないけどレースゲー。空中に設置されたコースは「コースアウトして落ちる」ことに非常に納得がいく。壁にぶつかってスピードが落ちるのとはワケが違う緊張感と高揚感。操作性も非常に納得がいくチューニングで、モチベーションを刺激する仕掛けも大量に配置。はっきり言って面白い。★★★★。

・アハ体験
 意外と期待していたほどじゃなかったアハ体験。以前ブログで紹介したMAMEの間違い探しゲームの方が問題数が多くてお手軽かつお気軽に楽しめるかも。動画とかあるのは悪くないと思うけど。★★。

・タマラン
 ハイドリウムとどう違うのかよく分からないけど、タイトル的には一般受けする作り。見た目気持ちいい水銀をジュルジュル動かすゲーム。意外と操作感はマーブルマッドネスみたいかも。いやそこに注視されると辛いですけど。★★☆。

・パーストフォース
 ポリゴン版チェイスHQ。スピード感バツグンで動かしていて楽しい。展開次第で他の乗り物もあるみたいで、先が見たくなるモチベーターが搭載。強いて言えばタイトルが弱いので訴求された人は少ないだろうな。★★★☆。

・ビューティフルジョー バトルカーニバル
 長男のウケはかなり上々。僕自身は横で見ていただけなのでコメントは控えめ。彼のリアクションを見る限りでは(アニメ、ゲーム経験者という前提で)★★★★。

・ぼくのなつやすみ
 ボイスがかなりあるので、字があまり読めない子供でもソコソコ楽しめる(ただ漢字が使われていないわけじゃない)。雰囲気ゲーなので、ぶつ森フリークなら★★★☆くらいはいくのでは?

・右脳鍛錬ウノタン ポータブル
 脳トレ系はPSPでもたくさん出ているが、自分の中ではこれが一番面白かった。とにかくお気軽にトレーニングが出来て、評価が「八分咲き」と点数の両建てなのも子供にわかりやすい。ボタン4つしか使わない(全部じゃないかも)ので年齢を超えて扱えるプレイバリューもある。DS脳トレほどじゃないけど高評価★★★★。

・鉄拳ダークリザレクション
 自分は格ゲーフリークじゃないので正直コメントしてよいものかどうか、と思いますが、とりあえずムービーはスゲェ綺麗。ゲームも綺麗。でも斜めはやっぱり入れづらいんじゃないの?という感想。★★★☆かなぁ。

・僕の私の塊魂
 自分は塊魂自体があまり面白いと思えなかったので、こちらもどうしても評価は低めになってしまうけど、音楽はとてもいい。ある意味「かわいくないロコロコ」のようなゲームかも。1面に時間が掛かる印象があるのが残念。★★★。

・メタルギアアシッド
 とにかく自分が小島監督を嫌いだということを認識した一本。とにかく最初のセーブまでが長くて苦痛。雰囲気や世界観が楽しめる人なら好印象だろうけど自分には☆。

・カラクリ
 なんだか「ぐるみん」みたい、というのが第一印象。ロボットを手足のように使ってのプレイは純粋に動かしていて楽しげけど、何かどこか薄い印象が残る。テクモっぽい作品な気がする。★★☆。

・スターソルジャー
 画面を縦に持たせるのはいいけど、ショットボタンを自由に替えさせて欲しかったという気もする。雰囲気は「綺麗にしたスターソルジャー」という感じで、「決して進化したスターソルジャー」じゃないところが残念。★★。

・イノセントライフ 新牧場物語
 密かにシリーズ最新作ルーンファクトリーが人気だけど、こちらもそんなに悪い作品じゃない。近未来の牧場でのスローライフは今までの作品とは似て非なるパラレルワールド。ただやっぱり作業的なので、そこで楽しめるかどうかが決め手。★★★。

・ブレイブストーリー
 演出が過多じゃないRPGとしては評価出来るけど、やらされてる内容はSFCRPGの中堅やや下クラス。こういうゲームは実はあまり最近見かけなくなったのでそそられるプレイヤーも多いと思うけど、期待過剰だと裏切られる★★。

・みんなのゴルフ
 みんゴル経験の薄い自分には想像以上の間口の広さにまず驚かされた。経験者である長男にレクチャーされつつも非常に遊びやすいことがそこかしこから感じられ、ハードルの低いグラフィックと相まってファンが多いのも頷けることしきりに。ゴルフゲーをほとんどやらない自分でも★★★★。

・EXIT
 見た目はなんだかアクションゲームのようだけど、中身はどちらかと言えばアドベンチャー。プリンスオブペルシャの操作系でボナンザブラザーズのような仕事をアクション要素低めでこなす面クリア型。タイトーにしては面白い。★★★。

・ドラゴンボールZ 真武道会
 これも長男がヘビープレイ。キャラクターとそれに伴うストーリーが大充実で、シリーズのファンに集大成的に楽しめる様相はある意味リッジレーサーズっぽいかも。彼の評価は★★★★☆。超高め。

・ロコロコ
 今週だか先週のファミ通で以前僕がブログで書いたようなことが書かれていて思わずニヤリ。だからロコロコはスゲェって言ったのに(^^;みたいな。女の子に特にお勧め出来る数少ないタイトル。★★★★☆。

・カズオ
 数独、ナンプレと呼ばれるパズルゲーのPSP版。プレイアビリティが高く、他のメディアでどうも今ひとつ、という人にも楽しめる可能性大。ただマリオのピクロスのようなローカライズが良くできてる訳ではないので、あくまで大人向け。面白い。★★★★。

・極魔界村
 難度はやっぱり高すぎるとの呼び声高し。それでもアーケードモードから抜け出せない余計なプライドがジャマをする。ボリューム的にもシステム的にもかなり広く深くなっているが、「クリアできない」でもその楽しさが十分味わえる数少ないタイトルとも言える。★★★★。

・脳力トレーナー
 個人的にはDSと比べて「はじめるまでの」インターフェイスが悪い。ゲーム中の操作感ウンヌンはハードの差もあって仕方がないけど、遊びやすさ、モチベーターの出来などで大きく劣る。DS経験者からするととてもじゃないけど楽しめないと思う。★☆。

・煉獄
 ストーリーが異常なまでにおざなりになっていて、その分システムで見せるタイプのゲーム。アクション要素は低からずあるが、それ以上にチクチク育てて、強い武器を手に入れ、より高みを目指す楽しさが強い。2作目は主に量的拡大だけど、それはそれで正解だと思う。★★★★。

・太鼓の達人
 タタコンがなければ嫌だ!という人じゃなければ、逆にハード縛りな分だけ気楽に楽しめるかも。個人的には選曲が1の方が上だと思うけど(ラムのラブソングはファン感涙って感じだし(^^;)、2のドルアーガメドレーも捨てがたい。ただこれはサイトでダウンロード出来るかも知れないけど。★★★★。

・アントールドレジェンド
 GBAのロードオブザリングみたいな「タイニーディアブロ」。キャラが異常に濃く、雰囲気も洋ゲーライクだが、操作感は悪くない。ただもしPS2のタイトルと比較するのであれば、バルダーズゲートダークアライアンスの方が面白いのも確か。★★★。

・ザ ドッグハッピーライフ
 偽ニンテンドッグス。スペック的にはこちらの方が上なのに、ろくに動いてくれない仔犬に評価減。操作性も悪い。見た目がいいだけに残念。★☆。

・リッジレーサーズ
 1と2の差が少ない。正直言って両方持ってないなら安い1をオススメするけど、1をしゃぶりつくしたプレイヤーなら2も楽しめると思われる。あまりやり込んでないので1と2の差にほとんど気づいてないのかもしれないけど。★★★☆。

・アドベンチャープレイヤー
 とにかくわかりづらく、サンプルゲームを遊んだだけではろくに出来ることがない印象だけが残る。そもそもゲームを作ることがどれほど大変なのか、そしてエンターブレインのツクールシリーズが一日にして成らずだったことを痛感させられる一本。★。

・テイルズオブファンタジア
 かなりしゃべるけど当然主人公の名前はクレスのままなので、スタートでリネームすると凄く違和感がある。ちなみに町にいる人はさすがにしゃべりません。戦闘シーンは引き延ばしアンチエイリアスなので文字以外ボヤけまくり。でもこの作品が好きな人なら多分かなり楽しめるのでは?★★☆。

-----------

現時点で一番面白いと思うPSPタイトルは間違いなく「ロコロコ」。次点が極魔界村、次いでカズオ、太鼓の達人というところかな。

|

« ファンタシースターユニバース~その12~ | トップページ | ファンタシースターユニバース~その13~ »

コメント

お久しぶりです。
うわーこんなに持ってるんすか^^;
うらやましい。
自分は今リッジレーサーⅡが欲しいっす。

投稿: ランチェス | 2006年9月17日 (日) 14時10分

コメントどもです。
リッジ2は1とあまり変わらない印象が強いです。もし出来るならば、どこかでデモ等をご覧になられてからの方がいいかも。R4までの全てのコースを網羅していると言えば聞こえはいいですが、言い換えれば新しいコースはないとも取れます。昔取った杵柄を活かせるコースは嬉しい反面やはり風景にしても新鮮みがない印象も強い感じです。

投稿: クリス | 2006年9月18日 (月) 02時52分

メタルギアアシッドは小島監督とは関係ないですよ。メタルギアファンからしてもアシッドはクソゲーです。

投稿: クロネコ | 2006年10月22日 (日) 13時48分

フォローサンクスです。「メタルギアファンからしても」ということは誰から見ても、と言うことになってしまうのかしら(^^;。ゲーム誌の評価は悪くなかったんですが、リップサービスだったのかもしれませんね。

投稿: クリス | 2006年10月23日 (月) 02時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/11913783

この記事へのトラックバック一覧です: PSPタイトルショートレビュー:

» 映画紹介「イノセント・ボイス」 [江戸摩呂日記 ~メディア千本ノック~]
 今回は、まろのおススメ映画、「イノセント・ボイス 」を紹介させて頂きたい。  舞台は1980年代のエルサルバドル。主人公の11歳の少年チャバは、母親・兄弟と共にアメリカが支援する政府軍と、ゲリラとの境界に閉じ込められた小さな村に住む。そこでは、夜になると外... [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 11時56分

« ファンタシースターユニバース~その12~ | トップページ | ファンタシースターユニバース~その13~ »