« 超操縦メカMG | トップページ | 宇多田ヒカルランキング »

2006年9月 3日 (日)

ファンタシースターユニバース~その3~

今日もなかなか繋がらなかったので、その間にこっそり他のブログを書いて時間潰してたのだけれど、まぁ時折の連打で願いも通じ、いざネットの海へ。つかPSUの舞台ってどこだっけ?

まぁソレはソレとして、今日は結構いろんなことがあった。まず開始早々テロップが流れて、、、

 「てめぇらの誰かが悪さしたもんだから全員で責任取ってもらうぜ!データ初期化するかもしれねぇなぁわぁったか!このウジムシどもめ!」

というニュアンスの事実が発覚。おもむろに入り口でみんなに聞いたところ、なんだかメセタとかアイテムが増やせてしまうような不正が出たらしく、それによってシステムそのものが不安定になり、ことによっては、
※かなりの確率で、
明日中くらいでデータのロールバックが為されるという。つか今日までに1万以上稼いだメセタも、レベル12までの経験値も、ハンターレベルも、フォトンアーツレベル11も全て無駄になるかと思うとやるせなくなるけど、まぁ仕方ない。セガのやることだし。

つかとりあえずここで久々に「ネットゲーチャット」を堪能した。ああいうのはああいうので悪くない。

ただ、あんまり一人でしゃべりまくったもんだから一人消え二人消えそして誰もいなくなって、、、はいないんだけどコメントがなくなって昨夜のような寒さが身にしみて来ちゃったので、思わずダンジョンに逃げ込んだり・・・。

するとどうでしょう。その中の一人が、

 「クリスくん待って、みんなも悪気はなかったの・・・」

とトーンの高い声で僕を呼び止めるじゃないですか。
※つかホントはヤロー。でもいい人(^^;
※つかホントは「いっしょにやってもいい?」って言われただけ。入り口の寒い会話を聞いてきたってワケでもないみたい(^^;。
※つか今思えばどうやって他の人のパーティに入るかも聞いておけば良かった(^^;

余談だけど昨夜から今ひとつデータの調子が悪くて、アイテムボックスに預けられなかったりしてはいた。人によっては5000メセタ無くしたって話も聞いたし、まぁしょうがないのかなぁとも思う。とりあえず戦い方の基本と重要度の高いアイテム、武器はわかった気がしたので、再スタートになってもなんとか頑張るつもりではあるけどさ。

で、

そのサトシさん(仮名・・・つかウソ。仮名じゃなくて本名。つか本人に確認一切してない上にブログも教えちゃったからもしかしたら文句言うかも。つかその場合はゴメンで通す予定)と一緒にやることに。彼のレベルは14。背格好も僕とかなり似ていて、服なんてズボンの線が色違いなだけ。まぁ顔は暗くてよく見えなかったけど(これもウソ。明るくたって顔はよく見えません。そんなに近づかないし。ヤローとなんて・・・ってこれもウソ女の子でも近づけません。つか日本語変換の頭の悪さには辟易とさせられるね。「女の子」が出ないなんて信じられます奥さん?って感じ)髪の毛の色は違ってた。まぁレベル12でテングになってた自分にしてみれば、

 「あんたは井の中の蛙さ、まぁオレもだけどよ」

と肩で風を切ってるように見えた(これはちょっとウソ。風は見えない)。つかウソで固めたブログかよっ!って感じですが、まぁ気にするな。

敵は僕一人でも普通に倒せる程度だったので、問題なくペースアップして消化。別にアイテムで欲しい物があるわけでもなかったし、気持ちよく進めばそれでよかったので居心地は良かった。礼儀やマナーもわかってる方だったし。

そんなこんなでそのダンジョンをクリアすると、次は前回瞬殺されたドラゴンのダンジョン。さて、どうしたものか、、、。

「オレ様なんざヤツを4億回くらい倒してるぜ!それもレベルが1の時になっ!」

くらいの勢いでサトシが誘ってくるので、思わず乗せられていくことに。つか一人で倒せるとも思えなかったし、戦い方を知る上でもこれはまたとないチャンス。例えデータが消えちゃっても敵との戦い方はハートに刻みつけられるハズ・・・。これは行くしかないと決断して、、

「わかったよ兄ちゃん、僕がんばるから置いてかないで」

と後に続く。つか名目上は僕がリーダーなのでついてくるのは彼の方なのだが。

ここはドラゴンに至るまでの雑魚も決して弱くない。僕のレベル12に対して奴らは15。装備は前回かなり充実させたとはいえ、囲まれたら即死もありえる戦いだ。つかムーンアトマイザー(死者復活薬)とか持ってたかな。

PSUはまだ始まって日が浅いため、それほどプレイに対して「知ってて当たり前」なことがない。当然と言えば当然なのだが、これは結構安心してプレイする上で重要なことだ。だって同じ質問されるにしても1回目と100回目ではリアクションも絶対変わってくる。今日の「ロールバックってなに?」という質問だって1ヶ月後では「そんなことも知らないでよく今日まで生きてこれたな、この○ンカ○がっ!」と罵られてしまうかも知れない。だからこそ最初に始める楽しさもあるのだ。まぁデータが消えるのは楽しくはないけど。

そんなこんなでややひやっとする場面がありつつも僕らはドラゴン「ディ・ラガン」の待つエリアの前まで到着した。ショートカットパレットにムーンアトマイザーをセットし、薬もそれなりにあることを確認。不安は拭いきれなかったが、
※だいたい次にコイツに臨むのはレベルが15になってからだと思ってたくらいだから(^^;
意を決して清水の舞台からダイヴ!、、、つか二回目でも十分怖ぇぇよ。

とりあえずガンガンフォトンアーツを当てていく。つか頭が弱点って言われたけど火が怖くて近づけないよママン。ヘタレらしく足をちくちくつまようじで刺してると

 「ったくうるさい蚊ね!」

と彼女の手が僕をはたいた上にバーナーでこんがりと丸焼きに・・・。昇天。

サトちゃんは快くムーンアトマイザーを使ってくれて、復活。またも昇天。

今度は高価なコスモアトマイザーを使ってくれて、復活。つかこれで死んだら復活出来ないな、と思って念のために僕の持っていたムーンを渡す。そして!昇天・・・。

いいかげんにしろよオレ!と思ってた矢先にサトちゃんも昇天。「あなたってば優しい人。ワタシだけに負い目を感じさせまいと・・・」ってなもんで気持ちよく復活。つか手持ちのムーンアトマイザーはあと一つ。

「とりあえず置いておきますので、どちらかが死んだら使いましょう」と言い、すぐさま昇天。つかもちろん僕が。

さていよいよせっぱつまって参りました。そこそこダメージは与えているとは思うけど、ヤツめなかなか死によらん。HPにしたら3000くらいかなぁ。とにかく死なない。今まで以上に慎重なプレイをしている矢先にサトシのHPが減ったままになってる。

「うぅ今にも死にそうだぁ、ヤクをくれ、ヤクを・・・」

という心の声が聞こえてきたので、すぐさま地面に裸で薬を置く。つか普通はこれは飲めないな。水もないし。だいたい置いたそばからドラゴンがぐちゃぐちゃに足げにしてるし、、、。

「回復置いたよードラゴンのところだけど(^^;)」

つかこんな丁寧な言葉では当然しゃべれません。「おいたよーどらごんのそば」
がせいぜいです。さていよいよせっぱつまって参りました。ってそれはさっきからなのだけど、まぁ慎重にプレイってそれもさっきからだな。とにかくちょっとずつダメージを与えていたら急に画面が真っ暗に。つかこの演出は焦るぜ。サーバーから切断されたかと思ったし。

結局僕らは無事ドラゴン討伐に成功した。つか決して弱い敵じゃないと思うから、開始早々で倒している連中はそんなには多くないと思う。だからこそこの勝利もひとしおで、終了後いろんな情報やカードの交換なんかもした。まぁ今思えば薬が切れた時点でもしサトシだけ死んでたら、と不安にもなった。あれだけ率先して戦ってきてのび太だけ生き残ってしまってもたまらないやら申し訳ないやらだからだ。

とても満足しつつ別れを告げ、「サトシの冒険はまだまだ続く」。というところか。

------------

しかし及び腰になっていたパーティプレイもいざやってみるとこれがなかなかやっぱり楽しい。FFのように戦闘中にしゃべったり前に向かってオートで走り続けたりするシステムがないから、なかなかしゃべりながらのプレイはままならないが、それでも無言の中に見えるコミュニケーションは確かに存在する。相手がしっかりとマナーを守れる信頼できるヤツなら、目でも心臓でもくれてやるさ、トチロー、というところだ。つか「我が青春のアルカディア」からの抜粋だと誰が気づいただろうか。むしろ「ミッキーが背中を任せられるとしたら」という方が良かった?

さて、そんなこんなで今日明日出張である。次の更新はたぶん月曜夜になる。その頃には僕のクリスがどうなっているか結果が出ているだろう。もしかしたらサトシやきむきむとも冒険を共にすることが出来るかも知れない。なんだかんだ言ってPSUを非常に楽しんでいる僕なのである。

|

« 超操縦メカMG | トップページ | 宇多田ヒカルランキング »

コメント

昨日はどーも☆m(__)m
一緒にドラゴン退治をしたサトちゃんだよ↑↑(≧▽≦)/
ブログ見にきてみたら、自分のコトが書かれてたからビックリしたー!!でも嬉しい♪楽しく読ませて頂きました…m(__)m

昼でメンテが終わるのでオンをしてみます☆けど…ロールが…ドキドキ…(>_<)
出張から帰ってきたらまた冒険しようね☆
まず…出張頑張って下さい!!(≧▽≦)ゞ

投稿: サトシ | 2006年9月 3日 (日) 11時39分

コメントありがとうございます。サトシさん、先日はお世話になりました。ネットゲーはコミュニケーションこそが命であり、全てですが、正直だからこそ楽しめるかどうかは運にもかなり依存します。僕はPSU最初の相手に恵まれました(^^)。ぜひまた冒険しましょう!いつどこに潜るかは、ブログで随時告知する予定ですので、気が向いたら付き合って下さいませ(^^)。ありがとうございました!

PS.つかよもや完全停止してるとは!って感じです(^^;。ロールバックは覚悟してたけど、その上でガンガンやってやろうと思っていた思いは見事に砕かれましたね(^^;。まぁその程度で失われるモチベーションじゃないつもりなんで、6日(水)夜を楽しみに待ちたいと思います(^^)。ではでは!

投稿: クリス | 2006年9月 4日 (月) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/11737460

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタシースターユニバース~その3~:

« 超操縦メカMG | トップページ | 宇多田ヒカルランキング »