« 長男のデータに愕然 | トップページ | つぶやき »

2006年10月28日 (土)

デッドライジング~その3~

地味に子供達が僕がやるのを見るのが好きらしくて、「それってどうなの?」という気がしないでもない今日この頃。でも今週のファミ通から攻略も始まったり、しなっちのマンガで取り上げられたりして、密かにデッドラが熱くなってる感じ。つかこういう風にファミ通本誌でプッシュされる360ソフトってこれまでに多分ほとんどなかったと思うから、今回のコレとトゥームレイダーレジェンドの出来の良さ、一般性の高さは本物なのかなぁとも思いますね。

で、

現在ですが、とりあえずメインシナリオがポシャったにも関わらずそのまま続けてプレイして、サイコ教徒や軍人かぶれや3囚人やスナイパーズやデブ婦人警官なんかを倒したりしてPPを稼ぎまくり、ようやっと鍵の場所がわかった!とか小型チェーンソー最高!とかスキルも結構増えました!とかいう感じでレベルは32に。つかこのゲーム、

 レベルが50になった時点で止めそう・・・

自分のモチベーターはストーリーじゃないわけで、とりあえず強くなることさえ出来ればそれでいいというか、他はまぁどうでもいいと言えばどうでもいいんですよね。より楽により早く強敵を倒せるようにはなりたいけど、別に事件の真相なんざ興味はねぇっていうかついさっきサイコの連中に捕まってゲームオーバーになっちゃったんだけど、今思えばロードすりゃ良かったな、と。かなり戻されるとしても最初からよりゃマシだったかな、と。つかレベルを稼ぐのに最初の老夫婦は既にさほど魅力じゃなくなってるし、みたいな。

つかね「のびのびエンブレム」じゃないけど、全員殺されないようにプレイするのムリ!僕にはムリ!っていうかむしろ僕が殺しちゃうし。目標10人!それでエンディング向かえるか、レベル50になるかしたらもうやらない。多分。

やっててつまんないワケじゃないと思うんだよね。とりあえず安全な武器と食べ物の確保はわかったし、そもそも体力攻撃力持ち物という基本ステータスもかなり上がってるから、油断して即死ということはほとんどなくなった。要するに強くなったから怖くなくなってきたんだな。

 でもだからって人殺しが楽しくなるわけでもないし・・・。

 でもだからって相手が宇宙人とかモンスターだったら楽しかったのかってぇとそれはそれでよくわかんないし・・・。

まぁ少なくとも「コレスッゲェ楽しい!ゼヒオマエもヤレ!」ってソフトじゃないことだけは確かかな。誰にでも勧められる内容じゃない。少なくとも僕の友人が僕に勧めるゲームじゃないね。それでも評価は少し上がって★★★☆だけど(^^;。

|

« 長男のデータに愕然 | トップページ | つぶやき »

コメント

ども、ようやくSFN (あえて略称) を1時間ほどプレイできたBlueTasuです、こんばんわ。

デッドライジング、公式HPを見ましたが、怖そうですねぇ。
私もゲームファンであるにも関わらず、名作として誉れ高いバイオハザードシリーズとは無縁であったりします。
レベルがないとかそういった問題ではなく、単純に怖いからやりたくない、という理由だったりします。
ホラー映画とかも嫌いなんですよね。
でもホラー映画が好きな人が観に行こうってうるさかったりします。(誰かはわかりますよね?)
今はなんとか断ってますが……うう、ヘタレな自分が憎い……。
ヘタレと言えば、注射針が刺さる瞬間とかありますよね、ああいうシーンも苦手です。
本当に私はダメですね……。

そういったダメな私ですので、ゾンビがでてくるとか目の前でいっぱいバイオレンスで猟奇的でスプラッタなもの満載っぽいデッドライジングとか、間違っても手をださないと思います、ハイ。

投稿: BlueTasu | 2006年10月28日 (土) 01時19分

ちすBlueTasuさん、クリスです。やっぱPGR3は面白いですよ!車ゲーを日頃嗜まない親戚もかなり熱くなってプレイしちゃいましたからね。リアルということはモチベーションを高める主役にはならないですが、マイナスにはそれ以上に成り得ない。それほどゲーム慣れしていない人でも比較的容易に楽しめる難度の幅は今日親戚にやらせてみて確信を持てるほどになりました。

BlueTasuさんは11月2日のプレミア組予定なんですよね?その選択が案外吉と出るかもよ、です(^^)。つか油断すると売り切れもあり得るか?いやいやPS3直前でそれはないかな(^^;。

デッドライジング、まぁ怖いというか、殺伐としてる感じが強いかも。怖さで言えば絶対的にバイオの方が上ですね。別に体力を回復するにもセーブするにも敵を倒す武器の調達でも縛りが薄いですし。まぁ「夜になると暗くなる」ってのは凄く大きいですが。

まぁ間違っても手を出さないだろうとは思いつつ、僕、このソフトを売る気はないので(意味深(^^;;))、機会が訪れるようなら彼女とプレイしてみるのもいいかもしれません。別にBlueTasuさんに無理強いするつもりは全くありませんが、ウチの長男は僕以上のスーパー恐がりクンなのですが、友達や僕と一緒だと割と平気で見ていたりします。彼は小五にもなって二階の寝室にひとりで上がるのすら怖がるというか、超ビビリなのですが、ムービーシーン以外は結構平気みたいです。つかゲーム中ホントに怖いのはゾンビじゃなくて狂った人間だったりしますけどね(^^;。

投稿: クリス | 2006年10月29日 (日) 02時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/12455063

この記事へのトラックバック一覧です: デッドライジング~その3~:

« 長男のデータに愕然 | トップページ | つぶやき »