« Wiiに向けて | トップページ | お金の話 »

2006年10月31日 (火)

XBOX360のCM

前回のハイデフと言い、今回のTOKIOと言い、もう少し何とかならなかったのかと言いたくなる。っていうかクライアントの意向をどれだけ広告会社が受け入れているかわからないが、はっきり言って最低だ。

初代XBOXの時は正直言って購入する気にもならなかったし、実際どんなCMをやっていたのかも思い出せないが、今回は既にユーザーとなってしまっている以上、もっとがんばって欲しいという気持ちがかなり沸いている。EDFやカルドだけで元を取るつもりであったとしても、自分が買ったハードがすぐさま衰退していく様というのはさすがに見たくない。

360は初代と比べてデザイン的に大きくライト寄りになった。しかしその中身は全くもって初代の正当後継者。ビジュアル重視のコアゲーマー御用達。ネットワーク&ボイスチャットを「当たり前」に位置づけるライトユーザーなんざいるわきゃあねぇ。

国分の言う「ウイイレ」は3回聞いてようやっと「Wiiね!」じゃないことがわかった。最初TOKIOは360の誌面広告に出てたけど、WiiのCMもやんのか?とマジで思ったほど。あと「ロストプラネット」って言って誰がわかるわけ?自慢じゃないけど毎週ファミ通買っててかつ360ユーザーであるところの僕ですら、ロストプラネットとロストオデッセイの区別が付かないっていうか魅力も感じない。

「ニッキュッパ=29800円」という価格アピールも頭が悪い。せっかくソフトを2本、それも今僕がやる限り十分ライトユーザーにも訴求しうる強力なビジュアル(ハイデフ接続でなくとも)を携えたPGR3と、一つのジャンルとして完全に確立された感のある「三国無双」タイプのナインティナインナイツを同梱したセットが発売になるのに、それを言わないというのはどういう了見だ。このままでは別に「ウチのハードはWiiより高いですよー」って言ってるだけじゃないか?

ブルードラゴンのCMも腹立たしい。映像ソフトじゃあるまいしなんでデモシーンだけなの?あのCMがゲームのCMだと直結しないのは僕だけ?っていうかデモだけだったらPS3どころかPS2でだって出来るし、鳥山キャラがいくら高いポテンシャルを持っていると言っても、それを100%活用出来ているのはドラクエのトゥーンレンダ以外ないことに気付けよと思う。要するに「新しさも気持ちよさも面白さも感じさせない上に続編じゃないからネームバリューもない」タイトルCMになってる。

僕自身は確かに現行の360を購入したが、廉価版を出して裾野を広げようと言う試み自体は悪くないと思う。ワケのわからない呪文「ハイデフ」を繰り返した前回よりはずっとマシだと思うし。

でもこの内容では所詮「マイナスがゼロに」なったに過ぎない。要するに誰も買いたいとは思わないんじゃなかろうか。っていうかヘタしたら買いたいと思っていた連中すら買う気が削がれてしまうかもしれない(それじゃマイナスか)。

今360を買おうという層は、正直まだライトユーザーまで行ってない。台数的にもソフトラインナップ的にも。となればそのCM作りは現状のPS2ユーザーやPCユーザーを対象とすべきなんじゃないだろうか。わかりづらいかもしれないが、360と同程度のグラフィックを再現するのに必要なPCはいくらくらいするとか、単純にブルードラゴンを作ったスタッフ、そのボリュームをアピールするとか。

はやりもので言えば「今度のゾンビは数千体!」というのもありがちだけどわかりやすく訴求出来るんじゃないかと思う。

・・・今書いてて思った。

XBOX360は廉価版になってコンポジットでしか通常接続が出来なくなる。だからヘタしたら表示されている文字がろくに読めなくなるかも知れない。ゲーム雑誌とかだときっと最良の接続でプレイしてるだろうからなかなか気付きにくいだろうけど、いざこれから発売するソフトに関しては、「アイコン大」とか「フォント大」という選択肢が絶対不可欠なんじゃないか、っていうかもしそうしないのであれば、苦言が大量に発生してしまうんじゃないかと思う。表示システムをいじるのはハンパなく大変だとは思うけど、分母を増やす為に取った施策が全て裏目に出る可能性があることをトップは理解していない気がする。世の中には14インチコンポジットでデッドライジングをやろうって人もいるということを認識する必要がある。少なくともあのCMはそういう未来を期待してる気がするよ>マイクロソフト側が。

一方で友人に勧めるほど満足している自分がいるだけに、この広告展開にイラ立ちを禁じ得ないクリスがいるのだ。

|

« Wiiに向けて | トップページ | お金の話 »

コメント

こんばんわ、トムニャットです。よーやく、仕事が今晩で一段落。しんどい10月でありましたが、週末は3連休だし、のんびりできる・・かな?

ブルードラゴンのCMは、あんまり悪いことは言いたくないですが、クリスさんのおっしゃるとおりですね。そういえば、こないだ録画してあったGAROを見たときに、このソフトのCMが録られていて「ずいぶんと発売に先行してCMオンエアしていたんだなー」と感心する反面、その内容といえば「鳥山先生はすごいですねー」という台詞を言うだけ。そりゃまあ、鳥山明氏はスゴイのは言われなくてもわかるけどさ、それじゃこのゲームのウリってクロノトリガーとどう違うん??と思ったものです。でもこのCMでも今のイベントシーン垂れ流しよりはマシですね(^^;。

やっぱりフィールド移動・戦闘シーン等のプレイヤーが操作している映像を見せて欲しいですよね。単純に「勿体ない」。
(それに比べて、EDF3のプレイ映像はどうよ!?てなもんです)。でも一方で、ココまで出し渋るからには、それなりのものが上がってくるのでしょうね。期待は持ち続けたいものです。

しかし思い返すと、ゲーム画面を出さなくても面白そう、やってみたいと思わせてくれるCMはありますよね。古いけど、ファミコンウォーズとか、影牢とか。

XB360に話を戻しますと、自分も買ってみたいと思うも、クリスさんの今回のブログを拝読して、「考えてみればいくらゲーム機のSPECが高くとも、S端子が限界なうちのディスプレイじゃ、ダメダメかも」と思った次第。さすがに新ディスプレイもセットで、というのでは予算オーバーです(^^;。それでもEDF3、カルドセプトなど気になるものはあるわけで。むーん、どげんすれば、よかとねん・・・。

投稿: トムニャット | 2006年11月 1日 (水) 00時13分

ばんわトムニャットさん、ついにテレビを落札してしまいました(^^;。詳しくはブログで触れますが、これによってGC版ゼルダは見送りの様相を呈してきました(T-T)。仕方ないというよりやっと価格チェックや入札地獄から解き放たれると思うとホッとします。まぁ中古なので品物が来てナンボというのはありますけどね。果たして!

>古い方のブルードラゴンCM

自分それ見てないなぁ。でも牙狼の頃というとかなり前ですね。つかトゥルーファンタジーとかいうレベルファイブのRPGみたいにお流れにならなくてよかったなぁって感じ?ただファミ通を見る限り

 普通のテレビCMでは文字が潰れるから映せなかったのか!?

と邪推したくなるほどステータス表示が小さいですね。なんつか「ドリームキャストの二の舞」みたいな?時代を2歩先行ってる!みたいな?それも悪い意味で!みたいな?

ただその性能ウンヌンの話は今後のゲーム機全てについて回る問題でもあるので、最終的には「モニターも用意」せざるを得ないのかなぁという気もします。今回も~ンの凄く落札に苦労した自分が言うのもなんですが、やっぱ欲しい人は多いんだなぁとは思いますが。

明日はWii体験会なので、今日は早めの就寝予定。ロンチに魅力は薄いかもしれませんが、イベントは久しぶりなのでそこそこ楽しんできたいと思います(^^)。ではでは!

投稿: クリス | 2006年11月 2日 (木) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/12495576

この記事へのトラックバック一覧です: XBOX360のCM:

» そこに死角はあるか? ソニー「PLAYSTATION 3」--Xbox 360、PS3、Wiiの違いを探る [http://psu.livedoor.biz/]
いよいよ10月16日から一部ネット通販での予約が始まった、 ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCEI) の「PLAYSTATION 3」(以下、PS3)。 その性能の高さで他機種を圧倒し、 さらに東京ゲームショウ2006でのエントリモデル値下げ と全モデルのHDMI端子付属発表で一気に注目を集めた。 な人物が、何者かに負けて破産し失踪した。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 08時54分

« Wiiに向けて | トップページ | お金の話 »