« テレビ到着と360の話 | トップページ | ぜんまいざむらい »

2006年11月 9日 (木)

横長の画面に思うこと

★もう猛烈にPCの調子が悪い!つか昨日はBフレッツモデムそのものがエラーで赤ランプ点灯。当然そこから繋げてるルーターもダメでPCは2台ともネット接続出来ない状況に!レスが滞る可能性がありまくり。ブログも更新し損ねる可能性がありまくり。うーむ。つかゆうまくん、とりあえず今夜7時Wi-Fi繋げてみるけど、もし繋がらなかったら「ああクリスさんPC調子悪いって言ってたからダメだったんだろうなぁかわいそーに・・・」と思うことにして下さい。つか昨日なんてふてくされてデイアフタートゥモロー見ちゃったモンね。このポケモンやらデッドライジングやらPCの調整、エンコード、ファイル削除に忙しいこの時期に!つかその時刻、普通に3時だし。普通社会人で深夜3時から映画は見ません。つかまぁ今日が休みだからってのもせっかくプログレだから市販のDVDはどうなの?って思ったのもあるんだけどね。つかまぁそんなわけで、パソコンが調子悪いと体調も悪くなるよ・・・つかみなさんも風邪にはご注意を・・・。つかWii発売日に体調崩してたら死ぬほど後悔するね。マジで。

---------

まぁわずかな時間しか見ていないわけだけど、ワイドテレビに対して思ったことをちょこっとだけ書いてみる。

ワイドテレビは縦横比が16:9で、普通のテレビの4:3を同尺度に変えると16:12となり、縦が75%に縮小された比率ということになる。削られる分の25%は単純に普通の比率の地上波を画面に映したとき、上下12.5%ずつカットされることになるのだが、ぶっちゃけその数字はかなりデカイ。その為全体をギュゥッとつぶして映したり、左右に黒い部分を作って真ん中に全部映したりしていたのだが、最近は地上波デジタルの放送比が16:9を中心とするのか、むしろ「4:3画面上で上下をカットした映像」をよく見かけるようになった。ゲームでもグランツーリスモなんかはすでにワイドにウェイトを置いた表示サイズを推奨してきたし、PSPタイトルも全て横長。任天堂もGBCまでは4:3だったけどGBAからは横長にシフトしている。そして360やWii、PS3ではついにワイドこそがデフォルトになった。

 そう、ゲームはもう横長の時代に突入したのだ。

となれば当然ゲーム性も横長にあったものが増え、縦長が活かせるものは減っていくと思われる。具体的には、、、

・縦シューは死滅する

・1画面対戦、もしくは同時プレイが横分割になる

・左右の距離を活かした演出効果が上がる
 →カットイン的なものや、意図的に同時に視野に収まりづらいような謎解きなど。

・DSのような2画面を「横」に並べて「遊びやすさの追求」スタイルが出てくるかも

・アーケードで登場した「ドーム型モニター」のように視野に対するカバー範囲が広い、パノラマビュー的なものも出てくるかも。

要するにこれまでの比率では見えなかった部分が見えるようになる。ちょっとワクワクする。今までは「まず4:3ありき」だったのがこれからは「まず横長ありき」となる。64の3Dスティック、デュアルショックがそうであったように、アナログがあって初めて「あたりまえ」になることがある。LRが二つずつあって出来ること、パッドにスロットがあって出来ること、携帯ゲームやネットに繋がることで出来ること・・・。

例えばそれを感じたのはアイドルマスターだ。デモムービーでは画面に3人の女の子が登場して踊って歌っているのだが、3人が同時にしっかり描かれているシーンがある。並んでいて同じくらいの大きさで表示されているとき、自分の視点はその誰か一人しか追うことが出来ない。もちろん自分がその女の子を中心としたプレイをしているなら、それはそれで当たり前のことなのだが、一面として他の女の子のプレイではそのシーンは全く違うものになるのだ。範囲の広さが逆に視野を狭めさせ一つで3度楽しめるものになっている。

PGR3などをやってみて思ったのは、やはり4:3用に作られていなかったという感覚。画面いっぱいに表示された背景は整合性があり、感覚的ではある物の明らかに没入感が違う(まぁモニターとの距離も短いけど(^^;)。山内一典氏が言っていた「フルHDはやっぱり違う」というのも、たぶんここからもうワンステップキレイになることでまた得るものが別にあるということなんだろうなぁと、見比べてみて改めて痛感した。

「画面の解像度」というのはこれまでのような色数や拡大縮小、ポリゴンの数、スクロール枚数、キャラクターの大きさなどとはまた別の次元の衝撃を与えてくれたように思う。それは例えば登場人物の髪の毛であったり、ボンネットに映り込む並木道からの木漏れ日だったり、ドットを視認できない炎の揺らめきだったりする。

 「リアリティ」

というのは「リアル」ではない。ゲームが求めるのはあくまで「リアリティ」であり、それをさも本物のごとく写実的に描写することに傾注するのは、僕的には間違っていると思っている。リアルと解像度はあまり関係ないと思う。別に普通のアナログテレビでも人間は人間に見えるし、それはまごうことなき本物なのだ。だがゲームは高画質を志向する。でもそれは増えた分の使えるポリゴンで本物の人間を作るためじゃない。なぜなら僕らはゲームに現実を求めてはいないのだから。

|

« テレビ到着と360の話 | トップページ | ぜんまいざむらい »

コメント

こんばんわ、GTSです。

XBOX360を中古で購入した場合、LIVE関係の扱いはどうなるか、お分かりになりませんでしょうか?
コアシステム29800円+ハードディスクよりも
中古29800円+中古ソフトの方が安いので、中古を考えているんですが・・・。

投稿: GTS | 2006年11月 9日 (木) 20時59分

中古だとたぶんシルバーメンバーシップのみの加入で、新品ならそこで無料ゴールド1ヶ月が付くところが付かなくなるという差だと思います。ゴールドは1ヶ月850円くらいだったかな。
※シルバーは無料。ライブチャットだけならこれで出来る。

とりあえず最初は別にどうでもいいと思っていましたが、今ではかなりゴールドメンバーが魅力的というのが本音です。その分を価格還元するよりは少々割高でも新品のHDD付(出来たらヘッドセット付)を探される方がいいかなぁと思います。

ブログでも書きましたが、デュアルショックと違ってコントローラが思いっきり白いので、中古で汚い場合結構抵抗があるかも、というのも理由の一つだったりしますヨ。

投稿: クリス | 2006年11月 9日 (木) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/12614827

この記事へのトラックバック一覧です: 横長の画面に思うこと:

« テレビ到着と360の話 | トップページ | ぜんまいざむらい »