« 地球防衛軍3~その4~ | トップページ | PSPでGBA »

2006年12月20日 (水)

体験版を出す勇気

みなさんも体験版ゲームを一度や二度はやったことがあるだろう。中には雑誌の付録として付いてきたものや、ネットでダウンロードしたもの、イベント会場で配布されたり、他のソフトに付いてくるというケースもある。

そんな体験版だが、実際体験版をプレイして買ったソフトというのはあるだろうか。もう少しシビアな表現をすれば、「買うつもりはなかったけど、体験版をやったことによって買う気になった」ソフトはあるだろうか。

はっきり言ってしまうと僕はこれまでそういうソフトが一本もなかった。大抵の体験版は製品版と比べて当然のことながら未完成であるし、最初から買うつもりであればその出来が多少マズくても「体験版だから」という理由で押し殺せる。しかし買うつもりがなかったソフトの体験版というのは、最初からかなり視点が低いところにある。全く期待していないわけだから、自腹を払って買う覚悟の裏付け等によって「好意的に考える必要がない」。

多少なり面白くても、それが「体験版で十分」というケースもある。例えば数百面あるゲームのわずか1面であっても、そこで満足してしまう、もしくは挫折してしまえばその先を見たいとは思わない。

だから体験版はよっぽど自信がある場合か、それによって二次的な営利が見込める場合(例えば武蔵伝にFFの体験版を付けてウリにしたり、体験版を添付することでファミ通の売上部数が上がったり、業者に配布し、店頭でデモをしてもらうなどして純粋な広告媒体として使ったりするケース)以外は、リスクの方が遙かに高いのだ。

だからまず僕ら消費者は、「体験版をプレイできる環境を提供してくれている時点」で、まずそのことを評価する必要がある。未完でありハイリスクローリターンであってなおタダ(もしくはタダ同然)で一部とは言え市販品をプレイさせてもらえることには感謝すべきだと思う。これまでのパッケージソフトでは叶わなかった「ちょっと試しにやってみたい」という決して安くない、そして返品の効かない嗜好品の「無理」を通してくれているのだから。

しかし、その出来不出来はやはり辛辣に下される。先ほど「買う気がなかったものを買う気になったことがなかった」と表現したが、逆はあるのだ。体験版をすることで買う気が削がれてしまうものが。

そんなような理由から体験版は「存在しない」と考えるのが普通であり当たり前だった。しかし、ネットワークが発達して今世を騒がせている三つの新ハードはどれもブロードバンドの常時接続を当たり前とした仕様になっている。ボイスチャットやメール、自分の分身を使った新たなコミュニティの形成すらも予感させるネットワーク時代が到来しつつある。そこにはこれまで以上に「口コミ」が効果を発揮する。雑誌やテレビCMだけじゃなく、実際にプレイした上での感想が発売日から猛火のごとく日本中、いや世界中すらも染め上げる。家にいながらにしてテレビのニュースより早く、Wiiのリモコンを投げちゃった画像や、飛び出すUMDや使い物にならなくなったPSPの映像を見ることが出来てしまう。

そんな時代においては、体験版の意味合いもかなり変わってくる。リスクが高いことに代わりはないが、リターンもかなり高くなる。これまではファミ通なりイベントなりが中心だった入手先が、家にいながらにしてボタンをポンポンと操作するだけでディスクを替える必要もなく遊べるようになってしまう。この便利さが、いつもなら見向きもしないタイトルすらも「試してみよう」という気にさせ、そこで初めて知ることになったり、面白さに気付いたりすれば、それはある意味最初から買うつもりだったタイトル以上に心に残ることもあり得る。なぜなら、自分のチェックを漏れていたことに驚くし、新たな楽しさの提供であることも多いからだ。

当然同じハードを持つ友人にも気軽に「やってみ」と言える。別に言われた友人だって新たに何かを用意する必要がなく、ごくごく普通に遊ぶことが出来るのだから。要はこの気安さによる分母の拡大がかなり劇的に起こる可能性が「リターン増」に繋がる。そりゃ100人が遊んで一人楽しいというゲームと、10000人が遊んで10人が楽しいというゲームだったら、後者の方が売れるのだ。

だから今後はもっと体験版が増えていくと思う。特にそもそも分母が少なく、かつ固定ファンが少ないオリジナルタイトルにその意味がある。知ってもらうことと、意外と面白いことによる「買わない→買う」スイッチを入れられる可能性も生まれるからだ。だからジャンヌダルクやロストプラネット、ロストオデッセイなどは非常に理にかなった体験版だと言える。
※まぁ最後のは「やっちゃまずかった」内容だったけど(^^;

しかし続編モノはそうではない。シリーズのファンは当然過去の作品より良いモノを期待するし、その目はシビアさを伴う。ほっておいても買う層は間違いなくいるが、そういう連中のコメントが「買おうか買うまいか迷っている」人達のテンションを下げることは十分にあり得る。というか確実にある。

そんなことを踏まえつつも僕は体験版が楽しみでならない。PS3なんざ体験版のために買いたいと思ってるくらいだ。まぁそんな気持ちになったのも、360でプレイしたロストプラネットやスーパーマンリターンズという良質の体験版があったればこそなんだけどね。グランツーリスモHDはどうなんだろうな。

ちなみに僕が「買う気がなかったのに買う気になった」のはロストプラネットが初めて。で、買う気が削がれたのはゼノギアス。最初から買う気で体験版も楽しかったのはR-TYPEデルタ「だけ」かな(^^;。あ、天外魔境IIも体験版が楽しかったや。この二つ。みんなは体験版に思い出とかあります?

|

« 地球防衛軍3~その4~ | トップページ | PSPでGBA »

コメント

はじめまして、こんばんは(^^
PSUの記事の頃からほぼ毎日通わせて頂いておりました。今回初めてコメントを書かせていただきます(^^ というのも、XBOX360ロストプラネット初回限定本体を今日購入したからです。もうね、なんていうかクリスさんに凄い影響受けてしまいましてね(^^; 同年代の方で、なおかつ現在進行形でゲームに対する情熱を燃や続けておられるクリスさん、尊敬します!!仮に私が20代の頃の情熱を現在も保ち続けていればクリスさんのようになれたのかと、いつも考えさせられます・・・。で、今回の360の購入です!!昔のように自由になる時間もあまりないですが、やっぱり自分が好きな物は出来る限りやっていきたいなと。私もゲーマーの端くれですから。情熱よ!再び!!ですよ。

これからもクリスさんの活躍に期待しています。

投稿: CARAS | 2006年12月21日 (木) 21時25分

はじめましてCARASさん、クリスですどもです。つか「PSUの記事の頃から」って僕のブログで言うと、

 一番ツマンナイ頃から

ってことなのでは?(^^;。なんつかその頃から割と辛辣な、というかぶっちゃけクチの悪さを露呈するような文章が多かった気もしますが、そんなことなかったのかな。でも定期的に読んで下さる常連さんはホント嬉しいです。ありがとふ。

今360を買うなら、ロストプラネット同梱版以外ないくらいガチの選択だと思います。モニターが欲しくなる(持っていれば問題ないのですが)のが出費を上乗せしてしまいますけど、いざ踏み込んでしまうと、なかなか過去のビジュアルには満足出来なくなる自分がいたりして。
※この場合の過去は「過去のポリゴン」とお受け取り下さい。ドット絵は永遠に不滅ですからっ!

特に360初体験がロストプラネットということになると、それはもう「PS3ってこれより綺麗なの?マジで?ホントに?ウソでしょ?」と言いたくなること受け合いなのではないでしょうか。つかまぁ1080pで動いてるPS3動画を見る機会がほとんどない&自宅で可能な方も少ないでしょうから、リアルな話世界最高水準なんですけども。

ただ、僕と同年代となると、案外「グラフィックは二の次なんだよね~」という方もいらっしゃいますから、案外「思ったより『絵だけ』なゲームだな」と思われちゃったかも知れませんね。もしよかったらまた感想聞かせて下さい。

なんか話が支離滅裂ですけど、とりあえず360のコンテンツでは、、、

・アーケードから「GeometryWars」。
・体験版から「スーパーマンリターンズ」「テストドライブ」「トゥームレイダーレジェンド」「ファイトナイトラウンド3」。
・ムービーから「アイドルマスター」「トゥームレイダーレジェンド」「N3」「KARAS(アニメ)」。
・買うなら※あくまで比較的、ですが「プロジェクトゴッサムレーシング3」「デッドライジング」が最新風。面白いのは「地球防衛軍3」。

というところでしょうか。ちなみにトゥームレイダーレジェンドは調べてみるとかなりいろんなハードで出ていてビックリ(PS2、360、PSP、PCとGBAでも出てました)。先日行った大須のPCパーツコーナーでロー、ミドル、ハイクラスの映像比較ソースとして使われていたのですが、360はミドルより上ハイより下というランクですかね。ただPCゲームにありがちな「ぎこちなさ」は否めないので、360の体験版はやってみる価値があるかと。タダですしね。

なんにせよコンゴトモヨロシクです(^^)。

投稿: クリス | 2006年12月22日 (金) 04時18分

今日はっていうか0時からGT HDダウンロード可になってます。いい年こいて0時をカウントダウンしながら待ち、ダウンロード・・・おそっ。せっかく光回線でもサーバーが激混みではこんなものか。なんとかダウンして一週して昨日は終了。その後、一時過ぎには鯖落ちしてたようだ。無料版というだけあってたんたんとタイムアタックくらいしかありません。車は基準タイムをクリアすると増える。タイムランキングはネットにも対応して競えるようです。グラフィックはPCサイトでも確認できますが事前にムービーで見てたのであのままゲームになってます。

投稿: 壬生 | 2006年12月24日 (日) 09時56分

HDはやはり店頭版とは大差ないのですね。強いて言えばインプレッサが使えなくなったくらいでしょうか。でも無料というのは魅力的ですよね。PS3の体験版も初期設定をアメリカで始めると3つの体験版がダウンロードできるんだとか。体験版目当てで買うにはあまりに大きい出費とも言えますが、今の僕のゲームスタイルを鑑みると、案外それが丁度いいのかなぁとも思ったり。っていうかむしろ全ゲームの体験版をプレイさせてくれるなら、毎月1万くらい払ってもいいなぁと思ったり(^^;。

投稿: クリス | 2006年12月24日 (日) 22時16分

こんばんは。基準タイムをクリアしていくどんどん車が増えて、最後はフェラーリ。版権高いだろーなぁ。
最後までクリアするとさらにゲームモードが増えました。このゲーム店頭での評価にはまったくむかない。かなりシビアなゲームですから、ゆっくり家で真剣に向き合わないと真価ははかれない。そーいう意味では体験版はよかったと思います。
アメリカ垢での体験版はもっと多いですよ、安心して買ってくださいね爆。垢は日本、アメリカどっちもとれます。リッジもコース追加されたようです。コースまで無料追加するとはナムコもふとっぱらだなぁ、買ってないけど。

投稿: 壬生 | 2006年12月25日 (月) 00時06分

ばんわです最近歯が痛くてかなわんクリスですども。
599でしたっけ?フェラーリ。エンツォより好きですが、なんか
らしくないというかどっかで見たことがあるような既視感にとらわれるような外観ですよね。かっこいいから問題ないけど。
ちなみにPGRの次回作デモでも出てきました>この車。

体験版は発売日以来より増えてるってことですかね。ゲーム買わなくてもホント楽しめそう。もし買ったらアカウントの取り方とか壬生さんレクチャーお願いします。っていうかお小遣いプランとしては4月頃の購入になりそうですけど(^^;。

投稿: クリス | 2006年12月25日 (月) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/13132329

この記事へのトラックバック一覧です: 体験版を出す勇気:

» wiiのゲームソフト [Wiiは任天堂 Wiiは次世代ゲーム機]
Wiiのゲームタイトル一覧(ウィーの - いちらん)では、Wii対応として日本国内で発売されたゲームソフト。 [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 07時07分

« 地球防衛軍3~その4~ | トップページ | PSPでGBA »