« 子供の自慢 | トップページ | ちょっとだけ愚痴・・・ »

2007年1月21日 (日)

シャイニングフォースイクサ~その2~

昨日はあんまし(つか全く)やらなかったけど今日は結構やった。ただ正直感想自体はあまり変化がない。要は、

 インフレ

なのだ。前作のよかった点、スタッフが得意とする方向性や作り込みが量的にも質的にもそのままのベクトルで伸びている。だから安心して楽しめる一方でそれほど大きな驚きはないし、前作が他のタイトルと比べて特筆して相性がよかった点はそのまま今作でも「ぶっ通しでやり続けてしまう」魅力にも繋がっている。

プレイしたことがない、もしくはどんなゲームなのか興味があるという人に対してこのゲームを説明すると、どうしてもその表現はシンプルなモノになってしまう。

 とにかく敵を倒し続けてどんどん強くなっていくゲーム。

この言葉にほとんど全てが込められてしまう。しかし、このゲームの魅力はその短い言葉の内側に込められたレスポンスであったり、モチベーターであったりするのだ。

イクサはとにかく自分が強くなることに対して枷(かせ)が少ない。通常RPGであれば、自機が強くなりすぎることによってバランスが崩壊し、ゲームをつまらなくさせてしまうのではないか、という懸念のあまりプレイヤーを知らず知らずのうちにでも束縛してしまっていることがままある。それはゼルダでいう柵であったり、ドラクエで言うショップの品揃えであったりする。実際「その場所には不適切なほど強く経験値やお金の実入りの大きい敵」を登場させたビッグタイトルは、FF2くらいまで遡らないとたぶん見つからない。なぜならせっかくの物語が台無しになってしまうおそれが強いからだ。「凶悪なモンスター」が一撃で倒されてしまっては、プレイヤーが白けてしまうと思われるからだ。

しかし、イクサはそうじゃない。多くのプレイヤーを「経験者」と見ている節がある点も否めず、かつそういったプレイヤーが望んでいるのが、「いわゆるセオリー」とは別のものであることを作り手がしっかりと認識しているからだ。主役が決して物語ではなく、「戦闘」そして「成長」であることをはき違えていないからだ。

それはつまり順序よく話を進めていくことからの逸脱を気持ちよくOKしてくれる懐の深さとして具現化されている。要するに「ここから先は物語の進行とは無関係なほど強い敵が出てくるよ!?行く?行っちゃう?」みたいな看板がそこかしこにある。でもってその強さもこれまたあきれ果てるほどだったりもするのだ。わかりやすい表現をするなら、ドラクエ1でロトの墓の奥にダースドラゴンがいたりするわけなのだ。

だから何も知らないプレイヤーにとっては、「なんて強い敵を配置してるんだよ、この序盤に!」という憤りにも似た居心地の悪さを感じさせてしまうかも知れない。マップはどんどん伸びていくので、物語とは無関係に先へ先へと進んでいくことも容易だ。これまたドラクエで例えるなら、サマルトリアの王子を見つける前にカジノの街にたどり着いてしまうような、、って2にカジノはなかったっけ?

それはしかし僕のようなストーリーよりシステム、「経験値が稼ぎたい」人間にはとってもたまらない配置でもある。要は気持ちよく強くなっていきたいのだ。常に目の前に小さな目標と中くらいの目標と大きな目標をちらつかせて貰いつつ敵をガンガン倒し続けていられたらそれで幸せなのだ。飽きさせない為の工夫をきっちりやり通すことは決して容易ではないが、それさえ出来ていれば、前作からの変化の少なさなど大した問題ではない。敵に与えるダメージが一桁ずつ増えていくたびに僕の口元は思わず緩んでしまう。そしてその直後に絶望的な強敵が登場し、泣きそうになりながらも育成を見直し、武具を探し求め、生まれ変わったような強さを手に入れる。その繰り返し。

合わない人には合わないだろうけど、やり方さえ間違わなければ、かなり一般的な楽しさだと僕は思う。だってRPGがここまでヒットした根底にある魅力ってそういうものだったはずだと思うから。

|

« 子供の自慢 | トップページ | ちょっとだけ愚痴・・・ »

コメント

2にカジノは無いですね。
福引きならありますがサマルトリアの王子を
仲間にする前にそれがある街に訪れるので
特にバランスの崩壊は無いですね。
2でたとえるなら
ローレシア城の地下牢屋の悪魔神官と
サマルトリアの王子が仲間になる前に戦えるとかですかね?
普通の状態じゃまず勝てないし勝てば
「いかずちのつえ」が入手できますし。

投稿: きむきむ | 2007年1月21日 (日) 06時57分

ちすきむきむさん、クリスです。
トゲのある表現になってしまうとツライのですが、2にカジノがないことはわかって書いてますよ(^^;。それに悪魔神官の例えでは読み手にニュアンスが伝わりません。「カジノが序盤じゃないこと」は多くの読者が理解できますが、悪魔神官のいる地下牢は僕ですら覚えていない上に、伝えたいことの本質が「戦えること」ではなく「強くなること」ですからね。でもこれも個人的な感覚に依存する話なので、正直ピンと来ないかも知れません。僕の意図が伝わればいいのですが・・・。

投稿: クリス | 2007年1月22日 (月) 00時34分

自分の読解力不足でした。カジノに関してはわざとだと気づけませんでした。
FC版のバランスなら
いかずちのつえは17000くらいで売れて
売ってから復活の呪文で再開することで
また取れるから実質装備の強化に繋がるから
ゲーム的には強くなるんですけど理解はしにくいですね。

投稿: きむきむ | 2007年1月22日 (月) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/13595529

この記事へのトラックバック一覧です: シャイニングフォースイクサ~その2~:

« 子供の自慢 | トップページ | ちょっとだけ愚痴・・・ »