« 「あ」のつくゲーム | トップページ | X-MENファイナルディシジョン »

2007年1月11日 (木)

くだらない話

先日パートさんが、

「我が家ではこのワンランク下のヤツも一口食べて捨てた」

と言ってレトルトのカレーをくれた。茶色いパッケージだったけどかみさんが既に箱は捨てられてしまって名前も思い出せない。とりあえず

 極辛口

とは書いてあったような気がする。で、今日の昼飯にそれを食したわけだけど、まず注意書きにもあるけど「決して最初に全部掛けないように」とはまさに至言。パートさんにも言われたけど、「全部捨てることになりかねない」勢いの辛さ。

最初の一口はまぁ「辛いな」くらいなんだけど、中盤で辛さは目にくる。涙があふれてきて、のどが熱くなる。終盤はご飯対ルーの比率が前半戦の3倍くらい白飯が増えるんだけど(※泣くほど辛いから)、結果あまり味がしないというよく分からないスパイラルに陥ってしまって、いつもの1.5倍くらい白飯を食いつつルーはいつもの3分の1くらいしか消費しなかった。

「そんなに辛いなら食べてみたいな」

という方もいるとは思うんだけど、ほんと名前も忘れちゃったからどうしようもない。ぶっちゃけ「生産性がない」話ってのはこういうののことを言うんだろうなぁ。あ、そうか。もしみなさんが食べた辛いカレー、分かる範囲で教えて貰えたらこのカレーと比較できますね。

|

« 「あ」のつくゲーム | トップページ | X-MENファイナルディシジョン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/13446007

この記事へのトラックバック一覧です: くだらない話:

« 「あ」のつくゲーム | トップページ | X-MENファイナルディシジョン »