« DSマジコン | トップページ | 演出の話 »

2007年1月 9日 (火)

コミュニケーション

今日はいつもなら泊まりの仕入れを日帰りで済ませてきたので結構眠いです。なので、かなり短いです。最近ミドル級のトピックスが多かったので、物足りなく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、何とぞご了承下さい。

今日は大阪へ仕入れに行くも1月は基本ひまな月なので、余裕のあるタイミングでバイヤーと与太話に興じることがあったりする。当たり前と言えば当たり前なのだが、ここでのコミュニケーション相手は100%社会人であり、普通の人なので、会話の内容がかなり「素人くさい」雰囲気をまとったりするのだが、それはそれで心地よかったりするので、僕はそういう「初心者との話」が嫌いじゃない。自分の中に見失いがちな視点を再確認する意味でも、ゲームの話題に限らず、いろんな人の見方を学ぶのは無意味じゃないとも思う。

今日話したのは、

・Wiiを買ってプレイしたら手が痛い。つい真剣になっちゃって。という話。
 ボクシングやテニスなど最初は軽くやっていてもついつい熱くなっちゃってあぶないという話。でもどこか嬉しそうな表情。CMだといかにもいろんなことが出来そうに見せているけど、正直僕にとってはさほどでもなかったりする。でもきっとこういう人にはMiiでも写真チャンネルでも、かなりの時間楽しめたりするんだろうなぁと思う。

・子供(7歳)にパソコンを壊されたと言う話。家に帰ったらかみさんに「今パソコン点かないんだよ~」と言われ、イキナリ電源が立ち上がらなくなったという。子供が乱暴に扱った痕跡はなく、電源がピクリとも動かないというのはどういうことだろうと相談を受けた。

とりあえず僕の過去の経験談で言えば「自分の出来る範囲で」バラバラにして掃除機を掛けたりケーブルを抜き差ししたりしてみたら?とアドバイス。で、自分のPCは直ったりしたんだけど、さすがに「斜め45度から叩くとちょうどよく直るかも」とか、リスキーなことを口走ったりする辺りに素人の「良さ?」みたいなものをかいま見る。つか僕も店の電話はよく叩いて直すけどさ。子供にはあんまし怒れなかったっていうのは最近怒りっぽい自分には学ばなきゃならないなぁなどとも思いつつ。

・ポケモンにハマってたけど、娘に勝手に進められて半ギレして放置してるという話。僕らとほとんど同世代の女性バイヤーなんだけど、初めてポケモンをやって思わずハマりこんでいるという。進行度的には以前登場した鈴木さんとほぼ同等で、テンガン山のディアルガにたどり着けないという程度。

攻略本は自ら封印してはいるものの、「普通やっていて気づかない」ような話に対しての食いつきは尋常じゃないものがある。僕もきっとそうなのかなぁとも思うけど、相手がネタバレに関して「さじ加減がわかっている」人の場合、安心して話を聞くことが出来る。フカマルの洞窟や、種族値、個体値、努力値の話。使えるポケモンの話などで軽く花が咲く。

全ての人が楽しめるわけじゃないけど、ポケモンは決して出来の悪いゲームじゃない。特にある程度の年齢でゲームから離れていた層になら、かなりの確率でヒットするんじゃないかとすら思う。でも「かわいさ」を中心にポケモンを集めているというスタンスは、素人ならではというか、女性ならではというか。なんつかソレって結構かっこいいと思うんだよね。

・エロ系のバイヤーが「最近ロリとか萌えとかに染まりそうで怖い・・・」などと言い出す始末。そこで僕の口からは「アイドルマスターというゲームがあって・・・」などと言い出す始末。あまりにも相手が引きまくるので、思わずズイズイと前のめりに力説する自分。つかやったことないのに我ながらよく言うよ、と思いつつ実際普通の一般人(未婚男性)にどの程度訴求出来るかどうかは、全く持って未知数なんだよなぁと振り返ってもみたり・・・。

でも正直自分がこの半年くらいで「萌えた」と認識したのはやっぱこれとつよきすくらいなんだよね。まぁさすがにつよきすはビジュアルよりもボイスの力が強いタイトルだから、一般人に「これ面白いよ!」と勧めるワケにもいかないんだけど、アイドルマスターは打率3割、、、希望的観測かなぁ。

ちなみに彼には過去なんどかエロ系のソースを提供していたんだけど、今日は開口一番「40インチのフルHDブラビアを買ったので、新しいエロをくれ」と言われた。40インチでエロ・・・。それはそれで男らしい。

・ゲームとは関係ないけど、僕は相手を「自分の好きなように」呼ぶ。下の名前で呼んだりするのはザラで、名字のあだ名で呼んだり、呼び捨てにしたりすることもあるし、年上なのに「ちゃん付け」することも。相手は僕がお客である以上嫌な顔はまずしないが、一人だけ「アッキー」もしくは「あきちゃん」という名前で呼ばれることを極端に嫌がる人がいる。「人が嫌がることをしてはいけません」というのは幼少のみぎりより再三言われ続けてきたことだが、ぶっちゃけ「言われ続ける」ということは何度でもしてきたりもしたわけで、ついつい僕は彼のことをアッキーと呼んでしまいそうになる。でも正直「アッキー」より名字のあだ名化した「オカピョン」の方が恥ずかしいと思うのだが、これもまたいろんな人がいるということなのかな。

--------

話た人の中に「いじられキャラ」の人がいる。本人はストレスが溜まりがちなのだけど、回りからはかなり好かれていると思う。僕も彼のことが大好きなのだが、本人はやっぱりストレスが溜まりがち。気を遣うというか、弱腰というか。

以前登場した鈴木さんのように深夜いきなり1時間弱の車を走らせて遊びに来るというキャラクターも僕は非常に素晴らしいと思うし、そういう「ソウル」は見失っちゃいけないとも思うんだけど、「いじられ属性」というのはそうして願ったから手に入るというものではない。「素人くさい発想」と「初心者としての視点」も似て非なる物。

当たり前だけど世の中にはいろんな人がいて、いろんな考え方があって、いろんな価値観がある。何が嬉しくて何に腹が立つのかも人それぞれ。だからなるべく自分だけの考え方に固執しないように注意を払っていないと、すぐ独りよがりな視点に落ちてしまう。いろんな人と話をすることの最大の効果は、そうした偏りを修正するという意味合いが強いかもなぁと今思った。エンジョイコミュニケーションだぜ!

|

« DSマジコン | トップページ | 演出の話 »

コメント

こんばんは~。
以前からクリスさんが言ってらした、アイドルマスターがどんなゲームか
判明しました(^^;
ファミ通WAVE2月号を観て、ギュギューンと心を引き付けられましたよ!!
いいんじゃないですか!?このゲーム。
「萌え」ってやつがこの年になって初めて分かった気がします。
でも、買いに行くのはまだしも、予約するのはちょっと・・・・。
恥ずかしいかも(^^;

投稿: CARAS | 2007年1月10日 (水) 23時31分

ちすCARASさん、クリスです。
アイマスはデモの歌ってるところがすこぶるいいので、思わず
心が動いてしまうのですが、正直な話内容自体は
プリンセスメーカーとかときめきメモリアル、パワプロみたいな
パラメータ上げゲーだと思うんですよね。で、自分は結構
それ系のゲームが苦手だったりして。

キモである歌唱シーンをおかずに、どれだけ自分のモチベ
ーションを高められるかがポイントになると思います。

ちなみにもし買いたくても予約しないと難しい思いますよ。
あ、限定版は予約しようとしても買えませんけど(^^;。

投稿: クリス | 2007年1月11日 (木) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/13397553

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーション:

» ポケモンの努力値を上げていきましょう。 [ポケモン努力値を上げましょう]
ポケモンの努力値の増やし方と出現場所など。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 15時35分

« DSマジコン | トップページ | 演出の話 »