« つかPCの調子が超悪い | トップページ | 牙狼~白夜の魔獣:後編~ »

2007年1月28日 (日)

シャイニングフォースイクサ~連載復活か!?~

今日おもむろに携帯を取るとその昔はウチの店でバイトをしていて今は立派に社会人をやってる「よっちゃん」(仮名)からTEL。そう言えばつい数日前に、

 「よっちゃんよっちゃん、ネオの続編が出たから買え!」

とTELしたばかり。その時は「すぐに買いますよ~」なんてリアクションだったのが、つい昨日の時点では「まだ買ってないんすよ~」という甘ったれたリアクション。つか社会人になるととかくゲームから足を洗う不戦の輩が出てくるものだが、よっちゃんオマエもか・・・。

と思い大切な何かをどこかに置いてきてしまったような空虚感に苛まれながら今週のファミ通をパラパラと読んでいた最中のTEL。

 「店長、買いましたよ!」

おおよっちゃんオマエはブルータスじゃなかったようだな。
※注:このブルータスはBlueTasuさんのことではありません念のため(^^;。

しかし僕はここで調子に乗って「面白いだろ?」なんてことを言ったりしないのです。最近は疑り深くなったというか、相手の空気を微妙に察知しながら慎重に前に進むようになってきていて、っていうか一緒に暮らしてる子供でさえゲームの好みが多様化しているのに、ネットの向こう側、電話の向こう側の相手と完全なる価値観の疎通が出来るわけもないのだ。だからここはグッと堪(こら)えて、

 「何時間くらいやった?」

 「これはキてますねぇ!」

つか会話になってないのである。ちっともこっちの言うことなんざ上の空なのである。むしろ「面白いというこの気持ちさえ伝えればそれでいいジャン!」な心境が電話口からモロバレなのである。つかむしろそれはそれで嬉しいのではあるが、、、。

 「何時間くらいやった?」

 「イノシシがいいですねぇ」

つかまだ聞いてない。人の話を聞く気が感じられない。むしろ自分がどの辺りでフックしたのか、店長はどうだった?とでも言わんばかりのボルテージである。むしろ大切なものを俺はわかってるから、とりあえずしゃべらせろよな、状態である。

 「だからとりあえず何時間やったか教えろってば」

 「え、、と3時間くらいですかね」

これでようやっと一息つくことが出来た。要するに序盤があまりにも前作譲りだったというか、ボルテージを上げづらかった自分がいるので、プレイ時間によっては「まだ乗れてない」ところでのTELという可能性も捨てきれなかったのだ。しかし3時間もやればそれはない。っていうかむしろ僕があれだけしつこくやりつづけた「3章」を抜けてしまっている可能性すらある時間数だ。

 「じゃあ今3章でブラックメタルを・・・」

 「ああそこっスよ。ちょうど今そのあたりッス」

こうなってくると話は別だ。もはや一刻の猶予も許されない。僕は全身全霊をもってよっちゃんに「より僕らが楽しむための方法」を伝授しなければならない。それこそが「オススメして買わせた」者の努めであり、今後の僕自身のイクサライフを豊かにするかどうかが掛かっている。

※この辺りのネタバレが出てきます。要注意!

 「よっちゃん、あのイノシシがいた辺りで左に行くとストーリーが進むんだけど、あえて下のルートを通ってみた?」

 「いやそんなんあったッスか?」

 「そりゃヤバイ。今すぐそこに行くべきだ!」

緊急事態である。ここで先に進むことは死を意味する。つかそんなことはないが、まぁもったいないオバケが出てしまう。

僕らのネオもしくはイクサのスタイルと言えばこうだ。

 「まず強くなる。そしてなお強くなる」

例えばいろんな敵を倒すために便利なスキルというものがイクサにはたくさんある。例えば以前も書いたが鎧を持ってる敵を倒しやすくなるスキルや剣の振りが速くなるスキル、氷の魔法が強くなるスキルなどいろんなスキルがある。しかしそれらを安易に手に入れて進むことは逆に強敵を自ら無くしてしまうことにもなりかねない。

 とにかく先に進まずに出来るだけ強くしてこそのシャイニングフォース!
 シナリオ上の敵はアリを踏みつぶすように通過してこそのシャイニングフォース!
 潜れるだけ潜ってこそのシャイニングフォース!
 とりあえず経験値、武器、ミスリルをクレ!のシャイニングフォース!!

なのである。だからこそここで先にそのまま進むのはもったいないと警鐘を鳴らすのだ。脇道の先が結構長いから先にそこへ行くべきだとアドヴァイスをするのだ。あどヴァいすをするのだ。別に繰り返す必要は全くない。そして問題もない。

するってぇとよっちゃんは「ですよね!」という非常にスムーズかつ気持ちのいいリアクションをくれる。前作でも「やっぱ連続攻撃でダメージが増える武器が最高ッスよ!」と息巻いていただけのことはある。当然のごとく今回も狙っていると吐露する。

しかしここから先のアドバイスは慎重にならなければならない。いかにしてモチベーションを高めていくのか。いかにして心を折るほどの強敵とタイミング良く戦わせるのか。つかぶっちゃけ、

 シナリオで手に入るスキルがなかったら、たぶん僕が到達した地点が限界だと思う。だからこそ、その状況(3章)で、こいつとこいつを倒せたらよっちゃんスゲェよ!?

ってな話をして煽る。やる気は十分であるし、僕とは大きく進度に開きがあるため、あえて僕が歩みを遅くして進行をかぶらせるのも手である。

 ゲームとは価値観を同じくする人と一緒にやるのが一番楽しい

のだ。そしてそれこそが最大の財産でもある。むしろお金を払ってでも彼にやらせるべきソフトだったと言ってもいい。

 そのくらい彼のリアクションは僕を愉快な気持ちにしてくれた。

一旦は書くのを止めようと決めたイクサの話だけど、ここに来て焼けぼっくいに火が入った状態となった。今日はPCの調子が悪くて四苦八苦していたけど、
※現状とりあえずやや安定。でもいつ落ちるかわからない。
明日からまたイクサを始動しようと思う。つか一旦進めちゃったシナリオだけど、ここはあえて

 潜るか!?

という感じである。ちなみに何も知らないウブなチェリーボーイにわかるように「潜る」を説明するなら、ぶっちゃけ序盤で味方相手に攻撃や魔法を繰り返し繰り返し使うFF2みたいなモンだ。っていうかそれは本質的にはあっているが見た目は全然違うな。まぁ好き勝手経験値や武器を稼げる場所があって、それをより深くまで降りていくことを指すんだけど、、、ってまんま説明してどうするよオレ。オチもクソもないよオレ。ひとりにしないでよみんな。がんばるからさ。とりあえず元気に明日も仕事です。ってもう「今日」か。

※余談だけどイクサネタでブログの来客数が過去最大クラスに伸びてるんだよね。1150人くらいだったかな。つかウチのブログ来てもなんも新しい情報とかないんだけど、むしろネタバレだったらwiki行きゃなんでも揃ってるわけで、ここはあえて自分のペースで歩いていこうかなって感じです。イクサ目当てで来た人も情報は期待せんでくれたまえ。あ、ネタバレは頼むから勘弁してね。パパからのお願いだ。

|

« つかPCの調子が超悪い | トップページ | 牙狼~白夜の魔獣:後編~ »

コメント

イクサ復帰?おめでとうございます。

ロードス、ネオとプレイしてますが、今回、訓練所が熱いですよね。

20階がなかなか超えられかったんですが、今はなんとか25階までは越えられました。けど26階からは心が折れちゃったんでシナリオを先に進めてしまいましたよぉ。。。

最近、未クリアなゲームが多いんで(M○THER3とか、ゼル○とか)、イクサくらいは久々にクリアしたいなと思っております。

投稿: Negitoro | 2007年1月28日 (日) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/13686353

この記事へのトラックバック一覧です: シャイニングフォースイクサ~連載復活か!?~:

» Wiiのソフト 縁日の達人 [ゲームが趣味のゲームが趣味によるゲームが趣味の為のブログ]
ご家族みんなでワイワイ屋台巡り。 ヨーヨー釣り、射的、輪投げやらなげやらなんやら、日本人なら誰でも知っとる「縁日」の屋台遊びを、Wiiのコントローラー... [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 14時32分

« つかPCの調子が超悪い | トップページ | 牙狼~白夜の魔獣:後編~ »