« Gunroar | トップページ | 快適な環境でのプラモ作りについて »

2007年1月 7日 (日)

DSとPSPとセカンドライフ

いじればいじるだけ結果が出ると言う感じの携帯機2種。いい悪いは別にして現状ではこんなことが出来るということを書いてみる。
※ただ実際はそれらにはすべからくハードルが存在し、どれも買ってすぐハイ出来ますよ、というわけにはいかない。具体的にはDSは外部機器が別途必要だし、PSPは本体の基板やファームウェア(新しいソフトを動かそうとすると自動的に書き換えられてしまう本体内蔵のOSのようなもの)のバージョンに縛りがある。ただし、言い換えればそれらを全て理解し実行出来れば、こんなコトが出来るようになるという話。もちろんかなり黒い。

●DS

・SFC、PCエンジン、メガドライブ、ファミコン、セガマークIIIのエミュレータが動く。

・実際のゲームからROMイメージを吸い出すことが出来る。

・マイクロSDカードやフラッシュメモリを使って吸い出したGBAやDSのゲームを起動することが出来る。その際容量が大きいものを使えば複数のタイトルを同時に持ち歩くことも出来るし、ゲーム中にリアルタイムでセーブしたりも出来る。

・MP3やテキストファイルを見ることが出来る。

・フォーマットは特異だが動画も見ることが出来る。

●PSP

・上記DSに加えてGBA、MSX、PCエンジンCDROM、ネオジオCDのエミュも動く。MAMEもごく一部は動く。

・特別な機械を使わずに(PCとのUSBケーブルのみで)ゲームからROMイメージを吸い出すことが出来る。

・DS同様それらをメモリースティックに入れて複数同時に持ち歩くことが出来る。UMDを起動しないためモーターを使わず、バッテリーの持ちがかなり伸びる。

・ゲーム画面のスクリーンショットを撮ることが出来る。

・PSPの起動デモを表示しないように出来る。

・PS1のゲームを吸い出したものもメモリースティックから実機並の速度で動かせるようになった(イメージは圧縮されたものでも可能)。

・PCとケーブルで繋いでPC内にあるゲームイメージを起動することが出来る。

・MP3を鳴らしながらフォトを見たり、テキストファイルを読んだりも出来る。

・最新のゲームでもファームウェアのバージョンを上げずにプレイすることが出来る。

・最新のファームウェアで可能になる様々な機能を古いバージョンのまま使うことが出来る。

・自作プログラムを走らせることが出来る。

・エクスプローラーのように内蔵ファイルを見ることが出来る。

-----------

ネットで情報を集めるとかなりいろんなところでいろんなことがわかるはず。本もいっぱい出てるし、なんつかスゲェことになってるなぁという感じ。全てに自己責任という言葉がついて回るが、それらにはウイルスや無保証、破損という言葉も含まれる。

昔はファミコンディスクやSFCでも同じような機械があり、海外の違法コピーなども存在していたが、今はネットの時代。情報の流出に歯止めを掛けるのはほぼ不可能だ。だが、ハイリターンな情報にはハイリスクな流出も表裏一体というのは忘れてはならない。ウイルスとはそういうものだ。

でも個人的にはこういう話は嫌いじゃないので、ついついそういうサイトを渡り歩いて頭でっかちになっていく自分もいる。怖かったり面倒だったりで出来ないことも多いけど、コンピュータや発想の進化とは絶対無関係じゃないとも思う。

週間アスキーを読んでいたら「セカンドライフ」というバーチャル生活ゲームが海外で話題だという。ゲーム内で公式にリアルマネートレードを取り入れ、物を作ったり土地を売り買いしたりして実際のお金として財産を築くことが出来るのだとか。大手メーカーはその「バーチャルだけどバーチャルじゃない」世界に強い可能性を見いだし、広告媒体としてのみならず、実際の商品開発や販売経路としても有効利用しようと動き出している。そしてそんな中で先日ついに一般ユーザーからミリオネア=億万長者が誕生したのだという。

セカンドライフはリネージュやウルティマオンライン、FFなどのオンラインRPGにおける非公式なリアルマネートレードの存在なくしては生まれ出なかったタイトルだと思う。そしてそこから発生する技術や市場が世界を変える可能性が十分にあったりする。

善悪の話は別にして、GBAのファミコンミニや、Wiiのバーチャルコンソール、ユーザーに違法でバラされてはしまったけどPS3からPSPにダウンロードする「ゲームアーカイブス」という発想も、PC上でのエミュレータというものが存在しなかったら、本当に実現したかどうかは甚だ怪しいと思う。

その昔初めてWINMXが世に出た頃、どこかでこんな文章を見かけた。

 「少なくとも流れはこっちだ。」

あれから何年も経つけど、今になってしみじみその言葉を実感する。当時はこんなものが世にはびこったらメーカーは全滅だ、みたいな論調すらあった気もするけど、実際はそうなるどころか、本当にそっちに流れが傾いてる気がする。この流れの先に何があるのか、未来がどうなるかなんて誰にもわからないのだ。

|

« Gunroar | トップページ | 快適な環境でのプラモ作りについて »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/13364689

この記事へのトラックバック一覧です: DSとPSPとセカンドライフ:

» PSPのダウングレードとは [PSPのダウングレード]
「PSPのダウングレード」というタイトルは最近よくネットで見かけます。最近PSPにはまりつつ「PSPのダウングレード」って何だろうとあちこち見て回りました。下手するとPSPを一日中やるのでダウングレードというキーワードが妙に気になるのです。ある方に「...... [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 (月) 15時02分

« Gunroar | トップページ | 快適な環境でのプラモ作りについて »