« マジコン~ミニ続報~ | トップページ | スリザーリンク »

2007年1月19日 (金)

シャイニングフォースイクサ~その1~

飯を食ったりおやつを食べたりしてる時間以外は結構やって、多分最近じゃ久々に集中してプレイしたタイトルになりました。買うまでは誌面上で開発がネバーランドかどうかに確信が持てませんでしたが、やってみたらまぁ間違いないな、と。確認してみたらやっぱそうでした。なので、

 イクサはネオの完全な続編である。

と言えると思います。ですから前作が楽しかった人ならそれなりに楽しめるし、逆に前作が今ひとつだった人には今ひとつなタイトルだと言えるのではないでしょうか。

システムはプレイヤーキャラが二人になったことで、前作前々作(DCロードス島)で主人公を物理攻撃系かのどちらかしかメインで育てづらかった欠点?を上手く解消しています。ミスリルはどちらのキャラが手に入れても「二人分」使えます。要するに見つけた分だけ二人を強化出来るので、気兼ねなく魔法使いと戦士を楽しむことが出来るというわけ。
※一応ヤローは物理が得意で姫は魔法が得意ではあるが、それぞれ逆に特化して育てることも可能。でも実際はそれ用の武具が充実してない分だけ不利にはなる。

序盤から結構な強敵がところどころに配置されていて、「倒す楽しさ」「育てる楽しさ」をちゃんと楽しませてくれます。キャラクターもかなり(ポリゴン人形、デモ人形、静止画全て)しっかり描かれており、割とニュートラルなビジュアルは特別好かれない代わりに気に入らない人もいないだろうという仕上がり。

ネバーランドという会社は割と各ハード1本というかあまり一つのハードに固執しない気質があるようなところで、過去において全く同じハードでの続編リリースというのは、あまり見られませんでした。だからある意味ハードをしっかり掘り下げている分他のネバーランド作品にはあまり見られない「洗練さ」を感じさせる一方で、シリーズのファン向けという甘えも感じたりしちゃうわけです。

とりあえずこのタイトルを購入した人の多くは前作のファンでしょうし、遊び方もわかってると思いますから、細かなところにはあまり触れませんが、マップをガシガシ潰しながら進めていけば自ずからやることは増えていきますし、自キャラが弱くて泣いちゃうってこともないでしょう。強いて言うなら、、、

「一番最初のダンジョンにある封鎖エリアは後から行けない。入るなら最初に入るしかないが、中にはミスリルやお金、そして敵以外に特筆するものもないので、やり直すほどのことはない」

ということと、

「最初のコアは訓練場に使うと吉かも」

ということ。そして僕の評価はなんだかんだ言って高く★★★★だということを伝えて、とりあえずのファーストインプレとしたいと思います。あ、そうそう主題歌は前作の方が好きですが、今作もまんざらでもありません。レビューが味気ない分とりあえず貼っておきますね。
※なんかジャンヌダルクみたい?

「SFEXA.avi」をダウンロード

ちなみに予約特典には190ページほどの「第0章」にあたる小説が付いてきます。やっつけ仕事という感じのしないしっかりとした装丁で、おまけとしてはなかなか高品質だと思いますが、、、たぶん読まないかな(^^;。

|

« マジコン~ミニ続報~ | トップページ | スリザーリンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/13563905

この記事へのトラックバック一覧です: シャイニングフォースイクサ~その1~:

« マジコン~ミニ続報~ | トップページ | スリザーリンク »