« 佐久間一行 | トップページ | 想像力の話 »

2007年2月 9日 (金)

ジノーグ

Gynoug 久々にかみさんが、ゲームをやっている。よく見るとそれはセガサターンのEVEバーストエラー。そう言えばこの作品は結構名のあるデザイナーが手掛けたものだったような気がするなぁと思ったりしつつも、「友達に勧められた」とは言いプレイ。でもサターンのゲームはさすがに今のかみさんの精神状態で勧めるには無理があるんじゃねぇの?と思っていたら、案の定数分で投げていた。

しばらくして今度は「ジノーグを無性にやりたくなった」と言い出した。まぁ好みもあるだろうが「ストレスのツボ」を突かれた後にそれを解消する術として同じコンピュータゲームを使うというのはわからないでもない。具体的にやれるようにしろ、と言われたわけではないが思わずエミュを準備する。

実機は発売日に購入したほど僕はこのジノーグというメガドライブの横スクロールシューティングが好きだ。R-TYPEで刷り込まれたグロ系グラフィックの頂点の一つにして操作はどこまでも軽く、シンプルにワンボタンでショットを撃っているだけでも楽しめる反面、いくつか魔法を集めて戦略的に使うというテクニカルな要素もある。自機は人型ではあるが、人型の割りに判定がかなり小さい為、その面でのストレスが少ないのも好印象だ。

当時かみさんが殊の外このタイトルを気に入って、結構な難度にも関わらずノーマルをクリアするまでやり込んだ。つか「女の子がやるゲーム」「女の子に訴求するゲーム性」ということについて割と真剣に考えるようになったきっかけのゲームでもある。少なくともファンシーでライトなゲームではないこのタイトルが、かなりわかりやすく序盤から琴線に触れていたことはヘビーゲーマーだった自分としてはとても興味深かったのだ。

コントローラーを握ると「一回やれば気が済む」と言いつつ、ためらいなく残機を3→5に設定するかみさん。おいおいそういうところはきっちりやるんだな。などと嗜(たしな)めると「そりゃ当然でしょ」とのリアクション。当然なのかと思いつつ、ふと「残機を増やして始める女子」という時点で既に「普通の女の子」ではないのだなぁと思ったりしたが、まぁ今の時点ではあまり問題じゃない。

「こんなに荒かったっけ?」「全然覚えてないな~」などとこぼしながらポロポロと死ぬ。1回だけと言いながらコンティニューをしてプレイ終了。もうかみさんがジノーグをすることはないんだろうけど、ひさしぶりに見た「シューティングを真剣にプレイする女性の姿」ってのは結構いいもんだなぁと思った次第ですよ。

※ちなみに今だから告白しますが、当時はかみさんがノーマルをクリアしたにも関わらず、僕は裏技で設定出来たイージーしかクリア出来なかったんですよね(^^;。後日、と言っても数年後にノーマルもクリアしましたが、そん時は恥ずかしくて言えなかったな。つかドクマリやぷよぷよ、パネポン、ピクロスを始めかみさんが本気になったゲームで僕が勝てるゲームは一本もない事実に切なくなったりもするな。オセロとか「黒2枚」とかで負けるし。「ジノーグが女子向き」という判断は今思えばもっと根本の部分から間違っていたかも知れないな。

|

« 佐久間一行 | トップページ | 想像力の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/13841709

この記事へのトラックバック一覧です: ジノーグ:

« 佐久間一行 | トップページ | 想像力の話 »