« 出会いと再会 | トップページ | NHKの教育番組 »

2007年2月12日 (月)

モンスターハンター与太話

ファミ通WAVEだかにあったアメリカザリガニのキカイノカラダより、モンスターハンターを取り上げた物を数本見た。つか平井(漫才では割と冷静な方)はことゲームに関しては別人でビックリ。柳原はほっといてもスゲェうるさいのである意味慣れてるけど、いやいやどうしてどうして熱いヤツじゃないの平井。つか友達になれそうな気すらした。

基本はどっぷり足の先から大剣の先までモンハンに浸かりきった平井が素人同然の柳原やファミ通のスタッフとともにオンラインプレイをしてドタバタコメディを見せる流れなのだが、モンハンの仮想空間をイメージさせるビジュアルもあいまって、「まさにそこにいる連中がしゃべっている」感覚に染まる。明らかにゲーム内とゲーム外が線引きされているゲームセンターCXとは大違いで、どちらが良い悪いという問題ではないが、これはこれでとても新鮮かつ愉快に映る。

つか何をどうこう言うでもない、単純にモンハンのオンラインが凄く面白そうだと言いたいだけだったりする。アメザリがプレイしていなくても、別にそこら辺に転がってるようなごくごく普通の一般人同士がパーティを組んで既に何度も倒し慣れた敵が相手だったとしても、きっとオンラインであるがゆえの「ゆらぎ」は発生するのだろうと思う。ちょっとしたきっかけで笑いが起こるんだろうと思うし、いつもと同じ景色がきっと違って見えたりするんだろうと思う。きっと敵の強さもかなり変化があるに違いない。

きっとこうやって書くと多くのモンハンオンライン経験者は、「そうだよオマエもやればいいのに」と思うんだろう。自分がヘタクソな初心者だろうと、オフラインしかやったことがなかろうと、効率だけを追うのが正解じゃない。誰かがミスをしても誰かが補ってあげる。喜びを何倍にも膨らませて、失敗の凹みがよりなだらかになる。

「なんで自分はオンラインをやらなかったんだろう」

ビデオを見ながら思い返す。PSUの為にはHDDを用意して凄まじいトラフィックを乗り越えてプレイしていたのに、それよりもソフトとして遙かに価値も質も高いと思われるモンハンをなぜオンラインでプレイしなかったんだろう。今なら360もあるからボイスチャットをしながらのプレイだって出来るじゃないか。

一作目の映像で柳原が「なんやこれ?」と他のプレイヤーが仕掛けた大タル爆弾めがけておもむろに剣を振り下ろす。ああなんていい空気。別に何回死んでゲームオーバーになったって全然平気。笑いと素材どっちが大切かなんてわかりきってる。少なくとも僕はそう思う。でも羨ましいと思う反面、そうじゃないのかなぁとも思う。みんなは違うのかなぁとも思う。

 怖いのかな。

「わんふぉーおーるおーるふぉーわん」が怖いのかな。いや、自分だけが温度が下がってしまうのが怖いのかも。でもやればやっただけ楽しさもあるのかな。今からでも遅くない気も少しだけする。つかPS2の調子が悪いのがツライ。モンハンの為にPS3を買うか!?

モンハン3ではスタートからオンラインでやるつもりです。今回の話は、僕のそんな意思表明です。今からその時の僕を支えてくれる方を募集します。条件は一つ。「素材より笑顔」。つか苦労して苦労してレアな素材を手に入れた瞬間にしか得られない笑顔もあるんだろうな~。なんだか知らないけど微妙に悶々としているクリスでした。

|

« 出会いと再会 | トップページ | NHKの教育番組 »

コメント

おはようございます。
モンハンなら、今月PSPで最新作が出ますよ。ネットプレイも盛んらしーです。

投稿: 壬生 | 2007年2月13日 (火) 08時32分

今日はなんとか早くに終われたBlueTasuです、こんばんわ。
うーむ、自由時間のなんと素晴らしきことか。

つかね、やっぱモンハンのオンラインは面白いんですよっ!
PS2のはボイスチャットはなく、テキストチャットのみだったので淡々とした感じはありましたが、一緒に共通の敵を倒す、というワイワイした空気はとっても美味いんですよ。
都会から田舎に帰って来たような、そんな新鮮な空気があるんですよ。
何言ってんだ、わたしは。まぁ気にしないでいこう!

とくにPSPで友達や弟とプレイしているときが一番面白かったですね。
やっぱ目の前に繋がった本人たちがいるので、

「おい、お前爆弾おけよっ!」
「起爆するよ?」
「はやいって、ぎゃあああっ!」
「わはははっ!」

「何じゃこいつ、でけぇっ!」
「無理、ぜってぇ倒せねぇっ!」
「うわ踏まれた。死ぬ、俺死ぬっ!」
「よし、逝って来い!」

などと言った馬鹿な会話が非常に楽しい。
PS3では是非ボイスチャットを導入してほしいですねぇ。
その前にそれを買ってプレイする時間があるのかどうか、というところが非常に気になるのですが……是非一緒にプレイしましょうね。

投稿: BlueTasu | 2007年2月13日 (火) 23時40分

ちすお二人さん、クリスです。つかクッキーがいきなり全部消えててビックリ。何事?つか焦ってもしゃあないというか、いよいよHDDが逝く予兆か!?

>壬生さん

今のPSPは結局カスタムファームウェアにしていない状況で、DevhookMODでモンハンP2が動くのかどうか(ファームのバージョンを上げずにプレイ出来るのかどうか)が見えないウチは購入をためらってしまうというのが本音です。もし動くようなら、今月は他に買いたいゲームもないし、やってみるのも一興かなぁと思っておりまするよ。最近はここの常連さんも360を購入なさっていますし、ボイスチャットしながらのPSPネットプレイが出来れば、そりゃ結構最高でしょうしね(^^)。

>BlueTasuさん

季節によって就業時間がかなり変わったりするお仕事なのでしょうか。自分は年間通して午前様になる日は1日あるかないかなので、正直想像の範疇を超えているのですが、とりあえず体が資本というのは真実っぽいので、ご自愛しつつ彼女を大切に・・・ってこれじゃレスじゃない(^^;。

面白いと思ったのはPS2のチャットプレイよりPSPの同時プレイの方が面白いという感想ですね。これはアメザリのビデオを見たときにも思ったのですが、彼らはやはり隣同士でプレイしているわけです。テレビを2台並べて。そうするとやっぱ漫才じゃないですけどお互いの空気をすごく読みやすい。場が出来上がりやすいわけです。そしてその空気感こそが「面白い」を生む最大の土壌なんだろうなぁって感じるんですよね。

モンハンは一秒が生死を分けるゲーム。やはりボイスチャットは必須となっていくのでしょう。現時点ではPSPにその機能はありませんが、BlueTasuさんも360を持っていることですし、いざとなればPSP版でも出来たりするのかも知れませんね。
※あ、BlueTasu邸には無線LANがないのか!?むむ~。
※PS3版はいつ頃出るんですかね。自分のお財布状況ではなかなか買えそうにないなぁ。現時点では新PCの方が優先順位が上なんですよね~(^^;。

投稿: クリス | 2007年2月14日 (水) 01時22分

どうもこんばんは。
モンハンのプレイ時間がもうすぐ700時間になってしまうfurakutaruです~^^

>モンハン

ついにきましたか、モンハンの話題。まぁ3がでるのはまだまだ先だと思いますが期待してしまいます。。
アメザリがプレイしているオンライン・・・面白いですよね~。リオレイア戦で肉を焼くところなんかもう、、グッジョブ!!
とまぁ、何が言いたいかというとモンハン楽しいですよ、と。
もし、3をやる場合は僕もお供させていただきたいですね~^^

ボイスチャットについては、個人的にはないほうがいいです。普通に友人達とボイチャするには何の問題もないのですが、やはり、知らない人たちと会話するとなると上手く話せないのかなぁ~と思ったりもしますね。

>NHKの教育番組

「30になったけどやりかたの間違いで40だと思う」
最高に面白いです。つかツボにハマってしまいました(爆笑)
なかなか面白い展開というか、いろいろと難しい疑問がでてくるのが自分的には楽しいというか。最後の疑問なんかは、たしかにそう思えてしまいますからね。なんで答えを10倍しないのだろう?って。
なんで?どうして?っていう疑問がたくさんでればでるほど、理解できたときにはスッキリ度があがるんだろうな~って思います。
最後に・・・かわいい先生も重要ですよ、と。

それでは今日はこのへんで~^-^ノ

投稿: furakutaru | 2007年2月14日 (水) 19時16分

こんなところにモンハンのプロがっ!furakutaruさんこんばんは。クリスです。つかPC、今度はキーボードが今ひとつ効きが悪くなって泣きそうです。僕からキーボード取ったら何が残るというのくわ!って感じです。とりあえず今はサブPCで書いてます。つか打ちづれーよー(^^;。

ボイスチャットに関するコメント、わかる気がしますね。以前ブルータスさんとカルドセプトやったときは、「しゃべっていないと悪いことしてる気になる」みたいな切迫感に駆られたりしました。でも気心の知れた友人であれば、別段無言でも気に病むことはないんだろうなぁとも思いますし、わかると言っておきながらやっぱ相手次第、経験次第かなぁとも思い始めてますね。ブルータスさんもたぶん今だとまた違うでしょうし。
※あのときはお互いボイスチャットに不慣れでしたしねぇ(^^;

NHKはこの歳になってビデオキャプチャで録画するようになって初めて面白さが見えてくる番組がいくつもありますね。プラネットアースやオンエアバトル、今は終わってしまいましたがプロジェクトXもかなり好きでした。

僕はテレビが嘘を流すことには全然抵抗がないんです。っていうかむしろテレビは本来うまく人をだましてくれる、言うなればマジックのようなものだと思っています。だからやれそんなことは言ってなかったとかやれ検証したデータが嘘だったとかってのは、「じゃあオマエは楽しくなかったのか?」って言いたくなってしまうんですよね。納豆ダイエット、いいじゃないですか。それでやせたり健康になると信じることが大事なんじゃねぇの?って思いますから。

ま、NHKの話からそれてしまいましたが、ゲームや映画、アニメの話題じゃなくても地味にこういうのを折り込んで行けたらなぁと思う次第です(^^)。ではでは!

投稿: クリス | 2007年2月15日 (木) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/13888015

この記事へのトラックバック一覧です: モンスターハンター与太話:

« 出会いと再会 | トップページ | NHKの教育番組 »