« トラックバックって、、、 | トップページ | 今週のファミ通 »

2007年2月 3日 (土)

ロードランナーが面白くないわけ

Loderndf ファミコンが世に出た当初、友人宅でプレイしたタイトルの中で特に僕の心を打ち抜いたのがロードランナーだった。マリオブラザースは正直シンプル過ぎる画面に思えたし、ドンキーコングやギャラクシアン、パックマンはゲームセンターでも見たことがあった。RPG夜明け前は当然のことながらゲームノジャンルとしても他にはスポーツゲームとかラスタースクロールのレースゲームがあるくらいで、ほとんどがアクションとシューティングという状況だったように思う。

当時僕のハートを打ち抜いた最大の理由を考えてみると、やはり「反射神経だけじゃない」面白さというのが挙げられたと思う。パックマンの高次面は完全なパターンを記憶しなければならず、インベーダーも様々な裏技やテクニックがキモとなる。時代の寵児とも言えるゼビウスも、各敵ごとに攻略法が存在したし、それらが曖昧に複合されて演出される難度が、ゲームに奥行きを与えたりした。

 しかしロードランナーは違った。

ドンキーコングのように全くパターンの違う面が解けども解けども現れる。時にはビジュアル重視に、時にはシンプルイズベストに、そして時にはどうしようもないほど難解に・・・。

単純だけど調和の取れた色彩感覚とキュートなキャラクター。シンプルだけど奥が深いシステム。エディットモードで友達とやりとりをしたタイトルは僕の生涯でロードランナーただ一つだ。

 しかし今ロードランナーをやっても面白くない。

なぜか。当時あれほど面白かったロードランナーが今なぜこれほどまでに面白くないのか。テトリスだってスーマリだってゼビウスだってエキサイトバイクだって、当時僕的にとても熱かったゲームは案外今やってもそこそこ楽しめるものが多い。なのになぜロードランナーが面白くないのか。

それは再三僕がブログに書いてきた「モチベーション」の話になる。

当時のロードランナーのモチベーターは、まず僕が「ファミコンを持っていない」という点から立脚する。ファミコンでしか出来ないゲームであるがゆえ、家庭用コンピュータゲームに免疫のない中一のガキンチョゆえ、「ただその存在だけで」とても大きな価値があった。

もちろん他にもゲームセンターで出来ないタイトルはいっぱいあったが、ロードランナーだけにこれほど心を奪われたのは、そもそものゲームが良くできていたという点は否めない。じゃあなぜ今そんな良くできたゲームがダメになってしまったのか。

ロードランナーに限らず、サイドビューアクションゲーム全般に言えることかも知れないが、まず見た目の変化に乏しいという着眼がある。当時こそマップ構成の差違に心躍る50面だったが、今では正直1面と2面の差があることすら気付きにくい。しかしじゃあ変化に乏しいだけがゲームのつまらなさを決めていたとしたら、テトリスや今僕が熱中しているスリザーリング、数独はどうだ。あんなのもっとじゃないか。

次に念頭に浮かんだのは展開の遅さだ。前述したタイトルの多くはその場その場でのやりとりが頻繁でゲームへの没入感が高い。数独もまた止めどない集中を楽しむ上で、密度の高さはかなりのものだと言えるだろう。ロードランナーは正直、特に序盤のなだらかな構成にどうしても失速感を強く感じてしまう。

はたしてそれだけが理由なのか。まだロードランナー衰退の裏には別の理由があるのではないか。

ちなみにロードランナーと一言で言っても非常にたくさんのタイトルが出ている。とりあえず僕がプレイしたことがあるものだけで、、、

・FC版
・FCチャンピオンシップ
・アーケード:アイレム版4作
・PC88版:元祖に近い
・アーケード:彩京版
・64版
・DS版

たぶん他にもSG1000にも出ていたと思うけどそっちは未経験。この中で一番毛色が違うのは64版。思いっきり3Dでなんだか別のゲームみたい。アイレム版はさすがに数こなしてるだけあってソツのない見た目と作り。つかR-TYPE前夜のアイレムはロードランナーで食いつないでいたのかなぁとも思ったり。

 で、

今やって一番面白いのが彩京版。意外な気もするが完全固定画面でマップが狭く、ビジュアル重視のコレが一番やっていて楽しめる。で、気づいたのが、

 難しくない

のである。もちろん僕がやったのは初心者コースだったせいもあるのだが、普通にファミコン版の1面とかより簡単で、敵も少ない。ただ淡々とそれでいてある程度の計画性をもって穴を掘り宝を集めてクリアする。気づいたのは、

 自分が難しいゲームが嫌いになっている

ということなのだ。ロードランナーとテトリスの最大の違いは、その難度。アクションゲームだから瞬間瞬間に考えることが必要なのは言うまでもないのだが、ロードランナーのそれは思考型と判断型の両方のスキルを要求する。彩京版が楽しめたとき感じたのは見た目によるモチベーターではなく、難度の低さによる居心地の良さだったのだ。

年齢を盾にするつもりはないが、漠然と面白くないゲームはプレイしなくなってきた。Wiiのゼルダでも長男は「ウザくて面倒でいらいらするけどでも楽しい」とプレイを再開し、順調に物語を紡いでいる。僕はと言えば昨今ハードルを越えてまでクリアにたどり着いたゲームの何と少ないことか。

ただここで誤解して欲しくないのは、「ロードランナーがめちゃ難しい」と言っているわけじゃないということだ。別にロストプラネットやもっと言えば難度で名を馳せた遙か昔のアクションやシューティングとて楽しめないわけじゃない。要はその見せ方の問題なのだ。ロードランナーは序盤においてその難度の上昇に対するスキルを上手く身に付かせるための手順がない。始めて唐突に投げ出され、クリアを問われる。序盤から一画面フルのフィールドだし、ファミコン版に至っては敵の数も固定だったように思う。

 それじゃあ今は楽しめないのだ。

最初はマップがスッゴク狭くてもいいと思う。いろんなテクニックを覚えさせつついろんなアイテムで色づけしていってもいいと思う。今自分が楽しめないのは環境と年齢による変化を上手くロードランナーが取り込めなかっただけで、ゲーム自体は決して色あせぬものなのではないかと思う。

きっとロードランナー以外でもまだまだそういうタイトルってあるんじゃないか。「昔のままがいい」という声にばかり耳を傾け、時代にあったローカライズをためらい、足踏みして埋もれさせてしまっているネタがあるんじゃないか。

今やって面白くないロードランナー。面白くするためのスパイスは、たぶん「味の素の素」並に他のゲームにも効くんじゃないかと思ったりした次第だ。

※写真は彩京版のもの。見た目はあんまし変わらないけどね。

|

« トラックバックって、、、 | トップページ | 今週のファミ通 »

コメント

ロードランナーオイラも熱狂したなぁ
でも今やるとそれほどでもなく思える
やはり年を取っていっているのでしょうね、先日DSで
スペースインベーダーやったんですよ新鮮に思えたし
初めからいきなり名古屋撃ちやってしまいました(笑)
MAMEで昔のゲームを蘇らしてやってみたらなんか昔を
思い出しますよ。   このゲームあそこのゲーセンで
やったやったみたいな感じ
知らないかもしれないけど「ムーンクレスタ」久しぶりに
やったらしびれました。

投稿: macn | 2007年2月 4日 (日) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/13763107

この記事へのトラックバック一覧です: ロードランナーが面白くないわけ:

« トラックバックって、、、 | トップページ | 今週のファミ通 »