« パンクブーブー | トップページ | 邪眼は月輪に飛ぶ »

2007年6月18日 (月)

著作権と共有

別に他意はないと最初に断っておく話。

こないだ読んだ甘い生活の中に、アナウンサーの女の子がいきなり大物俳優相手のインタビュー中に眠りこけてしまうというシチュエーションがあった。プロデューサー的は「即クビだ!」と叫ぶが、その時のクレームの電話より「あの娘は誰だ!?」という問い合わせが圧倒的で、視聴率もグンと伸びてしまう。直後彼は「どうすればいいんだ!?」と頭を抱える。

CCCDが廃止されたのも、あれほど著作権侵害をしているにも関わらずYoutubeが平然と認知されているのも、これと同じジレンマによるものだと思われる。ゲームの中古やコピー問題もそう。デジタルだとかアナログだとかの問題以前に、「何をどうすれば売れるのか」がまず問われる。お金を掛けて広告しまくり、天才と呼ばれるクリエイターを大量に投入したとしても、その作品が売れる保証は全くない。以前ならそれでも十分ペイできたのだが、最近では何か様子がおかしいという空気が漂っている。

とにかく人の目に触れることが非常に大切で、話題に上らなければそれは存在しないも同然。Googleやアマゾンで検索に引っかからないサイトや書籍が「存在しない」と思われることと同義だ。携帯の着うたは確かに1曲当たりの売り上げはパッケージCDのそれを下回り、ヘタしたらどんなルートで拡散しているかわからない。しかしテレビの歌番組の存在意義が下がり、曲の寿命自体が大幅に短くなった「消費型」の音楽業界では、まず何より拡散の速度がモノを言う。より気軽により手軽により多くの人へ接触させることが最終的にはもっとも効果のある宣伝ということになるはずだ。

先日本来の発売日前のジャンプをネットに流したという罪で何人かが捕まった。理由は「早く買えることを自慢したかった」のだそうだ。「まだ発売前だからダメ」。それまでも雑誌がネットに流れるケースはあったはずだが、それが大事にならなかったのはその雑誌がそれほど新しくない、言ってみれば「賞味期限が切れていた」ものだったからということになる。

音楽やマンガやゲームをひとくくりにして正解を導くことは出来ない。が、今後ネットとの付き合いはどんな業界でも避けては通れまい。僕は酒もタバコも賭け事ももちろんドラッグもやらないが、需要があるものは供給が必ず発生する。そしてネットは鎖国された日本でもベルリンの壁でもない「遮れぬ道」なのだ。

近い将来通信速度の高速化が今より遙かに進み、デジタル化出来るコンテンツの価値が急落する可能性がある。それは映画や音楽だけでなく、テレビや新聞と言った巨大資本の企業にもすべからく訪れ、それによって給与を得、裕福な暮らしをしている層に大打撃を与えることになる。製造業も一部の職人でしか成し得ない少数生産品はともかく、インドその他発展途上国の労働力をネットを使った技術、情報の伝達でどんどん洗練、有効利用出来るようになっていき、賃金のグローバル化=地ならしが進んでいくんだそうな。

最後に誰が笑うのか、自分の生活にどんな形で影響するのかは現時点では全くわからない。ただ一つわかるのは今がまだその過渡期、それも入り口であり、これからどんどんこの手の問題がクローズアップされていくだろうということだ。「ウェブサイトとはなんですか?」実際の裁判で問われた質問だが、今後インターネット関連の知識と判断が下せる専門家のニーズがどんどん高まっていくんだろうね。っていうか案外「Wiiの投票チャンネル」のように全世界レベルで「是か非か」の判断が下されるようになったりして。

参考:週間アスキー「仮想報道」

余談だけどこの仮想報道、ほとんど僕が唯一楽しみにしている経済関連の話。まぁ「仮想」ってくらいだから幾分推論を含んではいるのだけど。で、このたびこのコラムの最近のトコをまとめた「ネットはテレビをどう呑みこむのか?」という本が出まして、つい先ほど買って参りました。まだパラパラとしか読んでいないのですが、なんつかまぁ週アスだから読んでるってこともあるかなぁという感じ。面白かったらまた抜粋して紹介したいと思います。

|

« パンクブーブー | トップページ | 邪眼は月輪に飛ぶ »

コメント

株好きのオイラは絶対に買わないのが
レコード会社なんですよ
やはりデジタルなものは価値があるようで
全くないんですからね(^_^)
これから先一枚のCD送るのが数秒になる
時代がくるんでしょうねぇ

投稿: macn | 2007年6月18日 (月) 21時21分

ちすmacnさん、レスども。
「デジタルなものに価値がない」つもりはありませんが、不安定なのは確かに。ただそれ以上にマスメディアの人間はどこかうさんくさいというか、素人からお金の流れが全然見えないのが嫌ですね。一攫千金な業界なんでしょうけど。

投稿: クリス | 2007年6月19日 (火) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/15473070

この記事へのトラックバック一覧です: 著作権と共有:

« パンクブーブー | トップページ | 邪眼は月輪に飛ぶ »