« ファイナルファンタジーVIIクライシスコア~その1~ | トップページ | HALO~その2~ »

2007年9月15日 (土)

FFクライシスコア~その2~

思えばFF12の頃も僕は序盤から出来るギリギリを攻めていたように思う。東に強いドラゴンがいればそいつを倒すまで先には進まぬ。西に死ぬほど強い精霊がいればそいつを倒せる最速を目指す。稼げるところで限界まで稼ぎ、強さこそ正義。強さこそ正解のプレイをよしとして突っ走ってプレイした。またそういう「道」がこっそりと用意されていることに無上の喜びを感じたりもした。

そんな僕のプレイは決して効率的ではない。効率よく稼ぐ努力はするが、それ以上に堅さと心地よさを重視する。前者はボスなどでの全滅は絶対しないという確実な強さであり、後者は「経験値を稼いでいて楽しいかどうか」を指す。そう、僕の経験値稼ぎは他の人とは価値観が異なる。

通常同じ敵と戦い続けることを好むプレイヤーは少ないだろう。毎回毎回変化がないことは作業的で、メリハリも薄い。しかし僕の場合、その数値的な効率さえクリアになっていれば、1時間でも2時間でも、昨夜の場合で言えば4時間でも同じ敵と戦い続けることが出来る。もしかしたらさっさと先に進むことでより効率よく経験値やアイテムが稼げるかも知れない可能性を知りつつ、今の心地よいぬるま湯をどっぷり堪能する。そうすることで駆け足なら30時間でクリアになってしまうゲームを100時間200時間楽しむことが出来たりもするし、他の人がつまずくような戦いすら踏みつぶすがごとき力でねじ伏せたり出来る。

 しかしその場があまりにも安易に用意されてしまってるというのはどうか。

クライシスコアは序盤を抜けるとセーブポイントで「ミッション」と呼ばれる戦闘に特化したフリークエストが出来るようになる。
※正確には最初1つだったのが一気にその選択肢が増える。
このミッションの多くはクリアすることでその次がオープンになるシステムで、当然先に行けば行くほど敵が強くなる。しかし決してそれは幻ではなく、どの戦いでもやられなければ経験値もアイテムも手元に残るのだ。

 だからやろうと思えばずっとここで戦い続けられてしまう。

昨日書いたようにレベルアップはランダムだが、敵の強さにある程度依存している。だから強い敵と戦えばそれだけレベルは上がりやすいし、レベルが上がればアクセサリーやコマンドを管理するマテリアが充実してなくても、キャラはどんどん強くなる。そしてキャラが強くなればミッションを次々に消化していくことが可能になる。

 僕のザックスは開始6時間にしてダークマターやミスリルを手に入れるまでになった。

もちろんそのアイテムがこのゲームにおいてどの程度のレアリティなのかはわからない。しかしこれだけは言える。

 僕のキャラは弱くはない。

序盤で鬼稼ぎしたことで次々にミッションをクリアすることが出来、それによって未来が一気に近づいた。もちろんミッションでの稼ぎは早々と砦での稼ぎに見切りを付けて来た人の方がより早く始められるから、同じ時間で僕より既にレベルが高い人も少なくはないと思うが、重要なのは

 僕がそう感じられること

なのだ。じっくり稼いだからこそのグルーブ感。次々とクリア可能な疾走感がたまらないのだ。早々到達するプレイではこの疾走感は得られない。

だが、ここからが思案のしどころだ。このままここに居座ってしまっても良いものか。難度を見定めつつ稼げば、ここだけでヘタしたらレベルカンストすることもあり得ない話ではない。今までの僕の美学ではそれをよしとしなくもないが、このゲームのシステム上それをしてしまうと、、、

 スロットで777(レベルアップ)が揃ったときに凄くつまらなくなってしまう。

これまで「やった!」と思っていた楽しさを自ら否定するのはどうだろう。FF12でもなんとか板を埋めてしまってから急速に楽しさが薄れてしまったではないか。どうするアイフル。



 「つかクリアなんざクソくれぇだ!」

目の前により強い、そしてより美味しい敵がいるのなら、倒してこそのオレプレイだろう?

現時点ではまだレベルカンストまでほど遠いから、途中でいくらでも選択肢は出てくると思う。だが、今の自分に必要なのは「クリアの称号」ではない。「満足の楽しさ」だ。FF12でも渋々クリアはしたが、それ以上にノーマを倒したり、イージスの盾を盗んだり、トウルヌソルを手に入れたりしたことの喜びが大きく勝っていたはずだ。別にクリアなんざどうでもいい。

 クリスはここでレベル99を目指すことにする。

まだシナリオはほとんど進んでない。アンジールのアニキが失踪した段階だが、思えばFF8でも最初の街のエリアで99まで上げたような気がする。美学は人それぞれにある。今の僕にはこれこそが正解だと思う。

------

このあと友人と少し話をしたところ、

 女っ気がなさ過ぎる。アンジールがキモ過ぎる。道案内がゲームっぽ過ぎて萎える

とのこと。なるほど納得。つか確かに「腐」属性の女性が好んで買いそうっていうかむしろ買ってるのを目にしたとも言っていて、

 俺たちがやるゲームじゃないんじゃねぇの?

という疑念すら沸いているという。

まぁ確かにエアリスのセックスアピールは超低いし、初っぱなから大した露出でもないのにドラムにセフィロスが組まれているところとかもキショいっちゃキショいかも。でもまぁシステムが僕好みなのは事実なので、とりあえず止めません。止めませんが、、、

 今日は頭痛でほとんどプレイできず・・・。

季節の変わり目、体調にはみなさん十分にご注意を・・・。

|

« ファイナルファンタジーVIIクライシスコア~その1~ | トップページ | HALO~その2~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/16450271

この記事へのトラックバック一覧です: FFクライシスコア~その2~:

« ファイナルファンタジーVIIクライシスコア~その1~ | トップページ | HALO~その2~ »