« 表に書けないような話 | トップページ | ネコ »

2007年11月 1日 (木)

思い出から出ずる興奮

★本日二つ目。

実は最近自分のブログで面白かったものをまとめたりしたいなぁと思ったりしていたわけですよ。なんつか最近読者になったばかりの方とかにアピールしたりしたいなぁとか思ったりしているわけですよ。少なくとも自分が読んで、もしくは見たり聞いたりして面白いものを改めて見つめ直したりしたいなぁと思ったりしているわけですよ。

でね、

ふと気付いた検索ワード「avi」。サイト内検索を使って調べると、まぁ50かそこらの動画があったりして、おもむろに見ちゃったりなんかしちゃったりしたわけです。お笑いやらゲーム関係やらがほとんどで、中にはピタゴラスイッチとかあったなぁなんて思ったりしつつ。

でね、

その中の一番古い動画がいったい何だったのかと思ってみると、

 響け!太鼓の達人
http://cris-deepsquare.cocolog-nifty.com/top/2006/01/post_ed19.html

もちろん見ました聞きました。つか今見ても全然色あせないこの素晴らしいオープニング。まだ見たことがない人はぜひ見て頂きたいと思いますが、まぁ数あるゲームのオープニングの中でも3指に入るのは間違いないところでしょう(クリス調べ)。

でね、ふと思ったわけです。

「ニコニコにもないか?」

この動画は僕がゲームからキャプチャしたもので、正直それほど美麗とは言い難いものだったので、もし他のスキルの高い方がアップしたものがあるなら、それをぜひ保存したい、こう考えたわけです。

検索してみると1件見つかりました。で、見てみたら、

 これは、たぶん、もしかして、、、

僕がキャプったヤツ(^^;。ノイズの入り方とか同じ。外枠もソックリ。まぁ別にこれはどうこう言うつもりはありません。むしろより多くの方にこの名作がお見せできたこと、ナムコさんの黙認に対して感謝してこそすれ不満など微塵もあろうはずはないのです。

で、ふと気になったのは説明にあった。

 (フルVer sm88959)

の文字。つかフルバージョンって何よ?

僕の調べではこの曲が収録されているアルバムには、このゲーム動画と同じくらいの長さの曲しか入っていなかったはず・・・。それがなぜ?っていうかこの曲の為だけにCD買おうか迷って、結局ゲーム版と同じようならいらないと結論づけたあの日を思い出しました。それがフルバージョンとは??

 時間も長い!

ゲーム動画はわずか1分40秒。フルバージョンは4分9秒もある。つか、
http://www.nicovideo.jp/watch/sm88959

「これを名曲と言わずして何を名曲と言うのぐぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

というほどに素晴らしいです!最高です!思わず立ち上がって歌ってしまいました。つか涙ぐんでしまうほど熱いです!熱くて死にそうです。体温急上昇。腕も振りまくって歌わずにはいられない。いられないのです!みなさんもぜひ聞いて下さい。

  この曲は★★★★★☆!

僕がブログを始めていくつものコンテンツに点数を付けて来ましたが、現時点ではこれが最高です。10点満点で11点。曲が満点、歌詞が満点、歌手、そしてそれぞれのパート割りともに満点、欠点の付けようがないパーツが幾重にも重なり合ってしまっては、

 満点では足りぬ!足りぬのだ!!!

「hibiketaikonotatuzin.mp3」をダウンロード
※↑マズかったらすぐ消しますので期間限定になるかも。

ハァハァ。つかこれほどの名曲が生み出される土壌があるのに、後続がないのは一体なぜなんだナムコ。つか太鼓の達人にソウルエッジも入れてくれ。

・・・つか以前そのソウルエッジも自分のブログで紹介したのだけど、
http://cris-deepsquare.cocolog-nifty.com/top/2006/01/post_b682.html

もしかしてそれもあるか?と思ってニコニコで調べてみると、、、

 ありました!それも、僕がスンゴイ知りたかった歌詞まで貼り付けて下さってます!

ニコニコ恐るべし。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm33997

We all need to shine on to see
How far we've come on our journey
How far
yet to go
searchin' for our star
Deep in the night I pray in my heart
For that special light To shower me with love
To shower me with power To shine from above
I gotta get to the Edge of Soul
To carry on
what I believed in foom the very start
I gotta get to the Edge of Soul

つか最後の一言は何って言ってんの??

------------

っていうか響け!太鼓の達人はホントにいい。つかこの想いをみんなに伝えきる言葉を探すために僕は今日まで生きてきたのかも知れない(言い過ぎ)。僕らの世代30歳以上の男性で、この歌に熱くならないヤツとはとりあえず友達になれそうにない。つかカラオケとかにあんのかな。あるならマジ行って2時間歌い続けたい。っていうか

 価値観の共有出来る友人100人くらいと大合唱したいっ!スゲェしたい!

つかもしそういう機会があるなら、オレ超練習するよ。マジ練習しまくる。絶対泣く。猛烈に泣きまくる。テンションってのはそういうもんだろう?情熱ってこういうもんだろう?

 大空に響き渡るのさ、時を越えて今

ナムコありがとう。つかアルバムに入ってるのがフルバージョンならマジで買います。明日ナムコに直接電話して聞きます。でも入ってなかったら買いません。

『響け!太鼓の達人』

水木一郎 堀江美都子 影山ヒロノブ

いつの日か この場所で
君につたえるリズム
永遠に響かせ

ドン!カツ! ドン!カツ! ドン!カツ!
ドン!カツ! ドン!カツ! ドン!カツ!
ドン!カツ! ドン!カツ! ドン!カツ!

僕らは 夢を求めてたたく
想いをこめ 届けどこまでも

想いは やがて勇気にかわる
信じるのさ ビート刻むハート

眠れない昨日も きっと
叶わない願いも
いつかは 晴れるから
ココロのバチで闇をさけ

「DRUMROLLING!」

燃え上がれ 立ち向かえ
ココロの征くがままに
高らかに響き渡るのさ
やがて世界へと

いつの日か この場所で
君につたわるリズム
これぞ太鼓の達人

ときはなてソウル

いつかは愛を求めていのる
想いをこめ 君だけのために

想いは やがて翼にかわる
羽ばたくのさ ビート刻むハート

哀しみの昨日も きっと
とめどない涙も 
いつかは とめるから
ココロのバチで舞いあがれ

「DRUMROLLING!」

打ちならせ そのときだ
ココロの飛ぶがままに
大空に響き渡るのさ
時を超えていま

いつの日か この場所で
君とつながるリズム
それが太鼓の達人

燃え上がれ 立ち向かえ
ココロの征くがままに
高らかに響き渡るのさ
やがて世界へと

いつの日か この場所で
君につたわるリズム
これぞ太鼓の達人

打ちならせ その時だ
ココロの飛ぶがままに
大空に響き渡るのさ
時を超えていま

いつの日か この場所で
君とつながるリズム
それが太鼓の達人

響きあえソウル

それが太鼓の達人

※作った人誰?超知りたいし。アルバムやっぱ買おう。マリオギャラクシーより響け!太鼓の達人。そう言いつつ明日になったら心変わりしてるかも。よく言うじゃない?天高く馬肥ゆる秋って・・・。つか今何時だと思ってんだよ。つか情熱があれば眠気はリセットされるな。DRUMROLLING!

|

« 表に書けないような話 | トップページ | ネコ »

コメント

こんばんはー!
ソウルエッジのオープニング、最高ですよね!
オープニングにCGムービーをたっぷり使ってるゲームを見ると『オープニングより、中身にチカラを入れろ!』っていつも思うんですが、ソウルエッジのオープニングは別格です。何度でも観たくなる傑作です。
弦楽器を使ったノリノリの曲、大好きです。
ちなみに最後の文はこれですよー。

I gotta get to the Edge of Soul, to carry on deep in my heart
To love, to shine
To love, to shine
To love!

投稿: フクロー | 2007年11月 1日 (木) 23時12分

はよーです。コメントTHANXです(^^。

結局のところ「良くない」もしくは「好きじゃない」音楽や
映像だからオープニングに凝ってるものが今ひとつに
感じてしまうんですよね。ソウルエッジもこの太鼓の達人も、
ツボにはまってしまえばそれはもう一つの作品として
価値を持つ。

それだけ歌が持つ力が強いってことなのかな。

歌詞サンクスです。そっか、ラストはラブだったんですね。
最後は愛が勝つって言うもんな(^^;。

投稿: クリス | 2007年11月 2日 (金) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/16939321

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出から出ずる興奮:

« 表に書けないような話 | トップページ | ネコ »