« ダンジョンエクスプローラーDS~その1~ | トップページ | ダンジョンエクスプローラー邪神の領域~その3~ »

2007年11月17日 (土)

ダンジョンエクスプローラー邪神の領域~その2~

昨日はタイトルを「ダンジョンエクスプローラーDS」としたのだけど、やっぱり本来の名前の方がいいかなぁと、もし検索してきて下さる方がいたとき、こちらの方がよりポピュラーかなぁと小者らしく変更することにした。つかまぁどれだけの人間が来てくれるのかはともかく。

自分では結構やってるつもりだったのだけど、今し方ファイル選択画面を見てちょっと愕然とした。まだ7時間とちょっとしかやってない。このゲームは基本的にオートセーブで、「死んだらセーブされる」ため、リセットする必要性が薄い。
※ないわけじゃないのは後述。
だからホントに7時間くらいしかしてないということになる。うーん面白いと思うんだけど、意外と時間を超えるタイプではないのかも。結構プレイ中の操作密度も高いと言えば高いし・・・。

そんなわけでかなりやっている。つかこのブログを「全くやる気がない」人に向けるべきか、「興味はあるけど買ってない」人か、「既に買ってやっている」人に向けて書くべきなのかは悩むところだけど、ぶっちゃけ「買うか買わないか分からない」人向けの話は昨日書いてしまったので、今日はちと具体的なことを書いていこうと思う。なので、まぁ興味がない方は申し訳ないがスルーしてたもれ。

レベルは43になり、現在第4章。4匹の高弟を倒し、いかがわしい入り口から中に入ったところ。昨日から今日に掛けてわかったのは、、、つかマニュアルが妙に不親切かつ分かりづらいので、もしかしたら書いてあるのに気付かなかったこともあるかも知れないが、

   ネタバレ含みまする。が、まぁ興味がある人はどうせ読むでしょう。
   このゲームはそういうタイプだと思いますし。

・レアアイテムが「ユニーク」ではなく「エクスクルーシブ」と呼ばれていて、それは打ち直しすることが出来ず、転職出来ないこのゲームにおいては、どうしようもないのか!?という気になった。つか中には「うっこれは装備出来るモノならしたい!」という物も出てきていて、微妙に悔しいが、実際もしアイテムを渡すことが可能であったとしても、現時点で強いアイテムが最終的に強いアイテムたり得る可能性は極めて薄い。

このゲームは基本先に進めば進むほど強い武具が登場する。まぁどのゲームでも当たり前と思われるかも知れないが、手触りとしてはディアブロより「強烈なレア」というか、「オーパーツ」的な、その場に不似合いなほど強い武具が出たりはしない感じで、
※クリアするくらい先に進めばこれも変わってくるとは思うけど。
現時点では装備を次から次へ替えて、という状況ではない。ごく希に開催される市場で買った掘り出し物やボスを倒したときにたまたま自分が装備可能だったアイテムをゲットしたときに装備を替えるくらいで、正直自分で使えない物を手に入れてしまう率が高すぎる。
※もしかしたら序盤でいい物を手に入れていて、結果それより魅力が無く、交換しないだけなのかも知れないが。

だからこういうゲームの魅力の最も大きな部分である「レアアイテム探し」の妙味は、正直現時点では味わえていないということになる。

しかし、それを補えるフィーチャーが2、3現れ、そちらでモチベーションが維持されているため、ゲーム自体はなんらつまらなくなってはいない。

・サポートキャラであるロボットが進化し、超強くなった。ソケットがこれまでの9カ所から12カ所に増え、全て揃える為に必要な個数が増えたため、「余り」として処分してしまった同ブランドのことが少し悔やまれたが、程なく集まりALLアルキメデス。

進化はとある神殿だかダンジョンだかの奥で行われ、購入出来るロボットを連れて行けばいつでも進化可能。別に道中が長いわけでもなく、そこでお金が取られるわけでもないので、もしロボが壊されても、「卵代」だけで済む。ロボが壊れてもユニットは壊れないが、進化したら装備を全てハメなおさなければならないのがちと面倒と言えば面倒か。

向かって北が攻撃強化、東が魔法、南が防御力強化となっていて、いつでも変更出来る。とりあえず壊されてはかなわんので防御にしようかと思ったが、

 男は攻撃力!

ということで攻撃強化をチョイス。つか進化したことで防御力もかなり上がっているため、それほど困ることはなかった(現時点では)。

・ある神殿の奥ではガーディアンと名乗る青い戦士
 ※心情的にはアキンドナイトというところか。
が3匹現れ、あまりの強さに心が折れそうになるも何とかポーション1つ残して殲滅に成功。するとその奥では、ついに流派の変更が可能になった。

流派は8つあり、それぞれにフォームと呼ばれる技があることは昨日書いた。フォームを使っていると徐々にアーツという特殊スキルを閃いていくのだが、これが流派ごとに異なっていて、1流派につき8個ほどある。ちなみに僕の流派「気流」では、

・一定時間攻撃力UP
・カギを使わずに宝箱を開ける。
・一定時間地形効果を無視
・通常攻撃に熱病を付加
・ヘビで攻撃
 →3本の矢で攻撃
  →冷気の波紋で攻撃
・溶岩弾を転がして攻撃
 →土の泡を発射

というアーツを覚えることが可能なのだけど、とりあえず「流派替え」をすると閃いていないアーツはリストから消えてしまう。
※元の流派に戻さない限り閃かないと思われる。

しかし、代わりに新たな流派のアーツが「未閃き」の状態でリストに加えられ、新たなフォームを使い続ければ順次閃くみたい。

ちなみにリストは上記のヘビ攻撃のように順番に表記されているものもあるが、別にヘビ攻撃を使わなければ3本の矢が閃かないということではないようだ。現に溶岩弾を一度も使わなくとも土の泡は閃いた。

これが要するに大きなやり込み要素ということなのだと思う。マニュアルのマルチプレイの経験値の項目に、「通常の経験値はほとんど入らないがアーツ開眼の経験値はカウントされている」と書かれているように、雰囲気的には唐突な閃きだが、実際は丹念にキャラを育成して初めてアーツを覚えるということなのだ。だから、

 全てのアーツを閃く=ウィザードリィで言うレベル13になる

ということに相当する。要するに覚えてしまえば転職してもいいというわけだ。
※もちろん覚えずに転職してもいいだろうけど、、、それはさすがに僕には出来ない。

二つほど試した中には「HP自動回復」や「APでダメージを吸収することがある」などなかなか面白そうなモノもある。通常時3つのパネルからしか選択は出来ないから、いくらたくさんのアーツを覚えてもそれを活かしきることは難しいかも知れないが、キャラの幅が広がるのは間違いない。

ただ、注意したいのはこの転職、有料で一回2万円。その上初回同様ルーレットで結果が決まるため、ここだけはセーブ&ロードを繰り返して目指す流派を狙うことになる。まぁ全編通しでそれほどリセットの必要がないゲームだから、このくらいはあってもいいとは思うけどね。つか最後の一つはなかなか大変そうだな。

・ピラミッドはちょっとだけ入ったけど、3階で即死食らってたまたまお金をたくさん持っていたのでかなり凹んだ。それ以来まだ入ってない。つかこのレベルでもまだ十分とは言えないくらい強い。このテッペンってのはいったいどんなヤツが出てくるのか。怖くもあり楽しみでもある。

------------

やればやるほどディアブロなので、ああいうゲームが好きな人にはホント普通にオススメしたい。僕的には面白いと思うんだけどな~。ダラダラちくちくで。

|

« ダンジョンエクスプローラーDS~その1~ | トップページ | ダンジョンエクスプローラー邪神の領域~その3~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/17095240

この記事へのトラックバック一覧です: ダンジョンエクスプローラー邪神の領域~その2~:

« ダンジョンエクスプローラーDS~その1~ | トップページ | ダンジョンエクスプローラー邪神の領域~その3~ »