« ジオメトリーウォーズギャラクシーズ~その2~ | トップページ | 残っていく音楽の話 »

2007年12月 9日 (日)

オンエアバトル

昨日のオンエアバトルに「くじら」なるピン芸人が出ていた。つかネタは釣りネタで、ある意味ストリークっぽいと言えなくもないのだけど、珍しく保存。つか初挑戦の芸人はまずほとんどの場合見もしないのに保存。理由は、

 声が大きかったから。

最初に出てくるショートインタビューでも「トップを取る気満々」という感じで、どこにそんな自信があるんだよ!?って思いつつ、ネタは結構中途半端。でも一回スベったけどなんか「みんなに見せたいかもなぁ」なんて思ったりもして、

 だからボールを入れるのか!

と普通に気付いた。つかいつもなら貼るところですが、

 ぶっちゃけ貼るほど面白くはない。

でもなんか応援はしたくなったので、次回なり次次回なりにまたオンエアされることがあったら、その時は改めて貼り付けたいと思う。っていうか、

 1回目はスゲェ大事。

とも思ったんだよね。1回目から落ちるヤツは大概2回目や3回目でも緊張しちゃってそれほどいい笑いは取れない気がする。よほどの路線変更とかしないとオンエアバトルの「カムバック」は難しい。だからこそ1回目はホントに自信を持って出来るネタを自信満々でやらないと、どうしても結果が伴わない。

 だからこそ声が大きいのが好評価に繋がる

って思った。あとエンタはオンエアバトルより遙かにぬるいと思うけど、エンタ芸人がオンエアバトルに出て「全員落ちる」とも思わない。お笑いってのはいかに笑わせるかだから、そこに遠慮やしがらみは必要ないと思う。くじらとかエンタにはまず出ないと思うけど、なんつかギリギリとは言え、オンエアされてよかったなぁなんて思った。つか何言ってるのかよくわかんないな(^^;。

|

« ジオメトリーウォーズギャラクシーズ~その2~ | トップページ | 残っていく音楽の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/17303184

この記事へのトラックバック一覧です: オンエアバトル:

« ジオメトリーウォーズギャラクシーズ~その2~ | トップページ | 残っていく音楽の話 »