« ダークな話 | トップページ | Allegro Cantabile »

2008年1月 9日 (水)

今年の目標

自店のチラシにも書いたのだけど、今年は

 もっと謙虚に、もっと誠実に、
 もっと親身に、もっと真剣に、

を目標としたい。特に一番最初の謙虚さに関しては僕がかなり苦手というか、日頃欠けている部分で、正直子供の頃からかなり傲慢不遜な人間で生きてきたから、なかなかいきなりというわけにはいかない。それでも自分の周りの人がみんな僕を支えていて、僕も少しはみんなを支えるために動かなくてはならないと今更ながら考えているのだ。

何かをしよう、どう答えようと思案する際、これまではまず効率を第一に考えてきたきらいがある。正解は最短ルートであり、最短時間ルートであった。しかし時にはしっかりと流れを止めてじっくり真剣に考えなければならない場面がある。今まではそれすらも生産性の低さを棚に上げてはしょってきてしまった。いつまでもそんなわけにはいかない。

商売というのは常に相手がいる。特に僕らは小売店だから、問屋やメーカーさんから買い、お客様にお売りする。どちらにも人が居る仕事だ。だから常に自分以上に売る人の気持ち、買う人の気持ちを考えて動く必要がある。でも、これまでの自分が果たしてベストな自分であったのか。きっとそんなことはない。3秒で出す答えより10秒で出す答えの方がより良い場合だってあったはずなのだ。

随分風呂敷を広げてしまったが、言わんとすることはいたって単純に「自分をもっといい人に」したいってことだ。姑息でずるがしこい部分をそぎ落としていって、メンタル面でもっと高いところを目指したい。僕が数年修行という名目で勤めさせて頂いたお店の社長が、「天使のような心でいよう」を座右の銘としていると聞いた。まだまだ僕はその域に届きようがないが、視点だけでも上向きにしていこうと思う。

以前も数回紹介した既に止めてしまったバイトの女の子の話。生まれてから一度も怒ったことがないというその子は、ちょっとしたいたずらでも腹を立てるどころかケラケラと笑っていた。イライラしているところも見たことがないし、焦ったりもしない。緊張感がないと言えばそれまでだが、ふと振り返ると、神様ってああいう子のことなのかも知れないと今になって思う。みんなは「怒らない人」に会ったことがありますか?

|

« ダークな話 | トップページ | Allegro Cantabile »

コメント

クリスさん、こんばんわ!

>もっと謙虚に、もっと誠実に、
>もっと親身に、もっと真剣に、

クリスさんが謙虚であるかは分かりませんが(失礼な言い方か(^^;)、これまでの接客についての記事を拝見する限り、「誠実」「親身」「真剣」はホントに素晴らしい、誰でもできることではない!と本気で思っていました。お客さんのクレームに対するご対応とか、感心しきりでした!

そこからさらに上述の目標を掲げられるとは、並々ならぬご覚悟ですね。大きな今年の目標ですが、お互い達成のために邁進しましょう(^^)!

絶対怒らない人はいますよね。私の会社の同期君もそのようなキャラクターですが、やはり素直に尊敬できまして、自分もかくあれれば、、、と思います。
半ば天性のものとすら思えますが、現実に存在する人物ですから見習おうとする意欲があれば、自分の性格に反映することも不可能ではない気もしますね。

投稿: トムニャット | 2008年1月 9日 (水) 22時39分

 どもども、こんばんわ。

 確かにトム猫さんの言うとおり、クリスさんの仕事における接客に関しては、一定のお客様が来たときに広がる妄想以外、すばらしいものがありますよね。
 ……若干棘がありますな、失礼。

 もっと謙虚に誠実に、親身に真剣に。
 口で言うのは簡単ですが、目に見えない部分の向上させようというのは、たとえ気構えだけでも難しいことですよね。
 ましてそれを持続させるというのは、言うに及ばず。
 これが私のブログにおいて仮名で書き込みされる方と同一人物とは思えなかったりするのですが、そこは仕事と私事。
 最近その区別すらつけられない人が職場に多くて辟易しているのですが、クリスさんはそういうことなさげで尊敬してます。

 絶対に怒らない人、というのは私の周囲ではいませんなぁ。
 絶対怒らないを真逆を地で行く人が多く、またその筆頭格が今年結婚したりするご時世ですが、自分は極力怒らない心構えというか、ゆとりをもって日々送りたいものです。

投稿: BlueTasu | 2008年1月10日 (木) 03時44分

ばんわですお二人さん、最近はPSPのRPGを一つ始めたのですが、あんまし面白くないので書こうか書くまいか悩んでます。つか普通のゲーム(これがどんな物なのかも微妙ですが)が面白くないのが困ってしまいますねぇ。

>トムニャットさん

誠実であることや親身、真剣さというのは、相手に伝わって初めてそう言えるものなんですよね。だから自分がいくらそうだと思っていても、相手に伝わらなければ意味がない。言い換えれば「相手に伝わるような努力をしよう」ってことなんです。言葉にすると正直いかがわしい感が出てしまいますが、要はそういうこと。

昔のマニュアル本か何かに、「仕事をがんばるなら上司の見てるところで」というがありましたが、結局は評価されて初めて「がんばったこと」になるんですよ。影でやってるのはあまりがんばったことにならない。っていうと言い過ぎですが、100がんばっても表と裏では結果が違う事実は真摯に受け止めないとダメですよね。

怒らない人ってのはホント天武の才だと思います。ただこれまで生きてきた蓄積がありますからなかなか自分はそうはなれないというか、何かをあきらめて達観するのでは意味がありませんからね。難しいところです。

>BlueTasuさん

表と裏での差なんてそんなにないですよ(^^。ただ優先順位だけの話です。バイトの子に色目を使ったら自分の首を絞めるだけですし、お客様も同じ。よくしゃべるしつこい変なヤツです。つか「店長みたいな人は初めて見た」と言われるのが何よりうれしかったりしますしね。それはプライベートでもビジネスでも同じ。

つか僕がエロネタを書き込むのはBlueTasuさんところくらいですよ!?アータがそもそもそういう恵まれた萌え環境にあるからイカンのですよ!ケシカランのですよ!うらやましくて思わずもだえちゃうのですよ!(^^)。つかアレか、そもそもモテ夫気質があったヤツだったのか!?そうかそうかだからオレ様のような中2病の童貞気質バリバリの野郎がひどく小さく情けないヤツに見えるのかそうかそうか。つか早く結婚しちゃえよ(^^。そうすればもっといろんなもんが見えてくるぜ!(^^)。

-------

余談だけど僕からするとトムニャットさんもBlueTasuさんも怒らない人ですよね。凹みはしますけど(^^;。

投稿: クリス | 2008年1月11日 (金) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/17626967

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の目標:

« ダークな話 | トップページ | Allegro Cantabile »