« 2008年の映画 | トップページ | プラチナ会員 »

2008年1月 3日 (木)

ルイスと未来泥棒

子供二人と長男の友達を連れ見に行って参りました。つか1000円じゃない映画を見たのは久しぶり。

開始早々ミッキーが顔を出し「造船技師」が上映。昔の作品ながらカラーで、短いながらなかなか味わいのある作品。蒸気船ウィリーよりはずっと見られるし、ドナルドのセリフもいい感じのダミ声で、まぁ可もなく不可も無し。
※ちなみに予告はナルニア2とディズニーのお姫様が現代に飛ばされるヤツとあとドリームワークスの、、ハチのヤツだったかな。まぁさほどピンと来た作品はなし。

で、ルイスなんだけど、とりあえずどんな話かというと、、、
※オフィシャルから転載

-------

発明家を夢見る、ひとりぼっちの少年ルイス。ある日、彼は母親を探すために作った未完成の発明品を謎の男=(未来泥棒)に奪われてしまいます。その発明品には、未来を変えてしまう恐ろしい力が秘められていたのです・・・。未来からやって来た不思議な少年ウィルバーに導かれ、ルイスは未来の世界へとタイムトラベル---そこには、誰もが幸せに暮らせる理想の社会と、彼を暖かく受け入れてくれる仲間たちがいました。この幸せな未来を守るために、ルイスは未来泥棒と戦うことを決意します。発明すること以外になんの才能もないルイスには敵うはずのない強大な敵。しかし彼には未来の運命を握る、驚くべき(秘密)が隠されていました・・・。

-------

多少フォローすると、まずルイスはオープニングで施設の前に捨てられるところから始まります。何度も繰り返される養子縁組・・・しかしルイスの個性的なキャラクターを受け入れてくれる引き取り手は現れず、半ば自暴自棄になっていたとき、ふと自分で自分の記憶の奥底に眠る母に会うことを思いつきます。得意の発明でその機械を作り、さぁ実験という直前になって謎の男に邪魔をされ、、、。

未来泥棒は正直言ってそれほど狡猾でもなければ能力が高いわけでもありません。彼は彼の相棒とも言えるロボット帽子のドリスと一緒に、ルイスの発明品を使って一儲けしよう、ルイスの邪魔をしようとするだけです。正直見ていて「???」って感じでしたが、、、。

ネタバレをせずに抽象的な感想だけ言うなら、

 前半ややネガティブ(捨て子だし)な展開はアメリカ映画らしくあんまし好みじゃないけど、ルイスの性格が割と前向きで、暗くねちねちした場面が少ないのでさほど抵抗なく見ていられる。

中盤未来の紹介シーンでは、かなりしつこくこれでもかというくらいウィルバーの家族やその未来の世界を見せつけまくるので、はっきり言ってダレる。つか映画を見てる最中にいきなり娘が鼻血を出してしまい、口から大量の血を流しまくってたので、超焦ったけど
※まぁティッシュで拭いて鼻に詰めたら事なきを得ましたが。
その間が丁度つまんないところだったので不幸中の幸いという感じ。

話を先読みしがちな人だとたぶんこの辺りでラストまで読めてしまって面白くないとか言い出しかねないけど、僕的にはラスト10分ほどがとにかく痛快で、同じタイムパラドックスネタであるバックトゥザフューチャーのような爽快感が味わえました。映像的には正直レミーの方が「肌触り」が好みだったけど、
※レミー=インクレディブル、ルイス=トイストーリーという感じかな。
いやいやどうして作品的には期待通りのものでした。つか予告からして「ここを楽しめ」というアピールがしっかり伝わっていたわけで、↓
http://www.disney.co.jp/movies/lewis/flash/index.html
※オフィシャル
この予告を見て楽しそうと思った人なら間違いなく楽しめると思いますね。中盤のダレを踏まえても、僕的にはDVDが出たらぜひもう一回見たいと思える作品でしたよ(^^)。ただ、前田さんの映画批評で書かれているような「小学生の男の子がいるご家庭に特にオススメ」ということはないと思います。むしろ「子供心を持ち続けている中年男性向け」という感じかな。もっと言うとその世代はバックトゥザフューチャーやタイムパラドックスの物語に対して多少なり知識もあるわけで、子供が見るにはちと概念が複雑というか、クイック過ぎる気がしました。

僕は37歳ですが、その前後5歳くらいの男性になら、結構オススメ出来るかな。僕の評価は★★★。派手なSFXでも最新鋭のCGピクチャーでもありませんが、見終わった後のすがすがしさはかなりのモンだと思います。

ちなみに日本語吹き替え版は劇中のいろんな文字も日本語化されていて、子供でも100%楽しめるローカライズがされています。が、正直テーマソングは今ひとつな感じで、エンドロール時に流れる英語の歌(これがメインテーマなのかな?)の方が作風には合ってる気がしました。

なんにしても伏線を拾い上げるのが好きな人なら、結構楽しめると思いますよ(^^)。※まぁツッコミどころがないわけじゃないですけどね(^^;。

|

« 2008年の映画 | トップページ | プラチナ会員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/17559397

この記事へのトラックバック一覧です: ルイスと未来泥棒:

« 2008年の映画 | トップページ | プラチナ会員 »