« 時折死を意識する | トップページ | メトロイドプライム3コラプション~その1~ »

2008年3月12日 (水)

ソーマブリンガー~その7~

レゴに腰を折られる感じで最終ACT中盤で頓挫していたのだが、昨夜一念発起して再開し、無事ノーマルをクリア。つか過去の事例に則した場合だと大抵はあのままプレイしなくなってしまうのだけど、いやいやどうにかこうにかクリア出来て良かった。

とは言っても別段「やってつまらない」わけではない。まぁストーリーはどうでもいいというかむしろ邪魔というか、固有名詞が散乱し過ぎちゃってワケわかんなくなってることにディレクターよ気付いてくれ!と悲痛な叫びを上げてしまうのだけど、システム的には雑魚を倒し続けていても経験値は入るし、時折出てくる金箱も悪くない。正直終盤は既にレベルが63を数える僕にとって消化試合でしかなかったが、これとてエキスパートを前にした嵐の前の静けさというところだろう。

ここで唐突に1周クリアして得たプレイのコツを少し書いておく。

このゲームはブレイクという「無防備状態」にするシステムが敵味方にあり、これを上手く使うことで絶大なダメージを稼いだり、逆にこちらが集中攻撃を受けてしまったりすることがある。このブレイクは基本一度(もしくは連続して短時間内に)に大きなダメージを食らったり、詠唱などのモーション中に攻撃されたりすると発生する。結果食らう側の魔法使いはほとほと頻繁にブレイクして高くその身をかち上げられることになるのだが、

 よくよく見ているとほとんど(こちらを)ブレイクさせられない敵がいる。

その「最小の雑魚」はこちらをブレイクしてこないだけでなく、防御力、HPも極端に低い。ノーマル最終エリアにおいて攻撃力700程度の魔法で一掃出来、エキスパートでも2撃ほどで倒せるそいつらは、もし仮に魔法使いが武器を使ったとしても、さほど苦もなく倒せる。実はコレがちょっとした落とし穴で、

 こいつらは敵として数えるべきではない

というのが今の僕の見方だ。要するにこいつらは多数登場する敵の中で「突出して弱い」ので、こいつらがラクラク倒せるからと言ってそれに合わせた装備を用意しても、実質メインの相手となる中型、大型の雑魚にすら苦戦してしまいかねない。要するに魔法使いの武器攻撃は使えないことを学ばなければならないし、仲間が最弱雑魚をサクサク倒したところで「所詮はクズ」であることを認識する必要がある。

だから基本は大ダメージを期待できる攻撃を常に用意しておきたいと言うことになる。魔法使いで言えばメインは当然マグマクエイクだが、時折メテオや各種古代魔法を織り込む準備が欲しい。中ボスクラスの敵がイベントとは別に発生することがあるこのゲームの場合、常に様々な状況に対応出来る準備が欲しいのだ。
※欲を言えば各種属性に対応したものを準備したい。

あと続けて魔法使いの話で恐縮だが、魔法には相手をロックオンして使うものと、エリアを任意で指定して発動するもの、自分の向いている方向に射出するものなどがあるが、特に使用頻度の高いマグマクエイクのようなロックオンタイプは、

 相手の間合い内に入るくらい近づかないとロックオンしない

ことがままある。見た目は小さくとも攻撃判定が広い敵というわけだが、これは実はやりようによっては多少なんとかなる。というか、

 何とかしないとすぐ高い高いされてしまう。

とにかく魔法使いのブレイク耐性の低さは異常なほどで、特に体力にろくにステータスを割いてない僕などは確率にして97%くらいはブレイクされる。
※当然最弱雑魚は除く。
なので、上手く相手の間合いの外から攻撃を当てたいのだが、、、

 その為にはまっすぐ魔法が飛ぶことを利用して画面外にいる時点から位置取りをして撃てばいい

のだ。相手がこちらに気付くのは画面に表示されるより前。
※当然この場合の画面はもっともキャラクターが小さく表示される画面ね。
でもってほとんどそれと同時くらいに当たり判定も発生する。相手がこちらに向かってきたら上手く移動して先手必勝マグマを放てばいい。運悪く外れたとしても距離があるから仕切り直しも可能だし、当たれば大抵の敵は瀕死だ。ただぶっちゃけこの方法は開けたところじゃないと上手く使えないのであしからず。

ちなみに敵は移動しながら攻撃が出来ない(たぶん)。逃げ回っていれば必ず足を止めるので、その時点で的確な距離をあけ、攻撃するようにしよう。相手が移動しているのにも振り向いて攻撃しようとすると、発生の最も早い氷魔法ですら相打ちがせいぜいだったりする。早く倒してしまいたい気持ちはわかるがここは冷静に。つかヘタに焦ってカウンターになったりすると、最弱雑魚にすら高い高いされちゃうこともあるからね。

ただ魔法の中にはマグネットのように「確実にロックオンしなければ意味がない」魔法もある。ぶっちゃけそれらは強敵にしか使う気にもならないが、「こちらを見ていないときに近寄って使う」ようにしないと、例えWEAKでもダメージ効率が下がるの要注意。つか基本はマグマクエイクと雑魚用の氷魔法(名前も忘れたけど)で、あとはボス用の古代魔法くらいだ。

ちなみに魔法の強さは当然アビリティレベルを上げること、魔力を上げることで上昇するが、現状「特技+1の付いた盾」を発見した時点で杖のメリットは完全に消失した。武器と防具に特技+1と神霊が付いていればそれだけで+4。難度が上がればその限りではないだろうし、耐性を得る為にも盾は必須と考えるべきだろう(特に魔法使いは)。

ちなみに敵からは出ないと思っていた神霊だが、エキスパートの箱(確か鉄箱)からあっさり出た。もちろん1個だが、確実に出ないわけではない様だ。ちなみにエキスパートでは各属性攻撃に対する耐性にマイナスの査定が入る。魔法攻撃には回避できないものも多いので、神霊同様に虹のオーブの重要性も上がっていくものと思われる。
※逆に獅子や俊敏は装備そのものへの付加効果が上がるため、比較的容易に最高値である170や180を身につけやすくなる。難度によって優先順位の抜本的な見直しが必要となるかも知れない。

最後にこのゲームにおいて最も広く繋がりがわかりづらいと思われるACT6前半のマップを貼り付けておくので、その時の参考にしてもらえたら幸いだ。
※ちなみにちょっと強い敵の出現は多少の乱数も絡むっぽいので、完全には鵜呑みにしない様に。
※ちょっと大きめの画像なので、IE上でクリックしただけでは一度に表示されないかも知れない。そういう場合は別ウインドウで開くか、もしくは右クリックで保存して別の画像ローダーで見よう!

Somabringer_map01 Somabringer_map02

つかコレ、実を言うと「元の文章を書いてから作り始めた」。要するに「後から気合いで作ればいいや」と出来てもいない「マップを貼り付けておくので」などと書いた。

 そしたらスゲェ大変でやんの。

でもまぁその努力に見合ったモノが出来たというか、

 マッピング超楽しい(^^)!!

そう僕は昔からマップを書くのが大好きだったってことを今更ながら思い出すほどにこの作業は楽しかった。時間にして4時間近く掛かったような気もするけど、いやいやどうして出来上がりにニンマリ出来る感はやっぱりカクベツ。実際自分がセカンドキャラや2周目3周目にも十分使えるように気を遣って作ったつもりだし、まだここへたどり着いていない人、たどり着いているけど繋がりが面倒で泣きそうになってる人などにもオススメしたい。

ホントはこの他にもエンシェントアイテム(武器以外)をざっと持ってるだけ書こうかと思っていたけど、これで燃え尽きちゃったのでおしまいにする。まぁどうせ大した物は持ってないと思うし。
※強いて言えばこれくらいかな。
→アバロナ 盾 攻撃力29 防御力29 ブロック率16%
        全ての特技+1 魔力+6 全ての耐性+10%

以下ソーマと関係ない余談。

昨日の宿題で明日何とかやろうと決めていたものがいくつかあったわけだけど、とりあえず、

・ソーマの感想を書く
・処理が済んでないキャプチャを整理する
・ホワイトデーのお返しを買う

はクリアしたのでまぁよしとしよう。つかぶっちゃけ今日やったマッピングはソレ一つで十分に満足出来る達成感をもたらしてくれたと言っても過言ではない。重要なのはいろんなことをやることではなく、

 一日に満足すること。

なのだ。

|

« 時折死を意識する | トップページ | メトロイドプライム3コラプション~その1~ »

コメント

たしかに固有名詞、多すぎで、つかれますなぁ。
もっと有名になってからにしてほしいです。

マップ、めっちゃ感動しました~!

じつは、ここACT6は、私も拵え始めたんですが、
クロスゲート先も含めて、デジカメで撮った
素材が100枚を超えて、もう、あきらめましたよ(笑

神霊、エキスパートの箱からでましたか!
ちょっと期待がモテました。

ソマブリ記事、楽しかったです!
また、ちょくちょくのぞきに来ます!!

投稿: Voi | 2008年3月12日 (水) 15時49分

Voiさんははじめましてかな。クリスです。コメントどもです。
マップはかなり自己満足の結晶ではあるのですが、
そう言って頂けると非常に嬉しいです(^^)。
本気でやった甲斐があったと思いますね。
※じゃあついでにACT5も、とか言われるとツライのですが(^^;。

神霊は今日エキストラシナリオの中ボスからも出てくれて、現在6個になりました。HPにも割かないと魔法使いはツライので、ここらで十分かなって感じですが、エキスパートやマスターのエピックを本気で倒そうと思うなら、全く別のアプローチが必要になりそうですね。

コンゴトモヨロシク・・・(^^。

投稿: クリス | 2008年3月13日 (木) 02時31分

1時間30分ぐらいACT6前半につまずいちゃってこのサイトにきました。地図大助かりです。

自分はフォルテで ガンナスをつかてます。ダブルショット+矢弾連鎖+貫通+HP回復+SP回復の組み合わせがお気に入りです。

投稿: 寿司衛門 | 2008年3月22日 (土) 21時24分

はじめまして寿司衛門さん、クリスです。コメントどもです。
マップは正直自分で既に手書きのものを作っていたのですが、何か無性に「プロっぽいもの」が作りたくなって仕上げた次第です(^^。このゲームをプレイしている人なら、絶対役に立つ自信がありましたので、コメント頂けると素直に嬉しいですね(^^。

ガンナスはやってないのですが、この手のゲームで大概強いのが飛び道具使いですから、使い勝手は想像がつきます(でも防御力は低いのでは?)。

アイテムがもっとたくさん
※現在100種くらいですが500くらい?
持つことが出来て、一人で自分の作ったもう一人にアイテム移動が出来たら、もっといろんなキャラと職を楽しんだかなぁって思いますね。今のままだとなかなか二人目をやる気になれないのが残念なところですね。

投稿: クリス | 2008年3月22日 (土) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/40470497

この記事へのトラックバック一覧です: ソーマブリンガー~その7~:

« 時折死を意識する | トップページ | メトロイドプライム3コラプション~その1~ »