« Blue_Tasuさんありがとう! | トップページ | 大乱闘スマッシュブラザーズX~その8~ »

2008年3月17日 (月)

メイドカフェとかの話

まぁ未経験者が語れることなんざたかが知れているのだけど、今週の週間アスキーに「妹系NAGOMI」などというアキバ喫茶が載っていた。

要は「おかえりなさいお兄ちゃん」的な、メイドの2匹目のどじょう的なものなのだけど、実際に妹がいる身として、「おかえりなさいお兄ちゃん」とは絶対に言われない。別に兄妹の仲が悪かったわけではないし、こういった挨拶も普通に交わしていたはずだが、リアルを追求するのであれば、

 「おかえりー」

が普通。っていうか冷静に考えて貰えばわかることだが、挨拶をする際相手の代名詞を一緒に言うことはまずない。強いて言えば幼稚園児の「先生さようなら皆さんさようなら」くらいではなかろうか。

ではなぜ「おかえりなさいお兄ちゃん」なのか。それはつまり「お兄ちゃん」と呼ばせるタイミングが「ご主人様」のまんまコピーだからだ。もっと言うと、それは「お客様」のコピーでもある。
「いらっしゃいませお客様」が、「おかえりなさいませご主人様」であり「おかえりなさいお兄ちゃん」なのだ。実際は別に「妹のような」感じでは決してないのだ。

しかしだからと言ってそれを否定するわけではない。なぜなら、それは「リアルである必要がない」から。その記事には「黒ヒゲゲーム3分500円」と書いてあった。字面だけ追えばこれを高いか安いかと判断してしまいがちだが、ポイントはそこじゃない。

 メイド喫茶(妹喫茶)は、萌えというオブラートでくるんではいるが、
 実際はミニテーマパークだからだ。

風俗と違うのは肉体的ではなく精神的な快楽を追求している点で、それはそのままドキドキするようなスリルを精神的に味わうことが出来る絶叫マシーンにむしろ近い。ただこの場合はスリルではなく「萌え」なだけだ。

だからこの「3分500円」というアトラクションに高い安いと語るのはおかしいというわけなのだ。ジェットコースターやバイキングはそれぞれ制作コストやら維持コストが掛かっていてそこから一回のプレイ料金が算出される。こちらもまた衣装代やバイト代からはじき出されているだけのことなのだ。つかまぁ個人差(および個体差)が激しいから、人によってそのコストパフォーマンスに生ずるブレは絶叫マシーン以上ではあるだろうけど。

しかし思うのは「いろんなことがお金になる」ということだ。自店に来るお客様が「お金を払ってステージで歌わせて貰う」という話をしていたときも、カラオケでは飽きたらず、より多くの人に見て貰いたいという欲求を満たすべくコストを払うのだなぁと思った。メイド喫茶だって中には「お金を払ってメイドをやらせてもらう」ケースもあるという。

 要は楽しいことにはどんどんみんなお金を使う

そして、重要なのはそれが対人であれば、結果に「ゆらぎ」の要素が増え、著しい粗製濫造さえしなければ、かなり恒久的長期的にニーズを維持し続けることが出来るという点だ。乗り物と違って一回乗ればそれで満足というものじゃない。対戦格闘ゲームのように「常に新しい刺激」が供給され得る娯楽だからだ。そして対戦格闘と違うのは、相手が生身の異性であり、鮮度の維持力が強い点だ。

こないだ読んだアイドルマスターの制作秘話の中に、最初のお披露目の話が載っていた。
「これ(アイドルマスター)を中心に、破顔しないように平静を装うプレイヤー。その後ろで悶々としながら覗き見する順番待ち。離れた場所で囲むように感心があると思われたくはないが、実際興味津々の取り巻き達。照れと理性の強弱が三者を分けるもので、秘めたつもりのスケベ心が三者に共通するものだった。ついにやってきたかと思わせる異様な雰囲気だった。(現場の空気も濃かったと記憶している)」

気恥ずかしささえ乗り越えられるなら、そこに身を投じたいという潜在需要はかなりある。アキバがそのメッカであることに疑いの余地はないが、「安定供給出来る若いメイドと20代から40代の大量の男性」が確保可能なエリアであれば、日本中どころか世界中どこでも成立しうるのではないかと僕は思う。もちろん男性版もその中に入る。

つか本音の話、僕はメイド喫茶に行きたいとは思わないのだけど、ガラスの外から見ていたいとは思う。要は自分が体験する必要性が薄いと思うわけだよ。不特定多数の人間相手のマニュアルモーションなら、いくらでも対象を自分に脳内シミュレート可能だと思うわけで。

あ、でも男=消費者=ニーズは絶え間なく発生していても、プレイヤー=メイドの方が飽きちゃうってことはあり得るかも。いつも代わり映えのしないオタクばかりに奉仕しつづけるってのは、ブームが過ぎればやっぱちょっとおかしい気もするし。そう考えると「楽しむなら今の内」なのかも。っていうか僕的には余分なお金払って楽しむほどの魅力は「今のところ」感じてないのが本音なんだよな。あ、でもBOSSのCMはちょっと萌えかもな~。あの娘は確かにかわいいし。

一応予告。明日はスマブラネタやります。久々にたくさん貼る予定。楽しみにしてる方がいたら、乞うご期待。楽しみにしてない人はごめんなさい。

|

« Blue_Tasuさんありがとう! | トップページ | 大乱闘スマッシュブラザーズX~その8~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/40527962

この記事へのトラックバック一覧です: メイドカフェとかの話:

» ラコステ [ラコステの魅力]
ラコステ情報をお届けいたします♪ [続きを読む]

受信: 2008年3月18日 (火) 15時58分

« Blue_Tasuさんありがとう! | トップページ | 大乱闘スマッシュブラザーズX~その8~ »