« レゴの余波 | トップページ | ゴッドオブウォーPSP »

2008年3月10日 (月)

モンハンP2G~その-1~

つか「そのマイナス1」ってどゆこと?って気もしないでもないけどまぁその0にも行ってないような話なのでそんな感じ。つかまぁみんな買いますよね?僕はまぁどうしようかなぁっていうか長男のは買うけど僕の分はどうしようかなぁっていうかつい先ほども何となくレゴの消防車に入札したらそのまま落札しちゃって「え?え?」みたいな?だったら入札しなきゃいいのにと思いつつつい安かったのでちょっと様子見しようと思ったらそれで決定っていうか、まぁ海外でたたき売りが始まってるので国内でも値崩れの可能性は高いっちゃ高いけど、とりあえずこの値段ならいいだろう的な?おーいモンハンの話じゃなかったのかよ?的な?

今日も子供の友達が遊びに来ていたのだけど、その中に「今日初めて来た」って子がいて、僕が常連の子に今週のファミ通を見せつつ「この装備をとりあえず目指してみるってのはどう?」なんて話をしたら、、、

 「お父さん、結構詳しいんですね」

なんて言われちゃって思わず、

 「なめんなよ(^^)!息子よ、言ってやってくれ!」

的な?そうなんだよね。まだランク4をウロウロしてる子に「結構詳しいんだね」なんて言われるようなダメさ加減じゃねぇっつの!思わずそこにいた子供たちが顔を見合わせるくらい、「ウチの父ちゃんはぁ!」みたいな空気。なんだか凄く気持ちがいい。そう言えばこないだも「○○くん(息子)のお父さんのデータ見てもイイですか?」とか言われて思わず見せたところ、コーヒージャージーとかチェーンUヘルムとかのへんちくりんな装備。「なんでこんなバラバラな・・・あ!もしかして何かスキルが発動してるんですか!!!」みたいな。

 スゲェ気持ちがいいわけ!こういうのは!

なんつかダメな大人なんだよ?ダメな大人なんだけどぉ、やっぱ子供としても自分のオヤジが「友達から一目置かれる感」ってのは決して嫌なモンじゃないと思うわけさ。でもってなんつか「ある種尊敬の念」が育まれるのはこういう時じゃないかとも思うわけさ。まだ小学6年とかだと。
※これが高三とかだと「ホントにダメなオヤジ」の烙印を押されかねないが。

となるとやっぱ、

 「オレ様もやるか!?P2G」

ということになっていくんだよな。つか子供の友達は今オレ様のPSPでプレイしまくってる子がいるのだけど、いざ僕がやり始めたら彼は出来なくなるっていうのはわかってるんだろうか。

つかまぁそんな渋い話はともかく、最近のファミ通のネタにもあるように、

 データを引き継ぐか否か

の話を僕も少ししてみたい。っていうか僕は全く迷って無くて、むしろ長男が「当然引き継ぐけど?」って言い出した日には、

 おまえ正気かよ!?

って思ったくらい。
※つか今では長男も悔い改めて引き継がない方向で意志が固まっているわけだけど。

まず引き継ぐか引き継がないかの最大の焦点はいったい何なのかを問うてみたい。なぜ凄く強い装備を携えたキャラをそのまま使うのか、そしてなぜまっさらのへなちょこに逆戻りするのか。

前者のメリットは言うまでもなくすぐさま新しいモンスターや高難度のクエストに挑戦出来る点にある。当然友達にもし後れを取っていたとして、その友達も引き継ぐということになっていたとしたら、「これ以上差を広げられないために」というのも大きなというか、全ての理由として十分だろう。P2を300時間もやっていればその辺はまぁもう十分だという考え方もある。

じゃあ後者のメリット、全く最初から始めるメリットは何なのかと問う前に、僕は皆さんに別の問いをしたい。

 モンハンをやっていていつが一番楽しかったのか。

友達と一緒に盛り上がった狩りがあったというのはあくまで一種のイベントだから別として、ひとりでチクチクプレイする中最も自分が充実した、達成感を感じた、楽しかったのはいつなのか。

 強い武器は自ら鍛えたモノだろう?苦労して素材を集め、ようやっと打ち上げた一振りに悦に入ったんじゃないのか!?

「手に入れる瞬間」をみすみす棒に振るのかい?ということなのだ。それが取るに足らないクソゲーならいざしらず、P2Gは間違いなくカプコン最大級、PSP最上級、年間最高級のタイトルだ。序盤からきっちりとチューニングに手が入り、ちょっとした差にすら一喜一憂出来るように仕上げられているに決まってる。オトモアイルーに関するチューンだってそう。焼き肉を地味に焼き上げる楽しさを忘れてしまってるんじゃないのか?

確かにナルガルルガだっけ?ババコンガ亜種だっけ?新しいモンスターとより早く対等に戦えるようになり、友達の間でもその装備の凄さを自慢出来るかも知れない。

 でもそれは300時間を捨てて得るほどのものなのか?

300時間はオーバーにしても50時間や100時間は「楽しめるであろう時間」だろう?言葉は悪いが継続するってヤツが身近にいたとしたら、

 バカじゃねぇの?

って思う。別に隣人に超進んでるヤツがいてそいつがスゲェヤなヤツな上に引き継ぐことが確定していて、そいつから毎日のように新しい武器を自慢しまくられるのが嫌で嫌でもう学校なんて行きたくないっ!えーんって言うのならまだしも、

 友達と一緒にまっさらからのドラマをもう一度体験出来る絶好のチャンス

を棒に振るなんて、、、どっちの喰う肉が美味いかは火を見るより明らかだと思うがどうか。

つか個人的には前回「開始直後でドスギアノスにこてんぱんにやられた」のを根に持ってるので、長男と一緒に「同じ条件でリベンジ」してやりたいと思っています。つかその為には今のうちからリハビリをしておかなきゃならないんだけど、、、それはそれでテンションが上がりづらかったりしてな(^^;。

|

« レゴの余波 | トップページ | ゴッドオブウォーPSP »

コメント

新しい冒険が始まるってだけでもうワクワクしちゃいますね。
苦労してるうちが一番楽しいもんです。
しかしやるんだろうか俺は。なんだろうこのモチベーションの上がらなさは。
やはり同じゲームを楽しむ仲間が近くにいないし。
いいなあ息子!
うちの子もはやく一緒にゲームできるくらい大きくなれー
娘だから期待薄かな・・・

投稿: ぐつ | 2008年3月10日 (月) 20時06分

モチベーションの上がらなさってのはホントありますよね。もうあと20日くらいなのに。
ただ、前作も結構直前までテンション上がらず、急にやる気がムクムクと沸いてきた感もありましたから、今のところは何とも言えないかも。
娘は僕もいますが、モンハンやるとどうしても及び腰というか、一緒に遊びたいけど、倒す気はないというプレイが興をそぎますね。この辺りは年齢=スキル的なこともあるかもしれません。
ぐつさん近所に住んでればいいのにね(^^;。
※僕は愛知県東部です。

投稿: クリス | 2008年3月11日 (火) 04時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/40444921

この記事へのトラックバック一覧です: モンハンP2G~その-1~:

« レゴの余波 | トップページ | ゴッドオブウォーPSP »