« ソーマブリンガー~その7~ | トップページ | スマブラX~その7くらい?~ »

2008年3月13日 (木)

メトロイドプライム3コラプション~その1~

「その1」と書いておきながらその2があるのかどうかすら怪しい気もしないでもないけど、とりあえず今日息子にナビゲートしてもらいながら少しだけやってみた。
※つか正確には惑星ノリタケに着くまでやってみた。いや、ノリスケだったかなぁ。ノリマロ?

最初抵抗があったヌンチャク&リモコンだけど、カメラの反応を初心者用から上級者用に変えたらかなりしっくりきた。
※前者は画面の外周近くまで持って行かないと視点が動かない。後者はちょっとリモコンを動かすだけですぐ振り向く。
少ないボタン、特にリモコン側はホームボタンを除けば

 表のA、裏のB -と+、十字キーの下

くらいしかとっさに押せない。例えばGCやデュアルショックの「右手担当」が最大で

 アナログ上下左右、ABXY Z、R
 ※デュアルショックなら押し込みR3も。

と実質倍ほども担当出来ることを思えば、(例えポインティング出来るとは言え)かなりがんばって洗練したと言えると思う。

ただ状況によっては右手のアナログ操舵に踏ん張りが効かないというか、「両手でしか得られないホールド感」が操作に影響を及ぼすケースもあり、プレイフィールの根底にWiiのインターフェイスを持ってきているから仕方ないとはいえ、ちょっとイマイチに感じたのは否めない。

また、エリアの小さな区分けとなる扉でのロードがGC版1、2よりも長く感じられ、「あれ?」という気になったこともしばしば。グラフィック的な進化はさほど感じられないだけに、正直これまたちょっと残念な感じ。

あとボイスが全て英語なのもどうかなぁという感じ。ゲーム中の映像表記は字幕だけでなく看板やスイッチなどもしっかり日本語化されているだけに、しゃべりも日本語でよかったんじゃないかと思った。つか微妙に飛ばせないのも気になったし。

ただ悪いところばかりというわけではなく、メトロイド特有のモーフボールの操作や二段ジャンプ、溜め撃ち、ロックオンなど、世界観の近いFPSであるHALOと比べても格段にモチベーションが得られる。やり込んで行けば変わるのかも知れないが、「にわかFPシューター」にしてみれば、こういった「アクションゲーム然」としたところはメリハリも出て安心も出来る。

メトロイドプライムのシステムとして「スキャン」というのがあり、目にしたモノを簡単操作で逐次チェック出来る。スイッチや人、機械や装置だけでなく、アイテム全般、モンスターなど非常に多岐にわたる。正直この操作は煩わしく感じる面も否定出来ないのだが、世界への没入に一役買っている点、ボスなどの弱点を自分で文字通りスキャンしてる感など、プラスも大きい。今回は特定のスキャンによって手に入るクレジットを利用してアートギャラリーやサウンドテストほかいくつかのご褒美がアンロックされる仕様になっているので、こちらの点でも二重にモチベーターになっている。

--------

ぶっちゃけにぶっちゃけ「面白いかどうか」ということになると、正直現時点では微妙。最大の理由はやはりその操作にあって、むしろ右手のリモコンによる射撃やターゲッティングよりも、左手の移動に心細さというか、たよりなさを強く感じた。これまで僕がWiiのタイトルをそれほどやってこなかったからと言うのもあるかも知れないが、今更ながら、

 メトロイドをやってる時は気合い入れてコントローラーを握っていた

自分を再認識。今後強力なボスや操作面での苦境に立たされた時、心が折れてしまわないか正直ちょっぴり心配である。

全体的にレトロスタジオのクオリティはしっかり感じられるし、やっぱり前作までを絶大に評価してる身としては「買ったこと」に後悔はしてないのだけど、人にオススメ出来るかどうかと言われたら、、、クリス評価は★☆ってことになってしまうかな。GCコントローラーに対応してさえいたら、、、まぁそれでもたぶん★★☆くらいだったかも知れないけど(^^;。

|

« ソーマブリンガー~その7~ | トップページ | スマブラX~その7くらい?~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/40479702

この記事へのトラックバック一覧です: メトロイドプライム3コラプション~その1~:

« ソーマブリンガー~その7~ | トップページ | スマブラX~その7くらい?~ »