« モンスターハンターポータブル2ndG~その36~ | トップページ | モンハンに求められるもの »

2008年6月21日 (土)

ゲームが進化したと感じた瞬間

ファミ通にこんな質問があって、なかなか面白かったので軽めに書いてみる。つか昨日みたいなのばっかでは読み手も辟易だろう正直な話。

つかホントはゲームの歴史を鑑みつつ古いところから書いた方が良いのだろうが、まぁ思いつくまま気の向くままテキトーに書き出してみる。つか過去書いた話も多いけど気にするなハゲるぞ。

・PS2版グランツーリスモ

 「え?マジ実写じゃないの?」と思った衝撃のトゥナイト映像。あの時ほど「リアリティ」をゲームに感じた時はなかった。一段階上がる感じ、世界が変わる感じはPS3の時の比じゃない。ただ正直な話それ以外ではPS2で別段衝撃がなかったのも事実だったり。いやほら製品版のGT2でも。

・バーチャファイター

 ファミ通にも書いてあったけど、薄暗いゲーセンで見た50インチくらいのデカイ筐体(メガロではないやつ)に映るキャラクター。文字通り立ちつくした。恥ずかしながら「に、人間だし!」とか口走った気がする。ゲームの中に箱庭や世界が構築されることが当たり前になった昨今だが、2D→3Dを一番感じたのは紛れもなくこの瞬間だった。つかバーチャレーシングとかはまぁ元から(レースゲームのビジュアルそのものが)3Dっぽかったからね。「3Dっぽい」ってのと「3D!」ってのは違う。

・スペースハリヤー

 Beep!誌に載った写真でその美しさに息を飲んだ。例えて言うなら、12色しかない色鉛筆しか知らなかった時に、ちょっとした大きな画材屋さんで480色ある12万円のセットを見せられたような衝撃。「世の中ちょっと凄いことになってるよ!?」と息が荒くなった。つかスペハリの場合は、「動くイス」ってのもそれに拍車を掛けたね。「マ、マジで?」って思ったもん。まぁ現物はさほどでもなかったっちゃーなかったけど(動きの方ね。ビジュアルは衝撃だったよ)。

・スーファミの画面写真

 PCエンジンとかメガドライブが256色の壁を越えられなかった時、ファミリーコンピュータマガジンに載ったその絵の美しさたるや、、、「なんで32000色も!?それって、え?やりすぎとか思わなかったの!?」みたいな。「4096色じゃないの!?」みたいな。
※ちなみにネオジオが4096色。
回転や拡大縮小も当時最先端のアーケードハードでようやっと実体化したほどの技術だったし、「ワクワクを禁じ得ない」まさに夢のハードがスーパーファミコンだった。今の人からしたらその「落差」を理解出来ないかも知れないけど、数値にするとファミコン→スーファミの落差を100としたら、PS2→PS3の差は小数点以下と言っても過言ではない。

・アークザラッド

 既にしゃべるゲームは存在していたが、戦闘中にキャラがいちいちしゃべりたおす雰囲気は「お、ちょっと進化したな!」って感じだった。つか先に書いちゃったけど、、、

・CDロム2

 PCエンジンの方が実際の衝撃は大きめ。まぁCDロム自体、しゃべるとか容量が大きいとか自体は別段頭で理解していたけど、それを踏まえてなお衝撃だったのは「生で演奏される音楽」。いくらスーファミがPCMでサンプリングされた音が再生可能だとは言っても、実際にオーケストラやらライブやらで収録された音の迫力には敵わない。(ソレがライブであるとは言わないが)ダライアス、ドラキュラ、YS、天外魔境、モンスターレアなどいちいち衝撃を受けてたな。

・ゼルダの伝説

 これも音楽繋がりというか、あのオープニングの派手なアニメーションとアイテム紹介が始まる演出、曲の厚みもそうだけど、「ディスクは違う!」と電撃が走った。つかあの衝撃を感じることが出来たのはゲーマーとしてとても幸せなことだったと思う。ごめんな若い衆<ジジイか!

・ドラクエ8

 「ついにドラクエもここまで来たのか・・・」と画面写真を見て思った。進化というよりはもはや感慨に近い感覚だけど、既に「ドラクエは2Dじゃないと!」とかの縛りはなく、素直に嬉しかったし、楽しみだったし、それに添う内容だった。つか9は全然そういうの感じないけど、大丈夫かな?

・FF7

 まぁやっぱ7になってしまうな。FFの進化は。でもそれはオープニングとかムービーとかじゃなく、「レンダリングされた背景の美しさ」。とにかくPSでもここまで綺麗な画面でゲーム出来るんだ!って思った。「絵の中で遊ぶ」感覚はそれまでの比じゃないっていうか、ポリゴンのキャラはともかく、背景の美しさだけで言ったら今でも十分通じるものがあると思う。

・ゼビウス

 比較的古い記憶を呼び起こしていって、一番最初に「!!!」って思ったのって何だろって思ったらこれが浮かんできた。つかそれまでは背景黒、もしくは動かないが当たり前だったのに、

 「鉄!」

金属が画面にある!!なんでそれまでは紙に書いたクレヨンだったのに、いきなり鉄!この異質感はまさに素材の変化すら感じさせるビジュアルショック(死語として使うのも恥ずかしいほど超死語)だったな。

・ファミコン版グラディウスII

 「オプションが4つになった!」ってのはやはり当時では進化を感じざるを得ないポイント。っていうか音楽とかもめちゃいい音で鳴ってるし、
※正確にはこちらの衝撃を感じたのは悪魔城伝説だけど。
デカキャラがガンガン動くし、「ファミコンなのに無茶するなぁ」ってコナミ信者に染まりきってた。いやまぁその、遠い昔の話ですよ(^^;。
余談だけど、ファミ通か何かに載ってた読者コラム募集かなんかの宛先が「上上下下係」だったのがちょっとニヤリだった。いやこれつい最近の話だけどね。

・アクトレイザー

 ゲームにオーケストラの音楽を鳴らすようになった先駆けだと思う。つかビジュアルは誌面でいくらでも見ることが出来るし、今ならネットだとか体験版だとかもさかんだけど、当時はゲームを買うまで音とか動きとかは想像でしか出来なかったわけで、あの厚みのある勇壮な音はもうそれだけで「ウットリ」。そりゃFFも音楽作り替える気になるよ、って思った。つかスーファミはゲーム音楽を確実に進化させたね。

・ディアブロ

 「遠くにいる人と一緒に出来る」という現実を初めて見たのがコレ。でも当時の僕はあんましよくシステムが理解できず、知り合いとちょっとやっただけだった。でもなんかワクワクして、スゲェ勢いでローマ字を打ってた(カナが出なかったので「TI-SSSU.YOROSIKU--TUKA,SIROUTO NANDE IROIRO OSIETE KURI!」とか今考えると結構はずいかな(^^;)。

・ポケモンダイヤモンドパール

 携帯機全般さほど衝撃を受けたことはなかったんだけど、ネットでしゃべりながら対戦とか地下でみんなでコミュニケーションとか交換もそうだけど、「こんなところまで来ちゃったんだな、ポケモン」ってシミジミ思った。コミュニケーションツールとして「こういう事が出来たらいいのに」って発想が常にあったけど、ポケモンダイパに関してはそういうのが思い浮かばなかったな。とりあえず希望出しておいて、それに添う人が世界のどこかにいたら成立しちゃうっていうのも凄すぎだと思ったし。

・PSP

 本来の機能じゃないけど、ファミコンとかのエミュレータが動いちゃうってのはスゲェと思った。本屋で立ち読みしていて、「お、オレのPSPでも出来るか!?」ってドキドキしながら車運転して帰った気がする。ちなみにその時のバージョンは1.5で、1.0でしか出来ないって状況だったのでスゲェ落胆したんだけど、ほどなく1.5でもできるようになって、、、つっても今はもう動かなくなってるんだよな>エミュ(^^;。理由はよくわかんないけど、エラーが出るようになった。つかそもそもエミュはやんないんだよ実際PSPでは。っていうかモンハンと音楽だけだし。

・Colors!

 これも本来の使い方では出来ないものだけど、DSマジコン上で動くフリーウェアのお絵かきツールがあまりにも使いやすく、かつその作品をネットで見られたりする「新しい楽しさ」に驚愕!アンオフィシャルなのがあまりにも惜しい傑作。つか任天堂が出せないところにジレンマがあるんだよね。
※メモカを使ってこそのプレイアビリティだから。

・モンスターハンターポータブル2nd

 何が凄いってロード時間を先読みするという発想が、凄い。バッテリーは食うけど読み込みは早いっていうのは選択肢としてアリどころかマストっていうかそれ以外あり得ない感じ。Gではメディアインストールなどという荒技まで飛び出し、その遊びやすさに対するこだわり度はもはや進化と呼んでなんら差し支えない。っていうかビジュアルが退化していてもそれ以上に遊びやすさが進化したことがより多く(50万→220万)のプレイヤーに支持されたってのが、何とも痛快じゃないか!

------------

思ったより少なかったってのが正直な話。ただ振り返ってみると、携帯機に凄さを感じたケースはやっぱ少ないんだよね。所詮ほっといても技術はどんどん進歩していくわけだけから、大きいハードが小さくなるのは当たり前。だから「こんなに小さく」ってのは「進化とは違う」気がしたりした。

ちなみに書き殴ってきた中で一番大きな進化を感じたのは、、、バーチャファイターかな。あの瞬間「画面が奥に伸びた」。今でも忘れない今はもうない豊橋のゲームセンター・・・。

|

« モンスターハンターポータブル2ndG~その36~ | トップページ | モンハンに求められるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/41596227

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームが進化したと感じた瞬間:

» DSでMac OS 6が動く!? [Mac iNformer]
Flickrで、エミュレータを使用してMac OS 6を動作させている画像が投稿されています。まず、これには以下のものが必要です。 [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 14時29分

« モンスターハンターポータブル2ndG~その36~ | トップページ | モンハンに求められるもの »