« モンハンP2G~その42~ | トップページ | 週間アスキー »

2008年7月11日 (金)

モンハンP2G~その43~

実は今日は他の話を既に書いていたのだけど、あまりに先ほどの戦いが熱かったので熱気さめやらぬままにそのことについて触れてしまう。いやはやモンハンやってて久々に熱い戦いだった!つか今日は「グラビデー」どっかで聞いたことがあるような響きがあるなぁと思ったらFFにそんな魔法があったな、とか思ったり。

グラビモスを倒すのは正直本意ではなかった。ホントは昨夜からいっちょミラボに当たって砕けようと思っていたのだ。が、実際調べてみるとイベントのミラボは前作と違って、

 G級!

ということがわかり、「根性、集中、装填数UP」や「集中、装填数UP、ボマー」なぞを発動したクーネで臨めばもしかしてもしかするんじゃないかという幻想がもろくも崩れ去った。っていうかちょっとだけ戦った感じでは手応えがないでもなかったのだけど、所詮怒り前の平常心ミラボレアス。こんなんで彼の実力をはかられたのでは甚だ遺憾と言うところだろう。

だが、せっかく装填数が上がったクーネがあるのだから、何かでその斬れ味?を試してみたい。男なら一度は夢見る装填数UPであるからしてめぼしいターゲットはないかと物色していたところ目にとまったのが、

 ベヒーモス

というわけなのだ。いやというわけじゃないそれはFFのやつだ。っていうか今冷静に考えるとグラビは貫通のが戦いやすいし、むしろレウスやレイアの方が向いてはいるのだけど、仕方ないこのときは全然ちっとも気付かなかったのだ。っていうか僕の思いなんて気付いても気付かないフリをしたくなるのが人情ってもんだろう。

ただ正直言ってナメてた。っていうか自分ソロでは一度もGグラビを弓で倒した記憶などないのにナメてた。っていうか根拠がわからない。一度倒した時は太刀だったのかいやいやもしかしたら弓どころか剣士でも一度も倒したことがないかも知れないのに、長男とご一緒させて頂いた時以外ヤツの顔が地面を舐めたことはなかったのかもしれないのに、こっちは思いっきり倒せるつもりでいた。それも20分?25分?余裕で倒せるつもりでいたのだが、、、

 結局のところまだまだGグラビのアルゴリズムを把握し切れてなかったんだよな。

とにかくどのタイミングで回避しなければビームに当たるのか、なぎ払いの判定はどの程度まで逃げれば安全なのか、最も安全な距離や角度はどこなのかなど何にも考えずに戦ってしまって、結果薬をガンガンに使うも3死。っていうか、

 ビーム!ビーーーム!!ビィィィィーーーーーームゥ!!!!

の3連ビームを食らってはいくら根性があろうと、即座に秘薬を飲もうと、待つのは死あるのみである。っていうか、

 要はそこでビームを食らっちゃ絶対ダメ!

って場所があったということなのだが、それにちっとも気付かずにガンガン普通に戦って普通に食らい、下手したら死んだりしてた。「嗚呼今のはしょうがないしょうがない」と第三者のせいにしてちっとも自らを省みない高慢知己なプレイを推奨していた。

 それじゃあダメなのだ。

結局のところ正面は絶対にダメ。「もう一発」という欲が結果正面でビームを連打されるのだ。基本ヤツに対して4時か8時の位置をキープして、怒り時は多くて2発。通常時は3発しかたたき込めない。それも溜め2の貫通を。

 要するに装填数UPは僕には無駄だった。

なぜならヤツのボディはあまりにもロンゲストヤードで、適当だな~って距離からではぶっちゃけ尻尾にも食らいまくり大会なのだ。っていうかそもそも連射5が活かせるのは非常に頭とか翼とかにさえぎられて当てづらい腹部を、それも2度も破壊してからで、ぶっちゃけそんなの無理なのだ。僕になんてできっこないや、なのだ。

そんなこんなでまたも3死して学んだことは、

 高級耳栓と集中で。運が良かったのでネコ火薬(昨日入れたばっかの新人さんいい仕事しよるわい)と大量の爆弾で臨むことにした。

するとどうでしょう。あんなに苦労していたグラビが、、全然変わりません。なぜならまだ「学び中」だったから。この時点でもしっかり攻撃には食らうし、っていうか旧沼地戦いづらすぎ回避しようとしたら壁とかしょっちゅうだし、ガブラス何匹倒せば出てこなくなるんだよったく。結局2死しつつもなんとかかんとかどうにかこうにか腹を2段階破壊し、無事討伐に成功したのでした!でもって

 剥ぎ取りで天殻ゲットーーっ!

つか苦労が報われる瞬間だし。っていうか時間は35分ほど掛かりましたが、まぁいいんです天殻出たから。っていうかエンデには2個要るし、重火槍グラビモスにも1個要るのでコレで満足というわけにはいかないのが辛いところではあるのですが、、、。

ということで連戦決定。っていうか今度はあまり突っ込んで攻撃しない。でもって出来る限り掃除もするし、閃光玉も大事に大事に使う。ちなみにグラビは閃光玉食らうと高頻度で雄叫びを上げてきますので、「閃光玉→爆弾→部位破壊」を狙うなら高級耳栓は必須です。っていうかその為に装填数UPから高級耳栓装備にシフトしたわけですが。

今度はそんなこんなで比較的早くクリアすることが出来ました。っていうか

 3死してるんですけどね。またも。

そのあとでのクリア。さすがに今度ばかりは天殻も出ません。まぁ世の中そんなには甘くないっていうか確率的には6%くらいだっけ?倒した数からいけ、、、

 報酬でデターー!!!(^^

みんなもしかしたら僕明日死ぬかも知れない。ここでこんなに運使っちゃってどうしよう。あーさよならみんな!僕のこと忘れないでね。ってくらい、、、

 あ、これ言っとくけど序章だから。

嬉しかった。さすがに都合5戦ほどグラビと戯れると疲れます。っていうかもう今日はグラビなんかと戦いたくないっ!ホントはもう一個天殻が欲しいけど、いいそれはまた今度にするっ!ということで、今度は、

 黒グラビと・・・

っていうか場所が火山で、雑魚はただのイーオスなら何とかなると思ったわけですよ。つかクーラードリンクとペイントボール
※旧沼地グラビにはペイントボールが不要なのさ。潜らないから。
を持つ代わりにマンドラゴラと栄養剤Gを置いていくことになりましたが、いいでしょういいでしょう。こっちだってそれなりに鍛えられてきてんだ。っていうかいくらオレ様が忘れっぽいったってついさっき死にまくった反省は(少しは)してるってもんだぜヘイヘイ!ということで勇んでG黒グラビに突入。

 っていうか火山超明るいんですけど!

視界が広い!世界が僕を祝福してくれているかのようじゃないか!っていうか遠くまで見渡せるこの幸せ。お、あそこに見えるのはイーオスじゃないかい?いっちょ掃除でもしておこうか。ふむふむ。え?掃除が終わったと同時にグラビ登場?できすぎだなぁいいの?こんなに戦いやすいところで。それじゃあ閃光玉→大タルG!

 あまりに順調に腹が1段階壊れる。

この調子ならかなり安定して戦えそうだぜ。オレ様もようやく「撃っていい隙」について学習してきたからな。っていうか黒グラビだけなのか、グラビもそうなのかわからないけど、正面を行ったり来たりしながら撃つと、ちっともなぎ払いビームをしてこない。つかハメ?おいしいなぁまことにおいしい!

途中一回だけHPの把握が甘くて、
※ゴメンうそ。正確には「根性が発動してる気になって油断してた」
死んじゃうも他は概ね安定。っていうか攻撃力が高くて、連続ビーム食らったらおしまい、という場面での連続じゃないビームだったのが奏功して運にも助けられた感じ。っていうか、戦ってて楽しいわけですよ、相手の動きを読んで、それも雑魚が、、って

 こんなところにカニがぁぁぁ!?

つかイーオスしか雑魚は出ねぇんじゃなかったのかようよう。つか泣きそうになりながらカニ掃除。っていうかカニはクーネだと直接攻撃で8回くらい斬らなきゃ死んでくれないし、イーオスと違って確実にこちらをホーミングして斬ってくる&攻撃力もばかになんない嫌な雑魚。でもまぁ何とか掃除しつつ継続。

 「あと10分です」

え?もうそんな時間?っていうか1回腹が壊れてからちっとも2回目が壊れないんですけど、、、、、、「はて!?」

 「誰だ!オレにクーネを持たせたヤツは!!!!!!」

母さんあれほど出かける前に忘れ物ないか確認しな、って言ったよね!んっとにこの子は。だってだってーーー。つか40分も戦ってきてそれが「非有効武器」だと知った時のショックって結構デカいもんだな。

 「あと5分です」

でもめげない。つくしは雑草のつくしだもん。いやよくわからんが。とにかくがんばる。隙を限界まで突く。何とか腹も2段壊れている。っていうか、

 今足引きずりはじめ???

つかあと4分しかないのに今引きずり始めてももう遅いんじゃ、、、とにかくがんばる。絶対死ねないから回復もきっちりする。っていうか最初から油断せずに戦ってればもっと攻撃のチャンスはあったんじゃないか、いやいや今するべきは反省ではなく集中だ。撃って撃って撃ちまくるしかない。右にかわして撃つべし、左にかわして撃つべし、徒歩られたら速攻逃げろ!尻尾後も撃つべし、斜めこの場所ならなぎ払いビームにも当たらないぜヘイヘイ・・・

 あれからどれーくらいたぁたのぉだろお~
 しずぅむゆうひをぉいくぅつかぞぉえたろぉお~(長渕剛乾杯より抜粋)

 「グラビの野郎死にましたぜ!アニキ」

とメッセージが表示!残り時間は2分25秒。っていうか乾杯歌うほどの時間は経ってなかったわけだけど、まぁあれこそが、

 リアル火事場のクソ力

ってやつなんだろうね。ホントにヤツがスローモーションで見えたからね。マジで。

 っていうか!

 剥ぎ取り一発目に「 黒 鎧 竜 の 天 殻  」!ヤッターーーー!!

 っていうか、

 二発目も「黒鎧竜の天殻!!!!」

つかさすがにソレで打ち止めですけど?いやいやしかし3匹のグラビから4個の天殻が手にはいるとは、さすがのクリス氏も予想してなかったようで、ひさびさに満面の笑みというヤツですよ。っていうか、

 本気でしばらく何も出ないんじゃないか?

という懸念すらわき起こります。っていうか性格上「こないだまでのマイナス運がここで埋め合わされた」とは思えないのが悲しいサガってヤツですね。

まぁ何にしてもエンデ・デアヴェルトと重火槍グラビモスが共に白になりました。っていうかどっちか一個しか作れないんだけどさ。っていうかよくよく見たらプロミネンスピラーGの方がちょっと強かったりしない?っていうか素材はまだないけど、天鱗も使わないし、Gレウスなら閃光玉で余裕だと思うし、、、つか今日のオレの苦労って何?

|

« モンハンP2G~その42~ | トップページ | 週間アスキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/41800296

この記事へのトラックバック一覧です: モンハンP2G~その43~:

« モンハンP2G~その42~ | トップページ | 週間アスキー »