« 懐かしのメロディ | トップページ | つれづれなるままに・・・ »

2008年7月18日 (金)

モンハンP2G~その44~

まぁ地味にプレイしつつ日々過ごしているわけですが、つか昨日は気合い入れすぎたので今日はごくごくライトにワンテーマ。

 G級ガノトトス亜種討伐

つか既にパーティでは倒してるというか、以前自力で倒したかも知れないのだけど、今回「ハイガノススパイクG」のために何とか倒さなければならない状況になった。必要素材は「翠水龍の特上皮」1枚。

つかその前までやってた装備が「捕獲の見極め」「斬れ味+1」「砥石使用高速化」で比較的高い防御力585。水耐性2のコウリュウノツガイだったので、弱点だしもしかしたら結構そのまま行けるんじゃないの?と淡い期待を持って挑んでみたのだけど、

 ダメージがデカ過ぎてお話にならない

とにかく尻尾とか水ビームとかであっさり6割削られる。つかオマエの攻撃力はどんだけ高いんだよって気がするが双剣なのでとにかく足に乱舞して転ばせるしかない。果敢に接近戦を挑むも、

 あっさり3死。

つか強すぎだろガノ亜種。スライドは意識してたからほとんど食らわなかったけど、とにかく普通に強い。つか手触り的には、

 ウカムよりずっと強い。

 泣きそうなくらい強い。

いやむしろ僕のほほに伝うのは何?というくらい強いので、一旦装備を練り直すことにした。つか今度は双剣ではなく「溶解銃槍ヴォルガノス」。攻撃力644火属性240白ゲージのガンランスで臨んでみることにした。つかアカムとかだと割とガード突きで気持ちよく攻撃出来るんだけど、

 それはぶっちゃけ隙がデカかったから

というわけで、怒りガノスのタックルはそんなもんじゃねぇというか、

 ガード突き→食らう

の繰り返し。っていうかほとんどガード出来てない状況。つか冷静に考えるといくら拡散4とかの竜撃砲だとて数回当てて倒せるわけもなく、結果またもや3死・・・。とりあえずこの時点での反省点としては、、、

・ワナを掛けるならエリアチェンジ後に「着水体勢に入るのを確認」し、その場所に掛ける。

 要するに適当なところに掛けてもガノスはまず食らってくれないというか、遠い正面でワナに誘ってもビームが来るし、少し近づけばなぎ払いビーム、接近戦ならタックルと、ホントにコイツと来た日にゃ遠近両用な芸達者。つかなぎ払いビームも遠い時はスゲぇ遠くまで飛んでくるしマジ泣ける。

・回復出来るタイミングはよーく見る。

 いくらあと一撃で死ぬかも、という状況でも、適当に回復したらそれは結果的に全く無駄になる可能性が高い。とにかく「1撃で5割は減る」心づもりで戦わないとダメだ。

・オトモのHPにも注意する。

 眠らされた時、オトモが健在ならこちらをすぐさま起こしてくれる。でも彼が地下で休養中だと・・・。特に怒ってる時は要注意。

・雑魚は先に掃除する。

 このクエのランゴはそんなに大量にポップするわけじゃないし、イーオスも4匹程度。どの武器でも掃除しきれないわけじゃないので、まず最初にきっちり掃除したい。っていうかガノスがいる間に掃除しようとすると、

 普通に後ろから攻撃されて死ぬ

ので、いない時に掃除掃除。

・適当に置いても爆弾は失敗する

 罠師がない状態で普通に2個置いてペイントボールで起爆しようとしてもそりゃあ無茶というもの。着水体勢でシビレ罠×2+落とし穴で都合3回の大タルGが精一杯。掃除後でかつカエルも持ってきていて、その上つり上げたあと着地するヤツの場所を把握しているなら、そこに爆弾を置いて対応というのも考えられなくはないが、、、

 越えなきゃならないハードルが多すぎる。。。

それに体力がそもそも多いのでボマー爆弾はあまり有効じゃないような気も・・・。

・つか接近戦は無理か!?

 要するにそういうことなのである。ヤツと戦うのに接近戦は無茶。無理。不可能。っていうか旧密林のイーオスが出ない方のエリアは、

 全く相手が何をしてるか見えない

ので、特に接近戦でモーションを拾い上げつつ戦わなければならない剣士には特に厳しいのだ。泣けちゃうのだ。スネちゃまオヤツザマスなのだ。

だから結局日輪G(雷属性の弓)で行くことにした。つか最初からそうすればよかったのだけど、まぁナメてたっていうか、ちょっと前に上位の無印ガノスを倒したばかりだったので、、、まぁナメてたわけなのだ。

で、スキルは回避性能2、回避距離と捕獲は頭のヒレで判断することにして集中を付けていくことにした。今回虎の子の剛刃翼を使ってしまったので、作ろうか作るまいか悩み続けていたナルガの双剣はこれで作れなくなった。っていうか、、、

 全ての新装備は限界まで鍛える

ようにしてるし、回復も最近はいにしえの秘薬中心になったので、準備諸々全てで、

 約80万Gくらい使った。

470万くらいあった状況から520万まで売って、現在430万くらいである。つか計算が合わない?まぁいいや。とにもかくにも下準備に死ぬほどお金掛けてるのである。っていうか、

 僕にとって旧密林のガノスはやはり鬼門であり、その準備をするに値する強敵

なのだ。っていうか「強敵」と書いて「サギ」と読む。で、結果どうだったかというと、、、

 一死したけどなんとか討伐。

つか一撃でほとんど瀕死になるシビアな戦闘はホント嫌気がさすが、やっぱり接近戦をしなくていいのはいい。時間はスゲェ掛かった(30分くらい?)し、正直もう二度と行きたくないとも思うけど、まぁ行く必要もないからいいかな。

つかハイガノススパイクGを作るには桃ヒレが必要だったのだけど、こっちは笑っちゃうほど楽に集まった。剥ぎ取り名人を持って旧砂漠のG級素材ツアー。みるみるたまる重牙と桃ヒレ。ダラダラ稼いで15分。もし集まった素材を全部売れば5万くらいは溜まるほど出た。つかさっきの試練がまるでウソのようだったのだが、、、

 まだハイガノGは作ってない。

別に今すぐキリンと戦いたいわけではないのだよな(^^;。つかラージャンとかもたぶん氷牙のが楽な気もするし・・・。

つか一応宿題も書いておこう。

・ディアブロス関係のクエと必要素材が大量に残ってるので、対策と装備を練る。つかこの際だからお金に糸目は付けないぜ!?

・村上位ナズチを倒せばたぶんモンスターハンターが登場するはず。クリアは出来ないんだろうなぁと思いつつ「挑める状況」までは持って行っておきたいところ。つか上位ナズチの素材は密かに欲しかったりするし。

・上位クシャルやG級クシャルの素材が密かに欲しいので、がんばってみようかどうしようか。つかこれもテンション上げないと無理なんだよな。つかどの敵にも言えるけど、しばらく戦ってないと大概の相手は怖くなる。今日ヒプノックと戦った時もスゲェ怖かったし、実際苦戦しまくったし。嗚呼チキンよ永遠なれ!

・集会所下位上位の簡単クエを消化しておきたい。

・ゴールドイクリプスを作りたい→金火竜の秘棘が・・・。

・テオのハメを試し見てみたい・・

んなところかな。つか割と書くことあったな(^^;。

|

« 懐かしのメロディ | トップページ | つれづれなるままに・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/41890370

この記事へのトラックバック一覧です: モンハンP2G~その44~:

« 懐かしのメロディ | トップページ | つれづれなるままに・・・ »