« 剣と魔法と学園モノ~その2~ | トップページ | WIKIPEDIAをオフラインで(素人向け) »

2008年8月28日 (木)

AVIをDVDに

まぁ世界は僕がのんびりゲームしてようと映画見てようと回っているわけで、時を経てネットを覗けばきっと進化したさまざまな便利ツールがところ狭しと跋扈(ばっこ)しているんじゃないかしらん?と期待してみたが、、、

 割とわかりづらい。

文字通り「AVIをDVDに」でググって出てきたソフトを片っ端から試してみるも、、、

あ、今唐突に気付いたんだけど、「AVIをDVD」という言葉そのものの認知度ってどのくらいあるんだしょ。DVDはさすがに日本人の97.2%がどんな物かを理解しているというデータが(僕の脳内適当課には)あるんだけど、AVIは4.3%と極端に低いからな。とは言ってもウチのブログを読んで下さってる方の8割3分3厘の方はAVIがなんなのかをご存じだというデータも同時に出ているので(民明書房刊「あなたの知らない読者」より)、さほど気にとめることもないか。

つかAVIというのは、言わば「専用のプレイヤーじゃなきゃ見れないけど、画質を荒くしたり音質を悪くしたりしてデータサイズをめっちゃ小さくコンパクトにまとめた動画」。ちなみに「まとめ方」次第で幾通りものAVIが存在するので、それぞれにあったバージョンアップ(<スゲェ素人臭い表現だけどこれが一番わかりやすいと判断)をしなければ全てを見られるようにはならない。

で、このAVIを「専用じゃない普通のプレイヤー、例えばPS2とか」で見られるようにしたい、とこういうわけなのだ。具体的に言うとパソコンでしか見られないパソコンの中にあるAVIファイル動画を、何にも入ってないDVDに「普通のプレイヤーでも見られるように変更して」録画(記録・書き込み)するにはどうしたらいいか、ということなのだ。

余談だけど、僕はこういう「素人向き」の話をするのが嫌いじゃない。っていうか今回はスタートからそのつもりで書いてないので正直甘さが目立つが、ことゲームでもハードの説明書でも、「最低限の知識しかない人」用の解説は蔑ろにしちゃいけないと思うんだよね。まぁ「こんなの常識だぜ!」というあまりに愚かな思いこみだけはしたくないと思うわけさ。つかこれは「ウチのブログ」であることで改めて断る必要のない不文律とはまた別の話ね。

ちなみに、お袋曰く「同じDVDなのになんで見られないのと見られるのがあるの?」という質問
の答えなんかも、出来たらスマートに答えたいところ。ところなのだが、実際は「見た目は同じでも中身が違うから」という何とも見苦しい答えしか出来なかったんだよね。今だったら、「普通のDVDは一枚ずつ綺麗な写真を映すように記録され、プレイヤーもそれを読み込むように作られているけど、特殊な記録の仕方で”動いているところだけ”一枚目と2枚目の違いだけ記録してたりする。そうすると当然普通のプレイヤーでは読めないよね?」くらいのことは言いたかったな。つかそれがお袋に理解されるかどうか(それが真実かどうか)は問題ではなく、重要なのは「わかんないけどそれじゃあ見られないのも無理ないね」と思わせられるかどうかだから。

さてさて、それはそうとして何本か試してみたわけだけど、、、
※こっからは本来の話。

一本目は英語な上にドラッグアンドドロップしてスタートしてもエラーが出て進まない。つか何かが必要なのか、設定が甘いのか、そもそも対応してないソースファイルだったのかの原因の特定が出来ないので困ってしまったわけだが、今回は珍しく「母上のため」という日頃からというか生まれたときからお世話になっている恩師
※つかこの言い方だと妙に他人っぽいな。
の為なのでめげずに他のソフトを探す。

次に見つけたのは日本語で、最初に「金払わなくても試用は出来るけど?」と言われ、まぁそう何度もやるわけじゃないから、1週間使えればいいやというつもりでエンコードスタート。っていうかこういうのはデコードって言うのかな。

つか始めたはいいけどタスクバーは一向に進む気配がない。っていうかじっと待ち続けてたら2ミクロンくらい動いたのでそのままほったらかしで作業させる。つかこういうのはあんまし「ながら運転」させるのがよくないとは思いつつ、いつも通りネットしたりブログ書いたりしながら進める。

かれこれ3年ほど経ったある日、

 「ぼちぼち終わったみたいですぜ?」

手下Aが僕の袖を引っ張るので「よいやさっ」と重い腰を上げ先ほどの作業で出来上がった動画を見てみるとデカデカと、、、

 「試用版だからウゼェ文字入れといたぜ!ヒッヒッヒ」

の文字が延々と表示され続ける始末。つかいくら画質が良くても正直こんな試用版を見せられてはレジストする気にもならない。つか最初に「こうなる」ってわかってたらやんなかったというか、こんなクソ長い動画
※のだめヨーロッパは18時間くらいある。もちろんウソ。
をエンコしないのに。

で、めげずにトライしたのが「AVI2DVD」というどっかで聞いたことがあるようなないようなソフト。とりあえず

・ダウンロード先
http://fileforum.betanews.com/detail/Avi2Dvd/1108095619/1
・日本語パッチ先
http://www.nihongoka.com/jpatch_main/avi2dvd
※本体をダウンロード後EXEファイルを起動すればインストール自体は終了。ただパッチを当てたあと本体起動後に「一番左の国旗アイコン(日本じゃない)をクリック」しないと日本語にはならないので要注意。

インストールが終了し日本語化も問題なく済んだら、読み込ませるファイル名を「半角英数8文字以下にして」Cドライブ直下に置いて読み込み。
※Cドライブ直下に置くのはフォルダ名にも全角文字が入ってちゃダメなため。ちなみに作業領域が10ギガくらい要るのでそれも忘れずにチェック。

その後「ジョブに選択」みたいな一番下の方のボタンを押してリストに入れ、開始する。

 つか「開始するだけ」は簡単だが「終わる」までにはほんの7時間くらい掛かった。

気がした(これはマジ)。でも出来上がりは問題なくISOファイルとしてデーモンで読めたし見れたので、そそくさとコピーして無事完成。でめたしでめたし。

でも進化したこのコンピューターネットワーク社会においても、こうした「フォーマットの変換」にはやっぱり相応の時間が掛かってしまうのだなぁとしみじみ感じた。2PASSだし画質もパッと見ほとんど落ちてないから当然と言えば当然なのかも知れないけど。

ただこういうのって地デジだとかダビング10だとか
※全然わかってない。
の2011年の頃にはいろいろ「動いてる」のかなぁとは思うよね。どうなってるのかは想像もつかないけど、「不便になりそうなところ」はたぶんアンダーグラウンドで「強引に便利に」してしまう人が出てくる気がする。人間一回居心地のいい環境に慣れてしまうと、なかなか元には戻れない生き物だものね。

|

« 剣と魔法と学園モノ~その2~ | トップページ | WIKIPEDIAをオフラインで(素人向け) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/42294456

この記事へのトラックバック一覧です: AVIをDVDに:

« 剣と魔法と学園モノ~その2~ | トップページ | WIKIPEDIAをオフラインで(素人向け) »