« クリスマスプレゼント | トップページ | ファンタシースターゼロ »

2008年12月26日 (金)

白騎士物語~その1~

買ってきました白騎士物語とファンタシースターゼロ。まずは前者の感想をライトに。

つってもファミ通の点数もあるし、さほどレベルファイブオリジナル作品に期待もしてなかったので、感想はいたって淡泊。

 まぁこんなもんでしょ。

開幕のキャラメイクの詳細さ
※というよりその手順の手際の悪さ。
に閉口。まゆげの角度や幅や、ほお骨とかエラとか細かく設定出来るのはいいが、それらを自分のイメージ通りにするためのアウトライン作りがあまく、最終的に出来上がったものが(かなり時間を掛けたにもかかわらず)あまりパッとしないものに。360にもWiiにもアバターはあるし、オブリビオンのメイキングもかなり詳細に出来たが、個人的にはWii版が一番やりやすかったような気がする。まぁ男前には作れないけど。

で、1時間くらいかけてキャラメイクしたのは、

 ストーリーモード中では完全脇役「セリフなし!」

メインはレナードだかレパードだか言う兄ちゃんが話を進めていく。っていうかこの白騎士、主題歌も悪くないし、キャラデザインもマックスを「100好き」としたら「52好き」くらいで決して最低ではないのだが、
※ちなみにラストレムナントは「40好き」くらい。ローグギャラクシーが「65好き」。FF8やアドベントチルドレンが「90好き」。女神転生IIIが「5好き」。そんな嗜好。
所詮は実機ポリゴンでのデモに荒さは否めず、なんだか「フィギュアをコマ撮りしてるかのような陳腐さ」を感じてしまう。これはたぶんFF13でもそうなのだろうけど、、、つかぶっちゃけビジュアルで売ろうとする大作のデモは実機じゃなくプリレンダでやった方が綺麗に仕上がると思うね。いやホントに。

で、まぁそんな自分で作ったキャラはストーリーモードをそれなりに進めないとマルチプレイモードが出てこないらしく、結局まだそこまでたどり着いていないという状況。つか、この白騎士、何がツライって、

 レベルアップして得たスキルポイントを割り振ることで覚えることが出来るスキルに幅がありすぎて、「あとから取り返しの付かない後悔」をしてしまいそう。

なのが凄くつらい。具体的に言うと、例えば片手剣のスキル「回転斬り」や「片手剣スキルレベル1」とかにポイントを割くと、当然片手剣は強くなるが、その分「回復魔法」や「攻撃魔法」「両手剣」「弓」「やり」などにポイントが割けなくなる。実際はレベル10ほどで15ポイントくらいは貯まってたような気がするから、それほどナーバスに考えなくてもいいのかも知れないが、それでも気軽に「弓と片手剣を強化しよう!」なんて二足のわらじは履けない。そんなことしたらどっちも最終奥義を覚える前にレベルがカンストしてしまうかも知れない。

 それなりにゲーム慣れしてる人だったら絶対不安になるシステム

だと思う次第。

ただ、スキルポイントそのものは1ポイントや2ポイント割くだけで覚えられるものがいっぱいあるので、まずは単体回復魔法「ヒールI」だけはメンバー全員に覚えさせた。って言っても二人だけど。つかたぶんその先にある「死者復活魔法」も必ず全員に覚えさせたいんじゃないかと思うけど。でもって「全体回復魔法」とか「毒消し」「石化解除」なんかも・・・

 いつまで経ってもキャラは強くならないっ!

キャラが強くならないと、ボスなどの持久戦でじり貧になってしまいそうな不安もある。特に今回例の「変身!」までプレイしたのだけど、、、あ、あの変身のシーンっていうか一連の展開はなかなかもってさすがの出来でしたよ。「そういうもの」を期待してる人ばかりじゃないのが現実だから手放しでオススメする気にはさらさらならないんですが、それを差し引いてもかなりの迫力というか、たまたま子供達に「うるさいからヘッドフォンしてやれ!」的な?クリスマスなのに!?一家の主が!みたいな??状況下でのプレイだったからこその没入感だったのかも知れませんが、

 これはこれで肯定

したくなりはしました。まぁあまりにあんなデモが頻繁にあったら、それはそれでゲンナリなのかも知れませんが。で、その白騎士モードでも「MPが非常に重要」とか言い出して、結果それって「敵からMPを吸い取ることが出来るスキルを覚える系統」にポイントを割くことが重要になってくるんじゃないの?なんて思い始めたりしてしまうわけです。

っていうか、マルチプレイモード用のキャラは極力ポイントを割かず、白騎士になるのに有利なステータスをメイン主人公に割いていく・・・ってそれって何が有利になるの?とりあえず片手剣を強くしちゃっていいの???

結局未だポイントは(ヒールI以外)振ってないという状況なんだよね。ちなみに、経験値はレベルによって「ちょっとずつ貰えるのが少なくなる」という感じで、数レベルでいきなり1しか貰えなくなる、ということではない様子。まぁマルチプレイがどうかはわからないけど。

まぁそんなこんなのファーストインプレなんだけど、とりあえず以下気付いた点を箇条書きしておくので、もし買った人がいたら「ああそうそう」みたいにうなずいてくれたら嬉しいかな、と思いますです。

・HDDの占有は1.8GB

・セーブに掛かる時間は21秒(セーブが100%になってから約14秒!ざけんな!)
・キャラメイク時に「ランダム」があればよかった。でもって最初ザックリ髪の毛とか顔型とか身長とかを決めたあとに、ディティールに入るシステムにしてくれたらもう少しスッキリしたんじゃないかと思ったり。

・字幕を最初からオフ出来ないのでちょっとウザイ。始まれば出来るけど。

・デモが全体的に無駄に長い

・魔法の使い方が最初わからなくて死んだ。
 →スキルを覚えたらすぐ十字キーで選択する枠に入れないとダメなのな。でもってその枠も「行動したい枠」にしっかり合わせてないといくら連打してもウンともスンとも言わない。一言くらい「ゲージがあってません」とか教えてくれてもいいのに。この辺は結構不親切。いやホント。

・ステータスを確認するために選ぶコマンドが「バトルセットアップ」だとか、メニューの下層からポーズキャンセルまで一気に持って行けないとか(順番に戻っている最中も時間は止まらないのでダメージを食らいまくったりする)、平常時のHPを確認するのに停止してるだけじゃダメでセレクトを押さなくちゃダメだとか、かゆいところにホントに手が届かない作り。横柄なレベルファイブらしい。つかさすが堀井雄二こいつらを使ってよくあそこまで遊びやすいドラクエ8を作ったなぁと思う。

・マップはやっぱり広かった。特に常時表示でない全画面マップも拡大縮小が出来ないのにメチャ広いので全体の把握がしづらい状況に。ミニマップは敵の位置を確認する以外の使い道はほとんどないくらい狭い。

・対象の敵を自由に切り替えるのがやりづらい。

・セーブ時にカーソルの上下移動がないので連打だけで出来る。これはこのゲームの数少ないいいところ。PSPとか100%「上書きしますか?いいえ」にカーソルがあってるからね。

・レベルアップでHPとMPがマックス回復はありがたい。

・敵のデザインは全体的に×。

・敵は時間でポップする。いきなり周囲を取り囲むようにポップされたこともあったが、それはたまたまじゃなくて、「そういう演出」だったのかも知れない。

--------------

こんな感じかなぁまずは。とにかく遊びづらいとファミ通に書かれていたのがよくわかるダメ仕様。でもいいところもある。基本経験値が減っていかないので、たらたらと戦っていればそれはそれでちょっとずつ与えるダメージが増えていって、しっかり強さを実感出来る。メンバーもちょうどいいタイミングで回復魔法を使ってくれるし、
※白騎士の後で始めたファンタシースターゼロのNPCとは大違い。
MORPGに置き換えが出来そうなバトルシステムも嫌いじゃない。
※納刀時にHPもMPも自然回復したりするし。

ただAPだかACだか呼ばれる特殊なポイントを使わないと強力な攻撃が出来ず、そのポイントの回復手段が今ひとつ不安定
※敵に攻撃を与えたり、食らったり、倒したり、、、と書かれてはいたが、「与えただけで1ポイント回復する」というほど具体的なものではない。
で、結局節目節目の強敵くらいしか使う気になれない。でもその時には「使い慣れてない」ので上手く使えず、本末転倒という事態に・・・。

正直ローグギャラクシー以上に序盤から「惜しい」の連発だが、
※始める時に表示されるメニューまでの時間も結構掛かるし
オープニングの派手な映像を見ると、ちょっと先が見たくなるのも事実。

想定プレイ時間は30時間とのことなので、それなりの密度でオカズを用意してくれていると期待しつつ、もちっとやってみようかな、って感じかな。初見評価は★。とりあえずレベルファイブには頭の悪いトップがいることだけは明確にわかるタイトルだったね。「二の国」もまず間違いなくその道をたどると予見するほどに。

|

« クリスマスプレゼント | トップページ | ファンタシースターゼロ »

コメント

> 字幕を最初からオフ出来ないのでちょっとウザイ。始まれば出来るけど。

いや、キャラクタークリエイションに入る前でもタイトルのOptionから設定できますよ~。

投稿: ねぎ | 2008年12月26日 (金) 18時24分

スミマセン気付きませんでした(^^;。
失敬。

投稿: クリス | 2008年12月27日 (土) 21時15分

その2の方にコメント書き込めなかったのでこちらに。

クリスさん、オンラインまともにやってないですよ。
敵キャラが居ないのはマイタウンからクエストの場所にクエストを作成する、で移動してから他のプレイヤーを待っている状態になっているだけ。そこから「クエストを開始」しないと。取説57ページ参照のこと。
(まあ、2度とプレイされないとは思いますが)

で、私的感想。ちなみにプレイ時間は10時間程度。
悪いところ
・装備したいものをあらかじめそのキャラのアイテムに入れておく必要がある。
→アイテム一覧から装備してしまえば済む話だけどインターフェイスとして違和感ばりばり。

・戦闘体勢で操作キャラの切り替えが出来ない
・味方のAIがアホ
→ ヒールⅠでいいのにグループヒールⅠを使って無駄にMP消費したり、状態回復魔法を使ってくれなかったり。
・視点リセットがない
・チャットと操作の切り替えがスムーズでない
・エレベータの乗り降りが面倒
→ドア開けて、閉まるの待ってから行き先ボタンが押せる・・・
・ジオネットでのフレンド登録が面倒

良いところ
・(フレンドが集まれるなら)オンラインが楽しい
・装備のグラフィックが防具を含めてちゃんと反映される

点数つけるなら10点満点中で8点かな。ただし一緒にオンラインで遊ぶフレンドが居ないなら6点。
一言で表すならチューニングが甘すぎ、というところでしょうか。よほどSCEから発売を急かされたんでしょうね。。。

ちなみに大手のメーカーだとクロスレビューで7点は実質0点というのは色眼鏡で見すぎでない?

長文失礼しました。

投稿: ねぎ | 2009年1月11日 (日) 04時29分

ちすねぎさん、ちと長くなったので、ブログに貼りました。もしよろしければご覧になってやって下さいまし・・・。

投稿: クリス | 2009年1月11日 (日) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/43529214

この記事へのトラックバック一覧です: 白騎士物語~その1~:

« クリスマスプレゼント | トップページ | ファンタシースターゼロ »