« NON STYLE | トップページ | HALF-LIFE2 »

2009年1月31日 (土)

マジ泣ける・・・

※今晩三つ目。

いつもなら午前0時前に書いたものは、「0時1分」にタイマーをセットしてアップしていたわけです。実際はココログに大きなラグがあるので15分くらいの表示になっていたかも知れませんが、まぁ僕としてはその日のネタを書き上げて、あとは枕を高くして寝るだけ、という状況にするわけです。

もちろん日によってはそんな「仕込み」をするまでもなく情熱を傾けてしまうコンテンツがあり、結果アップが随分遅くなることもあります。まぁ3時過ぎのものなんかは大概そんなところでしょう。

しかし今日はそういった「情熱のネタ」があるわけでもなくアップが2時過ぎになってしまいました。それはなぜか。
※あ、ちなみに日付で言うと昨日の終わりに「もうネタがあるから気軽なのを一つ二つ織りこむのもやぶさかでないな」という感じでハッピーダンスコレクションの動画を貼り付けたりもしましたが、これは大局に影響なしというおまけみたいなもんです。

 またもPCが不調を・・・・(爆泣

つかなんなんだろうね。いくつかPCのゲームをインストールし、HDDのドライブ名を書き換えたりしたにはした。つか

 それによって立ち上がらなくなるアプリケーションがあるかも知れないけどいいの?

というメッセージの「立ち上がらなくなるアプリ」の中にまさかOSが入ってるとは思わないじゃん?だってCドライブには手を付けてないんだもの。
もうサヨナラすることが決まった内蔵や、ちょっと異音がし始めた外付けに適当なバックアップファイルを保存して、新たに設置したHDDに今まで古いのに冠されていたドライブ番号(例えばPドライブとか)を移行し、そっちでリンクが生き残るようにしたはずじゃん?

ちなみに前回破損したHDDだけど、300ギガのうち50と250にパーティションが分けてあって、250の方はどうにもなんなかったんだけど、50の方はまだ生きてたんだよね。コレってたぶん「傷が付いた場所」に寄るものなんだろうなって思った。外側の方に付いたらどっちがダメになるとかあったんだろうなって思った。

 つか、150と150にしておけば半分助かったかも・・・

とも思ったけど、

 逆にその真ん中に傷が付いてたらどっちも死んでた

ッてこともあるかと思って(割とポジティブシンキング)そこはしょうがないと諦めた。

閑話休題

とにかく新規購入の1TBのHDDが本体の上に横置きされていて、そこがちと不安定なので付属していた滑り止めのゴムシールを貼ろうと思ったと思いねぇ。まぁ不景気の世の中だからそのシールもミクロに小せぇモンだが、貼るからには中のディスクに傷付けちゃなんねぇってんで一旦電源は落としたいわな。でもまぁ最近接触不良的な再起動が多発してるUSBだから端子を外すよりたまには本体の再起動のがいいかも知れねぇ。そう言やさっきなんかの変更を活かすにゃ再起動してくれっつってたよな。ちょうどいい!久々に電源落としてやろうか。

 終了処理中に更新された15個のファイルのインストールが始まった・・・

なんだか妙に時間が掛かってるようだがとりあえず進んでるようだ。いいやいいやその間にBAKUMANでも読むわ。

お、終わってる終わってる。久々に、ホントに久々にPCの音がしねぇよ。この部屋が静かに、、、あ外付けHDDの一つが電源連動じゃないから相変わらず点いてら。コイツめ、と思いつつこっちのは異音もしないし順調に動いてくれてるから今さら電源落とすこともねぇだろ。つかかれこれ1年以上電源入れっぱなしだがな。

で、あらためてPCのメイン電源をポチッとな!(C:八奈見先生)。

ブォーーーンとファンの音が聞こえ、ドライブへのアクセスが始まる。青いランプが点き白いランプがあわただしく点滅を繰り返す。モニターに灯がともり、いつものXPのインジケーターが動き出す。

一旦画面が黒くなり、中央にはマウスカーソルが表示される。

 そして画面がブラックアウト。モニターの連動電源がサスペンドに切り替えを指示する・・・

PCは相変わらず白いランプが点滅を繰り返している。

 「しばらくそのままにしていたら再起動するかな」

僕は安穏とBAKUMANを読み続けた。1話、2話、、、しかしPCの状態に変化はない。

 「そう言えば数日前にも似たような症状の日があったな、、、あの時は確かリセットしたらまともに起動したんだった」

僕は座椅子に転がりながら左足の親指をリセットボタンに伸ばす、よっこらせ、、、と。

PCは再び起動音を発し、先ほどと同じように接続されたいくつものHDDやドライブに灯をともしていく、、、。ちなみにこの場合の「灯」は「あかり」ではなく「ひ」と読んで下さいね。まぁ関係ないッスけど。

 しかし先ほどと同じ場所で沈黙・・・。

つかまぁ実はさっきの1回目は見てなくて、この2回目を見て覚えたわけだけど。っていうかホント言うと、

 こっからあと5回くらい繰り返す間に覚えたことだけど!

ギャフン。ギルティギアのソル風に言えば「ギャフギャフだぜ」そんなこたぁ言わない。
だがここでそのまま諦めてしまうほどPCに対して潔くないので、次はセーフモードを試してみる。っていうか先ほどの5回の中には、

 どのボタンがセーフモード起動用だったのか適当に押しまくってる自分

がいたりしたわけだけど、まぁF8だとわかるまでに結構掛かったわけだ。で、セーフモードから「一番怪しそうなファイルインストール」の復元ポイントをクリック。さぁ復元しろやれ復元しろ復元せぬなら殺してしまえホトトギス。

 復元せぬ。

つかPCはホトトギスじゃないので殺しませんあしからず。
つかそもそも「復元中」みたいなバーすら表示されなかったんじゃないか?オレの気のせいか?BAKUMANは既に読み終えている。つか1巻だからか知らないけど、まだまだ「苦しくて辛いところ」はなく、普通に楽しく読めた。確かにGペンを使いこなすのは難しそうだな。たぶん高橋留美子とか池上遼一とかは小池一夫先生の劇画村塾で使い方とか学んだんだろうな、ズブの素人からだとそういうの大変なんだろうな。

閑話休題。つか割と余裕あんじゃねぇか!?と思ってるみなさんもいるでしょう。

 とりあえずサブPCは未だご存命だったのでそっちが立ち上がった時点で多少テンションに張りが戻ったというか・・・

再度セーフモード。今度はさっきと違って「セームモードとネットワーク」を選択し、無事ネットに繋がることを確認。つかこれが繋がらなくなってたら文字通り首をつるしかないっていうか「どこら辺が文字通りなのか言ってみろクリス」ごめんなさいごめんなさい。悪気はないんです悪気は。

で、今度はいくつもインストールしてコノ前まで行っちゃうとなると結構な衝撃だというか、ショックだというか、バイオショックだというか、
※バイオショックはリンク先のバブシカさんが紹介してたけど、結局まだやってません。
と思いつつ、やるしかねぇ!やぁぁぁぁぁってやるぜ!(某獣系ロボットアニメの主人公っていうかコイツはヒロインの沙羅とくっつくもんだとばっか思ってたら敵方のシャピロに寝取られやがって、主人公の立場は?とか思ったけど結構飛ばし飛ばしで見たり雑誌の印象だけで書いてるのでホントはどんな話だったのかほとんど記憶にない。ただロボット自体はとってもかっこよく、ブログで書いた「かっこいいロボット」の回でも貼り付けた記憶がある。つかそもそも全26話くらいのアニメでダンクーガが出てきたのが25話くらいだっけ?そりゃウソだけど、っていうか

 閑話休題。

で、今度は無事復元のインジケーターバーが表示され、見慣れた薄紫色の、、水色だっけ?薄青?つか見慣れてねぇじゃんオレ。
※電源落としたのは数ヶ月ぶりだけど、いや、、1年ぶり?、、、いやいやもしかしたら買ってから初めてだったか?そんなこたぁないよな、、、

 閑話休題(連発かよっ

ともかく無事ウィンドウズが起動してくれました。ヨカッタヨカッタ。まぁねいろんなのが中途半端に復元されちゃってますが、何よりも起動したことを喜びたいじゃないですか!

でもホント何が悪かったんだろ。全然わかりませんよ。っていうか既に一つネタを書いたあと小さな動画を貼り、その上こんなに駄文を書き散らかすあたり、

 クリスよっぽどPCが直って嬉しかったんだな

って感じです。ええそうですとも嬉しかったですとも。思わず踊ってしまうほどに、ハッピーなダンスをコレでもかと、、、どっかで聞いたような?

でも正直まだ不安が残ってるので、「実を言うともう一つ書いていたネタ」を明日の分としてタイマーアップして寝ることにします。ウソです。風呂入って寝ることにします。え?わざわざ書く必要があるのかって?そりゃそうですよ、だって僕が風呂に入るのは、、、そうさなぁ数ヶ月ぶり?いや1年ぶり?いやいやもしかしたら生まれて初めてだったかも、、、お後がよろしいようで。

|

« NON STYLE | トップページ | HALF-LIFE2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/43908973

この記事へのトラックバック一覧です: マジ泣ける・・・:

» 平野綾 [平野綾]
声優の平野綾が問題発言をしたと聞いたのですが、どんなことを言ったのか。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 00時22分

« NON STYLE | トップページ | HALF-LIFE2 »