« 買ったゲームと買ってないゲーム | トップページ | 長髪大怪獣ゲハラ~その2~ »

2009年2月25日 (水)

長男の成績

子供の中学では1年に一度しか学年順位(およびクラス順位)が発表されるテストがない。つか僕らの世代からしてみたら「なんで?」としか言いようがないのだが、まぁそういうのがなんつの?ゆとり教育?よくわかんないけど。

日頃からアメとムチを使い分けるとうちゃんとしては、、、つか正確には、

 アメかムチしか使わない

と言っても過言ではないとうちゃんとしては、
※時には頼まれてもないのに子供がやりたそうなゲームやゲーム機を買ってきたり、子供の友達にも好印象のアプローチをする一方で、涙ぐむほどスパルタな勉強プレスをすることも多々。でも自分では「本人のためであることが伝わってるつもり」。スジは通してるはずなので。

正直ちと物足りない。・・・まぁその年イチの実力テストが先日あったわけさ。僕からしてみたら範囲の広いテストは、勉強するのにもヤマを張りづらく、まさに実力が問われるから、自分の時には

 むしろ実力を問うテストだから勉強はしない方がいい

くらいの勢いだったのだが、子供にそんなことは言えないし、油断すると普通について行けなくなる年齢だから、こういうきっかけ(<順位が出る)がある時くらいはしっかり励んだ方がいい。ただ、本人も実際問題遊びまくっていたわけではないが、今ひとつ気合いを入れあぐねている様子ではあった。

僕はあまりにだらけていると喝を入れるように声を荒げることもあるが、がんばった結果、自分でかみしめた末、受け入れた末に、「僕にその結果を伝えづらい」状況になったとしたら、それはそれで仕方ないと思う。遊んでて点数が悪く、言えば怒られるのは必至、というのならいざしらず、やれるだけのことを自分なりに着地点を見つけてやった結果ダメだったのであれば、そしてそれを言いづらいというのであれば、それはもう言わなくたっていい。

だが、

実際本気で打ち込んだ結果であれば、良かれ悪かれ見せられるはずだとも思う。自分が間違えたところ、いい点を取ったところ、たぶん母親以上に僕はかみしめるし、それがわかるからこそ自分としてもがんばれた面もきっとあるはず。見せるためにがんばったわけではないが、見せて恥ずかしくないがんばりの結果であれば、それはきっと見て欲しいと思うだろう。

実力テストが何日くらいで結果が出るのかわからなかったが、たまたま仕事でその中学に行く用事があり、生活指導の先生(高校の1年後輩に当たるが当時の面識はない。非常にいい感じの先生だが長男と直接のコンタクトはない)に、「言いたくなかったら聞かないつもりなんですよ~」なんて話をしたところ、

 「1年は今回が初めての順位が出るテストですよね~。聞いてあげて下さいよ~」

とのお返事。やっぱ聞くべきなのか・・・。でも本人が言い出さないのに僕から聞くというのもなぁ・・。それに一応目標としている高校があるので、内申と当日点併せて「夢も希望もない」結果になったりしたら、それこそ僕も長男もどうしていいのかって思ってしまう。弱いなオレ。

そんなこんなでとりあえず数日が過ぎ、長男からのリアクションはなかったのだが、昨夜唐突に結果が返ってきた。つか先生よ、そんなに結果に時間が掛かるなら「聞いてあげて」の前に「しばらく先だけど」を付けて欲しかった(^^;。結構モンモンとした時期がありましたよ!?

テスト前に長男に言われた。

 「何位くらいならいいかねぇ?」

僕が一番良かった時を踏まえつつ、「○○番以下だとさすがに厳しい気がするけど、まぁ結果は結果だしな」とリアクション。やる前からそんなにプレッシャーを掛けてもたぶんそれほどいいことはない。重要なのは本人が自分から臨むかどうかだと思うからだ。

その時同時に「○○位以内くらいならとりあえず全然OKなんじゃねぇの?」という「良い方」の希望も一応伝える。もちろんこれから2年、3年と進むにつれ周りも自分も勉強するようになるから全然一概には言えないのだが、それでもまぁ志望校に対してせめて「志望出来るところ」にはいたいじゃない?まだ1年だけど。

結果は、、、「とりあえず全然OKでしょ!」

安心しきれるほど良くはないが、まぁ十分夢と現実の狭間にたゆたうかよわき小舟、、、ってよくたとえがわからんが、まぁ親としては素直に嬉しかったし、長男もホッと一息。

 でも今は学年末テスト週間中。

安穏とゲームをするのでもなく、僕から見てもかなりまじめに、っていうかまじめすぎるくらいまじめに勉強に取り組んでいる。やるべき時にやりさえすれば、僕も遊ぶべき時には大いにバックアップする。「幸せは努力なくしては継続しない」ことも長男には伝えてあるし、理解しているからこそがんばる時はがんばれるのかも知れない。

とりあえず長男のクラス順位の上にいた連中は全て塾通い(それもそこそこお高い塾)。当然長男の下にいる連中でも塾に行ってる奴らは多い。「通えばもっと上が狙える」のかも知れないし、「合わずに結局下がってしまう」可能性もあるが、僕的には長男の「塾に通いたくない意志」を感じる結果になったのかなぁとも思っている(本人に言うと違うって言いそうだけど)。だからこそ期末もがんばって勉強してるのかも、、、とも。
※昨日なんて朝3時過ぎに寝ようと思ったら長男が起き出して勉強し始めてたからね。ビックリだよマジで。「予定してた時間にかぁちゃんたちとスノボ行っちゃったから」ってオマエ、、、親バカだとは思うけど、素直に心が熱くなったぜ!ファイトだ息子よ!遊びも勉強もな!!

-------------

ちなみにこの後で入学当時のクラス写真を見ながら、「コイツは頭いいだろ!?」と聞くと、

 「今回クラスで1番。学年で2番」

やはりオーラがある。頭のイイヤツってのは見た目にも出る。でも息子が彼と比べて人生をエンジョイしてないとは思わない。トップの高校に入るのは望まない。自分がそうだから言うのではないが、ぶっちゃけ大学だって行きたくなきゃ行かなくたっていい。僕が長男に思うのは、僕が僕に思うことと同じ。

 後悔は少なめの方向で!

やるべき時にやる勉強は後悔しないと思うし、今はまだ親の言いなりでいいと思う。自分の意志を貫くのは、自分の意志で正解を選べるようになってから。たぶんその時には(そんなに)文句は言わない(予定)よ。

|

« 買ったゲームと買ってないゲーム | トップページ | 長髪大怪獣ゲハラ~その2~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/44168743

この記事へのトラックバック一覧です: 長男の成績:

« 買ったゲームと買ってないゲーム | トップページ | 長髪大怪獣ゲハラ~その2~ »