« 卑屈になる美学 | トップページ | とらドラ!~第25話~ »

2009年3月28日 (土)

小旅行~2009・春~

一泊旅行なのに事情で昼過ぎの出発。まぁこれでテンションはかなり低めにはなるのだけど、せっかくネットブックが買えるくらいのお金を出して出かけるのだから、それなりに得るものを得てきたいところ。

ただ僕はもう本気で記憶装置に重大な欠陥が見つかってるので、全てを全てサックリとは思い出せない。ぶつ切りながら適当に書き記していきたいと思う。読んで面白いかつまらないかは、、、現時点では何とも言えない感じ。

●往路

今回は目的地が一応「秋葉原」に設定というか、かみさんに「どこか行きたいところはある?」と問われて何となくアキバを中心に東京の観光地を巡りたいかなぁなどと思って「秋葉原」と答えたのだけど、かみさん的には「秋葉原なんてそんな時間潰せないよ」と思ったらしく、あっさり二日目にディズニーランドが設定されていた。つか昼出発して翌日TDLでは、

 どこも見れないじゃん・・・

って感じでテンションは急激にダウン。ただまぁかみさんや娘的には(長男はともかく)アキバに行ったところでと思うのもムリはなく、気を取り直すことにする。

牧ノ原のSAでなかなかに美味い牛串を喰い、うつらうつらしたところで東京入り。今回もドライバーは100%かみさんなのだ。申し訳ないとおもいつつ楽チンさせてもらう。

それと今回は場所が場所だけにそれなりにサイバー武装をしていく意味もあろうかと、先日買ったばかりのノートや充電ケーブル。やるやらないはともかくPSPやコントローラーまで準備。マイカーは事実上音楽を聴くことが出来ない状況にあるので、最悪かみさんのSDカードをメモステに変換したりしつつノートでも音楽が鳴らせられるような準備をした次第。

 つか実際は高速では全然音が聞こえなかったわけですけどね。

内蔵のスピーカーではとんでもなくボリューム不足というわけで。
※これはPSPでもノートでも同様。
2000円程度の外付けスピーカーでも内蔵よりは遥かにいい音を聞かせてくれるとは思うのだけど、さすがにそこまで気は廻らず。

で、そのノートで地図を検索しつつアキバを目指すも、なかなか上手く操作ができず。やっぱこの辺りはナビとは一線を画するんだろうなぁと思いつつ、そんなの搭載する金があったら、と再び貧乏根性発動。

余談だけど、僕みたいに1円単位で価値観を吟味する人間にしてみれば、カーナビなんて地図ソフトにも劣る価値しかない。
※少なくとも地図ソフトは車に乗ってなくても使えるし、ノートPCに入れる前提なら歩いていても使える。
動画を再生したり、「おもちゃ」としての価値を見出すのならそれはそれでありかなぁとは思うけど、あくまで僕的には、「5000円でも買わない」かな、とか思うんだよな。いや別に価値観は人それぞれですよ。もちろん。カーステに100万掛けたって知り合いもいますから。

閑話休題

地図ソフトは大きな縮尺は苦手だったが、付近まで行った状態で駐車場を探すのには絶大な威力を発揮してくれた。

 この地点から最寄り10件の駐車場を表示

で次から次へ空車を探せる。同じことはナビでも出来るのかも知れないが、トイレだガソリンスタンドだコンビニだというレベルから、特定の建物、○○ホテルだとか××博物館だとかをキーボードで入力して検索できる利便性は負けてないよなぁと思った。まぁこう言うのは「言わせておけばいい」話です。単に自分のお金の使い方を正当化したいだけの戯言(たわごと)ですから。

●秋葉原その1

石丸電気からすぐのところにある「立体でも地下でもない駐車場」に車を止め、およそ50分の時間を設定して散る。とりあえずはトイレだな、と思いつつ割と貸してくれる店が少なくてやきもきしつつ散策。

アキバに来るのはたぶん10年ぶり近いと思うが、印象的にはラオックスがないくらいでさほど大きく様変わりしてる感じはしなかった。夕方だったからかメイドさんの呼び込みも1人、2人しか見かけなかったし、そもそもメイド喫茶は一店も見つからなかった。あれほどアキバが「電気街」から「オタク街」にシフトしたというウワサを目耳にしていたのがまるでウソのように、

 アキバはアキバのままだった

細かく見ればたぶん同人誌やフィギュア、トイ系のショップが増えていたり、家電、パソコン、ゲームショップが全体的には減っていたり、簡単な飯を食わせてくれる店が増えていたりはしたのだろうけど、パーツを売ってる店や、一応の目的としていたメッセサンオーなんかは、

 ほとんど昔と変わってない感じ。

つってもまぁ2Fは全然違ってたけど。
※以前は基板ばっかだったような・・・今はグッズとか同人誌とか?

カオス館も見てきたけど、普通に洋ゲーショップだなって感じ。住んでる周辺には全く置いてないレベルの品揃えなんだけど、
※他の店にも言える。
なんつか「ネットとの親和性、相似性が高い」からか、逆に目新しさは感じなかった。強いて言えばごっついフォースフィードバックのフライトシミュレーター用コントローラーが「ややイカス?」くらいなもんで。

ちなみに長男の目的地も僕と同じメッセで、その同人ゲー店舗。要はハマってる東方関係のものを見に来たかったらしかったが、僕がトイレに行ったときにはぐれてしまって、

 自力でたどり着くのに40分を要してしまった。

とかなり発見に手こずった様子だった。まぁ確かに駅からでも結構距離があるからねぇ>メッセ。

他の店はこれと言って覗く時間もなかったが、とりあえず何も買わないのもあれだし、ということでかみさん用に「FMトランスミッター」を購入。これでSDカードやUSBメモリから音楽を聴けるようになる、、、かも。と。
※1980円だったけど機能的な期待はほとんどしてなかった。もし聴ければいいな~くらい。どうせ僕自身は使わないし、運転してくれることへの感謝みたいなもんかな。

アキバは一旦終了。

090328hills ●六本木ヒルズ

他にせっかくだからどこか東京らしいところへ行こうという話になり、せっかくだから夜景が見える方がいいという話になりつつ「赤阪サカス」や「東京ミッドタウン」なんかも候補に挙がりつつ、

 わかりやすい

という理由一点突破で六本木ヒルズで晩飯を食い、夜景を見ることになった。

とは言っても別に贅沢なコース料理を食うわけでもなく、そこいらに転がってそうな店構えは偉そうだけど実際の味はさほどでもないというラーメン屋で「一番人気ですっ」と威勢のいい兄ちゃんに勧められた900円のラーメンと高菜とめんたいこが入ったごはんを食った。

店の名前を明かさないからどんなことでも書いていいと思うが、ぶっちゃけスープは悪くないが、綿は「食い始め硬くて食い終わりにはふにゃふにゃ」という要するにコシが甘いタイプ。細麺でも一風堂の方が僕的には美味いと思ったな。

角煮やチャーシューも「それが入ってるから値が上がってる」はずなのに、さほど味がしみこんでるわけでも柔らかくてとろけるというわけでもなく、明太ご飯に至っては「完全合成着色料」という僕の記憶の中でも「最低品質」のもの。値段も250円で比較的リーズナブルではあったけど、僕の中では「2度来る店じゃない」とは思った。

ただ、4人でご飯食べただけで駐車券900円相当をチャラにしてくれたのには感謝。ずいぶん気前がいいなぁというか、そうでもしなきゃこんなトコにラーメン食いに来たりはしないのか。

090328night 夜景の方は雨天のため屋上には上がれず、52階止まり。天気が悪いということは視界(被写界深度っての?)も狭く、正直あまり綺麗な夜景とは言い難かったが、

 なんだかよくわからないイベントでフェラーリが置いてあった

090328enzo1 のは非常に良かった。レゴでも持ってるエンツォフェラーリを始め4台の赤いボディにウットリ。思わず張り付いて写真を撮ろうとしたら、「この線からはみ出さないで下さい」的な面で警備の人がやんわりプレスしてきた。スミマセン。

090328enzo でも52階だぜ?他にもフェラーリ以外に10台くらいあったみたいだけど、何考えてるというか、どうやってここまで持ってきたんだよ?って思う。窓とかこの高さで開けてヘリとかで入れるんですか?よもやバラバラにして運ぶってことはないと思うけど、、、。かなり不思議な感じ。

090328nanonano あと「NANONANO」っていう電子部品を使って作った小さな人形が展示販売してて、これがかなりヨカッタ。写真は撮っちゃダメって書いてあったので残念ながら撮れなかったんだけど、「お金出して写真撮らせて貰いたいくらい」かわいかったな、NANONANO。つかお土産で買ってきてもよかったと言えばよかったんだけど、1.5cmくらいの人形が付いたストラップで4000円前後はさすがに出せなかったんだよな。そん時は。

その後ホテルへ・・・

●舞浜ユーラシア

いくつかの温泉と宿泊施設が一緒になった割と新しいホテル。ディズニーリゾートから川一本隔てた辺りにあって、値段とか全然知らないけど悪くない感じ。

つか着いたのが9時半過ぎだったこともあって、電子機器の充電セッティングをしたところでおもむろに寝てしまった。
※長男はネットをし、かみさんと娘は風呂へ・・・。

つかスパリゾートなのに、僕と来た日にゃ、

 一切風呂に入らずにチェックアウト!

まさに人生がアウトーーーっ!って感じもしないでもないんだけど、仕方ないなんかスゲェ疲れてて部屋から一歩も出たくない感じだったんだもの。っていうかその夜は冷静に考えるとテレビも見てないし、トイレも行かなかったな。大丈夫かオレ。

あ、でも冷蔵庫の中のミネラルウォーターが「ご自由にお飲み下さい」な上にすごく美味かったのは覚えてる。つかそのくらいしかホテルの記憶がないな、、、。

●東京ディズニーランド

090328castle 7時くらいに起きて出発するも道を間違えたり長男が軽く寝ぼけてたりして結局着いたのは開園15分前くらい。既に目の前には人の海海海。アキバとは比較にならない大量の人海がゲートまで広がっている。つか実際入ったのが8時半くらいだったと思うので、本気でたくさん人がいたわけだ。

東京ディズニーリゾートは生まれてから2回目で、だったらシーの方でもいいんじゃないかと思ったのだが、娘がまだ未練があるということで再度TDLに。一応25周年ということだったが、ここはそんなことを声高に叫ばずとも毎日がお祭りなのでたぶん大したことはない予感。つか20周年の時もそんな感じだったし。

最初特に人気がありそうだろうと目星を付けた「バズライトイヤーのなんとかブラスター」というのにファストパスを取りに行って貰い、僕は子供を連れてホーンテッドマンションへ。こちらもFPポイントだし、前回来たときはなかったのでそこそこ期待しつつほとんど待ち時間なしで中へ。
※正確にはFPを取ってきたかみさんを待つのに20分くらい掛かったけど。

・ホーンテッドマンション

 入口にあるシャンデリアの蜘蛛の巣が綿で出来ているのはともかく、個々のライトにかぶせられたガーゼの小袋も特注品なんだろうなぁなんてことを思う。こんなシンプルな小物一つとってもディズニーランドで使うからにはクオリティに妥協はないはずで、縫製なんかも悪くない感じに見える。3cm×7cmほどの小袋が立体裁断されていて、地味に感心させられた。

またそのランプは緩やかに点滅していて、「裏側にその点滅を管理する電子機器」の存在を感じさせる。ファンタジーでホラーな雰囲気を構築するのは紛れもない現代の最新機器たちなのだ。

全体的に「プーさんのハニーハント」をホラーテイストにした感じで、悪くはないが特筆すべき点もない。面白かったかと言われたら「つまらなくはなかった」って感じで、2度来たいとは思わないアトラクションだったな。TDLファンからしてみたら「えーーー!?」って思うかも知れないけど、評価は★★。

・蒸気船マークトゥエイン

だらだらと歩いて誰も待ってなかったので乗ることに。つか今思えば朝イチなんだから他のかなり列が伸びそうなアトラクションに行った方が正解だったのだが、さほどこだわりもなく前回乗らなかったからいいかって感じだった。

 つかスゲェさぶかった!

入口で店員さんに「この池って中に機械が入ってるんですよね?」と訊ねたら、「ここは西部開拓時代を再現しておりますので機械などはございませんよ(^^」とお手本のような切り返しをされ、思わずニヤリ。ただ実際のところ、水が完全に濁っているのは決して汚いからではないはずで、
※透明な水は他にもいくらでもあるので。
この中がどうなってるのかは非常に気になったね。つかあの船がホントに蒸気の力で動いてると思ってるヤツはいないだろうけどさ。

・トムソーヤーの島

続けてその中之島とも言えるトムソーヤ島にイカダで上陸。今度もイカダと操作する店員さんをよーく見ていたら、

 舵が水面から出ているのに素早く操舵しているっ!

「この舵は水面下に心臓部があるんですね?」

「ナイショですがそうです(^^」

090328gear こちらの店員さんのが話がわかる。ちなみにイカダにはエンジンが付いていて、「F-N-R」の三つの切り替え装置が見えた。こういうのは見せちゃいけないのがディズニーランドのルールなんだろうけど、僕みたいなスレた大人はつい目が行ってしまうのだ。

島はちょっとした子供向けアスレチックというか、まぁそこまでリスキーじゃないながらも「タル橋」「吊り橋」「洞窟」「砦」「岩山」など割と見所があって、個人的には前回どっぷり滞在したトゥーンタウンよりイイ感じ。特に太陽が射し始めて温かくなったベンチに寝ころぶと、浮き世を忘れて思わずウトウト・・・。ディズニーランドで一番気持ちよかったのがこのトムソーヤ島のベンチだったと言っても過言ではないでしょう。人も少なかったしね。
※これが真夏になるとたぶん虫とかが出てきてとてもじゃないが快適とは言えなくなるんだろうな。

・汽車(に見せかけた電車)

正式な名前は完全に忘れ去ってしまってなんだったのかよく覚えてないんだけど、ぶっちゃけルートがほぼ蒸気船と同じでちょっぴりガックシ。まぁ人気があるアトラクションにしぼって見るという目的だったわけでもないし、これはこれで平和でよかったかなぁとは思った。

・余談1

今回はカレー味のポップコーンを食うというのも目的の一つで、これはこれで割と余裕でクリア出来たんだけど、チラシにあった「クリームソーダ味」が「しょうゆバター味」に変わってしまっていたのはちと残念。つか最初薄曇りだったのに、メキメキ晴れてきて、最終的にキャラメルのポップコーンなんて何台あるかわからないのに、

 1時間待ち

とかになってたからね。マジビビる。つかポップコーンカートくらいいくらでも作りゃいいのにって思うけどな。あんなのそんなに高いもんじゃないだろうに。

・バズライトイヤーのうんじゃまブラスター

正式なタイトルはホント覚えてないけど、とりあえず「撃つヤツ」ということで混むだろうことは明白だったのでファストパスをかみさんに取って貰ったのだが、当然行く頃には既に発券機は終了してた。

090328bazz 写真のバズは顔がピンボケしてるけど、自分にはそのトリックがどうしても理解出来なかった。ゲストは彼の周りを廻る形で移動するんだけど、どの方向から見ても彼の顔は立体に見える。でも普通にCGアニメみたいに動いてるんだよね。油圧とか空気とかで顔の起伏を再現してるにしてはディティールが細かい気もするし、第一光ってるんだよ。
※スクリーンを投影してたとしたらこのフラッシュ撮影で白くつぶれてしまうはずだし・・・。
不思議~。

内容的には普通にショットを撃ちまくって点数が出るアトラクション以外の何物でもなく、必死に撃ちまくってああ楽しかったってだけ。ぶっちゃけ撃つことに必死になりすぎて細かなディティールは全く覚えてない。もうターゲットサイト以外目に入らないくらい真剣だったからね。

でも結果は大した点数にはならず、
※大物を逃したため。
24900点。つか99万点とかってありえるのか?

ちなみにラグナシアにも似たようなアトラクションはあって、こっちはカードが貰えたりする。空いてればフリーパスで何回でも出来るから、「撃つの」が好きなだけならこっちでいいやって気もしないでもなかったな。あくまで自分が住んでるところを中心に書いてるけど。

・余談2

今回も期待してシンデレラ城のお堀の水を見たのだけど、

 !!!濁ってる!

前回雨だというのに全く濁りのない綺麗で透明な水に僕はいたく胸を打たれたのだけど(さすがディズニーランドだ、と。ここまで透明度の高い水を、それも雨なのにキープするのは容易じゃないだろうなぁと)、今回その水が、

 薄く緑色。

藻が繁殖してる、というにはそこまでひどくないという気もするけど、「ああ前回はたまたま掃除の直後だったんだな」ってことが今さらのようにわかって結構ショックだった。つかぶっちゃけ

 それを楽しみにして見に行った

と言っても過言ではないくらい期待していただけにね。うーん残念。

・ミクロアドベンチャー

油断して前回やったのを忘れてまた今回も入ってしまったのがこれ。っていうか悪いアトラクションじゃないんだけど、

 メガネをしてる人間に3Dメガネ重ね掛けは辛い

というのが本音なんだよね。どうしても綺麗に3Dにならない。まぁ内容的には1回目と2回目で大きく楽しさが目減りするタイプのアトラクションなので、さほど書くことはありません。

・余談3

090328walle この辺りにあった「ウォーリーとイヴ」。大きさは1/1くらいだと思うんだけど、非常にイイ感じに良くできてて、別にアトラクションとかそういうんじゃなくてもかなり満足。つか実際は急かされてたのでゆっくり見られなかったのだけど、今度ディズニーランドに行く人で、ウォーリーを見たことがある人はぜひチェックすることをオススメしますよ。この二人のすぐ横の柱に書かれた文字も一緒にね(^^。

・ロジャーラビットのカートゥーンスピン

80分待ちだったけど何となく並び始めてビックリ。

 入口に入ってからの列が入口に入るまでより長いっ!

実際の時間はたぶん80分程度だったんだろうけど、入口に入れた時点で何かがリセットされるからね。非常~に長く感じました。

内容的には全然大したことはありません。この日見た中では一番しょぼかったかな。5分くらいの待ち時間なら入ってもいいかなって程度のアトラクションでした。

ちなみにこの待ち時間の間にポップコーンを買いに行って貰いましたが、結構一瞬で消滅。PSPやDSをやる雰囲気でもなく、本気で長かったアトラクションという印象ばかりが残ったね。

・余談4

090328micky ミッキーたちにさほど興味があるわけじゃないので、パレードとかも遠目で見てそれでよしって感じなんだけど、綺麗な写真が撮れるのはやっぱり楽しいし嬉しい。前回は一度も見ることがなかった青空のシンデレラ城や、小さな顔写真を集めて作られた記念ピクチャー。子供達と一緒に撮って貰うようなことはしなかったけど、凄まじい数の人が頭に飾りを付け、ポップコーンのボトルをぶら下げ、ターキーを食ってるのを見て、つくづくここは「非日常」なんだなぁって思ったね。

090328micky2 余談の余談だけど右のような写真が撮れると結構嬉しい。普通に近くからだとあおりになっちゃうし、遠くからかなりズームで撮らないとたぶんこんな感じにはならないはず・・・。広角が苦手なのでこう言うときにしかアイデンティティを確立できない・・・という話。

・スプラッシュマウンテン

絶叫系のヤツも一つくらい乗りたいという僕のたっての希望で、前回乗り損ねたビッグサンダーマウンテンかこちらのどちらかに乗ることになり、娘の希望でこちらのファストパスをゲット、、、したのが11時20分頃。使用可能は4時からと既にかなり詰んでる印象があったのだけど、いやいやどうして。

 乗りに行った時には通常190分待ちに・・・

これでもかというくらい長く続く入口までの行列と、入口から乗降口までも負けず劣らず続く長い行列。当然この並んでる人の多くはこの行列が中までずっと続いてるのを知ってるんだろうけど、、、190分って3時間以上ですよ!?大丈夫かみんな。

まぁ彼女彼氏といちゃいちゃしながらジャンクフードを食べ、メールをしたりおしゃべりをしたりして楽しく過ごすのであれば、自宅で3時間過ごすのもディズニーランドのスプラッシュマウンテンの行列の中で3時間過ごすのも同じなのかも知れないけど、

 それにつけても長すぎるだろっ。

って思った。つかファストパスの方も少し(20分くらい?)行列になっていて、つくづくスプラッシュマウンテン恐るべしって思ったね。もう出来てからずいぶん経つだろうに(って開店の時からあった?)。

でも乗ってみたらやっぱりというか、普通にかなり楽しいんだよコレが。なんか「また乗りたくなる」気持ちがわかるというか、ところどころの抑揚もそうだし、ラストだけじゃない見所が多くて、伊達に人気アトラクションで常に上位に来るだけのことはあるなぁって感じ。トムソーヤ島のベンチを除けばやっぱりこれが一番だったかなって感じだね。★★★★。

・余談4

この後お土産を見たりしつつ園内を移動したんだけど、4月から稼動するらしい「モンスターズインク」のアトラクションがどうやらプレオープンしていたらしく、

 220分待ち

というこの日最長の行列になってた。つか知ってたら一番最初にこれに乗りに来ていたんだけど、まぁいいさ。そんなにディズニーフェチじゃないし。

ただ、そういうのってどうなの?とは思うよね。配って貰ったパンフにも一切「やってる」ことは書かれてないし、サイトにも載ってたのはあくまで4月から。それがこうやって実働してるんだから、なんか騙された感じがしたのは僕だけじゃない気がする。

まぁこうした「サプライズ」的要素も、ファンにはたまらないのかも知れないけどね。

最後は娘が肉を食い損ねてへそを曲げ、楽しく終了とはいかなかったけど、とりあえずディズニーランドを後にした。

●秋葉原~その2~

長男が未練があるらしかったので再度アキバへ。別に目的が明確にあるわけでもなかったけど、1時間の自由時間を貰ってまたもメッセ同人ゲー店に今度は二人で行き、なんかソフトを買ったようだった。文なんとか?東方はよくわからない。つかやっぱりいくら遊んでもケイブのが面白いと思うんだけどな~。

そうそう1日目に1980円で買ったFMトランスミッターだけど、2件となりで1200円くらいで売ってて結構ショックだった。こんなことなら2回目は来なきゃよかったって少し思ったけど、これはまぁしょうがないことなんだろうね。

他にアキバでは「ケバブ」を食べてみた。ガイジンの店員さんに「肉たくさん入れるんだねぇ」なんて言ったら気をよくして「じゃあ特別にもっと入れてあげるヨ」とか大盛りにしてもらってなんかイイ感じ。辛めのソースと相まって「旅行で食べるジャンクフード」としては一番出来がよかった。500円はアリだと思う。

その後ガシャポンの店に寄ってみたり、中古ゲームの店によってみたりしつつおもむろに角を曲がったところに見つけた「まんだらけコンプレックス」。これがウワサの・・・と思いつつ進入。

8Fから順番に降りてくるも時間がなくゆっくり見られなかったのが残念。それでも小学生のころ持っていたオモチャや、幼稚園のころクリスマスプレゼントでもらったミクロマンなんかが普通に売っていてかなりワクワクした。つか「マリンコプター」の21000円は妥当だと思う反面、欲しくても買えないよなぁこの値段じゃ、と思ったり。

マクロスのバルキリーなんかもめちゃいろんな種類が置いてあったり、超合金に至ってはまだ出たばっかりな気がするメタルフィニッシュのサイコガンダムとかもあって、なんだかさすがなだぁと思ったり。ただトイレはなかったけどね(田舎モンなので怖くて聞けない・・・)。

途中何人かの(かなりかわいい)メイドさんからビラを貰って、「時間があれば長男と一緒に行くのにな~」と思いつつアキバをあとに。トイレは石丸電気さんでお借りしました。ありがとう石丸電気さん。

余談だけど、東京ディズニーランドではほっとんどかわいい子もかっこいい人もいなかったな。あれだけ大量にいて、その日一番かわいいと思った3人が全てアキバのメイドさんってのもなんか逆に凄いというか、オマエはそんなとこばっか見てたのかよって言われそうだけど、、、まぁそうかもと思ったり(^^;。

090328bayb 帰りはかみさんが気合のドライブで3時間弱。お疲れさんっていうか、全然運転してないのになんでこんなに僕は疲れてるんだろって感じだし。歳なのか?歳なんだろうねぇ。

|

« 卑屈になる美学 | トップページ | とらドラ!~第25話~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/44486017

この記事へのトラックバック一覧です: 小旅行~2009・春~:

» ナンパ情報商材−2009.3.28集計ランキング更新 [ナンパ情報商材・評価ランキング10]
ナンパ情報商材の2009.3.28集計ランキング [続きを読む]

受信: 2009年3月28日 (土) 02時32分

» ヌードCMで話題の戸田恵梨香の過激映像 [ヌードCMで話題の戸田恵梨香の過激映像]
ヌードCMで話題の戸田恵梨香に、さらに過激な映像があるという [続きを読む]

受信: 2009年3月28日 (土) 06時34分

« 卑屈になる美学 | トップページ | とらドラ!~第25話~ »